鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

臨床医学総論 その4

 

65 急性炎症の徴候でないのはどれか。

 

1. 発熱
2. 腫脹
3. 出血
4. 疼痛

 

 

 

 

 

 

3

 

 

66 胸郭出口症候群の診断テストでないのはどれか。

 

1. ライトテスト
2. アドソンテスト
3. モーレイテスト
4. ファレンテスト

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

67 ショックを起こしやすい疾患はどれか。

 

1. 脳出血
2. 狭心症
3. 重症熱傷
4. 腎結石症

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

68 緊急手術を要するのはどれか。

 

1. 卵巣嚢腫茎捻転
2. 心臓弁膜症
3. 胃潰瘍
4. 気胸

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

57 低身長を起こさない疾患はどれか。

 

1. 下垂体前葉機能不全症
2. ターナー症候群
3. クレチン病
4. クラインフェルター症候群

 

 

 

 

 

 

4

 

 

58 湿疹の症候でないのはどれか。

 

1. 膨疹
2. 紅斑
3. 小水庖
4. 鱗屑

 

 

 

 

 

 

1

 

 

59 表在反射でないのはどれか。

 

1. 角膜反射
2. 咽頭反射
3. 下顎反射
4. 挙睾筋反射

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

60 下痢を主訴としない疾患はどれか。

 

1. 十二指腸憩室
2. 胃切除後症候群
3. 過敏性腸症候群
4. 潰瘍性大腸炎

 

 

 

 

 

 

1

 

 

61 随時血圧測定で誤っている記述はどれか。

 

1. 坐位で測定する。
2. 収縮期血圧はスワンは第 5 点で判定する。
3. 収縮期血圧は触診法で測定できる。
4. 収縮期血圧は触診法よりも聴診法で高値を示す。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

62 脱臼直後の処置として適切でないのはどれか。

 

1. 整復
2. 固定
3. 冷却
4. 関節穿刺

 

 

 

 

 

 

4

 

 

63 骨粗鬆症で骨折しにくい部位はどれか。

 

1. 脊椎椎体
2. 頭蓋骨
3. 大腿骨頸部
4. 橈骨遠位端

 

 

 

 

 

 

2

 

 

64 細菌が原因となる感染症はどれか。

 

1. インフルエンザ
2. C型肝炎
3. カンジダ症
4. 腸チフス

 

 

 

 

 

 

4

 

 

65 一次救命処置に含まれないのはどれか。

 

1. 気道確保
2. 口−口式人工呼吸
3. バッグ・マスク式人工呼吸
4. 胸骨圧迫心臓マッサージ

 

 

 

 

 

 

3

 

 

66 言語を理解できないのはどれか。

 

1. ブローカ失語
2. ウェルニッケ失語
3. 健忘失語
4. 伝導失語

 

 

 

 

 

 

2

 

 

67 歩行について誤っている組合せはどれか。

 

1. 鶏歩 ― 下位運動ニューロン障害
2. 痙性歩行 ― 上位運動ニューロン障害
3. アヒル歩行 ― 錐体外路障害
4. 失調性歩行 ― 小脳障害

 

 

 

 

 

 

3

 

 

68 正しい組合せはどれか。

 

1. 痙性麻痺 ― 折りたたみナイフ現象
2. 弛緩性麻痺 ― 鉛管現象
3. 筋強剛(固縮) ― 反射亢進
4. 痙直 ― 振り子様運動

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

57 皮疹の分類で続発疹はどれか。

 

1. 膿 瘍
2. 結 節
3. 丘 疹
4. 水 疱

 

 

 

 

 

 

1

 

 

58 手指振戦をきたす疾患はどれか。

 

1. アジソン病
2. バセドウ病
3. 尿崩症
4. 粘液水腫

 

 

 

 

 

 

2

 

 

59 多発性神経炎の感覚障害はどれか。

 

1. 分節性
2. 解離性
3. 手袋靴下型
4. 片側性

 

 

 

 

 

 

3

 

 

60 下位運動ニューロン障害で誤っている徴候はどれか。

 

1. 弛緩性麻痺
2. 深部反射の低下
3. 筋萎縮
4. 病的反射

 

 

 

 

 

 

4

 

 

61 橈骨動脈の脈拍について正しいのはどれか。

 

1. 示指で触診する。
2. 右より左が大きい。
3. 大動脈炎症候群では右が大きい。
4. ショック時には触れにくくなる。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

62 腰下肢痛患者に行うテストはどれか。

 

1. ジャクソンテスト
2. ラセーグテスト
3. ヤーガソンテスト
4. ライトテスト

 

 

 

 

 

 

2

 

 

63 関節可動域検査の原則で誤っているのはどれか。

 

1. 測定には角度計を用いる。
2. 直立したときの関節の肢位を基本とする。
3. 自動的可動域で表示する。
4. 健側と患側とを測定する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

64 母指球に萎縮がみられるのはどれか。

 

1. 筋皮神経麻痺
2. 尺骨神経麻痺
3. 橈骨神経麻痺
4. 正中神経麻痺

 

 

 

 

 

 

4

 

 

65 呼吸音の強さに左右差が起こる疾患はどれか。

 

1. 慢性気管支炎
2. 肺気腫
3. 自然気胸
4. 気管支喘息

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

66 突然卒倒した人で最初に確認すべきことはどれか。

 

