鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

東洋医学臨床論 その9

 

125 次の文で示す病証の治療方針として適切なのはどれか。
「湿熱が筋脈に影響して気血の運行が悪く筋脈、肌肉を栄養できなくなり、右下肢が動かなくなった。」

 

1. 陽明経の疏通をはかる。
2. 心陽を補う。
3. 肝陽の亢進を抑える。
4. 肺の気を補う。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

126 次の文で示す患者の病証に対する適切な治療はどれか。
「30 歳の女性。月経周期が短く、胸脇部が脹って痛み、怒りっぽくなる。舌質は紅。脈は弦数。」

 

1. 肝の熱を除く。
2. 脾の熱を除く。
3. 肺の気を補う。
4. 腎の気を浦う。

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

127 固摂機能の低下による夜間頻尿で適切な治療はどれか。

 

1. 肝の血を補う。
2. 心の血を補う。
3. 脾の気を補う。
4. 腎の気を補う。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

128 次の文で示す患者の病証に対する適切な治療はどれか。
「50 歳の男性。よくめまいが起こり、横になると軽減する。顔色は蒼白く疲れやすい。食欲がなく脈状は細。」

 

1. 気血を補う。
2. 胃熱を除く。
3. 肝陽を抑える。
4. 湿熱を除く。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

129 次の文で示す患者の病証に対する適切な治療はどれか。
「50 歳の男性。失業し心配事が絶えない。不眠、不安、倦怠感を訴える。」

 

1. 肝の気を補う。
2. 心の気を補う。
3. 脾の気を瀉す。
4. 肺の気を瀉す。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

130 四総穴で頭から項にかけての痛みに用いられるのはどれか。

 

1. 合谷
2. 委中
3. 列缺
4. 足三里

 

 

 

 

 

 

3

 

 

131 男児の疳の虫に対する灸法で古くから用いられているのはどれか。

 

1. 左肝兪と右脾兪
2. 右肝兪と左脾兪
3. 左肝兪と右胃兪
4. 右肝兪と左胃兪

 

 

 

 

 

 

1

 

 

132 次の文で示す症状に対し、罹患神経の刺激を目的とした治療穴として適切でないのはどれか。
「耳の前方から下顎にかけて発作性に痛む。」

 

1. 聴会
2. 攅竹
3. 頬車
4. 大迎

 

 

 

 

 

 

2

 

 

133 次の文で示す患者の病態から考えて罹患部への局所治療として適切な経穴はどれか。
「26 歳の女性。やせていてなで肩。主訴は右上肢全体の持続的なだるさで、アレンテスト、ジャクソンテス
トは陰性。エデンテストは陽性である。」

 

1. 気戸
2. 巨骨
3. 扶突
4. 肩井

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

134 次の文で示す患者の病態に対する治療で適切なデルマトームはどれか。
「45 歳の男性。手背から中指にかけてしびれと知覚鈍麻とがある。肘関節伸展時の筋力低下、ジャクソンテ
スト陽性。」

 

1. C5
2. C6
3. C7
4. C8

 

 

 

 

 

 

3

 

 

135 次の文で示す患者の病態から考えて治療対象とする罹患筋はどれか。
「40 歳の男性。棚の上のものを整理していて、肩が痛くなった。肩の外転運動をさせると 90 度前後でのみ痛
みが起こる。」

 

1. 僧帽筋
2. 棘上筋
3. 大胸筋
4. 上腕三頭筋

 

 

 

 

 

 

2

 

 

136 次の文で示す患者の病態から考えて罹患部への局所治療として適切な刺鍼部位はどれか。
「60 歳の男性。3 か月前より右腰から殿部にかけて痛む。体幹の前屈時痛はないが、右斜め後ろに反らせた時、
痛みが出現する。腰部正中より外方約 2cmに圧痛がある。」

 

1. 右腰方形筋
2. 右脊柱起立筋
3. 右仙腸関節
4. 右腰椎椎間関節

 

 

 

 

 

 

4

 

 

137 次の文で示す運動麻痺に対し、罹患神経の刺激を目的とした適切な治療穴はどれか。
「足関節の屈曲(底屈)と足指の屈曲が困難。」

 

