鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

東洋医学概論 その3

 

97 臓腑とその生理作用との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 肝 一 神を蔵す
2. 心 一 血を蔵す
3. 胆 一 営を蔵す
4. 腎 一 精を蔵す

 

 

 

 

 

 

4

 

 

98 血について誤っているのはどれか。

 

1. 営気と共に脈中を流れる。
2. 後天の精から造られる
3. 体表部を潤し体温調節に関与する。
4. 肝、心との関係が深い。

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

99 五臓と五主との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 心 ― 筋
2. 肝 ― 血脈
3. 腎 ― 皮毛
4. 脾 ― 肌肉

 

 

 

 

 

 

4

 

 

100 五行の土に属さないのはどれか。

 

1. 香ばしい
2. 涎
3. 黄 色
4. 辛 み

 

 

 

 

 

 

4

 

 

101 脾の病証として適切でないのはどれか。

 

1. 全身倦怠感
2. 消化不良
3. 性欲減退
4. 腹部膨満感

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

102 八綱病証で疾病の性質を示すのはどれか。

 

1. 表 裏
2. 寒 熱
3. 虚 実
4. 陰 陽

 

 

 

 

 

 

2

 

 

103 肝を傷る七情はどれか。

 

1. 喜
2. 憂
3. 恐
4. 怒

 

 

 

 

 

 

4

 

 

104 次の病証を示す経絡はどれか。
「空腹でも食欲がなく膝から下が冷える。腰痛があって臥すことを好む。」

 

1. 足の太陰脾経
2. 足の少陽胆経
3. 足の少陰腎経
4. 足の陽明胃経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

105 胸脇苦満を呈する臓はどれか。

 

1. 肝 2. 心 3. 肺 4. 腎

 

 

 

 

 

 

1

 

 

106 四季と脈状との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 春 ― 緩脈
2. 夏 ― 洪脈
3. 秋 ― 毛脈
4. 冬 ― 石脈

 

 

 

 

 

 

1

 

 

107 六部定位脈診で腎を診る方法はどれか。

 

1. 右の寸口を浮かせて診る。 2. 左の関上を沈めて診る。
3. 右の関上を浮かせて診る。 4. 左の尺中を沈めて診る。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

108 六部定位脈診で左手関上の沈が虚している場合、難経六十九難に基づく治療穴で適切なのはど
れか。

 

1. 曲泉と陰谷
2. 労宮と大都
3. 太淵と太白
4. 復溜と経渠

 

 

 

 

 

 

1

 

 

109 五臓五刺で鍼を深く刺人し、骨痺を取る刺法はどれか。

 

1. 関 刺
2. 半 刺
3. 輸 刺
4. 合谷刺

 

 

 

 

 

 

3

 

 

110 患部の左右反対側に治療する刺法を含むのはどれか。

 

1. 三 刺
2. 五 刺
3. 九 刺
4. 十二刺

 

 

 

 

 

 

3

 

 

111 陽実証に対する刺法で適切なのはどれか。

 

1. 抜鍼後に直ちに鍼孔を閉じる。
2. 速刺速抜で刺鍼する。
3. 経気の流れに沿って刺鍼する。
4. 呼気時に刺入し、吸気時に抜く。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

97 肺の生理作用はどれか。

 

1. 疏泄
2. 統血
3. 宣散
4. 納気

 

 

 

 

 

 

3

 

 

98 五臓と五味との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 肝 − 辛
2. 心 − 酸
3. 脾 − 甘
4. 肺 − 苦

 

 

 

 

 

 

3

 

 

99 五臓の相生関係で正しい記述はどれか。

 

1. 肝は肺の子である。
2. 脾は心の母である。
3. 肺は心の子である。
4. 腎は肝の母である。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

100 次の文で示す病証を呈する経絡はどれか。「前胸部から心下部への圧迫感、腹部膨満感があり、
下肢内側の腫れと痛み、足の母指の麻痺がある。」

 

1. 足の太陰脾経
2. 足の太陽膀胱経
3. 足の陽明胃経
4. 足の少陽胆経

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

101 次の病証を示す臓腑はどれか。「発育の遅れ、難聴、不眠、内臓下垂」

 

1. 肝
2. 胃
3. 肺
4. 腎

 

 

 

 

 

 

4

 

 

102 熱証の特徴でないのはどれか。

 

