鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

臨床医学総論 その5

 

 

65 分回し歩行を示すのはどれか。

 

1. ギラン・バレー症候群
2. 脳卒中
3. 脊髄小脳変性症
4. 慢性関節リウマチ

 

 

 

 

 

 

2

 

 

66 気道確保の方法で最も適切な記述はどれか。

 

1. 頭部を前屈させる。
2. 顔を出来るだけ横に向ける。
3. 頭部を後屈してオトガイを挙上する。
4. 口を大きく開く。

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

67 物理療法について誤っている記述はどれか。

 

1. 低周波療法は鎮痛に用いられる。
2. 温熱療法を行う際には知覚障害に注意する。
3. 間欠牽引は骨折の治療に用いられる。
4. 水治療法は運動療法に応用される。

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

57 心不全の徴候でないのはどれか。

 

1. 頸静脈拡張
2. 肝臓腫大
3. 起立性低血圧
4. 腹水

 

 

 

 

 

 

3

 

 

58 脈拍のリズムについて正しい記述はどれか。

 

1. 期外収縮とは脈が1拍欠けるものをいう。
2. 心房細動は絶対性不整脈を示す。
3. 完全房室ブロックでは脈が速くなる。
4. 洞性不整脈と呼吸のリズムとは無関係である。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

59 低比重尿をきたす疾患はどれか。

 

1. 尿崩症
2. うっ血性心不全
3. 糖尿病
4. ネフローゼ症候群

 

 

 

 

 

 

1

 

 

60 出血傾向がみられない疾患はどれか。

 

1. 急性骨髄性白血病
2. 鉄欠乏性貧血
3. 壊血病
4. 肝硬変

 

 

 

 

 

 

2

 

 

61 やせをきたさない疾患はどれか。

 

1. 甲状腺機能亢進症
2. 糖尿病
3. クッシング症候群
4. 褐色細胞腫

 

 

 

 

 

 

3

 

 

62 圧痛を特徴とするリンパ節腫脹がみられる疾患はどれか。

 

1. 化膿性リンパ節炎
2. 結核性リンパ節炎
3. 悪性リンパ腫
4. 転移性悪性腫瘍

 

 

 

 

 

 

1

 

 

63 浮腫と原因との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 粘液水腫 ― 腎機能低下
2. 肝性浮腫 ― 低タンパク血症
3. 腎性浮腫 ― 副腎機能低下
4. 心性浮腫 ― 静脈圧低下

 

 

 

 

 

 

2

 

 

64 高次脳機能障害と症状との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. ブローカー失語症 ― 音読障害
2. ウエルニッケ失語症 ― 理解障害
3. 失行症 ― 情緒障害
4. 失認症 ― 認識障害

 

 

 

 

 

 

3

 

 

65 アキレス腱反射が消失する椎間板ヘルニアの部位はどれか。

 

1. L2−L3間
2. L3−L4間
3. L4−L5間
4. L5−S1間

 

 

 

 

 

 

4

 

 

66 反射と病態との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 深部反射亢進 ― 多発性神経炎
2. 病的反射 ― 錐体路障害
3. 深部反射減弱 ― 筋ジストロフィー
4. 姿勢反射異常 ― 脳性麻痺

 

 

 

 

 

 

1

 

 

67 疾患と痛みが放散する部位との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 胆石症 ― 右肩
2. 尿管結石 ― 鼠径部
3. 狭心症 ― 左肩
4. 十二指腸潰瘍 ― 右肩

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

68 急性腹症を起こしにくい疾患はどれか。

 

1. 胃潰瘍
2. 胆石症
3. 卵巣嚢腫
4. 子宮筋腫

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

57 慢性下痢を起こさない疾患はどれか。

 

 

 

1. 過敏性腸症候群
2. 十二指腸潰瘍
3. 吸収不良症候群
4. 潰瘍性大腸炎

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

58 顔色で誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 貧血では蒼白になる。
2. 低酸素血症ではチアノーゼを生じる。
3. 肝硬変では黄色となる。
4. アジソン病では白くなる。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

59 血清中のGOTが上昇しないのはどれか。

 

 

 

1. 急性肝炎
2. 肝癌
3. 胃炎
4. 心筋梗塞

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

60 深部腱反射が亢進するのはどれか。

 

 

 

1. 神経根障害
2. 末梢神経障害
3. 錐体路障害
4. 脊髄前角障害

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

61 外転運動で正しいのはどれか。

 

