鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

生理学 その3

 

41 筋収縮の過程でエネルギーを必要としないのはどれか。

 

1. 筋小胞体からのカルシウムイオンの放出
2. ミオシン頭部の運動
3. 筋小胞体によるカルシウムイオンの回収
4. ミオシン頭部とアクチンとの結合の分離

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

42 錘内筋線維が伸展されると活動が増える神経線維はどれか。

 

1. Ia 群
2. Ib 群
3. U群
4. V群

 

 

 

 

 

 

1

 

 

43 視覚情報の伝達に関与しないのはどれか。

 

1. 視細胞
2. 色素細胞
3. 双極細胞
4. 神経節細胞

 

 

 

 

 

 

2

 

 

44 健常成人の血液中で最も多い免疫グロブリンはどれか。

 

1. IgA
2. IgD
3. IgE
4. IgG

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

31 出血時の血液の変化で誤っているのはどれか。

 

1. 流動性消失
2. フィブリノゲンが血球を捕捉
3. 血餅の退縮
4. 血餅からの血漿の滲出

 

 

 

 

 

 

2.4

 

 

32 静脈環流が促進される要因でないのはどれか。

 

1. 呼息
2. 静脈の弁
3. 歩行運動
4. 心房内圧の低下

 

 

 

 

 

 

1

 

 

33 正常呼吸と浅くて速い呼吸とを比べて変化しないのはどれか。

 

1. 死腔量
2. 1 回換気量
3. 予備吸気量
4. 分時肺胞換気量

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

34 嚥下に伴う随意運動はどれか。

 

1. 軟口蓋挙上
2. 舌による食塊移送
3. 舌根の挙上
4. 食道の蠕動運動

 

 

 

 

 

 

2

 

 

35 栄養素でエネルギー源とならないのはどれか。

 

1. アミノ酸
2. グルコース
3. ナイアシン
4. トリグリセリド

 

 

 

 

 

 

3

 

 

36 健常成人のクリアランス値で最も小さいのはどれか。

 

1. 尿酸
2. 尿素
3. グルコース
4. クレアチニン

 

 

 

 

 

 

3

 

 

37 アンドロゲンに属するホルモンはどれか。

 

1. プロゲステロン
2. テストステロン
3. エストラジオール
4. エストロン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

38 妊娠中に分泌が抑制されるホルモンはどれか。

 

1. プロゲステロン
2. 黄体形成ホルモン
3. プロラクチン
4. エストロゲン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

39 大脳皮質の機能的領野と脳葉との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 味覚野 − 側頭葉
2. 一次運動野 − 頭頂葉
3. ブローカ野 − 前頭葉
4. ウェルニッケ野 − 後頭葉

 

 

 

 

 

 

3

 

 

40 骨格筋の収縮について誤っている記述はどれか。

 

1. 筋細胞の過分極により誘発される。
2. 筋小胞体からのカルシウムイオン放出を伴う。
3. アクチンフィラメントがミオシンフィラメント上を移動する。
4. エネルギー源として ATP を用いる。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

41 伸張反射について誤っている組合せはどれか。

 

1. 受容器 − 筋紡錘
2. α運動ニューロン − 錘内筋線維支配
3. Ta 群求心性線維 − 後根神経節細胞
4. 単シナプス反射 − 膝蓋腱反射

 

 

 

 

 

 

2

 

 

42 暑さに対する気候順化について誤っている記述はどれか。

 

1. 汗腺の働きが高まる。
2. 汗に含まれる塩分濃度が低下する。
3. 皮膚血管が収縮する。
4. 尿量が減少する。

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

43 味覚について誤っている記述はどれか。

 

1. 味蕾で感受される。
2. 求心性線維は舌下神経である。
3. 亜鉛の欠乏で味覚障害が生じる。
4. 順応が起こりやすい。

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

44 免疫反応について誤っている記述はどれか。

 

1. B細胞は液性免疫に関与する。
2. B細胞は形質細胞に分化する。
3. キラーT細胞はウイルス感染細胞を破壊する。
4. ヘルパーT細胞は異物を貪食する。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