1. 発汗
2. 動悸
3. 下痢
4. 口渇

 

 

 

 

 

 

3

 

 

103 病因についての記述で適切でないのはどれか。

 

1. 房事過多は腎をおかしやすい。
2. 湿邪は心をおかしやすい。
3. 飲食労倦は脾をおかしやすい。
4. 風邪は肝をおかしやすい。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

104 腹診で誤っている記述はどれか。

 

1. 胸脇苦満は心実証でみられる。
2. 五臓診では肝の状態は臍の左側で診る。
3. 上実下虚の腹は脾実腎虚にみられる。
4. 天枢穴では大腸の異常を診る。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

105 九道の脈はどれか。

 

1. 細脈
2. 浮脈
3. 弦脈
4. 遅脈

 

 

 

 

 

 

1

 

 

106 八綱のうち病証を総括するのはどれか。

 

1. 陰陽
2. 虚実
3. 寒熱
4. 表裏

 

 

 

 

 

 

1

 

 

107 脈についての記述で誤っているのはどれか。

 

1. 臍下丹田の動悸で先天の原気を診る。
2. 虚里の動で腎の働きを診る。
3. 四季の移り変わりに応じて変動する。
4. 祖脈は脈状の基本である。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

108 五臓五刺で心に応ずる刺法はどれか。

 

1. 合谷刺
2. 半刺
3. 豹文刺
4. 輸刺

 

 

 

 

 

 

3

 

 

109 迎随の補瀉で瀉法となるのはどれか。

 

1. 太白穴に踵の方向に向けて刺す。
2. 復溜穴に足関節の方向に向けて刺す。
3. 経渠穴に手関節の方向に向けて刺す。
4. 陽池穴に肘関節の方向に向けて刺す。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

110 陰陽の邪気を出し、水穀の気の循りを良くする刺法はどれか。

 

1. 十二刺
2. 九刺
3. 五刺
4. 三刺

 

 

 

 

 

 

4

 

 

111 難経六十九難で太淵と太白に補法を行うのはどれか。

 

1. 肝虚証
2. 心虚証
3. 脾虚証
4. 肺虚証

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

97 陰陽のリズム現象はどれか。

 

1. 陰陽可分
2. 陰陽転化
3. 陰陽消長
4. 陰陽制約

 

 

 

 

 

 

3

 

 

98 神を蔵し君主の官といわれるのはどれか。

 

1. 肝
2. 心
3. 肺
4. 腎

 

 

 

 

 

 

2

 

 

99 血を脈外に漏らさないようにするのはどれか。

 

1. 固摂作用
2. 温煦作用
3. 防御作用
4. 推動作用

 

 

 

 

 

 

1

 

 

100 五臓と五志との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 肝 ― 思
2. 脾 ― 喜
3. 肺 ― 怒
4. 腎 ― 恐

 

 

 

 

 

 

4

 

 

101 血を生成し、血とともに脈中をめぐる気はどれか。

 

1. 営気
2. 清気
3. 臓気
4. 衛気

 

 

 

 

 

 

1

 

 

102 次の文で示す症状はどの経絡病証か。
「空腹感はあるが食欲はなく、顔色は黒ずみ、呼吸が苦しくせき込む。」

 

1. 手の太陰肺経
2. 足の太陰脾経
3. 足の少陰腎経
4. 足の厥陰肝経

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

103 脾の病証でみられる症状はどれか。

 

1. 胸脇苦満
2. 心悸亢進
3. 腹部膨満感
4. 性欲減退

 

 

 

 

 

 

3

 

 

104 八綱病証で病勢を示すのはどれか。

 

1. 寒熱
2. 陰陽
3. 表裏
4. 虚実

 

 

 

 

 

 

4

 

 

105 弱々しく細く指に感じられる脈状で虚証にみられるのはどれか。

 

1. 濡脈
2. 洪脈
3. 滑脈
4. 弦脈

 

 

 

 

 

 

1

 

 

106 聞診で診るのはどれか。

 

1. 五主
2. 五香
3. 五味
4. 五悪

 

 

 

 

 

 

2

 

 

107 小腹不仁を示す臓の病はどれか。

 

1. 肝
2. 心
3. 脾
4. 腎

 

 

 

 

 

 

4

 

 

108 脈について誤っている記述はどれか。

 

