鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

きゅう理論 その5

 

151 隔物灸に比較的粗悪な艾を用いる理由として正しいのはどれか。

 

1. ひねりやすい。
2. 手触りが良い。
3. 芳香がある。
4. 燃焼温度が高い。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

152 転調作用を目的に灸治療を行う疾患はどれか。

 

1. 肋間神経痛
2. 気管支喘息
3. ベル麻痺
4. 肩関節周囲炎

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

153 施灸部位の化膿予防を患者に指導する必要がある施灸法はどれか。

 

1. 透熱灸
2. 知熱灸
3. 打膿灸
4. ニンニク灸

 

 

 

 

 

 

1

 

 

154 灸あたりの一般的症状でないのはどれか。

 

1. 頭 重
2. 胸 痛
3. 全身倦怠感
4. 発 熱

 

 

 

 

 

 

2

 

 

155 虚弱者に対する灸施術で適切でないのはどれか。

 

1. 小さい艾?を使う
2. 壮数を少なくする。
3. ひねりを硬くする
4. 無痕灸を使う。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

156 灸施術における患者の皮膚消毒で適切でないのはどれか。

 

1. ラビング法で擦り込む。
2. 遠心性に渦巻き状に拭く。
3. 消毒用エタノールを用いる。
4. 施術前後に行う。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

157 施灸局所の血行促進に関与するのはどれか。

 

1. γ−アミノ酪酸
2. サブスタンス P
3. アンジオテンシンU
4. ノルアドレナリン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

158 施灸による体性−自律神経反射で交感神経活動の亢進反応でないのはどれか。

 

1. 皮脂の分泌亢進
2. 皮膚血管の収縮
3. 立毛筋の収縮
4. 心拍数の減少

 

 

 

 

 

 

4

 

 

159 熱刺激による副腎のカテコールアミン分泌に関与するのはどれか。

 

1. 骨盤神経
2. 交感神経
3. ACTH
4. 糖質コルチコイド

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

160 ストレス学説に関する記述で誤っているのはどれか。

 

1. ACTH の分泌が増加する。
2. 汎適応症候群の学説である。
3. 胃潰瘍の治癒を促進する。
4. 胸腺やリンパ器官は萎縮する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

151 毛茸について正しい記述はどれか。

 

1. 緑色の毛である。
2. 良質艾は毛茸が少ない。
3. 艾の夾雑物の一つである。
4. ヨモギの葉の裏面に密生する。

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

152 小切艾の大きさに相当するのはどれか。

 

1. 糸状大
2. 米粒大
3. えんどう大
4. 母指頭大

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

153 隔物灸はどれか。

 

1. 油 灸
2. 塩 灸
3. うるし灸
4. 紅 灸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

154 温熱刺激を受ける体表面積が最も狭い灸法はどれか。

 

1. 棒 灸
2. 透熱灸
3. 塩 灸
4. 打膿灸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

155 次のうち使用する艾の質が他と異なるのはどれか。

 

1. 打膿灸
2. 透熟灸
3. 焦灼灸
4. 隔物灸

 

 

 

 

 

 

2.4

 

 

156 灸施術で瀉法になるのはどれか。

 

1. 風を送って燃焼させる。
2. 灰の上に施灸する。
3. 軟らかくひねる。
4. 壮数を少なくする。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

157 米粒大の艾?の連続施灸で最初に出現する局所の変化はどれか。

 

1. 発 赤
2. 水 痘
3. 痂 皮
4. 潰 瘍

 

 

 

 

 

 

1

 

 

158 打膿灸による炎症の発生に関与しないのはどれか。

 

1. ブラジキニン
2. ヒスタミン
3. プロスタグランジン
4. β―リボトロピン

 

 

 

 

 

 

4

 

 

159 施灸による体性一内臓反射の遠心路を構成する神経線維で正しいのはどれか。

 

1. C 線維
2. Aδ線維
3. Aβ線維
4. Aα線維

 

 

 

 

 

 

1

 

 

160 過剰刺激を受けてレイリ―現象を起こす神経系はどれか。

 

1. 運動神経
2. 感覚神経
3. 交感神経
4. 副交感神経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

151 灸法でともに灸痕を残さないのはどれか。

 

1. 温灸と焦灼灸
2. 灸頭鍼と弘法の灸
3. 生姜灸と棒灸
4. 知熱灸と透熱灸

 

 

 

 

 

 

3

 

 

152 打膿灸について誤っているのはどれか。

 

1. 灸あたりを起こしやすい
2. 指頭大の艾?を用いる
3. 高齢の虚弱者に適する
4. 背腰部に施灸する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

153 艾の燃焼時間が長くなるのはどれか。

 

1. 送風する。
2. 硬くひねる。
3. 艾?を小さくする。
4. 良質の艾を使用する。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

154 温熱刺激を与えない灸法はどれか。

 

1. ビワの葉灸
2. 紅灸
3. 生姜灸
4. ニンニク灸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

155 有痕灸施灸時の注意事項で適切でないのはどれか。

 

1. 正しく同一点に施灸する。
2. 施灸部を消毒する。
3. 拍動部には強刺激を与える。
4. 刺激過多を防ぐ。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

156 灸施術の防衛作用に関係するとされているのはどれか。

 

1. 網内系
2. 脳幹網様体賦活系
3. 大脳辺緑系
4. 下行性抑制系

 

 

 

 

 

 

1

 

 

157 灸刺激の作用で正しいのはどれか。

 

1. 白血球数の増加
2. 赤血球数の減少
3. 血液凝固時間の延長
4. 血小板数の減少

 

 

 

 

 

 

1

 

 

158 透熱灸による熱痛覚を伝える神経線維はどれか。

 

1. Aα線維
2. Aβ線維
3. B 線維
4. C 線維

 

 

 

 

 

 

4

 

 

159 内因性オピオイドとナロキソンとが結合する受容体はどれか。

 

1. ヒスタミン受容体
2. モルヒネ受容体
3. ドパミン受容体
4. セロトニン受容体

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

160 施灸局所で産生されないのはどれか。

 

1. キニン類
2. ヒスタミン
3. プロスタグランジン
4. 糖質コルチコイド

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

関連ページ

きゅう理論 その1
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
きゅう理論 その2
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
きゅう理論 その3
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
きゅう理論 その4
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
きゅう理論 その6
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
きゅう理論 その7
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
きゅう理論 その8
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8