鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

リハビリ その4

 

89 内部障害はどれか。

 

1. 視覚障害
2. 聴覚言語障害
3. 肢体不自由
4. 膀胱直腸障害

 

 

 

 

 

 

4

 

 

90 手根管を通過しないのはどれか。

 

1. 浅指屈筋腱
2. 深指屈筋腱
3. 正中神経
4. 尺骨神経

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

91 正常歩行周期について誤っている記述はどれか。

 

1. 立脚期と遊脚期の比率は 6 対 4 である。
2. 重心が最も低くなるのは立脚中期である。
3. 骨盤の回旋は重心の上下動を小さくする。
4. 一側の膝関節は屈曲と伸展をそれぞれ 2 回行う。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

92 片麻痺の理学療法で正しい記述はどれか。

 

1. マット上で膝立ち訓練を行う。
2. 立位保持は膝の過伸展を利用する。
3. 杖歩行では杖の次に健側下肢を前に出す。
4. 浴槽へは患側下肢から入る。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

93 脳性麻痺について正しい記述はどれか。

 

1. 痙直型は腱反射が低下する。
2. アテトーゼ型は不随意運動がみられない。
3. 失調型は平衡機能が保たれる。
4. 弛緩型は抗重力姿勢が保てない。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

94 頸髄損傷患者の障害でないのはどれか。

 

1. 四肢麻痺
2. 失禁
3. 嚥下障害
4. 肺活量低下

 

 

 

 

 

 

3

 

 

95 慢性関節リウマチの理学療法で適切でない記述はどれか。

 

1. 全身訓練により呼吸運動の維持を図る。
2. 関節可動域訓練は愛護的に行う。
3. 筋力維持増強訓練は他動運動を中心に行う。
4. 疼痛を軽減する目的でホットパックを用いる。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

96 変形性膝関節症について誤っている記述はどれか。

 

1. 肥満は悪化要因になる。
2. 進行すると外反変形を生じやすい。
3. 大腿四頭筋の徒手抵抗運動を行う。
4. 側方不安定性には装具を用いる。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

89 社会的不利について正しい記述はどれか。

 

1. 一人で服を着替えることができない。
2. 麻痺のため手が動かない。
3. 車椅子の操作ができない。
4. 段差があり車椅子で公園に入れない。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

90 股関節について誤っている記述はどれか。

 

1. 大腿骨頭の約 2/3 は寛骨臼の中にある。
2. 正常の頸体角は約 120−130 度である。
3. ハムストリングスは屈曲に作用する。
4. 屈曲角度は膝の伸展時より屈曲時の方が大きい。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

91 正常歩行において遊脚期に活動がみられない筋はどれか。

 

1. 前脛骨筋
2. ヒラメ筋
3. 大腿四頭筋
4. 腸腰筋

 

 

 

 

 

 

2

 

 

92 関節可動域測定で誤っている記述はどれか。

 

1. 肩の屈曲は肩峰を通る床への垂直線を基本軸とする。
2. 手関節の屈曲は橈骨と第 5 中手骨との角度を測る。
3. 股関節の外転は大腿中央線を移動軸とする。
4. 膝の屈曲は大腿骨と腓骨との角度を測る。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

93 脳卒中片麻痺患者リハビリテーションについて誤っている記述はどれか。

 

1. 家屋の構造を知る必要がある。
2. 介助の軽減は目的の一つとなる。
3. 発症後 6 か月で完結させる。
4. 弛緩性麻痺の期間が長いと到達レベルは低い。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

94 脊髄損傷の理学療法で誤っているのはどれか。

 

1. 1 日 2 回の体位変換を行う。
2. 呼吸訓練を行う。
3. 褥創予防にプッシュアップを行う。
4. 下位腰髄損傷では実用的な歩行を目指す。

 

 

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

95 末梢神経損傷におけるリハビリテーションとその目的との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 関節可動域訓練 ― 拘縮の予防
2. 自動介助運動 ― 筋の再教育
3. 装具の装着 ― 変形の予防
4. 自助具の使用 ― 筋力の強化

 

 

 

 

 

 

4

 

 

96 心疾患における運動強度の指標として適切でないのはどれか。

 

1. 6 分間歩行テスト
2. メッツ(METS)
3. 脈拍数
4. 血圧

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

89 障害のうち能力低下への対応で誤っているのはどれか。

 