1. 祖脈には数脈がある。
2. 七表の脈には実脈がある。
3. 八裏の脈には結脈がある。
4. 四季に応じる脈には弦脈がある。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

109 骨痺に対する刺法はどれか。

 

1. 短刺
2. 報刺
3. 揚刺
4. 浮刺

 

 

 

 

 

 

1

 

 

110 難経六十九難で肝実証に行間穴とともに瀉法を行う経穴はどれか。

 

1. 大敦
2. 少府
3. 中封
4. 然谷

 

 

 

 

 

 

2

 

 

111 補法に該当しない刺鍼法はどれか。

 

1. 細く柔らかい鍼を用いる。
2. 経気の流れにしたがって鍼を静かに刺入する。
3. 吸気に刺入し、呼気に抜く。
4. 抜鍼後は素早く鍼孔を閉じる。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

97 衛気について誤っているのはどれか。

 

1. 水穀の悍気のことをいう
2. 脈外をめぐる
3. ?理の開闔を行う
4. 先天の精から得られる

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

98 臓腑について正しい組合せはどれか。

 

1. 心 ― 将軍の官
2. 肺 ― 作強の官
3. 胆 ― 中正の官
4. 小腸 ― 伝導の官

 

 

 

 

 

 

3

 

 

99 腎が主るのはどれか。

 

1. 納 気
2. 血 脈
3. 宣 散
4. 疏 泄

 

 

 

 

 

 

1

 

 

100 五臓と五液との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 肝 ― 汗
2. 心 ― 涎
3. 脾 ― 涙
4. 肺 ― 涕

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

101 肺の病証でみられるのはどれか。

 

1. 耳鳴り
2. 咳 嗽
3. 不 眠
4. 腰 痛

 

 

 

 

 

 

2

 

 

102 気滞の症状でないのはどれか。

 

1. 胸苦しい
2. 息切れ
3. 腹部の脹った痛み
4. イライラ

 

 

 

 

 

 

2

 

 

103 不内外因でないのはどれか。

 

1. 過 食
2. 暑 熱
3. 過 労
4. 外 傷

 

 

 

 

 

 

2

 

 

104 奇恒の腑でないのはどれか。

 

1. 女子胞
2. 髄
3. 胆
4. 三 焦

 

 

 

 

 

 

4

 

 

105 六部定位脈診で右尺中で診る臓腑はどれか。

 

1. 肝と胆
2. 心と小腸
3. 心包と三焦
4. 腎と膀胱

 

 

 

 

 

 

3

 

 

106 珠をころがしたような脈はどれか。

 

1. 緩脈
2. 洪脈
3. 滑脈
4. 弦脈

 

 

 

 

 

 

3

 

 

107 腎を診る舌診部位はどれか。

 

1. 舌 根
2. 舌中央
3. 舌 辺
4. 舌 尖

 

 

 

 

 

 

1

 

 

108 次の文で示す刺法はどれか。「焼鍼を刺して即ち痺を取る。」

 

1. 大瀉刺
2. 分刺
3. 輸刺
4. ?刺

 

 

 

 

 

 

4

 

 

109 難経六十九難で経渠穴と商丘穴とに瀉法を行うのはどれか。

 

1. 肝実証
2. 脾実証
3. 肺実証
4. 腎実証

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

110 五臓五刺で関刺を用いるのはどれか。

 

1. 肝
2. 心
3. 脾
4. 腎

 

 

 

 

 

 

1

 

 

111 補の施灸で誤っているのはどれか。

 

1. 小さい艾?を用いる。
2. 艾?を軟らかくひねる。
3. 風を送り燃焼させる。
4. 灰の上に重ねて施灸する。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

97 腎の臓の作用で正しいのはどれか。

 

1. 筋を主る。
2. 血脈を主る。
3. 運化を主る。
4. 精を蔵す。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

98 胆の腑の作用で正しいのはどれか。

 

1. 津液の生成を主る。
2. 大便の排泄を主る。
3. 栄養の吸収を主る。
4. 決断を主る。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

99 津液について誤っているのはどれか。

 

1. 脳髄を養う。
2. 骨に潤いを与える。
3. 皮膚に潤いを与える。
4. 脈中を流れる。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

100 疏泄を主る臓はどれか。

 

1. 肝
2. 脾
3. 肺
4. 腎

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

101 五行と五声との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 木 ― 呻
2. 火 ― 呼
3. 金 ― 哭
4. 水 ― 歌