1. 意 識
2. 呼 吸
3. 脈 拍
4. 気管支喘息

 

 

 

 

 

 

1

 

 

67 錐体路障害の症候で適切でないのはどれか。

 

1. 筋緊張亢進
2. 痙性麻痺
3. 病的反射出現
4. 深部反射減弱

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

68 所見と障害との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. ロンベルグ徴候 ― 脊髄後索障害
2. バビンスキー徴候 ― 末梢神経障害
3. レイノー症候 ― 自律神経障害
4. ブラウンセカール症候 ― 脊髄半側障害

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

57 スプーン状爪のみられるのはどれか。

 

1. 細菌性食中毒
2. 糸球体腎炎
3. 血友病
4. 鉄欠乏性貧血

 

 

 

 

 

 

4

 

 

58 眼球運動に関与しない神経はどれか。

 

1. 視神経
2. 動眼神経
3. 滑車神経
4. 外転神経

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

59 下位運動ニューロン障害で正しいのはどれか。

 

1. 腱反射の亢進
2. 筋萎縮
3. 不随意運動
4. 感覚障害

 

 

 

 

 

 

2

 

 

60 自律神経症状はどれか。

 

1. ラセーグ徴候
2. バビンスキー徴侯
3. ホルネル症候
4. ブラウンセカール症候

 

 

 

 

 

 

3

 

 

61 反射と徴候との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 病的反射 ― 錐体路徴候
2. 頸動脈反射 ― 血圧下降
3. 輻輳反射 ― 瞳孔散大
4. 対光反射 ― 瞳孔縮小

 

 

 

 

 

 

3

 

 

62 髄膜刺激症候でないのはどれか。

 

1. 項部硬直
2. ロンベルグ徴候
3. ブルジンスキー徴候
4. ケルニッヒ徴候

 

 

 

 

 

 

2

 

 

63 心電図が診断上有用でない疾患はどれか。

 

1. 解離性大動脈瘤
2. 期外収縮
3. 狭心症
4. 心筋梗塞

 

 

 

 

 

 

1

 

 

64 三叉神経痛を発症しやすい疾患はどれか。

 

1. 上顎洞炎
2. 扁桃炎
3. 喉頭炎
4. 内耳炎

 

 

 

 

 

 

4

 

 

65 手指の変形と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. ヘバーデン結節 ― 変形性関節症
2. ボタン穴変形 ― 慢性関節リウマチ
3. くも状指 ― マルファン症候群
4. デュプイトレン拘縮 ― 感染症

 

 

 

 

 

 

4

 

 

66 乏血性ショックの症状でないのはどれか。

 

1. 頻脈
2. 血圧下降
3. 中心静脈圧上昇
4. 尿量減少

 

 

 

 

 

 

3

 

 

67 ウイルス感染症でないのはどれか。

 

1. 急性灰白髄炎(ポリオ)
2. 脊髄癆
3. ヘルペス脳炎
4. 日本脳炎

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

68 鶏歩を示すのはどれか。

 

1. 腓骨神経麻痺
2. 進行性筋ジストロフィー症
3. 片麻痺
4. パーキンソン病

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

57 心電図検査で判定できる病態はどれか。

 

1. 高尿酸血症
2. 耐糖能異常
3. 脂質異常
4. 電解質異常

 

 

 

 

 

 

4

 

 

58 呼吸器を介して感染する疾患はどれか。

 

1. 風疹
2. A型肝炎
3. マラリア
4. 日本脳炎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

59 浮腫の原因でないのはどれか。

 

1. 静脈圧の上昇
2. 血漿浸透圧の低下
3. 腎のナトリウム再吸収の増加
4. バゾプレッシンの分泌低下

 

 

 

 

 

 

4

 

 

60 検査と疾患との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. リウマチ因子 ― リウマチ熱
2. 抗核抗体 ― 全身性エリテマトーデス
3. クームス試験 ― 自己免疫性溶血性貧血
4. ASO値 ― 急性糸球体腎炎

 

 

 

 

 

 

1

 

 

61 反射について誤っている組合せはどれか。

 

1. バビンスキー反射 ― 病的反射
2. 膝蓋腱反射 ― 深部反射
3. 挙睾筋反射 ― 表在反射
4. トレムナー反射 ― 自律神経反射

 

 

 

 

 

 

4

 

 

62 検査法で誤っている組合せはどれか。

 

1. スパーリングテスト ― 椎間孔圧迫テスト
2. ブラガードサイン ― 神経伸展テスト
3. アレンテスト ― 胸郭出口部圧迫テスト
4. ファレンテスト ― 末梢血管圧迫テスト

 

 

 

 

 

 

4

 

 

63 髄膜刺激症状で誤っているのはどれか。

 

1. 項部強直
2. ケルニッヒ徴候
3. トレンデレンブルグ徴候
4. ラセーグ徴候

 

 

 

 

 

 

3

 

 

64 脳神経と症状との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 動眼神経 ― アーガイル・ロバートソン徴候
2. 三叉神経 ― ベル麻痺
3. 顔面神経 ― 舌萎縮
4. 迷走神経 ― 味覚障害

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

関連ページ

臨床医学総論 その1
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
臨床医学総論 その2
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
臨床医学総論 その3
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
臨床医学総論 その5
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
臨床医学総論 その6
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6