鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

きゅう理論 その2

 

151 艾燃焼時の特有の芳香はどれによるか。

 

1 葉緑素
2 毛茸
3 夾雑物
4 腺毛

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

152 灸術の種類で正しい組合せはどれか。

 

1 棒灸-------温灸
2 紅灸-------隔物灸
3 八分灸-----透熱灸
4 糸状灸-----知熱灸

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

153 透熱灸を避けるべき部位はどれか。

 

1 頭頂部
2 顔面部
3 下腹部
4 殿部

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

154 有痕灸を行う場合、最も注意しなければならない疾患はどれか。

 

1 骨粗鬆症
2 更年期障害
3 糖尿病
4 過敏性腸症候群

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

155 灸痕化膿の予防法で正しいのはどれか。

 

1 灸痕部の痂皮を掻爬しない。
2 艾?の底面積を大きくする。
3 壮数を重ねる場合、施灸部を少しずつずらす。
4 施灸後、施術部をラビング法で消毒する。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

156 灸刺激の伝導路に関与するのはどれか。

 

1 後索核
2 延髄網様体
3 内側毛帯
4 腹側脊髄視床路

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

157 透熱灸刺激によって生じる局所炎症反応の際に起こるのはどれか。

 

1 ヒスタミンの分解
2 痛覚過敏
3 虚血
4 血管透過性の低下

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

158 施灸直後の反応でみられないのはどれか。

 

1 ヒスタミン放出
2 白血球増多
3 赤血球増多
4 CGRP放出

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

159 内因性オピオイドの特徴について正しい記述はどれか。

 

1 血液脳関門を通過することができる。
2 βエンドルフィンは脊髄後角に多く含まれる。
3 ナロキソンにより作用が増強する。
4 体内では短時間で分解される。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

160 セリエのストレス学説に関する事項はどれか。

 

1 条件反射
2 警告反応期
3 反応の非恒常性
4 発汗の減少

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

151 艾について正しい記述はどれか。

 

1 ヨモギは9〜11月頃に採集する。
2 毛茸は葉の表の面に多い。
3 粗悪な艾は繊維が細かい。
4 切艾は直接灸に用いる。

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

152 無痕灸はどれか。

 

1 焦灼灸
2 透熱灸
3 知熱灸
4 打膿灸

 

 

 

 

3

 

 

 

 

153 知熱灸を行う上で熱刺激の調節に最も注意を必要とするのはどれか。

 

1 糖尿病
2 肩こり
3 過敏性腸症候群
4 ウイルス性肝炎

 

 

 

 

1

 

 

 

 

154 灸あたりの症状はどれか。

 

1 疼痛
2 麻痺
3 化膿
4 倦怠

 

 

 

 

4

 

 

 

 

155 透熱灸による熱痛覚を伝導する求心性神経はどれか。

 

1 Ia群線維
2 Ib群線維
3 U群線維
4 W群線維

 

 

 

 

4

 

 

 

 

156 透熱灸刺激の脊髄内伝達に関与する物質はどれか。

 

1 エンドルフィン
2 サブスタンスP
3 ノルアドレナリン
4 アセチルコリン

 

 

 

 

2

 

 

 

 

157 透熱灸後のフレアー現象の機序となる反射はどれか。

 

1 伸張反射
2 軸索反射
3 逃避反射
4 立毛反射

 

 

 

 

2

 

 

 

 

158 灸施術による局所炎症反応に関与するのはどれか。

 

1 プロスタグランジン
2 サイロキシン
3 トリプシン
4 ダイノルフィン

 

 

 

 

1

 

 

 

 

159 灸施術の防御作用に関係するのはどれか。

 

1 細網内皮系
2 脳幹綱様体賦活系
3 大脳辺縁系
4 下行性抑制系

 

 

 

 

1

 

 

 

 

160 関連学説について正しい組合せはどれか。

 

1 レイリー現象-------障害部位は限局性
2 緊急反応-----------アドレナリン分泌
3 サイバネティクス---内部環境の恒常性
4 ストレス学説-------副腎皮質の萎縮

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

151 良質艾の精製過程で最終段階に使用する道具はどれか。

 

1. 唐箕
2. 篩
3. 石臼
4. 裁断機

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

152 良質文の成分について正しい記述はどれか。

 

1. 揮発成分が多い。
2. 繊維成分が多い。
3. 灰分が多い。
4. 水分が多い。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

153 隔物灸でないのはどれか。

 

1. 味噌灸
2. ニラ灸
3. 塩灸
4. 紅灸

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

154 多壮灸を原則とするのはどれか。

 

1. 焦灼灸
2. 打膿灸
3. 知熱灸
4. ビワの菓灸

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

155 小児に対する灸施術で適切でないのはどれか。

 

1. 棒灸を用いる。
2. 艾を硬くひねる。
3. 小さな艾?を用いる。
4. 壮数を少なくする。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

156 患者の状態と灸法との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. 糖尿病性ニューロパチー ― 棒灸
2. 副腎皮質ステロイドの使用 ― 知熱灸
3. 免疫抑制剤の服用 ― 透熱灸
4. 疣贅 ― 焦灼灸

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

157 透熱灸による熱痛覚を伝える伝導路はどれか。

 

1. 後索路
2. 外側脊髄視床路
3. 腹側脊髄視床路
4. 内側毛帯路

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

158 灸刺激による末梢血管収縮の機序に関与するのはどれか。

 

1. CGRP
2. 一酸化窒素
3. サブスタンスP
4. ノルアドレナリン

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

159 透熱灸による生体反応で誤っているのはどれか。

 

1. 血管透過性の亢進
2. マスト細胞の活性化
3. 血液凝固時間の短縮
4. マクロファージ貪食能の低下

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

160 サイバネティックスの学説で提唱されたのはどれか。

 

1. レニン・アジオテシン系
2. 交感神経一副腎皮質系
3. 内因性鎮痛機構
4. フィードバック機構

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

関連ページ

きゅう理論 その1
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
きゅう理論 その3
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
きゅう理論 その4
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
きゅう理論 その5
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
きゅう理論 その6
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
きゅう理論 その7
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
きゅう理論 その8
鍼灸きゅう理論過去問題です。第1回きゅう理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8