鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

病理学 その6

 

50 リケッチアが原因で起こる疾患はどれか。

 

1. マラリア
2. エイズ
3. ワイル病
4. ツツガムシ病

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

51 貧血とその原因との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 悪性貧血 ― ビタミンC欠乏
2. 鉄欠乏性貧血 ― 月経過多症
3. 再生不良性貧血 ― 原爆症
4. 溶血性貧血 ― Rh血液型不適合

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

52 動脈粥状硬化症の誘因として適切でないのはどれか。

 

1. 高脂血症
2. 多血症
3. 糖尿病
4. 高血圧症

 

 

 

 

 

 

2

 

 

53 マクロファージの役割で正しいのはどれか。

 

1. 自己・非自己の認識
2. 抗原情報の提示
3. 免疫グロブリンの産生
4. リンホカインの放出

 

 

 

 

 

 

2

 

 

54 生理的再生を示す組織はどれか。

 

1. 結合組織
2. 神経膠組織
3. 腸粘膜上皮
4. 毛細血管

 

 

 

 

 

 

3

 

 

55 腫瘍とその好発部位との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 嚢胞腺腫 ― 卵巣
2. 乳頭腫 ― 肝臓
3. 扁平上皮癌 ― 大腸
4. 腺癌 ― 膀胱

 

 

 

 

 

 

1

 

 

56 上皮内癌が発生する部位はどれか。

 

1. 胃
2. 結腸
3. 胆嚢
4. 子宮腟部

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

57 過換気症候群の誘因で正しいのはどれか。

 

1. 気管支喘息
2. うっ血性心不全
3. 精神的興奮
4. 過食

 

 

 

 

 

 

3

 

 

58 白血球が増えない疾患はどれか。

 

1. 急性腎盂腎炎
2. 急性虫垂炎
3. 急性白血病
4. インフルエンザ

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

59 低タンパク血症を特徴とする疾患はどれか。

 

1. クインケ浮腫
2. うっ血性心不全
3. ネフローゼ症候群
4. 慢性糸球体腎炎

 

 

 

 

 

 

3

 

 

60 反射と徴候との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. バビンスキー反射 ― 痙性歩行
2. 頸動脈洞反射 ― 徐脈
3. 輻輳反射 ― 散瞳
4. 対光反射 ― 縮瞳

 

 

 

 

 

 

3

 

 

61 頸肩腕痛の原因とならない疾患はどれか。

 

1. 胸郭出口症候群
2. 後縦靭帯骨化症
3. 頸椎椎間板ヘルニア
4. 手根管症候群

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

62 スポーツ障害と障害部位との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. 野球肘 ― 上腕骨内側上顆骨端線
2. 野球肩 ― 肩鎖関節
3. ジャンパー膝 ― 膝蓋靭帯
4. 疲労骨折 ― 脛骨骨幹部

 

 

 

 

 

 

2

 

 

63 創傷治癒を促進するのはどれか。

 

1. 安静
2. 感染
3. 異物
4. 低タンパク血症

 

 

 

 

 

 

1

 

 

64 運動神経をブロックする目的で利用されるのはどれか。

 

1. 大後頭神経ブロック
2. 顔面神経ブロック
3. 三叉神経ブロック
4. 肋間神経ブロック

 

 

 

 

 

 

2

 

 

65 機械的止血法でないのはどれか。

 

1. 圧迫
2. 結紮
3. 縫合
4. 電気凝固

 

 

 

 

 

 

4

 

 

66 神経症はどれか。

 

1. 心気症
2. 狭心症
3. 過換気症候群
4. 十二指腸潰瘍

 

 

 

 

 

 

1

 

 

67 錐体路障害の症状で適切なのはどれか。

 

1. 病的反射の出現
2. ロンベルグ徴候
3. 線維束性攣縮
4. 深部反射の減弱

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

68 深部反射とその中枢との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 上腕二頭筋反射 ― C5−C6
2. 上腕三頭筋反射 ― Th1−Th2
3. 膝蓋腱反射 ― L2−L4
4. アキレス腱反射 ― S1−S2

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

50 右心室肥大をきたす疾患はどれか。

 

1. 肺性心
2. 大動脈弁狭窄
3. 大動脈弁閉鎖不全
4. 高血圧症

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

51 溶血性黄疸の原因として最も適切なのはどれか。

 

1. 肝炎
2. 胆石
3. 血液型不適合輸血
4. 先天性胆道閉塞症

 

 

 

 

 

 

3

 

 

52 腹水が滲出液となる疾病はどれか。

 

1. 肝硬変
2. 右心不全
3. ネフローゼ症候群
4. 腹膜炎

 

 

 

 

 

 

4

 

 

53 結核結節で診られないのはどれか。

 

1. リード・ステルベルグ巨細胞
2. 類上皮細胞
3. リンパ球
4. 乾酪壊死

 

 

 

 

 

 

1

 

 

54 免疫とアレルギーとに共通しない記述はどれか。

 

1. 二度目の暴露によって起こる。
2. 特定の抗原に対して起こる。
3. リンパ球が主役である。
4. 死に至る現象である。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

55 腫瘍に属さないのはどれか。

 

1. 腺腫
2. カルチノイド
3. 肉芽腫
4. ホジキン病

 

 

 

 

 

 

3

 

 

56 ウイルスが原因となる腫瘍はどれか。

 

1. ウィルムス腫瘍
2. 成人T細胞白血病
3. 移行上皮癌
4. ユーイング肉腫

 

 

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

関連ページ

病理学 その1
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
病理学 その2
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
病理学 その3
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
病理学 その4
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
病理学 その5
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
病理学 その7
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
病理学 その8
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8