鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

きゅう理論 その7

 

151 誤っている記述はどれか。

 

1. にんにく灸は隔物灸である。
2. 知熱灸は無痕灸である。
3. 透熱灸は有痕灸である。
4. うるし灸は温灸である。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

152 艾について正しい記述はどれか。

 

1. 腺毛は揮発性の精油を含む。
2. チネオールは線維様物質である。
3. 毛茸は良質艾には含まれない。
4. 腺毛は葉の表にある。

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

153 灸法と疾患との組み合わせで適切なのはどれか。

 

1. 温灸 ― ひょう疽
2. 透熱灸 ― 神経痛
3. 焦灼灸 ― 面疔
4. 打膿灸 ― うおのめ

 

 

 

 

 

 

2

 

 

154 棒灸について正しい記述はどれか。

 

1. 化学的刺激として作用する。
2. 火傷に伴う組織損傷が起こる。
3. 受容器は自由神経終末である。
4. 求心性神経はAα線維である。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

155 灸法で皮膚面温度が最も低いのはどれか。

 

1. 焦灼灸
2. 知熱灸
3. 透熱灸
4. 打膿灸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

156 熱により組織の破壊が起こり始める皮膚温はどれか。

 

1. 30℃
2. 40℃
3. 50℃
4. 60℃

 

 

 

 

 

 

3

 

 

157 施灸により最初に起こる現象はどれか。

 

1. 内因性発痛物質の産生
2. 血液凝固時間の短縮
3. 白血球の増加
4. C線維の興奮

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

158 施灸部の血管拡張に関与するのはどれか。

 

1. 伸張反射
2. 立毛反射
3. 逃避反射
4. 軸索反射

 

 

 

 

 

 

4

 

 

159 ヘッド帯の出現に関与する反射はどれか。

 

1. 内臓−知覚反射
2. 内臓−運動反射
3. 内臓−栄養反射
4. 内臓−自律神経反射

 

 

 

 

 

 

1

 

 

160 ストレスに対する生体反応の指標で適切な物質はどれか。

 

1. 尿素
2. クレアチニン
3. コルチコイド
4. ウロビリノゲン

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

151 施灸後に水疱を残す程度の火傷はどれか。

 

1. 第 1 度
2. 第 2 度
3. 第 3 度
4. 第 4 度

 

 

 

 

 

 

2

 

 

152 灸療法に用いる線香の材料はどれか。

 

1. クリ
2. マツ
3. ヒノキ
4. タブ

 

 

 

 

 

 

4

 

 

153 灸頭鍼について誤っている記述はどれか。

 

1. 温熱刺激と機械刺激とが加わる。
2. 温熱刺激は主として輻射による。
3. 温熱刺激は主として鍼体を伝導する。
4. 艾?【がいしゅ】は指頭大のものを用いる。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

154 艾の燃焼時の芳香物質はどれか。

 

1. 葉緑素
2. 毛茸
3. アルコール
4. チネオール

 

 

 

 

 

 

4

 

 

155 温灸に反応する受容器はどれか。

 

1. 自由神経終末
2. パチニ小体
3. マイスナー小体
4. ルフィニ終末

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

156 施灸による火傷の反応として適切でないものはどれか。

 

1. 血管拡張物質の遊離
2. 内因性発痛物質
3. 侵害受容器の興奮性の減弱
4. 幼若白血球の増加

 

 

 

 

 

 

3

 

 

157 半米粒大の艾?【がいしゅ】を用いる灸法はどれか。

 

1. 打膿灸
2. 透熱灸
3. 隔物灸
4. 温灸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

158 学説と創始者との組合せで正しいのはどれか。

 

1. サイバネティックスの学説 ― セリエ
2. ホメオスターシスの学説 ― キャノン
3. ストレス学説 ― ベルナール
4. 過剰刺激症候群の学説 ― ウイナー

 

 

 

 

 

 

2

 

 

159 棒灸による温熱刺激の伝導速度はどれか。

 

1. 1?15m/sec
2. 20?40m/sec
3. 50?80m/sec
4. 90?100m/sec

 

 

 

 

 

 

1

 

 

160 透熱灸の感覚を伝える神経線維はどれか。

 

1. AβとB
2. AγとC
3. AδとC
4. BとC

 

 

 

 

 

3

 

 

 

151 良質艾の要件でないのはどれか。

 

1. 手触りがよい。
2. 線維が細い。
3. 点火しやすい。
4. 灰分が多い。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

152 艾を使用しない灸法はどれか。

 

1. うるし灸
2. にんにく灸
3. 塩灸
4. しょうが灸

 

 

 

 

 

 

1

 

 

153 施灸の火傷により局所で産生される物質はどれか。

 

1. エピネフリン
2. ヒスタミン
3. エンドルフィン
4. サイロキシン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

154 温熱感覚を伝える求心性線維はどれか。

 

1. Ia線維
2. Ib線維
3. II群線維
4. IV群線維

 

 

 

 

 

 

4

 

 

155 関連痛に関与しないのはどれか。

 

1. 内臓性求心路
2. 体性求心路
3. 脊髄前角細胞
4. 脊髄後角細胞

 

 

 

 

 

 

3

 

 

156 透熱灸の局所に起こる反応として適切でないのはどれか。

 

