鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

東洋医学概論 その2

 

92 陰陽の分類について正しい組合せはどれか。

 

1. 血 − 陽
2. 営 − 陰
3. 津 − 陰
4. 腹 − 陽

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

93 臓腑とその生理作用について正しい組合せはどれか。

 

1. 肺 − 治節を主る。
2. 心包 − 血を蔵す。
3. 胆 − 清濁を分別する。
4. 胃 − 糟粕を伝化する。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

94 五行色体に基づく肝の症状で誤っている記述はどれか。

 

1. 顔色が青い。
2. 涙がよく出る。
3. うなり声が出る。
4. 爪が変形する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

95 奇恒の腑に属するのはどれか。

 

1. 骨
2. 筋
3. 肉
4. 皮

 

 

 

 

 

 

1

 

 

96 寒邪の特徴でないのはどれか。

 

1. 収斂作用をもつ。
2. 気血を阻滞する。
3. 遊走性をもつ。
4. 陰性の外邪である。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

97 病邪と損傷する対象との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 燥邪 − 血
2. 火邪 − 気
3. 湿邪 − 津液
4. 風邪 − 営気

 

 

 

 

 

 

2

 

 

98 熱証にみられないのはどれか。

 

1. 鼾声
2. 月経先期
3. 小便自利
4. 口渇

 

 

 

 

 

 

3

 

 

99 四肢の冷え、胸痛、畏寒を示す病証はどれか。

 

1. 肝陰虚
2. 腎陰虚
3. 心陽虚
4. 脾陽虚

 

 

 

 

 

 

3

 

 

100 胸苦しさと手掌のほてりを呈する経脈病証の所見で適切でないのはどれか。

 

1. 頭痛
2. 咽の渇き
3. 腋の腫れ
4. 前腕の痛み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

101 八裏の脈はどれか。

 

1. 伏脈
2. 代脈
3. 緊脈
4. 短脈

 

 

 

 

 

 

1

 

 

102 右肩関節痛に対して左肩に刺鍼する刺法はどれか。

 

1. 遠道刺
2. 絡刺
3. 毛刺
4. 巨刺

 

 

 

 

 

 

4

 

 

103 難経六十九難に基づく腎虚証の治療穴の部位はどれか。

 

1. 太谿の上方 3 寸でアキレス腱の前
2. 神門の上方 1 寸 5 分で尺側手根屈筋腱の橈側
3. 膝窩横紋の内端で半腱様筋腱と半膜様筋腱の間
4. 太淵の上方 1 寸で橈骨動脈の拍動部

 

 

 

 

 

4

 

 

次の文で示す病証について、104、105 の問に答えよ。
「咽喉の閉塞感、怒りっぽい、抑うつ、胸脇苦満」

 

 

 

104 最も考えられる脈状はどれか。

 

1. 濡脈
2. 弦脈
3. ?脈
4. 結脈

 

 

 

 

 

 

2

 

 

105 本病証に用いる鍼の補瀉法で適切なのはどれか。

 

1. 細い鍼を用いる。
2. 経穴をよく按じてから刺入する。
3. 呼気に刺入し、吸気に抜鍼する。
4. 抜鍼後、鍼孔を指で塞がない。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

92 東洋医学の考え方で誤っているのはどれか。

 

1. 随証療法
2. 心身二元論
3. 整体観
4. 天人合一説

 

 

 

 

 

 

2

 

 

93 五行色体の組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 沸 ― 五香
2. 立 ― 五労
3. 辛 ― 五味
4. 徴 ― 五音

 

 

 

 

 

 

1

 

 

94 衛気について誤っているのはどれか。

 

1. ?理を開闔する
2. 脈外をめぐる
3. 分肉を温める
4. 陰性の気である

 

 

 

 

 

 

4

 

 

95 腹痛、喜按、畏寒、四肢の冷えがみられる脾の病証はどれか。

 

1. 脾陽虚
2. 脾陰虚
3. 脾気虚
4. 脾胃湿熱

 

 

 

 

 

 

1

 

 

96 呼吸に関与しているのはどれか。

 

1. 肝
2. 腎
3. 脾
4. 心

 

 

 

 

 

 

2

 

 

97 鼻に開竅する臓の作用で正しいのはどれか。

 

1. 清濁を分ける
2. 納気を主る
3. 治節を主る
4. 昇清を主る

 

 

 

 

 

 

3

 

