鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

東洋医学臨床論 その7

 

125 次の文で示す患者の病証に対する治療で適切なのはどれか。
「48 歳の女性。夕方になると下腿がむくむ。下痢ぎみで身体が重だるい。手足が冷える。脈は沈遅。」

 

1. 肝陰を補う。
2. 脾陽を補う。
3. 湿熱を除く。
4. ?血を除く。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

126 次の文で示す患者の病証に対し、治療対象となる適切な経絡はどれか。
「30 歳の女性。半年前から月経周期が不定期で、経血量は少ない。耳鳴り、めまい、腰のだるさがある。」

 

1. 足の少陽経
2. 足の太陰経
3. 足の少陰経
4. 足の厥陰経

 

 

 

 

 

 

 

 

3.4

スポンサーリンク

 

 

 

127 次の文で示す患者の病証に対する治療で適切でないのはどれか。
「25 歳の女性。身長 160cm、体重 80kg。胸のつかえと口渇を訴え、痰が多く暑がりである。甘いものや油っ
こいものを好む。」

 

1. 痰湿を除く。
2. 胃の熱を除く。
3. 脾臓の運化作用を整える。
4. 肝陽の亢進を抑える。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

128 次の文で示す患者の病証に対し、難経六十九難に基づいた治療穴はどれか。
「50 歳の女性。食欲不振があり、下痢しやすい。精神疲労と無力感がある。舌質淡、脈は沈細。」

 

1. 曲泉・陰谷
2. 少府・大都
3. 太淵・太白
4. 復溜・経渠

 

 

 

 

 

 

2

 

 

129 選穴法則における要穴を応用した配穴法と経穴との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 原絡配穴 − 丘墟・外丘
2. 原合配穴 − 衝陽・豊隆
3. 兪募配穴 − 肝兪・期門
4. 募合配穴 − 中極・湧泉

 

 

 

 

 

 

3

 

 

130 中枢性顔面神経麻痺に対し、罹患筋への局所治療部位として適切でないのはどれか。

 

1. 前頭筋部
2. 頬筋部
3. 眼輪筋部
4. 口輪筋部

 

 

 

 

 

 

1

 

 

131 次の文で示す患者の病態に対し、施術対象となる罹患神経はどれか。
「45 歳の女性。嚥下時に舌根部から下顎にかけての放散痛が数十秒間出現し、唾液分泌の亢進を伴うことがある。」

 

1. 三叉神経
2. 顔面神経
3. 舌咽神経
4. 舌下神経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

132 次の文で示す患者の病態に対し、雁患局所への刺鍼部位として適切なのはどれか。
「50 歳の男性。半年前から肩関節の運動痛がある。特に肘関節を屈曲して抵抗に逆らって前腕を回外すると
疼痛が強くなる。」

 

1. 棘上部
2. 棘下部
3. 結節間溝部
4. 腋窩後壁

 

 

 

 

 

 

3

 

 

133 神経麻痺と罹患局所への治療穴との組合せで適切なのはどれか。

 

1. 副神経麻痺 − 肩井
2. 腋窩神経麻痺 − ?白
3. 尺骨神経麻痺 − 下廉
4. 橈骨神経麻痺 − 霊道

 

 

 

 

 

 

1

 

 

134 鉤足を呈する運動麻痺に対し、罹患筋への局所治療穴として適切なのはどれか。

 

1. 承山
2. 条口
3. 陽交
4. 血海

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

135 絞扼性神経障害とその罹患神経を対象とした治療穴との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. 足根管症候群 − 太谿
2. 梨状筋症候群 − 承扶
3. 肘部管症候群 − 小海
4. 手根管症候群 − 神門

 

 

 

 

 

 

4

 

 

136 耳鳴り・難聴に対する局所治療穴として適切でないのはどれか。

 

1. 四 白
2. 翳 風
3. 角 孫
4. 和 ?

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

137 鍼施術で気胸を起こさないよう注意しなければならない経穴はどれか。

 

1. 身 柱
2. 魄 戸
3. ? 中
4. 三焦兪

 

 

 

 

 

 

2

 

 

138 スポーツ障害とその局所治療穴との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. ジャンパー膝 − 犢鼻
2. シンスプリント − 三陰交
3. 水泳肩 − 天容
4. テニス肘 − 曲池

 

 

 

 

 

 

3

 

 

139 次の文で示す患者について、はき 11-139、はき 11-140 の問に答えよ。
「65 歳の男性。特に思いあたる原因がなく右前腕外側から母指にかけて痛みが出現するようになった。
腕橈骨筋反射減弱。母指背側部に知覚鈍麻がある。ホフマン反射陰性。」最も考えられる疾患はどれか。

 

1. 頸椎症性神経根症
2. 頸椎症性脊髄症
3. 斜角筋症候群
4. 過外転症候群

 

 

 

 

 

 

1

 

 

140 罹患神経の支配領域上に治療穴を取る場合適切なのはどれか。

 

1. 内関
2. 臂臑
3. 陽池
4. 偏歴

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

125 次の文で示す患者に対して循経取穴をする場合、適切な経穴はどれか。
「53 歳の女性。電撃性の疼痛が発作的に右下歯、下顎部にかけて走るようになった。」

 

1. 合谷
2. 陽谷
3. 陽池
4. 大陵

 

 

 

 

 

 

1

 

 