1. 外丘
2. 足三里
3. 陰陵泉
4. 承山

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

138 顎関節症の開口障害に対し罹患部への局所治療として適切な経穴はどれか。

 

1. 四白
2. 陽白
3. 下関
4. 迎香

 

 

 

 

 

 

3

 

 

139 下腿の慢性コンパートメント症候群の他動運動と患部への刺鍼部位との組合せで誤っているのは
どれか。

 

1. 母指の屈曲時痛 ― 解谿
2. 母指の伸展時痛 ― 太衝
3. 内がえし時痛 ― 懸鐘
4. 足関節の伸展(背屈)時痛 ― 承筋

 

 

 

 

 

 

2

 

 

140 次の文で示す患者の病態に対する施術目的で最も適切なのはどれか。
「76 歳の男性。主訴は右下肢痛。間欠性跛行があり、足背動脈及び後脛骨動脈の触知が困難である。下肢の
知覚や深部反射に異常はない。」

 

1. 腰部の神経根への圧迫の改善
2. 腰部の筋緊張改善
3. 下肢の末梢循環改善
4. 下肢の筋力増強

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

125 東洋医学的な治療原則で適切なのはどれか。

 

1. 急なれば本を治す
2. 緩なれば標を治す
3. 虚すればこれを瀉す
4. 有余なればこれを瀉す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

126 次の文で示す患者の病証に対する治療方針で適切でないのはどれか。
「45 歳の男性。1 週間前から後頸部、後頭部、側頭部にかけて締めつけられるような頭痛があり、雨の降る日
には増悪する。食欲不振、軟便を伴う。」

 

1. 脾の運化作用を整える。
2. 湿を除く。
3. 肝陽を降ろす。
4. 頭部へ気血をめぐらす。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

127 下顎歯の痛みを軽滅する目的で、循経取穴をする場合に適切な経穴はどれか。

 

1. 温溜
2. 孔最
3. ?門
4. 陽池

 

 

 

 

 

 

1

 

 

128 次の文で示す患者の症状発現部位への治療穴で適切でないのはどれか。
「40 歳の男性。半年前から腕が痛む。C5 デルマトーム領域の知覚鈍麻。スパーリングテスト陽性。」

 

1. 侠白
2. 臑会
3. 肩?
4. 肩貞

 

 

 

 

 

 

2.3

 

 

129 次の文で示す症状を起こす罹患神経の絞扼部に対する刺鍼部位はどれか。
「痛みとしびれが第 1?3 指の掌側と第 4 指の橈側の掌側にある。ファーレンテスト陽性。」

 

1. 円回内筋の上腕頭と尺骨頭との間
2. 尺側手根屈筋の上腕頭と尺骨頭との間
3. 手根骨と屈筋支帯との間
4. 豆状骨と有鈎骨鈎との間

 

 

 

 

 

 

3

 

 

130 手の 2 指?5 指の内・外転運動ができない症状に対する治療で、神経刺激を目的とした治療穴は
どれか。

 

1. 外関
2. 曲池
3. 支正
4. ?門

 

 

 

 

 

 

3

 

 

131 次の文で示す症状を起こす罹患神経に対し、施術対象となる経絡はどれか。
「ヒラメ筋、後脛骨筋、長母指屈筋の麻痺のために歩行困難をきたしている。」

 

1. 足の陽明胃経
2. 足の太陽膀胱経
3. 足の少陽胆経
4. 足の厥陰肝経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

132 第 5 腰椎と第 1 仙椎間の來脊穴刺鍼で治療効果が期待できる症状はどれか。

 

1. 大腿前面部のしびれ
2. 大腿外側部のしびれ
3. 下腿内側部のしびれ
4. 足背部のしびれ

 

 

 

 

 

 

4

 

 

133 次の文で示す症状に対する施術で難経六十九難に基づく治療穴はどれか。
「皮膚がざらつき鼻水がでて、胸が張り、咳がでる。」

 

