鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

東洋医学概論 その1

 

92 元気の説明で正しいのはどれか。

 

1. 血とともに脈中を行く。
2. 清気とも言う。
3. 夜間に人体の陰の部を二十五周する。
4. 先天の精が変化生成したものである。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

93 経脈で表裏関係にある組合せはどれか

 

1. 太陰経 ―――― 陽明経
2. 厥陰経 ―――― 太陽経
3. 少陰経 ―――― 陽明経
4. 少陽経 ―――― 少陰経

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

94 外邪で収斂作用をもち、皮毛を収縮させるのはどれか。

 

1. 風 邪
2. 湿 邪
3. 寒 邪
4. 暑 邪

 

 

 

 

 

 

3

 

 

95 ?雑がみられる病証はどれか。

 

1. 胃の虚熱
2. 食 滞
3. 胃の実熱
4. 脾胃の湿熱

 

 

 

 

 

 

1.3

 

 

96 六経弁証の少陽病証でみられるのはどれか。

 

1. 悪 風
2. 口 苦
3. 下 痢
4. 高 熱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

97 次の文で示す経脈病証はどれか。
「上肢がひきつり、手掌のほてりがある。胸苦しく、精神的に不安定である。」

 

1. 肺 経
2. 心 経
3. 心包経
4. 三焦経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

98 次の文で示す患者の病証で適切なのはどれか。
「16 歳の男子。試験前になると食欲不振、腹部膨満感が起こる。腹鳴や腹痛を伴う下痢を頻発する。」

 

1. 脾胃の湿熱
2. 肝腎の陰虚
3. 脾腎の陽虚
4. 肝脾の不調

 

 

 

 

 

4

 

 

次の文で示す患者について、99、99 の問いに答えよ。
「56 歳の男性。主訴は食欲不振。腹部の痞えや膨満感、重痛を伴う。口が粘る、口苦、臭いの強い下痢がみられる。

 

 

99 最も適切な病証はどれか。

 

1. 気 滞
2. 陽 虚
3. 陰 虚
4. 湿 熱

 

 

 

 

 

 

4

 

 

100 本患者の病証でみられる脈状はどれか。

 

1. ? 脈
2. 滑 脈
3. 結 脈
4. 細 脈

 

 

 

 

 

 

2

 

 

101 次の文で示す経脈病証に対し、難経六十九難の治療法則を考慮して施術を行う場合、最も適切な経穴はどれか。
「顔色が黒ずむ、呼吸が苦しく咳がでる、立ちくらみ、食欲がない、寝ることを好んで起きたがらない。」

 

1. 太 渓
2. 大 都
3. 曲 泉
4. 経 渠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

102 腎経と心包経の接続部はどれか。

 

1. 舌 根
2. 胸 中
3. 心 中
4. 中 焦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

103 肩関節を 90 度外転したとき、天井から臑会の長さはどれか。

 

1. 5 寸
2. 6 寸
3. 7 寸
4. 8 寸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

104 経穴間の組合せで最も長いのはどれか。

 

1. 大腸経の下合穴 ―― 条 口
2. 脾経の?穴 ―――― 漏 谷
3. 大腸経の土穴 ――― 手三里
4. 三焦の募穴 ―――― 建 里

 

 

 

 

 

 

4

 

 

105 尺骨神経溝部にある経穴はどれか。

 

1. 支 正
2. 臂 臑
3. 少 海
4. 小 海

 

 

 

 

 

 

4

 

 

92 血の説明で正しいのはどれか。

 

1 衛気と共に脈中を流れる。
2 生成に営気が関与する。
3 量は脾が調節する。
4 温煦作用により循環する。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

93 臓腑とその作用との組合せで正しいのはどれか。

 

1 肝----------納気を主る
2 大腸--------清濁を分別する。
3 脾----------昇清を主る。
4 膀胱--------糟粕を伝化する。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

94 中焦の生理機能と関係の深いのはどれか。

 

1 脾
2 肺
3 腎
4 肝

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

95 奇恒の腑はどれか。

 

1 胃
2 肝
3 脾
4 胆

 

 

 

 

4

 

 

 

 

96 外邪の特徴で正しいのはどれか。

 

1 暑邪は肺を傷る。
2 湿邪は身体下部を侵す。
3 燥邪は体表を侵す。
4 風邪は津液を消耗する。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

97 運行が失調すると鼓脹を認めるのはどれか。

 

