鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

はり理論 その5

 

141 古代九鍼のうち皮膚刺激を目的とするのはどれか。

 

1. 円鍼
2. 員利鍼
3. 毫鍼
4. 鋒鍼

 

 

 

 

 

 

1

 

 

142 一定の刺入深度に達した後、鍼の上下動で刺激を与える手技でないのはどれか。

 

1. 間歇術
2. 雀啄術
3. 屋漏術
4. 回旋術

 

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

143 侵害受容器を興奮させない手技はどれか。

 

1. 振せん術
2. 単刺術
3. 随鍼術
4. 管散術

 

 

 

 

 

 

4

 

 

144 抜鍼困難時に使用しない手技はどれか。

 

1. 置鍼術
2. 副刺激術
3. 鍼尖転移法
4. 示指打法

 

 

 

 

 

 

3

 

 

145 折鍼事故の予防対策として適切でないのはどれか。

 

1. オートクレーブ滅菌による反復使用を避ける。
2. 曲がった鍼は伸ばして使う。
3. 鍼通電治療に交流電流を用いる。
4. 刺鍼中は動かないように患者に指示する。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

146 鎮痛機構における下行性抑制に関与しないのはどれか。

 

1. ノルアドレナリン
2. ナロキソン
3. セロトニン
4. β-エンドルフィン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

147 内因性発痛物質でないのはどれか。

 

1. アセチルコリン
2. 水素イオン
3. ブラジキニン
4. カリウムイオン

 

 

 

 

 

 

1

 

 

148 鍼の「ひびき」を伝える神経線維はどれか。

 

1. Aα線維
2. Aγ線維
3. B 線維
4. C 線維

 

 

 

 

 

 

4

 

 

149 刺鍼局所の軸索反射が強く関与する治療的作用はどれか。

 

1. 免疫作用
2. 転調作用
3. 誘導作用
4. 止血作用

 

 

 

 

 

 

3

 

 

150 レイリー現象について正しいのはどれか。

 

1. 血管運動性の障害である。
2. 病変には個体差がない。
3. 刺激の種類に関係する。
4. 障害は限局する。

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

141 押し手の圧で周囲圧に相当するのはどれか。

 

1. 持続圧
2. 水平圧
3. 垂直圧
4. 固定圧

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

142 弾入動作を用いて刺激を与える手技でないのはどれか。

 

1. 副刺激術
2. 細指術
3. 管散術
4. 示指打法

 

 

 

 

 

 

1

 

 

143 管鍼法に適した鍼尖の形状はどれか。

 

1. 松葉形
2. 卵 形
3. ノゲ形
4. スリオロシ形

 

 

 

 

 

 

1

 

 

144 前揉法の目的で適切でないのはどれか。

 

1. 刺鍼を予告する。
2. 精神的緊張をとる。
3. 筋肉を弛緩させる。
4. 出血を防止する。

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

145 刺激時間が最も長い鍼法はどれか。

 

1. 散鍼法
2. 小児鍼法
3. 皮内鍼法
4. 鍼通電法

 

 

 

 

 

 

3

 

 

146 ポリモ―ダル受容器からの求心性神経線維の特徴で誤っているのはどれか。

 

1. 疼くような痛みを伝える。
2. 振動感覚を伝える。
3. 伝導速度が遅い。
4. 細い神経線維である。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

147 内因性オピオイドによる鎮痛効果の特徴で正しいのはどれか。

 

1. 下行性抑制系の賦活
2. 発痛物質の生成抑制
3. ナロキソンによる効果の増強
4. 脊髄後角での疼痛閾値の低下

 

 

 

 

 

 

1

 

 

148 鍼刺激の影響をみるとき、尿中ウロビリン体量が指標となる臓器はどれか。

 

1. 肺
2. 心臓
3. 膵臓
4. 肝臓

 

 

 

 

 

 

4

 

 

149 鍼鎮痛に関与しないのはどれか。

 

1. オピエ―ト受容体
2. ポリモ―ダル受容器
3. カルシトニン
4. エンドルフィン

 

 

 

 

 

 

3

 

 

150 交感神経―アドレナリン系を中心として説明したのはどれか。

 

1. サイバネティックス
2. 緊急反応
3. 過剰刺激症候群
4. 汎適応症侯群

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

141 金鍼の特徴はどれか。

 

1. 弾力性が小さい。
2. 通電に適する。
3. 刺入痛が出やすい。
4. 酸化しにくい。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

142 切皮後に鍼管を用いて刺激を与える方法でないのはどれか。

 

1. 副刺激術
2. 示指打法
3. 管散術
4. 内調術

 

 

 

 

 

 

3

 

 

143 弾入を繰り返すのはどれか。

 

1. 屋漏術
2. 随鍼術
3. 間歇術
4. 細刺術

 

 

 

 

 

 

4

 

 

144 現行の鍼で古代九鍼と同名のものはどれか。

 

1. 毫鍼
2. 三稜鍼
3. 円皮鍼
4. 皮内鍼

 

 

 

 

 

 

1

 

 

145 鍼の副作用と対策との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 脳貧血 − 返し鍼
2. 刺鍼後の違和感 − 後揉法
3. 内出血 − 迎え鍼
4. 抜鍼困難 − 示指打法

 

 

 

 

 

 

3

 

 

146 ディスポーザブル鍼の滅菌に用いられるのはどれか。

 

1. エタノール
2. ホルマリン
3. エチレンオキサイド
4. グルタールアルデヒド

 

 

 

 

 

 

3

 

 

147 鍼刺激が迷走神経に及ぼす影響をみる場合に適切でない臓器はどれか。

 

1. 心臓
2. 膵臓
3. 小腸
4. 膀胱

 

 

 

 

 

 

4

 

 

148 刺鍼による血流改善のメカニズムに関与するのはどれか。

 

1. 軸索反射
2. 屈曲反射
3. 伸張反射
4. 内臓−内臓反射

 

 

 

 

 

 

1

 

 

149 内因性オピオイドが関与するのはどれか。

 

1. ナトリウムポンプ
2. TCA サイクル
3. レニン・アンジオテンシン系
4. 下行性抑制系

 

 

 

 

 

 

4

 

 

150 ストレス学説で交絡抵抗が現れる時期はどれか。

 

1. ショック期
2. 抗ショック期
3. 抵抗期
4. 疲憊期

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

関連ページ

はり理論 その1
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
はり理論 その2
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
はり理論 その3
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
はり理論 その4
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
はり理論 その6
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
はり理論 その7
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
はり理論 その8
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8