鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

臨床医学総論 その3

 

62 動脈疾患について誤っている組合せはどれか。

 

1. 閉塞性動脈硬化症 ― 虚血性潰瘍
2. 解離性大動脈瘤 ― 背部痛
3. 大動脈炎症候群 ― 橈骨動脈拍動減弱
4. レイノー病 ― 間欠跛行

 

 

 

 

 

 

4

 

 

63 経口感染するウイルス性肝炎はどれか。

 

1. B 型
2. C 型
3. D 型
4. E 型

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

64 成人の胸骨圧迫心臓マッサージで適切でない記述はどれか。

 

1. 毎分 100 回で行う。
2. 胸骨が 4〜5cm 沈む程度に圧迫する。
3. 加庄と除圧の比は 1:2 である。
4. 圧迫部位は胸骨下端から 2 横指頭側である。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

65 体位ドレナージが有効な疾患はどれか。

 

1. 気管支拡張症
2. 気管支喘息
3. 肺気腫
4. 肺水腫

 

 

 

 

 

 

1

 

 

66 感覚解離を起こす障害部位はどれか。

 

1. 大脳基底核
2. 小 脳
3. 脊 髄
4. 末梢神経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

67 持続時間が最も短い不随意運動はどれか。

 

1. 舞踏病様運動
2. ミオクローヌス
3. アテトーゼ
4. ジストニア

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

68 脊髄後索性失調の検査で最も適切なのはどれか。

 

1. ロンベルグ試験
2. 変換運動
3. 膝踵試験
4. 書字試験

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

57 テタニーをきたさないのはどれか。

 

1. 過換気症候群
2. 副甲状腺機能低下症
3. 原発性アルドステロン症
4. アジソン病

 

 

 

 

 

 

4

 

 

58 腹水貯留の原因とならないのはどれか。

 

1. 肝硬変
2. 腸閉塞
3. うっ血性心不全
4. ネフローゼ症候群

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

59 両耳側半盲が出現する障害部位はどれか。

 

1. 外側膝状体
2. 視交叉
3. 視索
4. 視放線

 

 

 

 

 

 

2

 

 

60 失明する可能性のない疾患はどれか。

 

1. 糖尿病網膜症
2. 緑内障
3. 網膜色素変性症
4. 翼状片

 

 

 

 

 

 

4

 

 

61 鍼治療後 24 時間で刺鍼部位小膿疱がみられた。最も考えられるのはどれか。

 

1. 全身性エリテマトーデス
2. 全身性皮膚硬化症
3. 関節リウマチ
4. ベーチェット病

 

 

 

 

 

 

4

 

 

62 アセトン臭がする意識のない人が搬送されてきた。最も考えられるのはどれか。

 

1. 急性アルコール中毒
2. 肝性昏睡
3. 糖尿病性昏睡
4. 尿毒症

 

 

 

 

 

 

3

 

 

63 熱射病の症状で誤っているのはどれか。

 

1. 呼吸促迫
2. 意識清明
3. 皮膚乾燥
4. 体温上昇

 

 

 

 

 

 

2

 

 

64 妊娠中毒症の危険因子でないのはどれか。

 

1. 高年齢
2. つわり
3. 肥満
4. 多胎

 

 

 

 

 

 

2

 

 

65 原発性骨粗鬆症で誤っている記述はどれか。

 

1. 閉経後の女性に多い。
2. 椎体の圧迫骨折が多い。
3. 血中カルシウム値は低下する。
4. 骨の化学的成分は正常である。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

66 敗血症性ショックの初期にみられないのはどれか。

 

1. 四肢末梢の冷感
2. 血圧下降
3. 頻 脈
4. 尿量減少

 

 

 

 

 

 

1

 

 

67 疾患と臨床所見との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 狭心症 − 胸痛は 30 分以上持続
2. 解離性大動脈瘤 − 背部の激痛
3. 自然気胸 − 呼吸困難
4. 気管支拡張症 − 血 痰

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

68 体位とその目的との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. ファウラー位 − 横隔膜の下降
2. トレンデレンブルグ体位 − 脳血流の増加
3. 起坐位 − 静脈還流の増加
4. 側臥位 − 誤嚥の防止

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

57 ペースメーカーを装着した患者に禁忌となるのはどれか。

 

1. 指 圧
2. マッサージ
3. 灸
4. 低周波鍼通電

 

 

 

 

 

 

4

 

 

58 疲労の所見でないのはどれか。

 

1. 注意集中力の低下
2. 倦怠感の自覚
3. 作業能率の低下
4. 反射閾値の低下

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

59 次の文で示すで患者で最も考えられる疾患はどれか。
「56 歳の女性。2 か月で 5kg の体重増加。体温が低く、寒さに敏感となってきた。」

 

1. 甲状腺機能低下症
2. クッシング症候群
3. 2 型糖尿病
4. 先端肥大症

 

 

 

 

 

 

1

 

 

60 血圧測定で誤っている記述はどれか。

 

1. 触診法は聴診法より測定値が高くなる。
2. 血圧は通常上腕で測定する。
3. 大動脈閉鎖不全症では拡張期血圧をスワン 4 点で判定する。
4. 触診法では収縮期血圧のみ測定できる。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

61 運動時血流が最も減少するのはどれか。

 

1. 皮膚
2. 腸管
3. 筋肉
4. 脳

 

 

 

 

 

 

2

 

 

62 手関節の運動方向に含まれないのはどれか。

 

1. 屈 曲
2. 伸 展
3. 回 内
4. 橈 屈

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

63 検査と疾患との組合せで正しいのはどれか。

 