1. 発痛物質の産生
2. 血管の拡張
3. 血管透過性の亢進
4. 白血球遊走因子の減少

 

 

 

 

 

 

4

 

 

157 透熱灸を避けるべき部位はどれか。

 

1. 頭頂部
2. 前頸部
3. 下腹部
4. 殿部

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

158 灸あたりの症状として起こりにくいのはどれか。

 

1. 倦怠感
2. 食欲不振
3. のぼせ
4. 下痢

 

 

 

 

 

 

4

 

 

159 灸の補法はどれか。

 

1. 一壮ごとに灰を除く。
2. 艾?を硬くする。
3. 艾?を小さくする。
4. 速く燃焼させる。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

160 知熱灸はどれに含まれるか。

 

1. 透熱灸
2. 焦灼灸
3. 隔物灸
4. 温灸

 

 

 

 

4

 

 

151 誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 圧受容器反射による血圧の調整は内臓−体性反射である。
2. 体性感覚神経を求心路として自律神経を遠心路とする反射を体性−内臓反射という。
3. 食物が胃に入った時に起こる胃の反射性弛緩は内臓−内臓反射の一例である。
4. 体温調節反射には体性−内臓反射の例がみられる。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

152 誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 温覚も冷覚も起こさない無感温度は普通 33℃前後である。
2. 温受容器は自由神経終末である。
3. 温覚を伝える神経線維はAβ線維である。
4. 温覚は脊髄視床路を通る。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

153 有痕灸の心血管系に及ぼす影響で正しいのはどれか。

 

 

 

1. 皮膚血管は一過性に拡張したのち収縮する。
2. 皮膚血管は一過性に収縮したのち拡張する。
3. 心臓の収縮力は減退する。
4. 血圧は最初から低下する。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

154 灸あたりの原因はどれか。

 

 

 

1. 患者の不用意な体動
2. 粗悪な艾の使用
3. 経穴以外の場所への施灸
4. 刺激量の過剰

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

155 侵害刺激となる温度は約何度以上か。

 

 

 

1. 40℃ 2. 45℃ 3. 55℃ 4. 60℃

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

156 灸施術の禁忌でないのはどれか。

 

 

 

1. 血圧が異常に高い場合
2. 高熱を呈している場合
3. 急性腹症の場合
4. 皮膚が過敏である場合

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

157 圧発汗反射では、側臥位のとき上になる半身の発汗はどうなるか。

 

 

 

1. 減少する。
2. 増加する。
3. 変化しない。
4. 一定しない。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

158 良質艾の条件でないのはどれか。

 

 

 

1. 淡黄白色で線維が細く柔かい。
2. 加熱曲線は漸増漸減の緩やかなカーブを描く。
3. 灰分の含有量が多い。
4. よく乾燥していて途中で消えない。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

159 灸施術の補法として誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 点火した艾は自然に消えるのを待つ。
2. 良質艾を軟かく小さくひねって施灸する。
3. 燃焼した灰を1回ずつ除去して施灸する。
4. 艾?の底面を小さくして施灸する。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

160 施灸の火傷による局所反応として誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 血管拡張性物質の遊離
2. 血管透過性の亢進
3. 内因性発痛物質の遊離
4. 浸潤白血球の減少

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

151 良質艾の主成分はヨモギのどの部分か。

 

1. 花
2. 茎
3. 葉脈
4. 毛茸

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

152 灸療法への関与が小さいと考えられる感覚受容器はどれか。

 

1. 温覚受容器
2. 圧受容器
3. ポリモーダル受容器
4. 痛覚受容器

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

153 皮膚の温覚について誤っている記述はどれか。

 

1. 順応が起こりやすい。
2. 環境の温度に影響される。
3. 温点は痛点より多い。
4. 求心性線維はC線維である。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

154 内因性オピオイドに含まれないのはどれか。

 

1. エンケファリン
2. βエンドルフィン
3. サブスタンスP
4. ダイノルフィン

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

155 ヘッド帯の出現に関係する反射はどれか。

 

1. 内臓−運動反射
2. 内臓−知覚反射
3. 内臓−自律神経反射
4. 内臓−内臓反射

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

156 温度受容器はどれか。

 

1. 自由神経終末
2. メルケル盤
3. パチニ小体
4. マイスナー小体

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

157 次の文で示す状況は火傷の第何度か。
「施灸時に紅斑と腫脹とがわずかに見られ、疼痛を訴えたが痕跡を残さず治癒した。」

 

1. 第 4 度
2. 第 3 度
3. 第 2 度
4. 第 1 度

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

158 イボに施灸し組織を破壊する灸法はどれか。

 

1. 透熱灸
2. 打膿灸
3. 焦灼灸
4. 棒灸

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

159 弛緩性便秘に対する施灸の目的とする作用はどれか。

 

1. 誘導作用
2. 防衛作用
3. 興奮作用
4. 消炎作用

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

160 灸痕化膿の予防として適切でない記述はどれか。

 

1. 正しく同一点に施灸する。
2. なるべく壮数を多くする。
3. 消毒は不必要である。
4. 灸痕を掻破しないよう注意する。

 

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

 

関連ページ

きゅう理論 その1
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
きゅう理論 その2
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
きゅう理論 その3
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
きゅう理論 その4
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
きゅう理論 その5
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
きゅう理論 その6
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
きゅう理論 その8
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8