 

 

 

 

 

 

3

 

 

102 肝実証で難経六十九難に基づく治療穴はどれか。

 

1. 大敦
2. 行間
3. 太衝
4. 曲泉

 

 

 

 

 

 

2

 

 

103 次の文で示す病証に関係する経絡はどれか。
「頸が腫れ、肩から上腕後内側を経て小指にいたる部位の激しい痛み、難聴がある。」

 

1. 手の陽明大腸経
2. 手の太陽小腸経
3. 手の少陰心経
4. 手の太陰肺経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

104 ?血の腹証はどれか。

 

1. 小腹急結
2. 心下痞硬
3. 胸脇苦満
4. 小腹不仁

 

 

 

 

 

 

1

 

 

105 心の病証に属さないのはどれか。

 

1. 不眠
2. 難聴
3. 言語障害
4. 健忘

 

 

 

 

 

 

2

 

 

106 肝の病証に属するのはどれか。

 

1. 息切れ
2. 手足の冷え
3. のどのつかえ
4. 頻尿

 

 

 

 

 

 

3

 

 

107 七表の脈でないのはどれか。

 

1. 浮脈
2. 遅脈
3. 実脈
4. 弦脈

 

 

 

 

 

 

2

 

 

108 次の文で示す刺法はどれか。「病上にあればこれを下にとり、腑兪を刺す。」

 

1. 輸刺
2. 経刺
3. 巨刺
4. 遠道刺

 

 

 

 

 

 

4

 

 

109 神技(望診)で診るのはどれか。

 

1. 顔色 2. 筋硬結
3. 呼吸音 4. 関節痛

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

110 三陰三陽病証で往来寒熱、胸脇苦満が現れるのはどれか。

 

1. 太陽病
2. 太陰病
3. 少陽病
4. 少陰病

 

 

 

 

 

 

3

 

 

111 六部定位脈診で肝の臓の脈状はどこで診るか。

 

1. 左手関上
2. 左手寸口
3. 右手関上
4. 右手尺中

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

97 五行の相剋で正しい記述はどれか。

 

1. 金は水を剋す。
2. 木は火を剋す。
3. 土は金を剋す。
4. 火は金を剋す。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

98 五行色体の関係で正しい組合せはどれか。

 

1. 木 ― 汗
2. 火 ― 涙
3. 土 ― 涎
4. 金 ― 唾

 

 

 

 

 

 

3

 

 

99 脾胃の運化作用で生成される気はどれか。

 

1. 真気
2. 宗気
3. 水穀の気
4. 衛気

 

 

 

 

 

 

3

 

 

100 五行色体でみた肺・大腸の症状はどれか。

 

1. 皮膚が色白で、弱い声で話す。
2. 目が青みがかって、手足の腱が痛む。
3. 顔がほてりのぼせて赤く、脈動が強い。
4. 顔や皮膚が黄ばみ、唇が荒れやすい。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

101 脾虚の症状はどれか。

 

1. 咳嗽
2. 内臓下垂
3. 筋けいれん
4. 健忘

 

 

 

 

 

 

2

 

 

102 心を傷る七情はどれか。

 

1. 悲しみ
2. 怒り
3. 憂い
4. 喜び

 

 

 

 

 

 

4

 

 

103 五悪(五気)と五腑との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 暑 ― 小腸
2. 寒 ― 胃
3. 風 ― 大腸
4. 燥 ― 膀胱

 

 

 

 

 

 

1

 

 

104 左乳下で触れる脈波どれか。

 

1. 胃の気の脈
2. 虚里の脈
3. 虎口三関の脈
4. 腎間の動悸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

105 胸脇苦満を示すのはどの臓の病か。

 

1. 肝
2. 脾
3. 肺
4. 腎

 

 

 

 

 

 

1

 

 

106 六部定位脈診の部位と臓腑との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 右の関上 ― 肝・胆
2. 左の尺中 ― 腎・膀胱
3. 右の寸口 ― 心・小腸
4. 左の寸口 ― 肺・大腸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

107 問診で診るのはどれか。

 

1. 脈状
2. 体臭
3. 悪寒
4. 体形

 

 

 

 

 

 

3

 

 

108 「寒気の浅きもの」に対する刺法はどれか。

 

1. 恢刺
2. 直鍼刺
3. 賛刺
4. 斉刺

 