1. トーマステスト ー 膝外側側副靭帯損傷
2. 下肢伸展挙上テスト ー 頸部脊椎症
3. パトリックテスト ー 腰椎分離すべり症
4. 前十字靭帯損傷 ー 前方引き出しテスト

 

 

 

 

 

 

4

 

 

64 成分輸血で用いられないのはどれか。

 

1. 赤血球
2. 白血球
3. 血小板
4. 血漿

 

 

 

 

 

 

2

 

 

65 高齢者が異物による窒息を起こしやすい部位はどれか。

 

1. 鼻 腔
2. 口 腔
3. 咽 頭
4. 気 管

 

 

 

 

 

 

3

 

 

66 筋萎縮が近位に偏るのはどれか。

 

1. デュシュンヌ型筋ジストロフィー症
2. 筋緊張性筋ジストロフィー症
3. 多発神経炎
4. 筋萎縮性側索硬化症

 

 

 

 

 

 

1

 

 

67 反射について正しい組合せはどれか。

 

1. 足底反射 ー 深部反射
2. 腹壁反射 ー 皮膚反射
3. アシェネル反射 ー 病的反射
4. 下顎反射 ー 粘膜反射

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

68 爆発性発語がみられるのはどれか。

 

1. 重症筋無力症
2. 筋萎縮性側素硬化症
3. オリーブ橋小脳萎縮症
4. パーキンソン病

 

 

 

 

 

 

3

 

 

57 高齢者がもちで窒息をおこしやすい原因で誤っているのはどれか。

 

1. 歯の喪失
2. 咳嗽反射の亢進
3. 嚥下筋の筋力低下
4. 唾液分泌の減少

 

 

 

 

 

 

2

 

 

58 副交感神経が関与しないのはどれか。

 

1. 角膜反射
2. 対光反射
3. 輻輳調節反射
4. アシュネル反射

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

59 筋原性筋萎縮でみられるのはどれか。

 

1. 線維束攣縮
2. 深部反射の亢進
3. 血清クレアチンキナーゼの上昇
4. 深部感覚障害

 

 

 

 

 

 

3

 

 

60 浮腫について誤っている組合せはどれか。

 

1. 心臓性浮腫 ― 朝方に増強
2. 腎性浮腫 ― 顔面から出現
3. 肝性浮腫 ― 腹水を伴う
4. 栄養性浮腫 ― 全身に出現

 

 

 

 

 

 

1

 

 

61 脾腫をきたさない疾患はどれか。

 

1. 慢性骨髄性白血病
2. 悪性リンパ腫
3. 自己免疫性溶血性貧血
4. 血友病

 

 

 

 

 

 

4

 

 

62 ウィルヒョウのリンパ節の部位はどれか。

 

1. 右腋窩
2. 左腋窩
3. 右鎖骨上窩
4. 左鎖骨上窩

 

 

 

 

 

 

4

 

 

63 股関節の運動方向でないのはどれか。

 

1. 屈曲
2. 伸展
3. 回内
4. 外旋

 

 

 

 

 

 

3

 

 

64 腰部脊柱管狭窄症にみられるのはどれか。

 

1. 間欠跛行
2. 麻痺性跛行
3. 失調性跛行
4. 墜落跛行

 

 

 

 

 

 

1

 

 

65 拍動性の頭痛を起こすのはどれか。

 

1. くも膜下出血
2. 筋収縮性頭痛
3. 片頭痛
4. 髄膜炎

 

 

 

 

 

 

3

 

 

66 両手で触診する臓器はどれか。

 

1. 胃
2. 肝臓
3. 胆嚢
4. 腎臓

 

 

 

 

 

 

4

 

 

67 ネフローゼ症候群にみられないのはどれか。

 

1. 高度の蛋白尿
2. 高度白血病
3. 高脂血症
4. 浮腫

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

57 聴診で呼吸音が減弱するのはどれか。

 

1. 気胸
2. 肺水腫
3. 肺気腫
4. 無気肺

 

 

 

 

 

 

2

 

 

58 日和見感染の原因でないのはどれか。

 

1. インフルエンザウイルス
2. ニューモシスチス・カリニ
3. カンジダ
4. 緑膿菌

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

59 障害により下垂手をきたすのはどれか。

 

1. 橈骨神経
2. 正中神経
3. 尺骨神経
4. 腋窩神経

 

 

 

 

 

 

1

 

 

60 脳腫瘍でみられる頭痛はどれか。

 

1. 筋収縮性頭痛
2. 牽引性頭痛
3. 片頭痛
4. 群発頭痛

 

 

 

 

 

 

2

 

 

61 誤っている組合せはどれか。

 

1. 脊柱側弯 − 坐骨神経痛
2. 亀背 − くる病
3. 前傾位 − パーキンソン病
4. 腰椎後弯 − 進行性筋ジストロフィー症

 

 

 

 

 

 

4

 

 

62 神経伸展テストはどれか。

 

1. マクマレーテスト
2. ラセーグテスト
3. ライトテスト
4. スパーリングテスト

 

 

 

 

 

 

2

 

 

63 嗄声に関与するのはどれか。

 

1. 顔面神経
2. 舌咽神経
3. 迷走神経
4. 舌下神経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

64 誤っている組合せはどれか。

 

1. テニス肘 ― 上腕骨外側上顆炎
2. 野球肘 ― 離断性骨軟骨炎
3. ジャンパー膝 ― 膝蓋靱帯炎
4. 平泳ぎ膝 ― 外側側副靱帯炎

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

関連ページ

臨床医学総論 その1
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
臨床医学総論 その2
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
臨床医学総論 その4
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
臨床医学総論 その5
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
臨床医学総論 その6
鍼灸臨床医学総論過去問題です。第1回から臨床医学総論問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6