1 営気
2 衛気
3 血
4 津液

 

 

 

 

4

 

 

 

 

98 肝陽の上亢によるのはどれか。

 

1 胖大舌
2 吃逆
3 顔面紅潮
4 小腹急結

 

 

 

 

3

 

 

 

 

99 心気虚、心陽虚に共通する症状はどれか。

 

1 無汗
2 心悸
3 回転性めまい
4 四肢の冷え

 

 

 

 

2

 

 

 

 

100 統血作用の失調でみられるのはどれか。

 

1 秘結
2 崩漏
3 陽萎
4 帯下

 

 

 

 

2

 

 

 

 

101 ?証で重だるい痛みはどれか。

 

1 行?
2 痛?
3 着?
4 熱?

 

 

 

 

3

 

 

 

 

102 次の文で示す経脈病証はどれか。
「首が腫れ、後ろを振り返ることができない。
難聴があり、上肢後面内側が痛む。」

 

1 手の太陽小腸経
2 手の陽明大腸経
3 手の太陰肺経
4 手の少陰心経

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

103 心・心包の病証で多くみられるのはどれか。

 

1 裏急
2 胸脇苦満
3 心下痞硬
4 小腹急結

 

 

 

 

3

 

 

 

 

104 難経六十九難の治療法則で肝虚証の治療穴はどれか。

 

1 曲泉
2 大敦
3 太衝
4 中封

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

105 迎随の補瀉で補法はどれか。

 

1 太淵穴では肘関節に向けて刺す。
2 外関穴では手関節に向けて刺す。
3 足臨泣穴では足関節に向けて刺す。
4 三陰交穴では膝関節に向けて刺す。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

92 五行と五香との組合せで正しいのはどれか。

 

1 木-----?
2 火-----香
3 土-----腥
4 金-----腐

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

93 血を脈外に漏らさないようにするのはどれか。

 

1 推動作用
2 温煦作用
3 気化作用
4 固摂作用

 

 

 

 

4

 

 

 

 

94 生体の活力として働く気の類に含まれるのはどれか。

 

1 血
2 精
3 魂
4 体

 

 

 

 

2

 

 

 

 

95 五臓と五主との組合せで正しいのはどれか。

 

1 肝-----皮毛
2 心-----筋
3 脾-----肌肉
4 肺-----血脈

 

 

 

 

3

 

 

 

 

96 脾の生理機能はどれか。

 

1 精を蔵す。
2 運化を主る。
3 目に開竅する。
4 液は汗である。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

97 胆と表裏関係にある臓の生理作用はどれか。

 

1 血を蔵す。
2 気を主る。
3 腐熟を主る。
4 水を主る。

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

98 外邪で遊走性の痛みを起こすのはどれか。

 

1 風邪
2 湿邪
3 火邪
4 燥邪

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

99 胃気の上逆でみられるのはどれか。

 

1 喘
2 鼾
3 欠
4 吃逆

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

100 気が逆行して起こる病の総称はどれか。

 

1 積聚
2 ?
3 厥
4 疝

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

101 腎精の不足が最も疑われるのはどれか。

 

1 息切れ
2 不妊
3 目のかすみ
4 食欲不振

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

102 肺の病症でみられるのはどれか。

 

1 暑くなくても汗が出る。
2 腑臓が下垂する。
3 腹痛のない下痢が起こる。
4 よくため息が出る。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

103 陰虚による舌質の色はどれか。

 

1 淡白舌
2 淡紅舌
3 紅舌
4 紫舌

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

104 だるい痛みはどれか。

 

1 刺痛
2 隠痛
3 脹痛
4 酸痛

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

105 虚証でみられるのはどれか。

 

1 緊脈
2 滑脈
3 細脈
4 洪脈

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

92 五行色体で相剋関係にある組合せはどれか。

 

1 焦---------?
2 面---------唇
3 憂---------?
4 汗---------涕

 

 

 

 

4

 

 

 

 

93 津液について正しい記述はどれか。

 

1 津液は腎と膀胱で生成される。
2 津液の代謝機能を三焦気化という。
3 津液は経脈を通じて全身に流れる。
4 津液が停滞する病理変化を津傷という。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

94 所見と病証との組合せで正しいのはどれか。

 

1 隠痛--------陰実証
2 潮熱--------陽実証
3 盗汗--------陰虚証
4 拒按--------陽虚証

 

 

 

 

3

 

 

 

 

95 五志に含まれないのはどれか。

 