 

 

 

 

 

2

 

 

109 難経六十九難の治療で大敦穴に瀉法を行った。実していた経絡はどれか。

 

1. 肺経
2. 心経
3. 脾経
4. 腎経

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

110 施灸で補法になるのはどれか。

 

1. 風を送って燃やす。
2. 底面を広くする。
3. 灰に重ねてすえる。
4. 皮膚に密着させる。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

111 鍼治療の補瀉で誤っている記述はどれか。

 

1. 呼気に刺入し吸気に抜くのは補である。
2. 弾爪は補である。
3. 鍼孔を押さえるのは補である。
4. 経絡の流れに逆らって刺すのは補である。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

97 五行色体表について正しい記述はどれか。

 

1. 目は腎に属する。
2. 肌肉は脾に属する。
3. 爪は肺に属する。
4. 汗は肝に属する。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

98 五志に含まれない七情はどれか。

 

1. 怒
2. 喜
3. 悲
4. 恐

 

 

 

 

 

 

3

 

 

99 営(栄)気を蔵するのはどれか。

 

1. 胆
2. 心
3. 脾
4. 肺

 

 

 

 

 

 

3

 

 

100 肝の臓の生理作用はどれか。

 

1. 納気を主る
2. 運化を主る
3. 神を蔵す
4. 血を蔵す

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

101 任脈病証に含まれるのはどれか。

 

1. 月経異常
2. 頭痛
3. 手足の麻痺
4. 関節腫張

 

 

 

 

 

 

1

 

 

102 肝の病証に含まれるのはどれか。

 

1. 下痢
2. 動悸
3. 喘鳴
4. 頭痛

 

 

 

 

 

 

4

 

 

103 次の文で示す患者の病症はどれか。「顔に精気が感じられず、いつも腰がだるいという。小腹部は力がなくフワフワしている。最近、耳が聞こえにくくなった。」

 

1. 肝の病証 2. 心の病証
3. 脾の病証 4. 腎の病証

 

 

 

 

 

 

4

 

 

104 湿邪について誤っている記述はどれか。

 

1. 陰性の邪気である
2. 津液を消耗しやすい
3. 重く停滞する
4. 脾・胃をおかしやすい

 

 

 

 

 

 

2

 

 

105 舌診部位と臓腑との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 舌根部 ― 心
2. 舌辺部 ― 肺
3. 舌中部 ― 脾
4. 舌尖部 ― 腎

 

 

 

 

 

 

3

 

 

106 切経による実の反応はどれか。

 

1. 緊張
2. 陥下
3. 不仁
4. 冷感

 

 

 

 

 

 

1

 

 

107 六部定位脈診で左手関上の部位を沈めて診る臓腑はどこか。

 

1. 肝
2. 腎
3. 胆
4. 胃

 

 

 

 

 

 

1

 

 

108 五臓五刺の方法で肺の臓に対する刺法はどれか。

 

1. 関刺
2. 豹文刺
3. 合谷刺
4. 半刺

 

 

 

 

 

 

4

 

 

109 難経六十九難で心が虚してるとき、補の治療で最も適切な経穴はどれか。

 

1. 少商
2. 少衝
3. 少沢
4. 少府

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

110 次の文で示す刺法はどれか。「右を病めば左を取り、左を病めば右を取る。」

 

1. 輸刺
2. 経刺
3. 分刺
4. 巨刺

 

 

 

 

 

 

4

 

 

111 補瀉について誤っている記述はどれか。

 

1. 吸気に刺入し呼気に抜くと補法になる
2. 一般的に太い鍼は瀉法になる
3. 経絡の流れに沿って刺入すると補法になる
4. 速く刺入し速く抜くと瀉法になる

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

97 五臓と五色との対応で正しいのはどれか。

 

1. 心 ― 青
2. 脾 ― 赤
3. 肺 ― 黄
4. 腎 ― 黒

 

 

 

 

 

 

4

 

 

98 次の文で示す症状を訴えるのはどの経絡の病証か。
「腋窩部の腫れ、上肢のひきつれ、手掌のほてり及び季肋部のつかえ。」

 

1. 手の太陽小腸経
2. 手の厥陰心包経
3. 手の陽明大腸経
4. 手の少陽三焦経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

99 腎の症状はどれか。

 

1. 難聴
2. 血便
3. 脇痛
4. 胸痛

 