 

98 顔面と舌の五臓配当で正しい組合せはどれか。

 

1. オトガイ ― 舌根
2. 鼻 ― 舌尖
3. 左の頬 ― 舌中
4. 右の頬 ― 舌辺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

99 次の文で示す病証から最も考えられる邪気はどれか。
「冷たいビールを飲み、そのままクーラーの効いた部屋で寝て、下痢をした。」

 

1. 寒邪
2. 燥邪
3. 風邪
4. 湿邪

 

 

 

 

 

 

1

 

 

100 虚証にみられないのはどれか。

 

1. 酸痛
2. 黄苔
3. 盗汗
4. 喜温

 

 

 

 

 

 

2

 

 

101 五臓の病証で誤っている組合せはどれか。

 

1. 心 ― 贍語
2. 脾 ― 脱肛
3. 肺 ― 陽萎
4. 腎 ― 五更泄瀉

 

 

 

 

 

 

3

 

 

102 次の文で示す経脈病証はどれか。「口が苦い、缺盆の部分と腋窩が腫れ、膝の外側が痛む。」

 

1. 腎経
2. 胃経
3. 脾経
4. 胆経

 

 

 

 

 

 

4

 

 

103 次の文で示す奇経八脈病証はどれか。
「腹がはり、腰は弛緩して、力が入らず、水の中に座っているような無力と寒気を覚える。」

 

1. 督脈
2. 任脈
3. 衝脈
4. 帯脈

 

 

 

 

 

 

4

 

 

104 古代九鍼で按圧するのはどれか。

 

1. 員利鍼
2. 長鍼
3. 員鍼
4. 大鍼

 

 

 

 

 

 

3

 

 

105 十二刺のうち、患部に一鍼、その傍に一鍼ずつ刺す刺法はどれか。

 

1. 恢刺
2. 揚刺
3. 報刺
4. 斉刺

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

92 五臓と五役との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 腎 ― 声
2. 肺 ― 色
3. 肝 ― 味
4. 心 ― 臭

 

 

 

 

 

 

4

 

 

93 五臓と五労との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 肺 ― 久しく臥す
2. 肝 ― 久しく視る
3. 脾 ― 久しく坐す
4. 腎 ― 久しく立つ

 

 

 

 

 

 

2

 

 

94 血について誤っている記述はどれか。

 

1. 肝に貯蔵される。
2. 営気とともに脈中をめぐる。
3. 心によって推動される。
4. 脾が各器官に配分する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

95 臓腑について誤っている組合せはどれか。

 

1. 腎 ― 二陰に開竅する。
2. 胆 ― 作強の官である。
3. 胃 ― 腐熟を主る。
4. 肺 ― 水道を主る。

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

96 飲食物の伝化・排泄に直接関与しないのはどれか。

 

1. 胆
2. 小腸
3. 三焦
4. 胃

 

 

 

 

 

 

1

 

 

97 三焦について誤っているのはどれか。

 

1. 皮膚に潤いを与える。
2. 体温を調節する。
3. 体液を心へ運搬する。
4. 衛気を全身にめぐらせる。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

98 経絡について誤っている記述はどれか。

 

1. 経絡は経脈、絡脈、孫絡で構成される。
2. 経脈は奇経八脈、十二経別をも含んでいる。
3. 十二経脈は三陰三陽に分類される。
4. 奇経八脈は表裏関係を有する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

99 臓腑と病因との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 肝 ― 扇風機をかけたまま眠った。
2. 心 ― 炎天下で農作業をした。
3. 脾 ― 受験のためにイライラした。
4. 腎 ― 不審者に追いかけられた。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

100 陽虚の症状で適切でないのはどれか。

 

1. 小便不利
2. 四肢厥冷
3. 自汗
4. 畏寒

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

101 肺の病証にみられないのはどれか。

 

1. 無汗
2. 湿疹
3. 梅核気
4. 短気

 

 

 

 

 

 

3

 

 

102 次の文で示す臓腑の病証はどれか。「食後の腹脹、下痢、腹鳴がある。」

 

1. 胆
2. 膀胱
3. 小腸
4. 三焦

 

 

 

 

 

 

3

 

 

103 六経病証について正しい組合せはどれか。

 

1. 少陽経病 ― 陰嚢が縮む。
2. 太陰経病 ― 咽喉が渇く。
3. 少陰経病 ― 難聴が起こる。
4. 厥陰経病 ― 腰背が強ばる。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

