鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

きゅう理論 その3

 

151 艾の原料であるヨモギの採取時期として最も適切なのはどれか。

 

1. 2 月
2. 5 月
3. 9 月
4. 11 月

 

 

 

 

 

 

2

 

 

152 艾に関して正しい記述はどれか。

 

1. ヨモギの葉の表面には毛茸が多い。
2. 良質艾は毛茸を含まない。
3. チネオール(シネオール)は線維様物質である。
4. 腺毛は揮発性の精油を含む。

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

153 灸術の種類で誤っている組合せはどれか。

 

1. 透熱灸 − 糸状灸
2. 隔物灸 − 温筒灸
3. 知熱灸 − 八分灸
4. 艾を使用しない灸法 − 紅灸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

154 皮膚に損傷を与えないのはどれか。

 

1. 透熱灸
2. ニンニク灸
3 打膿灸
4. 焦灼灸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

155 灸による瀉法はどれか。

 

1. 燃焼後の灰を除去して施灸する。
2. 艾?の底面を小さくして施灸する。
3. 良質の艾を軟らかくひねって施灸する。
4. 自然消火を待つ。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

156 施灸部の消毒方法で適切でないのはどれか。

 

1. 施灸前後に行う。
2. ラビング法で擦り込む。
3. 遠心性に渦巻き状に拭く。
4. 消毒用エタノールを用いる。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

157 施灸によるフレア一現象に関与しないのはどれか。

 

1. CGRP
2. W群線維
3. ポリモーダル受容器
4. 広作動域ニューロン

 

 

 

 

 

 

4

 

 

158 透熱灸による生体反応でないのはどれか。

 

1. C線維の興奮
2. 血管透過性の亢進
3. クラウゼ小体の興奮
4. マスト細胞の活性化

 

 

 

 

 

 

3

 

 

159 ホメオスタシスについて適切な記述はどれか。

 

1. 交感神経は関与しない。
2. レイリーが提唱した。
3. ネガティブフィードバックにより調節される。
4. 緊急反応時にはアドレナリン分泌が抑制される。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

160 圧自律神経反射に関与しないのはどれか。

 

1. 汗腺
2. 交感神経
3. 感覚神経
4. 運動神経

 

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

151 艾の精製に用いる用具と用途との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 裁断機 ― 乾燥したヨモギの葉を刻む。
2. 石臼 ― 葉脈を除去する。
3. 長唐箕 ― 挟雑物をふるい落とす。
4. 唐箕 ― 毛茸の表面付着物を除去する。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

152 灸痕を残さない灸法の組合せはどれか。

 

1. 押灸 ― 透熱灸
2. 塩灸 ― 焦灼灸
3. 紅灸 ― 打膿灸
4. ショウガ灸 ― 知熱灸

 

 

 

 

 

 

47

 

 

153 小児の灸治療で適切でないのはどれか。

 

1. ちりげの灸
2. 知熱灸
3. 弘法の灸
4. 文条灸(棒灸)

 

 

 

 

 

 

3

 

 

154 きゅう師による生活習慣病に対する指導で適切でないのはどれか。

 

1. 服薬
2. 禁煙
3. 食事
4. 運動

 

 

 

 

 

 

1

 

 

155 直接灸を行う部位として最も適切なのはどれか。

 

1. 顔面部
2. 臍部
3. 爪甲根部
4. 皮膚病の患部

 

 

 

 

 

 

3

 

 

156 灸あたりが起こりやすいのはどれか。

 

1. 知熱灸
2. 紅灸
3. ショウガ灸
4. 打膿灸

 

 

 

 

 

 

4

 

 

157 熱痛刺激情報を二次ニューロンへ伝達するのはどれか。

 

1. グルタミン酸
2. サブスタンス P
3. アセチルコリン
4. セロトニン

 

 

 

 

 

 

1.2

 

 

158 打膿灸の施灸局所で起こらない現象はどれか。

 

1. カプサイシンの産生
2. サイトカインの産生
3. 好中球の浸潤
4. 蛋白質の変性

 

 

 

 

 

 

1

 

 

159 温熱刺激の受容にかかわるのはどれか。

 

1. メルケル盤
2. 自由神経終末
3. ルフイ二終末
4. パチニ小体

 

 

 

 

 

 

2

 

 

160 ストレス蛋白質について正しいのはどれか。

 

1. 温熱刺激で産生される。
2. 神経伝達物質の一種である。
3. オピオイド受容体と結合する。
4. サブスタンス P の産生にかかわる。

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

151 線香の主原料で正しいのはどれか。

 

1. マキの葉
2. クスの根
3. マツの実
4. タブの樹皮

 

 

 

 

 

 

4

 

 

152 組織損傷を伴う灸法はどれか。

 

1. ニンニク灸
2. 透熱灸
3. 温筒灸
4. 知熱灸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

153 灸法と刺激特性との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 味噌灸 ― 湿熱
2. 棒灸 ― 乾熱
3. 紅灸 ― 乾熱
4. 生姜灸 ― 湿熱

 

 

 

 

 

 

3

 

 

154 灸あたりで最もみられる症状はどれか。

 

1. 難聴
2. 便秘
3. 全身倦怠感
4. 胸痛

 

 

 

 

 

 

3

 

 

155 透熱灸でマスト細胞から放出される物質による現象はどれか。

 

1. 血管収縮
2. 血管透過性の亢進
3. ポリモーダル受容器の抑制
4. 心拍数減少

 

 

 

 

 

 

2

 

 

156 熱痛覚を引き起こす閾値はどれか。

 

1. 40℃
2. 45℃
3. 50℃
4. 55℃

 

 

 

 

 

 

2

 

 

157 灸刺激情報の伝達に関与しないのはどれか。

 

1. C 線維
2. 脊髄後角
3. 延髄オリーブ核
4. 脳幹網様体

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

158 透熱灸によって一番早く起こる現象はどれか。

 

1. フレア一現象
2. 脊髄後角細胞の興奮
3. 交感神経活動の亢進
4. 侵害受容器の興奮

 

 

 

 

 

 

4

 

 

159 胃の六ツ灸によって胃部不快感が改善する理由として適切なのはどれか。

 

1. 内臓交感神経遠心性活動の亢進
2. 上頚神経節活動の亢進
3. 骨盤神経活動の亢進
4. 内臓求心性神経活動の亢進

 

 

 

 

 

 

1

 

 

160 施灸後にサイトカインを産生しないのはどれか。

 

1. 赤血球
2. リンパ球
3. 好中球
4. マクロファージ

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

関連ページ

きゅう理論 その1
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
きゅう理論 その2
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
きゅう理論 その4
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
きゅう理論 その5
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
きゅう理論 その6
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
きゅう理論 その7
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
きゅう理論 その8
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8