 

 

 

 

 

1

 

 

100 脾の生理作用で正しい記述はどれか。

 

1. 飲食物を清と濁に分ける。
2. 目に開竅する。
3. 肌肉を主る。
4. 血を蔵す。

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

101 内因はどれか。

 

1. 六淫
2. 七情の乱れ
3. 飲食労倦
4. 房事過多

 

 

 

 

 

 

2

 

 

102 次の文で示す外邪はどれか。「百病の長ともいわれ、春に多く発病し、多くは皮毛から侵入する。」

 

1. 風
2. 寒
3. 湿
4. 燥

 

 

 

 

 

 

1

 

 

103 精を蔵すのはどれか。

 

1. 心
2. 脾
3. 肺
4. 腎

 

 

 

 

 

 

4

 

 

104 正邪の盛衰を診るのはどれか。

 

1. 寒熱
2. 燥湿
3. 表裏
4. 虚実

 

 

 

 

 

 

4

 

 

105 難経による五臓と腹診部位との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 肝 ― 臍の左側
2. 心 ― 中胃部
3. 肺 ― 心下部
4. 腎 ― 臍の右側

 

 

 

 

 

 

1

 

 

106 腹証で正しい組合せはどれか。

 

1. 小腹急結 ― 腎
2. 小腹不仁 ― ?血
3. 胸脇苦満 ― 肝
4. 心下痞硬 ― 脾

 

 

 

 

 

 

3

 

 

107 「消渇」の現代病名はどれか。

 

1. 悪性新生物
2. 心筋梗塞
3. 糖尿病
4. 高血圧症

 

 

 

 

 

 

3

 

 

108 九鍼のうち皮膚の摩擦に用いられるのはどれか。

 

1. 鋒鍼
2. 円(員)鍼
3. ハ鍼
4. 円(員)利鍼

 

 

 

 

 

 

2

 

 

109 実熱証で診られる脈状はどれか。

 

1. 沈
2. 数
3. 虚
4. 細

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

110 難経六十九難による瀉法で正しい組合せはどれか。

 

1. 肺実証 ― 商丘、経渠
2. 脾実証 ― 行間、少府
3. 肝実証 ― 尺沢、陰谷
4. 心実証 ― 神門、太白

 

 

 

 

 

 

4

 

 

111 実証に対する鍼治療の手技として正しい記述はどれか。

 

1. 呼気時に刺入し吸気時に抜く。
2. 鍼尖を経絡の流れに沿って刺入する。
3. ゆっくり刺入しゆっくり抜く。
4. 抜鍼しても鍼孔を閉じない。
(はき 3) 経絡経穴概論 112〜124

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

97 誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 小腸は受盛の官である。
2. 胆は州都の官である。
3. 胃は水穀の海である。
4. 大腸は伝導の官である。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

98 胸中に宿る気はどれか。

 

 

 

1. 栄(営)気
2. 衛気
3. 宗気
4. 元気

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

99 臓腑の生理作用のうち骨と髄の生長発育に関係し、耳と二陰に開窮するのはどれか。

 

 

 

1. 心
2. 肺
3. 肝
4. 腎

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

100 心の臓の生理・病理について誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 心は血脈をつかさどる。
2. 心は疏泄をつかさどる。
3. 心は神を蔵す。
4. 心は舌に開窮する。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

101 奇怛の腑に属するのはどれか。

 

 

 

1. 脳・子宮
2. 肝・腎
3. 脾・胃
4. 心包・三焦

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

102 誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 憂は肺を傷る。
2. 恐は肝を傷る。
3. 思は脾を傷る。
4. 喜は心を傷る。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

103 八綱病証で病位を診るのはどれか。

 

 

 

1. 陰陽
2. 虚実
3. 寒熱
4. 表裏

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

104 問診と関連する組合せはどれか。

 

 

 

1. 酸 ― 苦 ― 甘
2. 呼 ― 笑 ― 歌
3. 青 ― 赤 ― 黄
4. ?― 焦 ― 香

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

105 八裏の脈はどれか。

 

 

 

1. 滑脈
2. 緊脈
3. 結脈
4. 臑脈

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

106 冷え性で他覚的にも冷えが認められる状態を何というか。

 

 

 

1. 傷寒
2. 悪寒
3. 悪風
4. 厥冷

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

107 六部定位の脈診部位と臓腑との組合せで正しいのはどれか。

 