104 古代刺法で兪募配穴に発展したのはどれか。

 

1. 偶刺
2. 揚刺
3. 報刺
4. 傍鍼刺

 

 

 

 

 

 

1

 

 

105 九変に応じる刺法について誤っている組合せはどれか。

 

1. 毛刺 ― 皮膚に浮?があるとき
2. 分刺 ― 肌肉に邪気があるとき
3. 遠道刺 ― 病が上部にあるとき
4. 輸刺 ― 深部に熱があるとき

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

95 五体色体の組合せで正しいのはどれか。

 

1. 青 − 舌
2. 秋 − 思
3. 甘 − 骨髄
4. 暑 ― 徴

 

 

 

 

 

 

4

 

 

96 臓腑とその付着部で正しい組合せはどれか。

 

1. 胃 − 第 9 胸椎
2. 肝 − 第 10 胸椎
3. 脾 − 第 11 胸椎
4. 胆 − 第 12 胸椎

 

 

 

 

 

 

3

 

 

97 小腸について誤っているのはどれか。

 

1. 受盛の官である。
2. 闌門で大腸に連なる。
3. 清濁を分ける。
4. 中焦に属する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

98 心について正しいのはどれか。

 

1. 決断を主る。
2. 君主の官である。
3. 営を蔵する。
4. 四肢を主る。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

99 聞診で診るのはどれか。

 

1. 五主
2. 五香
3. 五味
4. 五液

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

100 舌診で舌尖部に配当されるのはどれか。

 

1. 脾
2. 肝
3. 心
4. 腎

 

 

 

 

 

 

3

 

 

101 外邪で動きが遅く停滞する性質をもつのはどれか。

 

1. 燥邪
2. 湿邪
3. 熱邪
4. 風邪

 

 

 

 

 

 

2

 

 

102 胃熱による症状はどれか。

 

1. 梅核気
2. 心下痞
3. 消穀善飢
4. 五更泄瀉

 

 

 

 

 

 

3

 

 

103 四肢のふるえとめまいとが共にみられる病証はどれか。

 

1. 肝血虚
2. 脾気虚
3. 肺陰虚
4. 腎陽虚

 

 

 

 

 

 

1

 

 

104 半表半裏証でみられないのはどれか。

 

1. 往来寒熱
2. 胸脇苦満
3. 悪風
4. 口が苦い

 

 

 

 

 

 

3

 

 

105 次の文で示す経絡病証はどれか。「腰が痛み、季肋部が張って苦しく、顔色は青黒い。」

 

1. 小腸経
2. 脾経
3. 肝経
4. 三焦経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

106 五臓とその症状との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 肝 − 汗をよくかく
2. 脾 − 肌肉がやせる
3. 肺 − 体臭が生臭い
4. 心 − 顔色が赤い

 

 

 

 

 

 

1

 

 

107 三陰三陽六病位と体幹の部位との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 厥陰 − 側面の裏
2. 太陽 − 背面の表
3. 陽明 − 腹面の表
4. 太陰 − 背面の裏

 

 

 

 

 

 

4

 

 

108 十二刺で筋痺の治療に用いる刺法はどれか。

 

1. 賛刺
2. 揚刺
3. 報刺
4. 恢刺

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

109 五刺について正しい組合せはどれか。

 

1. 輸刺 − 骨
2. 関刺 − 血脈
3. 豹文刺 − 肌肉
4. 合谷刺 − 筋

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

97 気について誤っている記述はどれか。

 

1. 衛気は水穀の精気のことをいう。
2. 真気は温煦作用を持つ。
3. 宗気は胸中に集まる。
4. 営気は血とともに脈中を流れる。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

98 陰陽関係で、陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる法則はどれか。

 

1. 陰陽可分
2. 陰陽転化
3. 陰陽消長
4. 陰陽互根

 

 

 

 

 

 

2

 

 

99 経脈における五行の関係について誤っている記述はどれか。

 

1. 腎経の母経は肺経である。
2. 膀胱経の子経は胆経である。
3. 肺経の相剋の経は脾経である。
4. 心経の相生の経は肝経である。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

100 肺の臓について正しいのはどれか。

 

1. 第 3 胸椎に付く。
2. 口唇に開竅する。
3. 作強の官である。
4. 統血を主る。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