126 次の文で示す患者の病証に対し、難経六十九難に基づき補法を行う経穴はどれか。
「70 歳の女性。加齢とともに難聴になる。腰が冷えてだるい。骨粗鬆症がある。脈は細弱。」

 

1. 曲泉・陰谷
2. 少衝・大敦
3. 太淵・太白
4. 復溜・経渠

 

 

 

 

 

 

4

 

 

127 次の文で示す患者の病証に対し、補法を行う経穴はどれか。
「24 歳の女性。1 年前から月経周期が短くなり量も多くなった。倦怠感、小腹部の下垂感を訴える。」

 

1. 太 衝
2. 太 白
3. 神 門
4. 太 淵

 

 

 

 

 

 

2

 

 

128 疏泄作用の失調から生じた気滞血?の肩こりに対し、治療対象となる経絡はどれか。

 

1. 太陽経
2. 陽明経
3. 厥陰経
4. 少陰経

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

129 次の文で示す患者の病証に対し、治療対象となる臓腑はどれか。
「48 歳の男性。会社員。いつもイライラして眠れない。季肋部に圧痛がある。」

 

1. 肝と胆
2. 心と小腸
3. 脾と胃
4. 腎と膀胱

 

 

 

 

 

 

1

 

 

130 頭痛で頭部局所への刺鍼により血管拡張を引き起こし、症状を増悪させる恐れがあるのはどれか。

 

1. 緊張型頭痛
2. 片頭痛
3. 変形性頚椎症による頭痛
4. 眼精疲労による頭痛

 

 

 

 

 

 

2

 

 

131 次の文で示す患者の病態に対する治療目的で適切でないのはどれか。
「50 歳の男性。中間管理職でストレスが絶えない。数日前から頭部全体に締め付けられるような鈍痛がある。」

 

1. 三叉神経の興奮を抑制する。
2. 後頸部筋の過緊張を緩める。
3. 頭頸部の血管を拡張する。
4. 心身の安静を図る。

 

 

 

 

 

 

1.3

 

 

132 末梢性顔面神経麻痺に対し、罹患神経への局所治療穴として適切なのはどれか。

 

1. 玉枕
2. 風池
3. 完骨
4. 翳風

 

 

 

 

 

 

4

 

 

133 次の文で示す患者の病態に対し、局所治療穴として適切なのはどれか。
「30 歳の女性。保険の外交員。半年前からカバンを持って歩いていると腕がしびれて痛くなる。なで肩。エ
デンテスト陽性。」

 

1. 曲垣
2. 気戸
3. 天鼎
4. 秉風

 

 

 

 

 

 

2

 

 

134 神経痛とその罹患神経を対象にした治療穴との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. 三叉神経第 1 枝痛 ― 陽白
2. 大後頭神経痛 ― 天柱
3. 尺骨神経痛 ― ?門
4. 坐骨神経痛 ― 承扶

 

 

 

 

 

 

3

 

 

135 次の文で示す患者の病態に対し、罹患筋への局所治療として適切なのはどれか。
「42 歳の主婦。農作業の手伝いの後、手関節の橈側が痛み腫脹している。」

 

1. 養老
2. 通里
3. 間使
4. 偏歴

 

 

 

 

 

 

4

 

 

136 次の文で示す運動麻痺に対し、罹患神経への局所治療穴として適切なのはどれか。
「母指球が萎縮し、母指と小指の対立運動が困難である。」

 

1. 手五里
2. 小海
3. 内関
4. 消?

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

137 次の文で示す患者の病態に対し、罹患局所への治療部位として適切なのはどれか。
「左殿部から大腿後外側に痛みが放散する。下肢伸展挙上テスト陽性。ボンネットテスト陽性。」

 

1. 腰三角部
2. 腰方形筋外縁部
3. L4―L5 椎間関節部
4. 梨状筋部

 

 

 

 

 

 

4

 

 

138 高血圧に対し、自律神経反射を利用して鍼治療を行う場合、最も効果的な刺鍼部位はどれか。

 

1. 喉頭隆起の外方
2. 左右の乳頭を結ぶ線の中央
3. 乳様突起と耳垂の間
4. 第 7 頚椎棘突起の下

 

 

 

 

 

 

1

 

 

139 野球肩で、痛みを誘発する自動運動の方向と治療部位との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. 屈 曲 ― 結節間溝部
2. 伸 展 ― 烏口突起部
3. 外 旋 ― 棘下部
4. 外 転 ― 棘上部

 

 

 

 

 

 

2

 

 

140 次の文で示す患者の病態に対し、適切な刺鍼部位はどれか。
「25 歳の男性。テニス選手。最近バックハンドストロ―ク時に肘に痛みを感じる。中指伸展テスト陽性。」

 

1. 曲 池
2. 曲 沢
3. 尺 沢
4. 少 海

 

 

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

関連ページ

東洋医学臨床論 その1
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
東洋医学臨床論 その2
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
東洋医学臨床論 その3
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
東洋医学臨床論 その4
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
東洋医学臨床論 その5
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
東洋医学臨床論 その6
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
東洋医学臨床論 その8
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8
東洋医学臨床論 その9
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その9
東洋医学臨床論 その10
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その10
東洋医学臨床論 その11
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その11
東洋医学臨床論 その12
鍼灸東洋医学臨床論過去問題です。第1回から東洋医学臨床論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その12