鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

臨床医学各論 その11

 

69 子宮筋腫でみられないのはどれか。

 

 

 

1. 貧血
2. 皮膚色素沈着
3. 排尿困難
4. 不妊

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

70 う歯について誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 微生物によって産出される酸が歯を脱灰する。
2. 食事中の糖の量に関係する。
3. 唾液の流出が少ないと、う歯になりやすい。
4. C1(1 度)で痛みを生じる。

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

71 前立腺肥大で誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 直腸内指診では正常の硬さである。
2. 残尿感は飲酒によって強くなる。
3. 老人に多い。
4. 性腺摘出術を行う。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

72 正しい組合せはどれか。

 

 

 

1. 流行性耳下腺炎 ― ムンプスウイルス感染
2. 消化性潰瘍 ― 大腸菌感染
3. 虫垂炎 ― ビタミンC欠乏
4. イレウス ― アレルギー

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

73 正しいのはどれか。

 

 

 

1. A型肝炎は細菌の感染による。
2. B型肝炎は血液を介して感染する。
3. 急性膵炎では血清アミラーゼ値が下降する。
4. 胆石は水に溶解しやすい。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

74 肝硬変で誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 肝が肥大する。
2. 食道静脈瘤を生じる。
3. 手掌紅斑を生じる。
4. 腹水を生じる。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

75 SLE(全身性エリテマトーデス)について誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 慢性炎症性疾患である。
2. 中年で発症することが多い。
3. 赤沈促進がみられる。
4. 寛解と再燃増悪とを繰り返す。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

76 第 6 頸椎脱臼骨折による脊髄損傷患者の初期にみられるのはどれか。

 

 

 

1. 呼吸停止
2. 痙性麻痺
3. 弛緩性麻痺
4. 交代性麻痺

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

77 膝半月板損傷でみられるのはどれか。

 

 

 

1. 前方引き出し症状陽性
2. 後方引き出し症状陽性
3. 嵌頓症状
4. 側方動揺性

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

78 肺結核について正しいのはどれか。

 

 

 

1. 肺炎球菌の感染により発症する。
2. 発熱することはない。
3. 胸部エックス線検査は診断に有用である。
4. ステロイドホルモンが治療に有用である。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

79 気胸を疑う必要のある症状はどれか。

 

 

 

1. 刺激性の咳
2. 嘔気
3. 呼吸数減少
4. めまい

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

80 正しい組合せはどれか。

 

 

 

1. 筋緊張性頭痛 ― 顔面神経ブロック
2. 三叉神経第 2 枝神経痛 ― 下顎神経ブロック
3. 三叉神経第 1 枝帯状疱疹 ― 星状神経節ブロック
4. 五十肩 ― 肋間神経ブロック

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

81 脳血管障害で誤っているのはどれか。

 

 

 

1. くも膜下出血は低血圧の人に多い。
2. 脳塞栓症は心臓疾患の人に多い。
3. 脳血栓症は脳硬塞の原因となる。
4. 左側の脳血管障害は失語症を伴うことが多い。

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

82 皮膚疾患について正しいのはどれか。

 

 

 

1. 円形脱毛症はウイルス感染が原因である。
2. 脂漏性湿疹は油脂を取り扱う人に多い。
3. 接触性皮膚炎はウイルスとの接触により起こる。
4. 帯状疱疹は分節性の神経皮膚炎である。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

83 急性心筋梗塞の所見で誤っているのはどれか。

 

 

 

1. GOT の上昇
2. 軽度または中等度の発熱
3. 白血球減少
4. 赤沈促進

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

84 階段を上がる時、前胸部に圧迫感が生じ、数分の安静で軽快するという症状を訴えた場合、最も考えられる疾患はどれか。

 

 

 

1. 労作時狭心症
2. 安静時狭心症
3. 異型狭心症
4. 心筋梗塞

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

85 血液疾患について誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 鉄欠乏性貧血はヘモグロビン産生量の減少により生じる。
2. 悪性貧血はビタミンB1 の欠乏により生じる。
3. 急性白血病では白血球が急激に無制限に増殖する。
4. 血友病では第[凝固因子が欠乏している。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

86 精神科疾患について誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 不安神経症は過度の不安を主徴とする。
2. 心身症では心理的・情動的因子が発生に関与している。
3. 躁うつ病では正常状態に復する時期がある。
4. 精神分裂病は初老期に発病することが多い。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

87 内分泌疾患について誤っているのはどれか。

 

 

 

1. バセドウ病は男性に多い。
2. 粘液水腫では甲状腺ホルモンの分泌障害がある。
3. 尿崩症では抗利尿ホルモンの分泌障害がある。
4. 褐色細胞腫では血圧が上昇する。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

88 アレルギー疾患について誤っているのはどれか。

 

 

 

1. アレルギー鼻炎では発作性のくしゃみや鼻閉がある。
2. アトピー性皮膚炎は内因性のアレルギー機序で発症する。
3. じんま疹はしばしば気管支喘息を合併する。
4. 食事性アレルギーはレアギン型アレルギー反応で起こる。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