101 五声と五音との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 呼 ― 羽
2. 言 ― 角
3. 歌 ― 徴
4. 哭 ― 商

 

 

 

 

 

 

4

 

 

102 昇清を主るのはどれか。

 

1. 肝
2. 心
3. 脾
4. 肺

 

 

 

 

 

 

3

 

 

103 三焦について正しいのはどれか。

 

1. 第 12 胸椎に付着する。
2. 伝導の官である。
3. 納気を主る。
4. 気血津液を調整する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

104 五心煩熱がみられるのはどれか。

 

1. 気 虚
2. 陽 虚
3. 血 虚
4. 陰 虚

 

 

 

 

 

 

4

 

 

105 経絡病証で背骨のこわばり、頭痛の症状を呈するのはどれか。

 

1. 督 脈
2. 任 脈
3. 衝 脈
4. 帯 脈

 

 

 

 

 

 

1

 

 

106 六部定位脈診において左関上で診る臓腑はどれか。

 

1. 肝と胆
2. 心包と三焦
3. 肺と大腸
4. 脾と胃

 

 

 

 

 

 

1

 

 

107 六経病証で病邪が最後に達するのはどれか。

 

1. 太陰経
2. 厥陰経
3. 陽明経
4. 少陽経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

108 次の文で示す経路病証はどれか。「咳が出て胸苦しく、胸に熱感があり息切れし、手掌がほてる。」

 

1. 心 経
2. 脾 経
3. 肺 経
4. 腎 経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

109 鍼治療の補瀉で正しい記述はどれか。

 

1. 抜鍼後に鍼孔を押さえるのは瀉である。
2. 経絡の流注方向に沿って刺入するのは補である。
3. 太い鍼を用いるのは補である。
4. 呼気に刺入し、吸気に抜鍼するのは瀉である。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

110 ハ鍼を用いる古代刺法はどれか。

 

1. ? 刺
2. 傍鍼刺
3. 絡 刺
4. 大瀉刺

 

 

 

 

 

 

4

 

 

111 古代刺法で毛刺が含まれるのはどれか。

 

1. 十二刺
2. 九 刺
3. 五 刺
4. 三 刺

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

97 東洋医学の特色で適切でないのはどれか。

 

1. 本治による治療では奇穴を用いる。
2. 四診によって証の決定を行う。
3. 虚実に基づいて補瀉を施す。
4. 未病を治す。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

98 五行論で誤っている記述はどれか。

 

1. 五行論は陰陽論を含む。
2. 相生と相剋の法則がある。
3. 難経六十九難による治療法に活用される。
4. 色体表は臓腑の病変の診断に応用される。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

99 外邪に対する防御的役割をするのはどれか。

 

1. 宗 気
2. 経 気
3. 衛 気
4. 営 気

 

 

 

 

 

 

3

 

 

100 問 津液について誤っているのはどれか。

 

1. 心により代謝が促進される。
2. 水穀から分離される。
3. 体温調節に関与する。
4. 皮膚を潤す。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

101 臓腑と開竅部との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 肝 − 口唇
2. 心 − 舌
3. 脾 − 耳
4. 腎 − 目

 

 

 

 

 

 

2

 

 

102 臓腑と生理作用との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 肺 − 運化
2. 腎 − 統血
3. 小腸 − 清濁の分別
4. 胆 − 水穀の受納

 

 

 

 

 

 

3

 

 

103 外因で体重節痛を引き起こすのはどれか。

 

1. 風 邪
2. 寒 邪
3. 湿 邪
4. 燥 邪

 

 

 

 

 

 

3

 

 

104 七情で腎を傷るのはどれか。

 

1. 怒
2. 思
3. 悲
4. 恐

 

 

 

 

 

 

4

 

 

105 虚証の症状で適切でないのはどれか。

 

1. 短気
2. 自汗
3. 下痢
4. 拒按

 

 

 

 

 

 

4

 

 

106 次の文で示す病証に関係する臓はどれか。
「手足の筋のひきつれ、季肋部痛、めまいや目の乾燥がある。」

 

1. 心
2. 肝
3. 肺
4. 腎

 

 

 

 

 

 

2

 

 

107 次の文で示す是動病の経脈はどれか。
「食するともどし、胃部が痛み、腹が張る。よくおくびし、放屁すればすっきりする。全身が重く感じる。」

 

1. 大腸経
2. 胃経
3. 肺経
4. 脾経

 

 

 

