鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

リハビリ その1

 

84 第 6 頚髄節残存の頚髄損傷患者が行える ADL はどれか。

 

1. プッシュアップを用いた座位移動
2. 両松葉杖使用での大振り歩行
3. 機能的把持装具を用いたつまみ動作
4. スプリングバランサーを用いた食事動作

 

 

 

 

 

 

3

 

 

85 小児疾患と障害の組合せで正しいのはどれか。

 

1. ポリオ ――――――――――――― 球麻痺
2. 進行性筋ジストロフィー症 ―――― 両麻痺
3. 二分脊椎 ―――――――――――― 対麻痺
4. ダウン症 ―――――――――――― 片麻痺

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

86 慢性閉塞性肺疾患患者に対する在宅での自主訓練で最も適切なのはどれか。

 

1. 口すぼめ呼吸
2. 叩打法
3. スクイージング
4. バイブレーション

 

 

 

 

 

 

1

 

 

87 関節リウマチ患者によく用いる自助具はどれか。

 

1. リーチャー
2. 筆談ボード
3. ユニバーサルカフ
4. トランスファーボード

 

 

 

 

 

 

1

 

 

88 重症の筋萎縮性側索硬化症のリハビリテーションとして最も必要なのはどれか。

 

1. 低出力レーザーによる温熱療法
2. ペグボードによる巧緻動作訓練
3. バランスボードによるバランス訓練
4. 意思伝達装置によるコミュニケーション訓練

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

89 生体リズムに関する陰陽学説で最も適切なのはどれか。

 

1. 陰陽消長
2. 陰陽対立
3. 陰陽制約
4. 陰陽互根

 

 

 

 

 

 

1

 

 

90 後天の精から得られた水穀の悍気はどれか。

 

1. 胃 気
2. 営 気
3. 衛 気
4. 宗 気

 

 

 

 

 

 

3

 

 

91 臓腑の働きと五華の組合せで正しいのはどれか。

 

1. 精を蔵する ―――― 爪
2. 神を蔵する ―――― 毛
3. 血を蔵する ―――― 面 色
4. 営を蔵する ―――― 唇

 

 

 

 

 

 

4

 

 

84 国際生活機能分類(ICF)の構成要素で「参加」に該当するのはどれか。

 

1 屋内手すりの設置
2 短下肢装具の作製
3 残存筋の強化
4 麻痺手の回復訓練

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

85 小脳性失調の所見として正しいのはどれか。

 

1 構音障害
2 羽ばたき振戦
3 はさみ脚歩行
4 ロンベルグ徴候陽性

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

86 ADL評価のFIMにおいて正しいのはどれか。

 

1 書字の項目がある。
2 認知項目がある。
3 各項目の点数は0点から10点である。
4 総点は100点である。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

87 片麻痺患者が使う自走式車いすで両手駆動から変更すべき構造はどれか。

 

1 駆動輪の直径を小さくする。
2 座面の高さを低くする。
3 背もたれの高さを低くする。
4 麻痺側のブレーキレバーを短くする。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

88 強制呼気に作用する筋で正しいのはどれか。

 

1 胸鎖乳突筋
2 大胸筋
3 横隔膜
4 内肋間筋

 

 

 

 

4

 

 

 

 

89 脳卒中のリハビリテーション中に起こる骨折の特徴で正しいのはどれか。

 

1 健側下肢が多い。
2 抗血栓剤の内服で起こりやすい。
3 半側空間無視の合併で起こりやすい。
4 失語症の合併で起こりやすい。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

90 脊髄損傷患者に生じる自律神経過反射で正しいのはどれか。

 

1 腰髄損傷患者に生じる。
2 起立性低血圧を生じる。
3 尿の膀胱内貯留が誘因となる。
4 損傷部位以下の反射が消失する。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

91 活動性が高い下腿切断患者に適した義足の足継手はどれか。

 

1 固定足
2 単軸足
3 多軸足
4 エネルギー蓄積型足

 

 

 

 

4

 

 

 

 

84 身体障害者手帳の種類と原因疾患の組合せで正しいのはどれか。

 