69 動脈硬化症を増悪しない血中因子はどれか。

 

1. 総コレステロール
2. 中性脂肪
3. HDLコレステロール
4. LDLコレステロール

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

70 二次性高血圧の原因とならない疾患はどれか。

 

1. 褐色細胞腫
2. アルドステロン症
3. アジソン病
4. バセドウ病

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

71 狭心症で異常を示さない検査はどれか。

 

1. 安静時心電図
2. 運動負荷心電図
3. 冠状動脈造影
4. 血中GOT

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

72 拡張型心筋症で誤っている記述はどれか。

 

1. 原因は不明である。
2. 胸部レントゲンは診断上有用である。
3. 心電図で特徴的所見がある。
4. 心筋の生検が診断の決め手となる。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

73 進行性筋ジストロフィー症について誤っている記述はどれか。

 

1. 遺伝性疾患である。
2. デュシェンヌ型は青年期に発病する。
3. 骨格筋の萎縮を生じる。
4. 登はん性起立がみられる。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

74 血液疾患と原因との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 血友病 ― 凝固因子欠乏
2. 悪性貧血 ― ウイルス感染
3. 白血病 ― 放射線被爆
4. 鉄欠乏性貧血 ― 子宮筋腫

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

75 頸椎後縦靭帯骨化症が多くみられる部位はどれか。

 

1. C1
2. C3
3. C5
4. C7

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

76 ギラン・バレー症候群の症状でないのはどれか。

 

1. 四肢の脱力
2. 片側の顔面麻痺
3. 嚥下障害
4. 呼吸障害

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

77 脱臼の症状で誤っているのはどれか。

 

1. 発赤
2. 疼痛
3. 変形
4. ばね様固定

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

78 脊髄空洞症で障害されない感覚はどれか。

 

1. 痛覚
2. 温覚
3. 触覚
4. 冷覚

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

79 先天性股関節脱臼について誤っている記述はどれか。

 

1. 女児に多い。
2. 開排制限がある。
3. 大腿内側の皮膚溝が非対称となる。
4. 内反足を伴う。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

80 L5‐S1 椎間板ヘルニアの所見で誤っているのはどれか。

 

1. ラセーグ徴候陽性
2. 膝蓋腱反射消失
3. アキレス腱反射消失
4. 腓腹筋筋力低下

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

81 肝性昏睡にみられない症状はどれか。

 

1. はばたき振戦
2. 傾眠傾向
3. アンモニア口臭
4. 下肢対麻痺

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

82 腸閉塞症について誤っている組合せはどれか。

 

1. 閉塞性腸閉塞 ― 糞塊
2. 絞扼性腸閉塞 ― 腸捻転
3. 麻痺性腸閉塞 ― 下痢
4. 腸重積 ― 血便

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

83 最も治りやすい肝炎はどれか。

 

1. A型肝炎
2. B型肝炎
3. C型肝炎
4. 劇症肝炎

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

84 急性膵炎で誤っている記述はどれか。

 

1. 飲酒家に多い。
2. 血清アミラーゼ値が下降する。
3. 尿中アミラーゼ値が上昇する。
4. 激烈な心窩部痛がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

85 全身麻酔はどれか。

 

1. 脊椎麻酔
2. 硬膜外麻酔
3. 表面麻酔
4. 吸入麻酔

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

86 帯状疱疹について誤っている症状はどれか。

 

1. 神経痛様疼痛
2. 悪寒を伴う高熱
3. 皮膚の発赤
4. 小水疱を伴う発疹

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

87 側腹部の仙痛と血尿とがみられる疾患はどれか。

 

1. 膀胱炎
2. 急性腎炎
3. 尿路結石症
4. 膀胱腫瘍

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

88 エイズ感染の原因とならないのはどれか。

 

1. 性交渉
2. 輸血
3. 握手
4. 針刺し事故

 

 

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

関連ページ

臨床医学各論 その1
鍼灸臨床医学各論過去問題です。第1回から臨床医学各論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
臨床医学各論 その2
鍼灸臨床医学各論過去問題です。第1回から臨床医学各論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
臨床医学各論 その3
鍼灸臨床医学各論過去問題です。第1回から臨床医学各論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
臨床医学各論 その4
鍼灸臨床医学各論過去問題です。第1回から臨床医学各論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
臨床医学各論 その5
鍼灸臨床医学各論過去問題です。第1回から臨床医学各論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
臨床医学各論 その6
鍼灸臨床医学各論過去問題です。第1回から臨床医学各論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
臨床医学各論 その7
鍼灸臨床医学各論過去問題です。第1回から臨床医学各論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
臨床医学各論 その8
鍼灸臨床医学各論過去問題です。第1回から臨床医学各論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8
臨床医学各論 その9
鍼灸臨床医学各論過去問題です。第1回から臨床医学各論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
臨床医学各論 その10
鍼灸臨床医学各論過去問題です。第1回から臨床医学各論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その10
臨床医学各論 その12
鍼灸臨床医学各論過去問題です。第1回から臨床医学各論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その11