鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

はり理論 その3

 

141 最も古い刺鍼法はどれか。

 

1. 撚鍼法
2. 管鍼法
3. 打鍼法
4. 皮内鍼法

 

 

 

 

 

 

1

 

 

142 管鍼法に最も適した鍼尖の形状はどれか。

 

1. ノゲ形
2. 松葉形
3. スリオロシ形
4. 卵形

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

143 古代九鍼のうち圧迫を目的とするのはどれか。

 

1. 員利鍼
2. ?鍼
3. 毫鍼
4. 鋒鍼

 

 

 

 

 

 

2

 

 

144 体表を繰り返し刺激する手技はどれか。

 

1. 単刺術
2. 回旋術
3. 屋漏術
4. 細指術

 

 

 

 

 

 

4

 

 

145 鍼の抜き忘れの防止策として適切でない記述はどれか。

 

1. 置鍼した鍼の本数を確認し記載する。
2. 単回使用毫鍼の使用時は、鍼管と抜鍼した鍼が同数であることを確認する。
3. 鍼は刺入した者が抜く。
4. 抜き忘れの最終確認は患者自身に委ねる。

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

146 抜鍼困難時に用いる処置で適切でないのはどれか。

 

1. 副刺激術
2. 示指打法
3. 返し鍼
4. 迎え鍼

 

 

 

 

 

 

3

 

 

147 消毒のレベルと実例との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. 洗浄 − 胸枕
2. 消毒 − 施術者の手指
3. 消毒 − 円皮鍼
4. 滅菌 − 毫鍼

 

 

 

 

 

 

3

 

 

148 鍼治療による鎮痛発現に関与しないのはどれか。

 

1. 患部の循環改善
2. 内因性オピオイドの産生
3. 脊髄膠様質細胞の興奮
4. 脳内ドパミンの減少

 

 

 

 

 

 

4

 

 

149 腹部鍼刺激で起こる胃運動抑制反応に主として関与するのはどれか。

 

1. 延髄
2. 迷走神経
3. 交感神経
4. 仙髄

 

 

 

 

 

 

3

 

 

150 脊髄の部位で痛覚を伝える一次求心性ニューロンがシナプスを形成するのはどれか。

 

1. 前角
2. 後角
3. 前索
4. 後索

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

141 刺入時および抜鍼時に鍼を半回転ずつ交互に回しながら行う手技はどれか。

 

1. 間歇術
2. 屋漏術
3. 内調術
4. 旋撚術

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

142 主に皮下組織に刺激を与える手技はどれか。

 

1. 鍼尖転移法
2. 屋漏術
3. 間歇術
4. 内調術

 

 

 

 

 

 

1

 

 

143 刺鍼法と手技との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 撚鍼法 ― 細指術
2. 打鍼法 ― 勝曳の鍼
3. 管鍼法 ― 示指打法
4. 小児鍼法 ― 接触鍼

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

144 灸頭鍼による熱傷予防対策で適切でない記述はどれか。

 

1. 着火時は炎が鍼体に当たらないように行う。
2. 水で濡らした綿花で放射(輻射)熱を遮断する。
3. 施灸中は患者の体動を防ぐ。
4. 燃えている文球の除去にアルコール綿花を用いる。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

145 鍼通電療法が禁忌となるのはどれか。

 

1. 心臓ペースメーカー
2. 人工関節
3. インプラント
4. 尿路ストーマ(人工膀胱)

 

 

 

 

 

 

1

 

 

146 鍼治療のうち禁止されているのはどれか。

 

1. イオン鍼
2. 埋没鍼
3. レーザー鍼
4. 皮内鍼

 

 

 

 

 

 

2

 

 

147 体幹部に置鍼した鍼のうえにタオルをかけたことで発生しやすい有害事象はどれか。

 

1. 脳虚血
2. 化膿
3. 気胸
4. 疲労感

 

 

 

 

 

 

3

 

 

148 鍼施術のリスク管理として適切でない記述はどれか。

 

1. 単回使用量鍼を用いる。
2. 滅菌バッグからシャーレを取り出して開放棚に保管する。
3. 鍼は医療廃棄物として処理する。
4. B 型肝炎の予防接種を受ける。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

149 摩擦鍼による発赤反応に関与するのはどれか。

 

1. ACTH
2. CGRP
3. ノルアドレナリン
4. ドパミン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

150 鍼鎮痛の発現に関与するβエンドルフィンを分泌する部位はどれか。

 

1. 中心後回
2. 視床
3. 下垂体
4. 脊髄後角

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

141 鍼刺激に対して過敏な患者への施術で最も適切なのはどれか。

 

1. 間歇術
2. 細指術
3. 管散術
4. 内調術

 

 

 

 

 

 

3

 

 

142 随鍼術で鍼を抜き上げる時に適切でない状態はどれか。

 

1. 横隔膜収縮
2. 外肋間筋収縮
3. 内肋間筋収縮
4. 肋骨挙筋収縮

 

 

 

 

 

 

3

 

 

143 運動中も継続して刺激ができるのはどれか。

 

1. ローラー鍼
2. 円皮鍼
3. 灸頭鍼
4. ?鍼

 

 

 

 

 

 

2

 

 

144 皮内鍼の絆創膏固定をはがした後にかゆみが出現した。かゆみを起こす物質はどれか。

 

1. アセチルコリン
2. ヒスタミン
3. ノルアドレナリン
4. プロトロンビン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

145 抜鍼困難時に応用する手技はどれか。

 

1. 鍼尖転移法
2. 屋漏術
3. 示指打法
4. 乱鍼術

 

 

 

 

 

 

3

 

 

146 鍼治療の標準予防策として適切でないのはどれか。

 

1. 血液は高リスクとして扱う。
2. 「一処置一手洗い」を実行する。
3. 指サックを着用する。
4. 使用した鍼を鍼管に戻す。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

147 乳様突起下端の後下方にあるトリガーポイントを刺激すると頭頂部に関連痛がみられた。
罹患筋はどれか。

 

1. 咬筋
2. 菱形筋
3. 棘下筋
4. 頭板状筋

 

 

 

 

 

 

4

 

 

148 鍼刺激局所の血流増加が筋肉痛を改善するのはどれか。

 

1. 軸索反射
2. 下行性抑制系
3. 広範囲侵害抑制性調節
4. Ib抑制

 

 

 

 

 

 

1

 

 

149 鍼刺激によって細胞膜で産生されるのはどれか。

 

1. セロトニン
2. プロスタグランジン
3. ブラジキニン
4. カリウムイオン

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

150 表皮への刺鍼による作用でないのはどれか。

 

1. 自由神経終末の興奮
2. 基底層細胞でのビタミンDの形成
3. メルケル盤の興奮
4. ランゲルハンス細胞による免疫反応の誘導

 

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

関連ページ

はり理論 その1
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
はり理論 その2
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
はり理論 その4
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
はり理論 その5
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
はり理論 その6
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
はり理論 その7
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
はり理論 その8
鍼灸はり理論過去問題です。第1回はり理論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8