1. 曲泉・陰谷 2. 大都・少府
3. 太淵・太白 4. 復溜・経渠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

134 次の文で示す病証に対する治療方針で適切なのはどれか。
「空腹感はあるが食欲がない。口が乾くが飲みたがらない。ときおり乾嘔(からえずき)し、便秘がある。脈
は細数。」

 

1. 脾胃を補う。
2. 肝胆を補う。
3. 肺大腸を瀉す。
4. 腎膀胱を瀉す。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

135 早朝の無痛性下痢(五更泄瀉)の治療に用いる経絡はどれか。

 

1. 手の陽明経
2. 手の少陰経
3. 足の厥陰経
4. 足の少陰経

 

 

 

 

 

 

1

 

 

136 次の文で示す患者に対する治療で適切でないのはどれか。
「68 歳の男性。次第に耳が聞こえなくなり、最近では耳鳴りも伴うようになってきた。耳鼻科では加齢によ
るものとされた。腰のだるさ、夜間頻尿があり、疲労時には耳鳴りが増強する。」

 

1. 精と血を補う。
2. 痰湿を除く。
3. 足の少陰経の経穴に刺鍼する。
4. 手の太陽経の募穴に刺鍼する。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

137 次の文で示す患者に対する治療法で適切なのはどれか。
「50 歳の男性。半年前からめまいがある。怒りっぽく顔は赤い。脈は弦数。」

 

1. 腎経の瀉
2. 肝経の瀉
3. 脾経の瀉
4. 肺経の瀉

 

 

 

 

 

 

2

 

 

138 次の文で示す患者の治療対象となる適切な病証はどれか。
「4 回の出産を経験した 38 歳の女性。めまい、耳鳴りがあり、腰が冷えてだるい。脈は沈。」

 

1. 肝虚
2. 脾虚
3. 肺虚
4. 腎虚

 

 

 

 

 

 

4

 

 

139 スポーツ障害と患部への刺鍼部位との組合せで適切なのはどれか。

 

1. 外側上顆炎 ― 陽陵泉
2. 内側上顆炎 ― 陰陵泉
3. 膝蓋靱帯炎 ― 足三里
4. 棘上筋腱損傷 ― 肩?

 

 

 

 

 

 

4

 

 

140 高齢者の肺気腫に対する鍼施術で気胸を起こさないよう注意しなければならない経穴はどれか。

 

1. 定喘
2. 天突
3. 膏肓
4. ?中

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

125 下部頸椎棘突起直側に刺鍼することで最も治療効果が期待できる症状はどれか。

 

1. 腕を背中にまわすと肩関節が痛む。
2. つり革につかまっていると指先がしびれる。
3. 空を見上げると腕が痛む。
4. 腕枕をして眠った後、手関節が伸びない。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

126 次の文で示す患者の病証に対する治療で適切なのはどれか。
「29 歳の女性。出産後より肩こりが起こった。目のかすみがあり、爪は白っぽい。脈状は細。」

 

1. 肝の血を補う
2. 風寒の邪を除く
3. 肝の陽気のたかぶりを抑える
4. 気の滞りを解消する

 

 

 

 

 

 

1

 

 

127 次の文で示す患者の病態に対する刺鍼部位はどれか。
「35 歳の男性。肩関節外側部の痛みを訴える。上腕骨上端の圧痛、ペインフルアークサイン陽性。」

 

1. 肩甲骨棘下窩中央
2. 腱板部
3. 結節間溝部
4. 鎖骨上窩部

 

 

 

 

 

 

2

 

 

128 次の文で示す症状に対する治療穴で適切なのはどれか。
「母指、示指、中指の掌面にしびれがあり、手の回内がしにくい。」

 

1. ?門
2. 曲池
3. 天井
4. 神門

 

 

 

 

 

 

1

 

 

129 次の文で示す症状に対し、神経刺激を目的とした適切な治療穴はどれか。
「橈骨手根関節および中手指節関節の伸展が困難である。」

 

1. 臑兪
2. 消?
3. 顴?
4. 侠白

 

 

 

 

 

 

2

 

 