1 平衡機能障害-------変形性膝関節症
2 肢体不自由---------ベル麻痺
3 そしゃく機能障害---筋萎縮性側索硬化症
4 内部障害-----------パーキンソン

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

85 関節可動域測定法について正しい記述はどれか。

 

1 自動運動で測定する際はその旨を明記する。
2 10度単位で測定する。
3 基本肢位を90度として表示する。
4 筋の短縮をみるには多関節筋を弛緩させる。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

86 痙縮の評価に用いるのはどれか。

 

1 徒手筋力テスト
2 アシュワーススケール
3 内田−クレペリンテスト
4 バーセルインデックス

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

87 脳卒中片麻痺患者に用いる装具はどれか。

 

1 PTB式免荷装具
2 股関節外転装具
3 金属支柱付膝装具
4 靴べら式短下肢装具

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

88 異常歩行とその原因疾患との組合せで正しいのはどれか。

 

1 小刻み歩行---------------パーキンソン病
2 トレンデレンブルグ歩行---変形性膝関節症
3 失調性歩行---------------脊髄損傷
4 痙性歩行-----------------ギラン・バレー症候群

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

89 脳卒中片麻痺患者の対応で適切な記述はどれか。

 

1 患側の可動域訓練では素早く関節を動かす。
2 麻痺側の肩関節亜脱臼は徒手的整復を行う。
3 杖の高さは床から臍部の高さまでとする。
4 利き手が完全麻痺の場合は利き手交換訓練を行う。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

90 脊髄損傷による完全対麻痺患者に対する社会復帰支援で正しいのはどれか。

 

1 電動車いすでの屋外移動
2 下肢装具での実用歩行
3 自動車運転免許の取得
4 入浴サービスの手配

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

91 脳性麻痺について正しい記述はどれか。

 

1 脊髄病変が関与する。
2 運動の永続的障害である。
3 進行性病変である。
4 生後4ヶ月以降に生じる。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

84 身体障害者手帳の交付対象でないのはどれか。

 

1 腎臓機能障害
2 咀嚼・嚥下機能障害
3 平衡機能障害
4 高次脳機能障害

 

 

 

 

4

 

 

 

 

85 回復期リハビリテーション病棟における評価会議について適切でない記述はどれか。

 

1 病棟看護師は参加する。
2 評価が完了してから治療を開始する。
3 治療経過によりゴール設定を変更する。
4 すべての症例に行う。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

86 正常な6ヶ月児で可能な動作はどれか。

 

1 おもちゃを掴む。
2 ビー球を摘む。
3 手放しで立つ。
4 ひとり歩きをする。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

87 嚥下機能障害に対するスクリーニングとして用いられる検査はどれか。

 

1 水飲みテスト
2 嚥下造影検査
3 血清CRP
4 胸部単純エックス線検査

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

88 深部組織への温熱効果が最も高い物理療法はどれか。

 

1 低周波療法
2 超音波療法
3 紫外線療法
4 赤外線療法

 

 

 

 

2

 

 

 

 

89 上肢の屈筋共同運動で正しい組合せはどれか。

 

1 肩甲帯------下制
2 肩関節------内旋
3 肘関節------屈曲
4 前腕--------回内

 

 

 

 

3

 

 

 

 

90 肩手症候群の症状で最も適切なのはどれか。

 

1 手指末端の壊死
2 肩関節亜脱臼
3 手掌のしびれ
4 手背の腫脹

 

 

 

 

4

 

 

 

 

91 第6頚髄レベルの脊髄損傷患者の合併症とその対応との組合せで正しいのはどれか。

 

1 うつ熱--------解熱剤投与
2 臀部褥瘡------プッシュアップ
3 尿路感染------間欠導尿
4 自律神経過反射----下肢挙上

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

関連ページ

リハビリ その2
鍼灸リハビリ過去問題です。第1回からリハビリ問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
リハビリ その3
鍼灸リハビリ過去問題です。第1回からリハビリ問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
リハビリ その4
鍼灸リハビリ過去問題です。第1回からリハビリ問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
リハビリ その5
鍼灸リハビリ過去問題です。第1回からリハビリ問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
リハビリ その6
鍼灸リハビリ過去問題です。第1回からリハビリ問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6