鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

病理学 その2

 

45 疾患とその原因との組合せで正しいのはどれか。

 

1 ウィルソン病-------鉄
2 壊血病------------ビタミンB1
3 イタイタイ病------有機水銀
4 偽膜性腸炎--------クロストリジウムディフィシレ

 

 

 

 

4

 

 

 

 

46 出血性梗塞を最も起こしやすい臓器はどれか。

 

1 脳
2 脾臓
3 小腸
4 腎臓

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

47 吐血の患者で食道静脈瘤を認めた。最も考えられる原因はどれか。

 

1 肝硬変
2 肺うっ血
3 腹膜炎
4 心臓弁膜症

 

 

 

 

1

 

 

 

 

48 植物状態について正しい記述はどれか。

 

1 脳死状態である。
2 人工呼吸器が必要である。
3 意思の疎通ができる。
4 脳幹の機能は保たれている。

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

49 線維素性炎に分類される疾患はどれか。

 

1 劇症肝炎
2 大葉性肺炎
3 カタル性鼻炎
4 蜂巣炎(蜂窩織炎)

 

 

 

 

2

 

 

 

 

50 自己免疫疾患と合併病変との組合せで正しいのはどれか。

 

1 全身性エリテマトーデス------糸球体腎炎
2 関節リウマチ----------------内臓悪性腫瘍
3 橋本病----------------------アフタ性口内炎
4 進行性全身性硬化症----------胆汁うっ滞

 

 

 

 

1

 

 

 

 

51 我が国における最近のがん死亡統計について正しい記述はどれか。

 

1 男性死亡者数は肝がんが最も多い。
2 女性死亡者数は乳がんが最も多い。
3 肺がん死亡者数は増加している。
4 大腸がん死亡者数は減少している。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

45 ウイ ルス感染症でないのはどれか。

 

1. 伝染性単核球症
2. C 型肝炎
3. クロイツフェルト・ヤコブ病
4. 成人 T 細胞白血病

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

46 出血部位と出血の種類との組合わせで正しいのはどれか。

 

1. 胃 ― 喀血
2. 肺 ― 吐血
3. 結腸 ― 血便
4. 膀胱 ― 下血

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

47 ショ ックとそ の原因と の組合せで誤って いるのはど れか。

 

1. 心原性ショック ― 急激な心拍出量減少
2. 出血性ショック ― 末梢血管の透過性亢進
3. 熱傷性ショック ― 大量の血漿成分喪失
4. 細菌性ショック ― 内毒素による血管 内皮細胞障害

 

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

48 疾患とその原 因となる 代謝障害との組合 せで正しい のはどれか。

 

1. ウィルソン 病 ― 核酸代謝障害
2. アミロイドーシス   ― 蛋白代謝障害
3. 骨粗鬆症 ― 色素代謝障害
4. 痛風 ― 脂質代謝障害

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

49 結核結節にみられない のはどれか。

 

1. 類上皮細胞
2. 乾酪壊死巣
3. アシ ョフ小体
4. ラングハンス 型巨細胞

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

50 炎症について誤っ ている組合せはどれか。

 

1. 肉芽腫性炎 ― 肉芽組織形成
2. 化膿性炎 ― 蜂巣炎病変
3. 漿液性炎 ― 炎症性浮腫
4. 線維素性炎 ― 偽膜形成

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

51 腫瘍の良性・ 悪性を判定するための所見と し て適切でないのはどれか。

 

1. 腫瘍病変境界の性状
2. 転移の有無
3. 核分裂像の頻度
4. 蜂窩状構造の有無

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

45 粉じんが吸気と共に肺に侵入して引き起こされる疾患はどれか。

 

1. 珪肺症
2. 肺胞蛋白症
3. 肺塞栓症
4. 気管支拡張症

 

 

 

 

 

 

1

 

 

46 静脈血が門脈に流入しないのはどれか。

 

1. 小腸
2. 脾臓
3. 膵臓
4. 腎臓

 

 

 

 

 

 

4

 

 

47 炎症にかかわる細胞とそれらが主役をなす炎症との組合せで誤っているのはどれか

 

1. 好中球 − 化膿性炎症
2. 好酸球 − アレルギー性炎症
3. 形質細胞 − 結核性炎症
4. リンパ球 − 慢性炎症

 

 

 

 

 

 

3

 

 

48 病原体と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. ヘリコバクター・ピロリ − 胃炎
2. クロストリジウム − 偽膜性腸炎
3. 大腸菌 − 出血性大腸炎
4. クラミジア − 帯状庖疹

 

 

 

 

 

 

4

 

 

49 感染症と感染経路との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. A型肝炎 − 接触感染
2. インフルエンザ − 飛沫感染
3. 急性灰白髄炎 − 経口感染
4. 日本脳炎 − 節足動物媒介感染

 

 

 

 

 

 

1

 

 

50 自己免疫疾患とその障害臓器との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 橋本病 − 甲状腺
2. 悪性貧血 − 胃
3. 進行性全身性硬化症 − 中枢神経
4. 全身性エリテマトーデス − 腎臓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

51 男性よりも女性に多い癌はどれか。

 

1. 膵臓癌
2. 胆嚢癌
3. 肝臓癌
4. 食道癌

 

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

関連ページ

病理学 その1
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
病理学 その3
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
病理学 その4
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
病理学 その5
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
病理学 その6
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
病理学 その7
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
病理学 その8
鍼灸病理学過去問題です。第1回から病理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8