1 悲
2 恐
3 怒
4 喜

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

96 食滞について誤っている記述はどれか。

 

1 食を嫌う。
2 呑酸がある。
3 大便に酸臭がある。
4 消渇が起こる。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

97 次の文で経脈病証に用いる経穴について適切なのはどれか。
舌の根元に痛み、腹部膨満感、下痢、全身倦怠感、下肢内側の痛み。

 

1 太渓
2 衝陽
3 太白
4 侠渓

 

 

 

 

3

 

 

 

 

98 一定の時刻に発熱する特徴をもつのはどれか。

 

1 壮熱
2 潮熱
3 但熱不寒
4 往来寒熱

 

 

 

 

2

 

 

 

 

99 45歳の男性。首や肩のこりが強く、寝汗をよくかき熟睡できない。便が硬く排便しづらい。
最も考えられる病証はどれか。

 

1 気虚証
2 血虚証
3 陽虚証
4 陰虚証

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

100 45歳の男性。首や肩のこりが強く、寝汗をよくかき熟睡できない。便が硬く排便しづらい。
この患者の舌と所見との脈状との組合せで正しいのはどれか。

 

1 胖舌-------結脈
2 痩舌-------滑脈
3 紅舌-------細脈
4 淡舌-------弦脈

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

101 季肋部で診る腹証はどれか。

 

1 心下痞鞭
2 胸脇苦満
3 裏急
4 小腹急結

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

102 頭痛、首と肩がこる、手足の関節が痛む、厚着をしても寒い、微熱、薄白
苔、緊脈。
最も考えられる病証はどれか。

 

1 表熱
2 裏熱
3 表寒
4 裏寒

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

103 頭痛、首と肩がこる、手足の関節が痛む、厚着をしても寒い、微熱、薄白
苔、緊脈。
この患者の症状として正しいのはどれか。

 

1 口渇
2 食欲不振
3 無汗
4 泄瀉

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

104 九変に応ずる刺法で筋痺のときに圧痛点へ刺すのはどれか。

 

1 ?刺
2 絡刺
3 輸刺
4 経刺

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

105 難経六十九難の法則で脾虚証に補法を行う経穴はどれか。

 

1 至陰
2 大都
3 復溜
4 曲泉

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

92 「陰が不足すれば陽が優勢となり、陽が不足すれば陰が優勢となる」を表現するのはどれか。
1.陰陽互根
2.陰陽消長
3.陰陽転化
4.陰陽制約

 

 

 

 

2

 

 

 

 

93 次の組合せのうち各々が属する五行が相剋関係にあるのはどれか。

 

1 唾-------涙
2 坐-------臥
3 魄-------魂
4 握-------憂

 

 

 

 

3

 

 

 

 

94 脾虚の症状はどれか。

 

1 陽萎
2 軟便下痢
3 咳嗽
4 目のかすみ

 

 

 

 

2

 

 

 

 

95 次の文で示す経脈病証はどれか。「顔面の麻痺、下腿前面外側と足背の痛み。」

 

1 大腸経
2 胃経
3 胆経
4 肝経

 

 

 

 

2

 

 

 

 

96 次の文で示す経脈病証はどれか。「耳鳴りがして音が聞こえにくい。目尻から頬にかけて痛み、発汗を呈する。」

 

1 小腸経
2 胆経
3 三焦経
4 腎経

 

 

 

 

3

 

 

 

 

97 「55歳の女性。皮下出血しやすく、皮膚はかさつき、腹が脹る。月経時に血塊を伴う。」最も考え
られる病証はどれか。

 

1 水滞
2 血虚
3 気逆
4 ?血

 

 

 

 

4

 

 

 

 

98 「55歳の女性。皮下出血しやすく、皮膚はかさつき、腹が脹る。月経時に血塊を伴う。」この患者の舌証として正しいのはどれか。

 

1 紫舌
2 燥苔
3 脾舌
4 灰苔

 

 

 

 

1

 

 

 

 

99 津液の不足による症状はどれか。

 

1 小便白利
2 目眩
3 口渇
4 自汗

 

 

 

 

3

 

 

 

 

100 六経病証の頭痛分類で正しい組合せはどれか。

 

1 頭頂部-------厥陰経頭痛
2 前頭部-------太陽経頭痛
3 後頭部-------少陽経頭痛
4 側頭部-------陽明経頭痛

 

 

 

 

1

 

 

 

 