 

 

 

4

 

 

108 次の文で示す経絡病証について適切なのはどれか。
「目の痛みが強く、頭痛もある。背中は張って腰は折れんばかりに痛み、下腿後面の筋がひきつれる。」

 

1. 肝 経
2. 膀胱経
3. 胆 経
4. 腎 経

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

109 陽?脈病証の症状はどれか。

 

1. 月経異常
2. 目の痛み
3. 排尿障害
4. 下 痢

 

 

 

 

 

 

2

 

 

110 古代九鍼で「皮膚を破る鍼」とされているのはどれか。

 

1. 鋒 鍼
2. 毫 鍼
3. 大 鍼
4. ? 鍼

 

 

 

 

 

 

1

 

 

111 五臓五刺で正しい組合せはどれか。

 

1. 脾 − 半 刺
2. 肺 − 関 刺
3. 肝 − 合谷刺
4. 腎 − 輸 刺

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

97 陰陽法則で陰陽消長を表現しているのはどれか。

 

1. 陰中に陽あり、陽中に陰あり。
2. 陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる。
3. 陰虚すれば陽実し、陽虚すれば陰実す。
4. 陰実するときは陽も実し、陰虚するときは陽も虚す。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

98 五臓と五香との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 心 − 香
2. 脾 − 腥
3. 肺 一 焦
4. 腎 一 腐

 

 

 

 

 

 

4

 

 

99 宗気について適切なのはどれか。

 

1. 胸中に宿る
2. 脈外をめぐる
3. 経絡の機能を維持する
4. 栄養を主る。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

100 奇恒の腑に属するのはどれか。

 

1. 胆
2. 小 腸
3. 胃
4. 大 腸

 

 

 

 

 

 

1

 

 

101 五臓とその役割との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 心 一 臣使の官
2. 脾 − 伝導の官
3. 肺 − 相傳の官
4. 腎 − 中正の官

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

102 五臓の生理横能について誤っている記述はどれか。

 

1. 肝は筋を主る。
2. 心は血脈を主る。
3. 脾は運化を主る。
4. 肺は統血を主る。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

103 肝について正しいのはどれか。

 

1. 体温調節を行う。
2. 第 5 胸椎に付着する。
3. 鼻に開竅する
4. 魂を蔵す

 

 

 

 

 

 

4

 

 

104 次の文で示す経絡病証について適切なのはどれか。
「のどが渇き、側胸部が痛む。上肢の前面内側がしびれて痛み、手掌が熱をもって痛む。」

 

1. 三焦経
2. 心 経
3. 肺 経
4. 小腸経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

105 気滞の症状はどれか。

 

1. 手足のしびれ
2. 脹 痛
3. 出 血
4. 目のかすみ

 

 

 

 

 

 

2

 

 

106 腎の症状として誤っているのはどれか。

 

1. 耳鳴り
2. 目の充血
3. 四肢の冷え
4. 性欲減退

 

 

 

 

 

 

2

 

 

107 陰虚証の症状でないのはどれか。

 

1. 潮 熱
2. 手足のほてり
3. 自 汗
4. 盗 汗

 

 

 

 

 

 

3

 

 

108 補の施灸法として誤っているのはどれか。

 

1. 灰を取らずに施灸する
2. 底面を狭くする
3. 自然に燃やす
4. 皮膚に密着させる。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

109 東洋医学の治療について誤っている記述はどれか。

 

1. 標治法は経絡の変動を調整する。
2. 弁証施治は八綱病証を用いる。
3. 補瀉は虚実に応じて行う。
4. 正治とは順証に対する治法である。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

110 十二刺の刺法で正しい組合せはどれか。

 

1. 骨痺を治す − 短刺
2. 寒痺を治す − 偶刺
3. 心痺を治す − 恢刺
4. 筋痺を治す − 浮刺

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

111 遠道刺の刺法はどれか。

 

1. 病、分肉にあればその間を刺す。
2. 病、右にあれば左に取る。
3. 病、上にあれば下に取る。
4. 病、体表にあれば皮毛を刺す。

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

関連ページ

東洋医学概論 その1
鍼灸東洋医学概論過去問題です。第1回から東洋医学概論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
東洋医学概論 その3
鍼灸東洋医学概論過去問題です。第1回から東洋医学概論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
東洋医学概論 その4
鍼灸東洋医学概論過去問題です。第1回から東洋医学概論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4