鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

はり理論 その6

 

141 次の古代九鍼のうち皮膚を切開するのはどれか。

 

1. 毫鍼
2. 長鍼
3. 大鍼
4. ハ鍼

 

 

 

 

 

 

4

 

 

142 最も古くからある鍼法はどれか。

 

1. 撚鍼法
2. 打鍼法
3. 管鍼法
4. 皮内鍼法

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

143 1 寸 6 分の 3 番鍼の太さと長さとの組合せで正しいのはどれか。

 

1. 0.17mm ― 50mm
2. 0.20mm ― 50mm
3. 0.17mm ― 60mm
4. 0.20mm ― 60mm

 

 

 

 

 

 

2

 

 

144 雀啄を用いる手技はどれか。

 

1. 屋漏術
2. 回旋術
3. 間歇術
4. 内調術

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

145 最も弱い刺激となる手技はどれか。

 

1. 振せん術
2. 乱鍼術
3. 管散術
4. 旋撚術

 

 

 

 

 

 

3

 

 

146 鍼の過誤について誤っている記述はどれか。

 

1. 抜鍼困難な時は回旋術を行う。
2. 刺鍼後に残る違和感を予防するために後揉法を了寧に行う。
3. 折鍼した時は静かに皮膚を押し下げて折片を探す。
4. 感染防止にはディスポーザブル鍼を使用する。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

147 内因性オピオイドの効果を特異的に消失させる物質はどれか。

 

1. セロトニン
2. ブラジキニン
3. ナロキソン
4. ヒスタミン

 

 

 

 

 

 

3

 

 

148 常習性便秘に対する背部の鍼治療の効果はどの作用によるか。

 

1. 誘導作用
2. 転調作用
3. 防御作用
4. 反射作用

 

 

 

 

 

 

4

 

 

149 鍼刺激が膵臓のホルモンに与える影響を調べる場合、指標とならないのはどれか。

 

1. グルカゴン
2. オキシトシン
3. インスリン
4. ソマトスタチン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

150 圧発汗反射の学説で圧迫側に起こる反応として正しい組合せはどれか。

 

1. 発汗 ― 増加
2. 腋窩温 ― 低下
3. 血圧 ― 上昇
4. 鼻粘膜毛細血管 ― 収縮

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

141 小児鍼に相当する古代九鍼はどれか。

 

1. 鋒鍼
2. 円鍼
3. 員利鍼
4. 毫鍼

 

 

 

 

 

 

2

 

 

142 細刺術と管散術とに共通するのはどれか。

 

1. 鍼管を使用する。
2. 刺抜を繰り返す。
3. 鍼に振動を与える。
4. 鍼を皮下に刺入する。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

143 呼気に刺入し、吸気で止めるのはどれか。

 

1. 振せん術
2. 内調術
3. 随鍼術
4. 屋漏術

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

144 抜鍼困難を起こしやすい刺法はどれか。

 

1. 示指打法
2. 置鍼術
3. 回旋術
4. 副刺激術

 

 

 

 

 

 

3

 

 

145 押手について誤っているのはどれか。

 

1. 刺鍼部を固定する。
2. 刺入速度を調節する。
3. 皮膚の緊張度を調節する。
4. 鍼体を保持する。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

146 返し鍼を行う場合はどれか。

 

1. 脳貧血
2. 折鍼
3. 抜鍼困難
4. 気胸

 

 

 

 

 

 

1

 

 

147 次のうち刺鍼により一番早く起こる現象はどれか。

 

1. 刺鍼刺激の認知
2. 後角細胞の興奮
3. 自律神経の興奮
4. 痛覚閾値の低下

 

 

 

 

 

 

2

 

 

148 内因性鎮痛物質が作用する受容体はどれか。

 

1. ムスカリン様受容体
2. オピオイド受容体
3. ニコチン様受容体
4. ノルアドレナリン受容体

 

 

 

 

 

 

2

 

 

149 血管収縮作用をもつ物質はどれか。

 

1. ヒスタミン
2. ブラジキニン
3. アデノシン
4. セロトニン

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

150 痛覚を抑制する生体機構でないのはどれか。

 

1. オピオイドの産生
2. 脊髄膠様質細胞(SG細胞)
3. 下行性抑制系
4. レニン・アンジオテンシン系

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

141 次の文で示す刺法はどれか。「刺入した鍼の鍼柄又は鍼体を鍼管で叩打し振動を与える。」

 

1. 細刺術
2. 管散術
3. 内調術
4. 振せん術

 

 

 

 

 

 

3

 

 

142 皮下に刺入しない手技はどれか。

 

1. 管散術
2. 雀啄術
3. 示指打法
4. 回旋術

 

 

 

 

 

 

1

 

 

143 撚鍼法に適した鍼尖の形状はどれか。

 

1. 卵形
2. 柳葉形
3. ノゲ形
4. スリオロシ形

 

 

 

 

 

 

2

 

 

144 アレルギー体質の改善を目的とする鍼の作用はどれか。

 

1. 鎮静作用
2. 誘導作用
3. 反射作用
4. 転調作用

 

 

 

 

 

 

4

 

 

145 皮膚のポリモーダル受容器からの求心性線維はどれか。

 

1. Aα線維
2. Aβ線維
3. B線維
4. C線維

 

 

 

 

 

 

4

 

 

146 刺鍼により交感神経α受容体が関与する反応で正しいのはどれか。

 

1. 心拍数増加
2. 気管支筋弛緩
3. 唾液アミラーゼの分泌
4. 皮膚血管収縮

 

 

 

 

 

 

4

 

 

147 内臓痛について正しい記述はどれか。

 

1. 局在が明確である。
2. 炎症時には痛みが増強する
3. 自律神経症状を伴わない
4. 関連痛を伴わない。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

148 ゲートコントロール説で正しいのはどれか。

 

1. 脊髄における鎮痛機序の学説
2. 脳内モルヒネ様物質の学説
3. 過剰刺激と自律神経との学説
4. 発痛促進物質の学説

 

 

 

 

 

 

1

 

 

149 鍼刺激が腎機能に与える影響をみるとき指標となるのはどれか。

 

1. ウロビリノーゲン排泄量
2. ウロペプシン排泄量
3. クレアチニン・クリアランス値
4. ヘマトクリット値

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

150 サイバネティックスの学説で提唱されたのはどれか。

 

1. ホメオスターシス
2. フィードバック
3. 生体の全機性
4. 脳幹網様体賦活系

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

関連ページ

はり理論 その1
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
はり理論 その2
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
はり理論 その3
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
はり理論 その4
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
はり理論 その5
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
はり理論 その7
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
はり理論 その8
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8