鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

病理学 その7

 

 

50 骨のカルシウム代謝に関与しない物質はどれか。

 

1. ビタミンD
2. 有機水銀
3. リン酸塩
4. 上皮小体ホルモン

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

51 塞栓症について誤っている組合せはどれか。

 

1. 心弁膜症 ― 脳の血栓性塞栓
2. 外傷性複雑骨折 ― 肺の脂肪性塞栓
3. スキューバダイビング ― 脳のガス塞栓
4. 大腿静脈血栓 ― 肝臓の血栓性塞栓

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

52 最も成功率の低い移植はどれか。

 

1. 自家移植
2. 同系移植
3. 同種移植
4. 異種移植

 

 

 

 

 

 

4

 

 

53 炎症の分類について適切でない組合せはどれか。

 

1. 火傷 ― 漿液性炎
2. 結核 ― 変質性炎
3. 暴飲暴食 ― カタル性炎
4. ブドウ球菌感染症 ― 化膿性炎

 

 

 

 

 

 

2

 

 

54 腫瘍について正しい記述はどれか。

 

1. 線維腫は悪性非上皮性腫瘍である。
2. 乳頭腫は良性非上皮性腫瘍である。
3. 血管肉腫は悪性上皮性腫瘍である。
4. 腺腫は良性上皮性腫瘍である。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

55 アレルギー反応の型について正しい組合せはどれか。

 

1. T型反応 ― アナフィラキシー型
2. U型反応 ― アルサス型
3. V型反応 ― 細胞免疫型
4. W型反応 ― 細胞障害型

 

 

 

 

 

 

1

 

 

56 疾患と染色体異常との組合せで正しいのはどれか。

 

1. クラインフェルター症候群 ― XO
2. ターナー症候群 ― XXY
3. 慢性骨髄性白血病 ― フィラデルフィア染色体
4. ダウン症候群 ― G22トリソミー

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

50 疾患の分類について誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 急性と慢性
2. 先天性と続発性
3. 器質的と機能的
4. 限局性と全身性

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

51 誤っているのはどれか。

 

 

 

1. 貧血性梗塞は心臓には起こりにくい。
2. 肺の出血性梗塞は肺動脈の塞栓症が主な原因である。
3. 播種性血管内凝固症(DIC)では全身の細血管に血栓が形成される。
4. 脳軟化症は梗塞の結果である。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

52 誤っている組合せはどれか。

 

 

 

1. ツベルクリン反応 ― 結核
2. 拒絶反応 ― 異型臓器移植
3. 免疫グロブリン ― 細胞性免疫
4. 自己免疫疾患 ― 橋本病

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

53 誤っている組合せはどれか。

 

 

 

1. 血栓形成 ― 血液凝固亢進
2. 脳出血 ― 動脈破たん
3. 脳軟化 ― 動脈閉塞
4. 血友病 ― 第X凝固因子欠如

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

54 誤っている組合せはどれか。

 

 

 

1. 線維素性炎 ― 偽膜形成
2. 漿液性炎 ― 膿瘍
3. 梅毒 ― ゴム腫
4. 脊椎カリエス ― 冷膿瘍

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

55 非上皮性腫瘍に属するのはどれか。

 

 

 

1. 乳頭腫
2. 腺腫
3. 腺癌
4. 線維腫

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

56 悪性腫瘍について正しいのはどれか。

 

 

 

1. 増殖が遅い。
2. 転移する。
3. 膨張性発育をする。
4. 異型性が弱い。
(はき 1) 臨床医学総論 57〜68

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

50 原因と結果との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 肝硬変症 ― 腹水
2. 冠状動脈閉塞 ― 心筋梗塞
3. 凝固因子欠除 ― 血栓形成
4. 胃切除 ― 貧血

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

51 病原体と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. ウイルス ― 成人T細胞白血病
2. 細菌 ― 結核
3. リケッチア ― 破傷風
4. 原虫 ― マラリア

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

52 免疫について誤っている組合せはどれか。

 

1. 免疫学的記憶 ― 免疫二次反応
2. 細胞性免疫 ― 結核
3. 先天性免疫不全 ― エイズ
4. I型アレルギー ― 気管支喘息

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

53 高齢者に多い疾患はどれか。

 

1. 胸腺肥大
2. 骨粗鬆症
3. 骨肉腫
4. アデノイド増殖症

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

54 再生の最も盛んな組織はどれか。

 

1. 赤色骨髄
2. 心筋
3. 神経
4. 平滑筋

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

55 腫瘍について正しい記述はどれか。

 

1. 非上皮性腫瘍は蜂巣構造を示す。
2. 上皮性腫瘍は実質と間質との境界が不鮮明である。
3. 悪性腫瘍は異型性が強い。
4. 良性腫瘍は浸潤性に発育する。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

56 胎児の異常と原因との組合せで正しいのはどれか。

 

1. ターナー症候群 ― 常染色体異常
2. 胎児性水俣病 ― 無機水銀
3. クラインフェルター症候群 ― ウイルス感染
4. アザラシ肢症 ― サリドマイド

 

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

関連ページ

病理学 その1
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
病理学 その2
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
病理学 その3
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
病理学 その4
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
病理学 その5
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
病理学 その6
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
病理学 その8
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8