1. 車椅子処方
2. ADL訓練
3. 利き手交換
4. 家屋改造

 

 

 

 

 

 

4

 

 

90 障害の評価の目的で適切でないのはどれか。

 

1. 疾患原因の検討
2. 障害原因の検討
3. 治療目標の設定
4. 治療方法の検討

 

 

 

 

 

 

1

 

 

91 効率の良い歩き方の特徴はどれか。

 

1. 立脚中期で膝関節は屈曲しない。
2. 重心は水平に移動する。
3. 骨盤は左右に移動する。
4. 骨盤は回旋しない。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

92 日常生活動作として適切でないのはどれか。

 

1. 歩 行
2. 買 物
3. 食 事
4. 更 衣

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

93 脳卒中の回復に関して誤っている記述はどれか。

 

1. ブルンストロームのステージに従って回復する。
2. 発症後 6 か月ころから回復が著明となる。
3. 上肢の回復予後は一般に悪い。
4. ホームプログラムは機能維持に有用である。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

94 下肢の切断について誤っている記述はどれか。

 

1. 循環障害に起因する切断は減少している。
2. 拘縮の予防に伏臥位をとらせる。
3. 断端浮腫に対して弾性包帯をまく。
4. 幻肢は失われた部位が残っている感覚である。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

95 C6 損傷(第 7 頸髄節以下の損傷)の患者ができない動作はどれか。

 

1. 寝返り動作
2. 坐位保持
3. 移乗動作
4. 起立動作

 

 

 

 

 

 

4

 

 

96 慢性閉塞性肺疾患のリハビリテーションで適切でないのはどれか。

 

1. 気道の清浄化
2. 胸郭のストレッチ
3. 呼吸補助筋を使った呼吸
4. 口すぼめ呼吸訓練

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

89 内部障害に含まれないのはどれか。

 

1. 聴覚障害
2. 腎障害
3. 呼吸器障害
4. 循環器障害

 

 

 

 

 

 

1

 

 

90 弛緩性麻痺の評価で適切でないのはどれか。

 

1. ブルンストロームのステージ
2. 日常生活動作テスト
3. 徒手筋力テスト
4. 四肢周径の測定

 

 

 

 

 

 

1

 

 

91 正常立位姿勢のとき矢状面で人体の重心線が通過する部位として誤っているのはどれか。

 

1. 乳様突起付近
2. 第 2 仙椎の少し前方
3. 股関節の前方
4. 膝関節の前方

 

 

 

 

 

 

3

 

 

92 歩行について誤っている記述はどれか。

 

1. 1 サイクルは 2 歩に相当する。
2. 二重支持期がない場合は走行となる。
3. 重心の軌跡はサインカーブを描く。
4. バランスの悪い人は歩隔が狭くなる。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

93 脳卒中の障害で誤っている記述はどれか。

 

1. 多発性梗塞は痴呆の原因となる。
2. 舌、口唇の麻痺は失語症の原因となる。
3. 嚥下障害は肺炎の原因となる。
4. 肩手症候群は上肢痛の原因となる。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

94 脊髄損傷患者の排尿について誤っている記述はどれか。

 

1. 脊髄排尿中枢は仙髄にある。
2. 残尿は尿路感染の原因となる。
3. 持続カテーテル管理を第一目標とする。
4. 弛緩性膀胱では用手圧迫により行う。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

95 脳性麻痺について正しい記述はどれか。

 

1. 障害は 1 歳ころまで現れてこない。
2. 知的能力と機能障害とは一致しない。
3. 呼吸障害は伴わない。
4. 感覚障害は伴わない。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

96 腰痛の治療について誤っている記述はどれか。

 

1. 運動療法により姿勢の改善を図る。
2. ウイリアムス体操は腰椎の伸展訓練である。
3. 間欠牽引はマッサージ効果を期待する。
4. 軟性コルセットは腹圧を高め症状を軽減する。

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

関連ページ

リハビリ その1
鍼灸リハビリ過去問題です。第1回からリハビリ問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
リハビリ その2
鍼灸リハビリ過去問題です。第1回からリハビリ問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
リハビリ その3
鍼灸リハビリ過去問題です。第1回からリハビリ問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
リハビリ その5
鍼灸リハビリ過去問題です。第1回からリハビリ問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
リハビリ その6
鍼灸リハビリ過去問題です。第1回からリハビリ問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6