鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

はり理論 その4

 

141 単回(1 回)使用毫鍼の品質を保証する方法として適切でないのはどれか。

 

1. 引張り強度試験の実施
2. 滅菌年月の表示
3. ステンレス鋼線の使用
4. 伝導性検査の実施

 

 

 

 

 

 

4

 

 

142 膝関節腔内へ鍼が刺入された場合に生じる可能性があるのはどれか。

 

1. 膝窩嚢胞
2. 離断性骨軟骨炎
3. 化膿性膝関節炎
4. 膝蓋軟骨軟化症

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

143 低頻度鍼通電について適切でない記述はどれか。

 

1. 臨床では鎮痛を目的として 1〜10Hz の周波数が多用される。
2. 折鍼を予防するために直流電流を用いる。
3. 鎮痛は持続性がある。
4. 陰極側の閾値は陽極側よりも低い。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

144 古代九鍼の中で小児鍼のもとになったのはどれか。

 

1. 大鍼
2. 円鍼
3. ハ鍼
4. 毫鍼

 

 

 

 

 

 

2

 

 

145 施術により生じた神経インパルスの伝導に主として Aβ線維が関与するのはどれか。

 

1. 管散術
2. 置鍼術
3. 間歇術
4. 屋漏術

 

 

 

 

 

 

1

 

 

146 動物実験で鍼鎮痛の効果が得られにくいとき、あらかじめ投与することで効果発現を促す物質はどれか。

 

1. D−フェルアラニン
2. ナロキソン
3. アルギニン
4. ロイシン

 

 

 

 

 

 

1

 

 

147 患者の呼吸に合わせて運鍼を行うのはどれか。

 

1. 内調術
2. 随鍼術
3. 間歇術
4. 副刺激術

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

148 施術中の有害事象と処置との組み合わせで適切でないのはどれか。

 

1. 抜鍼困難 − 示指打法
2. 内出血 − 圧迫
3. 遺感覚 − 後柔捏
4. 気胸 − 返し鍼

 

 

 

 

 

 

4

 

 

149 ポリモーダル受容器について誤っているのはどれか。

 

1. 形態は自由神経終末である。
2. 温熱刺激に反応する。
3. 自律神経に反射的に影響する。
4. 筋の張力を検出する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

150 下行性抑制系が末梢からの痛覚情報を遮断する部位はどれか。

 

1. 中脳水道周囲灰白質
2. 延髄大縫線核
3. 脊髄後角
4. 後根神経節

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

141 鍼の刺激量を刺入の継続時間で調節するのはどれか。

 

1. 単刺術
2. 置鍼術
3. 旋撚術
4. 雀啄術

 

 

 

 

 

 

2

 

 

142 小児鍼として使用しないのはどれか。

 

1. いちょう鍼
2. 車 鍼
3. 鋒 鍼
4. ? 鍼

 

 

 

 

 

 

3

 

 

143 刺鍼による気胸としてみられないのはどれか。

 

1. 胸 痛
2. 冷 汗
3. 血 痰
4. 呼吸困難

 

 

 

 

 

 

3

 

 

144 返し鍼の処置が適切なのはどれか。

 

1. 精神緊張による過換気
2. 脳貧血による−過性の失神
3. 食中毒による下痢
4. 刺鍼による発熱

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

145 ディスポーザブル鍼の取扱いとして適切でないのはどれか。

 

1. 使用後は医療廃棄物として処理する。
2. 滅菌の有効期限内に使用する。
3. 使用直前にパッケージを開く。
4. 再生して使用する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

146 軸索反射を介してコリン作動性神経末端に作用し、筋血管を拡張させるのはどれか。

 

1. CGRP
2. サブスタンス P
3. βエンドルフィン
4. アトロピン

 

 

 

 

 

 

1

 

 

147 ポリモーダル受容器の特徴として適切でないのはどれか。

 

1. 皮膚だけでなく深部組織にも分布する。
2. 局在性の明らかな痛みを生じる。
3. 受容器の形態は自由神経終末である。
4. 非侵害的な刺激強度でも興奮する。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

148 内因性発痛物質でないのはどれか。

 

1. 水素イオン
2. セロトニン
3. ヒスタミン
4. エンケファリン

 

 

 

 

 

 

4

 

 

149 鍼麻酔について誤っている記述はどれか。

 

1. 筋収縮が得られる刺激で発現する。
2. 細径線維が関与する。
3. 意識レベルが低下する。
4. 効果発現までに誘導時間が必要である。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

150 胃運動を促進する迷走神経反射に関与するのはどれか。

 

1. 遠道刺
2. 絡 刺
3. 巨 刺
4. 関 刺

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

141 刺激方法として鍼管を用いないのはどれか。

 

1. 管散術
2. 示指打法
3. 副刺激術
4. 刺鍼転向法

 

 

 

 

 

 

4

 

 

142 撚鍼法の術式で必要ないのはどれか。

 

1. 消 毒
2. 前揉捏
3. 挿 管
4. 切 皮

 

 

 

 

 

 

3

 

 

143 管鍼法の創始者はどれか。

 

1. 石坂宗哲
2. 菅沼周桂
3. 御園意斉
4. 杉山和一

 

 

 

 

 

 

4

 

 

144 体動による折鍼の危険性が少ないのはどれか。

 

1. 間歇術
2. 回旋術
3. 屋漏術
4. 細指術

 

 

 

 

 

 

4

 

 

145 WHO の「鍼の基礎教育と安全性に関するガイドライン(1999 年)」で鍼治療を避けるべき状態
としているのはどれか。

 

1. 出血性の疾患
2. 歯科の術後痛
3. 手術後の嘔吐
4. つわり

 

 

 

 

 

 

1

 

 

146 鍼治療の偶発症として起こり得るのはどれか。

 

1. 神経障害
2. 抑うつ
3. せん妄
4. アフタ性潰瘍

 

 

 

 

 

 

1

 

 

147 ?鍼による押圧刺激の情報を伝える神経線維はどれか。

 

1. Aα 2. Aβ
3. Aδ 4. B

 

 

 

 

 

 

2

 

 

148 鍼刺激の局所に出現する現象で適切でないのはどれか。

 

1. 微細な組織損傷
2. CGRP の分泌抑制
3. ポリモーダル受容器の興奮
4. 内因性発痛物質の生成

 

 

 

 

 

 

2

 

 

149 エンケファリンの構成成分はどれか。

 

1. 不飽和脂肪酸
2. アミノ酸
3. リン脂質
4. グルコース

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

150 腰部刺鍼によって下肢に発現する血管拡張の機序はどれか。

 

1. 体性反射
2. 体性−内臓反射
3. 体性−自律神経反射
4. 交叉性伸展反射

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

関連ページ

はり理論 その1
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
はり理論 その2
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
はり理論 その3
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
はり理論 その5
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
はり理論 その6
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
はり理論 その7
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
はり理論 その8
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8