101 所見と病証との組合せで正しいのはどれか。

 

1 口淡-----------脾気虚証
2 口苦-----------脾陽虚証
3 厭食-----------胃寒証
4 消穀善飢-------脾気虚証

 

 

 

 

1

 

 

 

 

102 八綱病証で実証はどれか。

 

1 疼痛部を押すと痛みが増強する。
2 長期間微熱が続いている。
3 小便の回数が多い。
4 鈍痛が持続している。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

103 施灸で補法はどれか。

 

1 取穴数を多くする。
2 間を置かず施灸する。
3 艾? を強く押しつけて置く。
4 艾? の底面を小さくする。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

104 六部定位脈診で左手尺中の沈が虚している場合、難経六十九難に基づく配穴で適切な組合せはどれか。

 

1 中衝-------大敦
2 尺沢-------陰谷
3 陰谷-------曲泉
4 経渠-------復溜

 

 

 

 

4

 

 

 

 

105 迎随の補瀉で補法はどれか。

 

1 孔最に肘関節に向けて刺す。
2 地機に足関節に向けて刺す。
3 三陽絡に手関節に向けて刺す。
4 陰市に膝関節に向けて刺す。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

92 五行色体の組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 辛 ― 鼻
2. 焦 ― 咳
3. 歌 ― 宮
4. 液 ― 唾

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

93 肺の生理作用で誤っているのはどれか。

 

1. 気を主る。
2. 宣発を主る。
3. 納気を主る。
4. 皮毛を主る。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

94 外邪とその性質との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 湿邪 ― 脾胃を犯しやすい。
2. 寒邪 ― 内風を生じる。
3. 暑邪 ― 気と津液を消耗する。
4. 風邪 ― 衛気を犯し、変化しやすい。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

95 次の文で示す患者の病証として適切なのはどれか。
「38 歳の男性。半年前の失職以来、不安と不眠がある。起立時のめまいと軽度の動悸とを訴えている。」

 

1. 脾陽虚証
2. 肝陰虚証
3. 心血虚証
4. 腎気虚証

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

96 脾の病証でみられないのはどれか。

 

1. 軟便
2. 咽喉の閉塞感
3. 崩漏
4. 全身倦怠感

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

97 喉の腫れ、鼻出血および下の歯の痛みを呈する経脈病証はどれか。

 

1. 大腸経
2. 膀胱経
3. 三焦経
4. 胆経

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

98 腎経の経脈病証の所見として適切でないのはどれか。

 

1. 立ちくらみ
2. 足底のほてり
3. 季肋部のつかえ
4. 血痰

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

99 「おくび」について正しい記述はどれか。

 

1. 肺気が鼻に上衝して起こる。
2. 胃気の上逆によって起こる。
3. 労倦で起こる。
4. 宿食で起こる。

 

 

 

 

 

 

 

2.4

 

 

100 痛みの性質と病証との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 酸痛 ― 虚証
2. 重痛 ― 湿証
3. 刺痛 ― 血?
4. 隠痛 ― 気滞

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

101 季節と脈状との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 春 ― 緩脈
2. 夏 ― 洪脈
3. 秋 ― 石脈
4. 冬 ― 毛脈

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

102 目のかすみ、めまい、脇部の隠痛および手足のふるえを呈する病証で最も考えられる舌質はどれ
か。

 

1. 淡白舌
2. 淡紅舌
3. 紅舌
4. 紫舌

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

103 十二刺に含まれないのはどれか。

 

1. 浮刺
2. 直鍼刺
3. 賛刺
4. 大瀉刺

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

104 瀉法はどれか。

 

1. 艾?に風を送って燃やす。
2. 灰の上から施灸する。
3. 前揉捻してから刺鍼する。
4. 抜鍼後、鍼孔を閉じる。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

105 補瀉迎随による経穴刺鍼で瀉法となるのはどれか。

 

1. 尺沢へは手関節の方向に向けて刺す。
2. 陽谿へは肘関節の方向に向けて刺す。
3. 委中へは足関節の方向に向けて刺す。
4. 陰谷へは足関節の方向に向けて刺す。

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

関連ページ

東洋医学概論 その2
鍼灸東洋医学概論過去問題です。第1回から東洋医学概論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
東洋医学概論 その3
鍼灸東洋医学概論過去問題です。第1回から東洋医学概論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
東洋医学概論 その4
鍼灸東洋医学概論過去問題です。第1回から東洋医学概論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4