130 次の文で示す患者への低周波鍼通電療法で適切なデルマトームはどれか。
「40 歳の男性。1 か月前から腰痛および下腿前外側から足背にかけての痛みとしびれ感とがある。ブラガード
徴候陽性。」

 

1. L1
2. L3
3. L5
4. S2

 

 

 

 

 

 

3

 

 

131 下肢の神経と絞扼部位への刺鍼点との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 外側大腿皮神経 ― 上前腸骨棘内側下部
2. 坐骨神経 ― 第 2 後仙骨孔
3. 総腓骨神経 ― 大腿後側中央部
4. 伏在神経 ― 大腿外側中央部

 

 

 

 

 

 

1

 

 

132 膝に痛みを起こす疾患と患部の治療穴との組合せで最も適切なのはどれか。

 

1. 変形性膝関節症 ― 三陰交
2. ジャンパー膝 ― 犢鼻
3. 内側半月板損傷 ― 風市
4. オスグッド病 ― 委中

 

 

 

 

 

 

2

 

 

133 古来より「逆子」の灸治療でよく用いられている治療穴はどれか。

 

1. 合谷
2. 三焦兪
3. 梁丘
4. 至陰

 

 

 

 

 

 

4

 

 

134 次の文で示す患者の治療として適切でないのはどれか。
「18 歳の女子高校生。便秘と下痢が交互に起こり、便秘の時の便は兎糞状で硬い。定期試験が近づくと症状
が悪化する。」

 

1. 臍に塩灸をする。
2. 天枢に浅刺する。
3. 大腸兪に置鍼する。
4. 小野寺殿部圧診点に知熱灸をする。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

135 急性胃炎の患者に対し脊髄分節を考慮して刺鍼する場合、適切でない経穴はどれか。

 

1. 鳩尾
2. 梁門
3. 中?
4. 腹結

 

 

 

 

 

 

4

 

 

136 次の文で示す患者の治療対象となる適切な病証はどれか。
「寝つきが悪く、すぐに目がさめてなかなか寝つかれない。食後の腹部膨満感、軟便などがある。脈状は緩脈。」

 

1. 腎虚
2. 肺虚
3. 脾虚
4. 肝虚

 

 

 

 

 

 

3

 

 

137 次の文で示す患者の病証に対する適切な治療方針はどれか。
「67 歳の男性。頻尿と残尿感がある。腰の重だるさ、足の冷えを伴う。下腹部に抵抗がなく、尺中の脈は弱
い。」

 

1. 肝陰を補う。
2. 心陽を補う。
3. 胃陰を補う。
4. 腎陽を補う。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

138 円形脱毛症に対する鍼灸治療で適切でないのはどれか。

 

1. 脱毛部への梅花鍼
2. 脱毛部周囲への散鍼
3. 脱毛部周囲への知熱灸
4. 脱毛部への焦灼灸

 

 

 

 

 

 

4

 

 

139 次の文で示す患者の治療対象となる筋はどれか。
「30 歳の男性。野球選手。ボールを投げるとき肩関節外転外旋の肢位で痛みが起きる。ヤーガソンテスト陽
性。」

 

1. 上腕三頭筋長頭
2. 上腕三頭筋内側頭
3. 上腕二頭筋長頭
4. 上腕二頭筋短頭

 

 

 

 

 

 

3

 

 

140 次の文で示す患者の治療対象となる適切な病証はどれか。
「72 歳の女性。主訴は健忘。動悸があり、夢をよくみる。食欲不振、軟便などがあり、性格的には思い悩む
傾向が強い。」

 

1. 心と脾の病証
2. 肝と脾の病証
3. 心と腎の病証
4. 肝と腎の病証

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

関連ページ

東洋医学臨床論 その1
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
東洋医学臨床論 その2
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
東洋医学臨床論 その3
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
東洋医学臨床論 その4
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
東洋医学臨床論 その5
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
東洋医学臨床論 その6
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
東洋医学臨床論 その7
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
東洋医学臨床論 その8
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8
東洋医学臨床論 その10
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その10
東洋医学臨床論 その11
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その11
東洋医学臨床論 その12
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その12