 

 

1. 足部を外側方に屈曲する運動
2. 肩関節で上肢を正中線から側方に挙げる運動
3. 膝関節を伸展させる運動
4. 手部を背側方に向ける運動

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

62 多関節筋はどれか。

 

 

 

1. 上腕筋
2. 大殿筋
3. 外側広筋
4. 大腿二頭筋

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

63 高熱とともに右季肋部痛を訴える場合にまず疑うべき疾患はどれか。

 

 

 

1. 胃癌
2. 急性胆嚢炎
3. 膵癌
4. 大動脈瘤破裂

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

64 意識喪失の原因疾患となるのはどれか。

 

 

 

1. 肺炎
2. ネフローゼ症候群
3. 心室細動
4. 胃潰瘍

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

65 心不全患者の処置で誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 水分の摂取量を減らす。
2. 食塩の摂取量を増す。
3. 身体を保温する。
4. 上半身を高くする。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

66 呼吸困難について正しいのはどれか。

 

 

 

1. 右心不全では生じることはない。
2. 心臓喘息は肺うっ血による。
3. 過換気症候群は左心不全による。
4. 夜間発作性呼吸困難は心不全とは関係がない。
東洋医療専門学校 鍼灸師学科 同窓会 JIHOUKAI 滋蓬会

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

67 めまい及びめまい感について誤っているのはどれか。

 

 

 

1. めまいは運動性の感覚を伴う。
2. 体が不安定な感覚をめまい感という。
3. メニエール病のめまいは小脳性である。
4. 自律神経失調症では、しばしばめまい感を伴う。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

68 発熱について誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 体温調節中枢が関与する。
2. 脈拍数が増加する。
3. 感染症による場合、赤血球数が増加する。
4. 膠原病による場合、しばしば皮疹や関節痛を伴う。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

57 頻脈となる疾患はどれか。

 

1. 心ブロック
2. 脳圧亢進
3. バセドウ病
4. 洞不全症候群

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

58 浮腫の原因となる病態はどれか。

 

1. 低タンパク血症
2. 低カリウム血症
3. 高脂血症
4. 高尿酸血症

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

59 歩行と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 間欠性跛行 ― 進行性筋ジストロフィー
2. すくみ足歩行 ― パーキンソン症候群
3. 失調性歩行 ― 小脳変性症
4. トレンデレンブルグ歩行 ― 先天性股関節脱臼

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

60 顔貌と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 無欲性顔貌 ― うつ病
2. ヒポクラテス顔貌 ― 癌末期
3. 仮面様顔貌 ― 神経症
4. 満月様顔貌 ― クッシング症候群

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

61 問診について正しい記述はどれか。

 

1. 信頼関係が重要である。
2. 最初から特定の疾患を推定して行う。
3. 訴えは医学専門用語で記載する。
4. 患者の職場の上司には問診の内容を話す。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

62 心電図検査でわからない病態はどれか。

 

1. 不整脈
2. 心肥大
3. 心筋梗塞
4. 心筋収縮不全

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

63 WHOの高血圧分類で境界域の拡張期血圧はどれか。

 

1. 80〜89mmHg
2. 90〜94mmHg
3. 95〜99mmHg
4. 100〜104mmHg

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

64 臍部の皮膚知覚の支配神経はどれか。

 

1. 第 7 胸神経
2. 第 10 胸神経
3. 第 1 腰神経
4. 第 5 腰神経

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

65 意識障害に含まれない症状はどれか。

 

1. 傾眠
2. 昏睡
3. 抑うつ
4. せん妄

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

66 膝蓋腱反射について正しい記述はどれか。

 

1. 表在反射の一つである。
2. 反射中枢は脊髄にある。
3. ビタミンD欠乏症で亢進する。
4. 坐骨神経の疾患で減弱する。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

67 腋窩温と直腸温との比較で正しい記述はどれか。

 

1. 腋窩温が約 2℃低い。
2. 腋窩温が約 1℃低い。
3. 直腸温が約 1℃低い。
4. 直腸温が約 2℃低い。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

68 次の文は何の障害を示すか。
「うとうと眠っているようにみえるが、比較的軽い刺激に反応し、質問にも答えられる。」

 

1. 記憶
2. 感情
3. 意識
4. 知能

 

 

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

関連ページ

臨床医学総論 その1
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
臨床医学総論 その2
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
臨床医学総論 その3
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
臨床医学総論 その4
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
臨床医学総論 その6
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6