 

 

1. 右の寸口 ― 肺・大腸
2. 左の関上 ― 脾・胃
3. 右の尺中 ― 腎・膀胱
4. 左の寸口 ― 心包・三焦

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

108 聞診で用いる感覚はどれか。

 

 

 

1. 触覚
2. 味覚
3. 視覚
4. 嗅覚

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

109 誘導法に相当する鍼の刺法はどれか。

 

 

 

1. 偶刺
2. 豹文刺
3. 遠道刺
4. 分刺

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

110 鍼の補瀉で正しいのはどれか。

 

 

 

1. 呼気に刺入し吸気に抜くのは瀉である。
2. 抜鍼後の鍼痕を素早く押さえるのは補である。
3. 経絡の流れに逆らって刺すのは補である。
4. 刺入した鍼に軽い振動を与えるのは瀉である。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

111 難経六十九難による治療では肺が虚している時、これを補するのに最も適している経穴はどれか。

 

 

 

1. 二間
2. 公孫
3. 列缺
4. 太白

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

97 五行色体の関係で正しい組合せはどれか。

 

1. 目 ― 腎
2. 肌肉 ― 脾
3. 毛 ― 肝
4. 髄 ― 心

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

98 脈外をめぐる気はどれか。

 

1. 経気
2. 宗気
3. 営気
4. 衛気

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

99 相克について正しい記述はどれか。

 

1. 肝は腎を克する。
2. 肺は心を克する。
3. 心は脾を克する。
4. 脾は肝を克する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100 腎について正しい記述はどれか。

 

1. 第3腰椎に付く。
2. 骨を主る。
3. 将軍の官である。
4. 神を蔵する。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

101 魂を蔵し、判断力や計画性などの精神活動を支配する臓腑はどれか。

 

1. 肝
2. 心
3. 腎
4. 胆

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

102 津液の代謝に関係しない臓腑はどれか。

 

1. 肝・胆
2. 脾・胃
3. 肺・大腸
4. 腎・膀胱

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

103 喉の腫れ、鼻出血および下顎歯の痛みはどの経絡病証か。

 

1. 手の太陰肺経
2. 手の陽明大腸経
3. 足の少陽胆経
4. 足の太陽膀胱経

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

104 五邪について正しい組合せはどれか。

 

1. 湿邪 ― 肺
2. 風邪 ― 肝
3. 暑邪 ― 腎
4. 寒邪 ― 心

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

105 脈について正しい記述はどれか。

 

1. 左手の関上の脈は肝・胆を診る。
2. 弦脈、緊脈は陰脈である。
3. 人迎気口脈診は経絡病証を診る。
4. 陰脈、陽脈は祖脈である。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

106 難経の腹診において臍の下で診る病はどれか。

 

1. 肝の病
2. 心の病
3. 脾の病
4. 腎の病

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

107 寒証でないのはどれか。

 

1. 遅脈
2. 手足の厥冷
3. 小便は少なく赤い。
4. 温かいものを好む。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

108 次の文で示す病証に関係する経絡はどれか。
「咳、喘鳴、胸がハリ満ちた感じがあり、上肢の内側に沿った冷えと痛みがある。」

 

1. 手の少陽三焦経
2. 手の少陰心経
3. 手の厥陰心包経
4. 手の太陰肺経

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

109 鍼の刺法について正しい組合せはどれか。

 

1. 半刺 ― 肺
2. 豹文刺 ― 腎
3. 輸刺 ― 血絡
4. 報刺 ― 腹痛

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

110 補法となる艾の取扱いはどれか。

 

1. 底面を広くする。
2. 皮膚に密着させる。
3. 柔らかくひねる。
4. 火力を強める。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

111 難経六十九難による補法で正しい組合せはどれか。

 

1. 肝虚 ― 中封、湧泉
2. 脾虚 ― 隠白、然谷
3. 肺虚 ― 大敦、魚際
4. 腎虚 ― 経渠、復溜

 

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

関連ページ

東洋医学概論 その1
鍼灸東洋医学概論過去問題です。第1回から東洋医学概論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
東洋医学概論 その2
鍼灸東洋医学概論過去問題です。第1回から東洋医学概論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
東洋医学概論 その4
鍼灸東洋医学概論過去問題です。第1回から東洋医学概論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4