33 RNAを構成する塩基でないのはどれか。

 

1. アデニン
2. グアニン
3. シトシン
4. チミン

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

34 心臓の刺激伝導系について誤っているのはどれか。

 

1. 固有心筋からなる。
2. 洞房結節にペースメーカー細胞がある。
3. 房室結節は右心房にある。
4. ヒス束の興奮は右脚・左脚に伝わる。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

35 血液凝固に関与するのはどれか。

 

1. ビタミンC
2. ビタミンD
3. ビタミンE
4. ビタミンK

 

 

 

 

 

 

4

 

 

36 分時肺胞換気量に関与しないのはどれか。

 

1. 残気量
2. 1 回換気量
3. 死腔量
4. 呼吸数

 

 

 

 

 

 

1

 

 

37 胆汁について誤っているのはどれか。

 

1. 肝臓で産生される。
2. 分泌は迷走神経によって調整される。
3. 脂肪の消化・吸収に働く。
4. 消化酵素を含んでいる。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

38 基礎代謝について誤っているのはどれか。

 

1. 睡眠時の生命維持に必要な最小限の代謝である。
2. 日本人の男性(20〜40 歳)では、1 日あたり約 1500kcal である。
3. 体表面積に比例する。
4. 男性より女性の方が低い。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

39 散熱に関与するホルモンはどれか。

 

1. オキシトシン
2. サイロキシン
3. グルカゴン
4. インスリン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

40 排尿反射について誤っているのはどれか。

 

1. 中枢は脳幹にある。
2. 求心路は骨盤神経である。
3. 蓄尿時に陰部神経の活動は低下する。
4. 排尿時に下腹神経の活動は低下する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

41 下垂体前葉ホルモンによる調節を受けないのはどれか。

 

1. コルチゾール
2. テストステロン
3. カテコールアミン
4. サイロキシン

 

 

 

 

 

 

3

 

 

42 大脳皮質連合野の働きでないのはどれか。

 

1. 情報の統合
2. 情報の判断
3. 本能行動の発現
4. 意思の決定

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

43 抑制性のみに働く神経伝達物質はどれか。

 

1. グルタミン酸
2. グリシン
3. アセチルコリン
4. ノルアドレナリン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

44 中枢部位が延髄でないのはどれか。

 

1. 循環中枢
2. 嚥下中枢
3. 唾液分泌中枢
4. 対光反射中枢

 

 

 

 

 

 

4

 

 

45 死後硬直の原因はどれか。

 

1. ATP 減少
2. 乳酸減少
3. ピルビン酸増加
4. クレアチンリン酸増加

 

 

 

 

 

 

1

 

 

46 除脳動物でみられない反射はどれか。

 

1. 屈曲反射
2. 立ち直り反射
3. 緊張性頚反射
4. 交叉性伸展反射

 

 

 

 

 

 

2

 

 

47 感覚と感覚受容器との組み合わせで誤っているのはどれか。

 

1. 視覚 − 錐状体細胞
2. 聴覚 − 有毛細胞(コルチ器)
3. 平衡感覚 − 有毛細胞(膨大部稜)
4. 痛覚 − ルフィニ終末

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

34 アシドーシスの原因とならないのはどれか。

 

1. 呼吸量減少
2. 腎機能低下
3. 頻回の嘔吐
4. 持続する下痢

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

35 心臓の働きについて誤っている記述はどれか。

 

1. 摘出した心臓は一定時間拍動する。
2. ペースメーカー細胞は一定リズムで興奮する。
3. 刺激伝導系の興奮は特殊心筋線維によって伝えられる。
4. 心臓の収縮に自律神経の働きは不可欠である。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

36 血液中の酸素分圧低下時に起こらないのはどれか。

 

1. 酸素化ヘモグロビンの増加
2. エリスロポイ工チンの分泌
3. 頚動脈小体からの求心性活動の亢進
4. 赤血球の増加

 

 

 

 

 

 

1

 

 

37 低蛋白血症時に起こらないのはどれか。

 

1. 浮 腫
2. 易感染性
3. 血液凝固の促進
4. 細胞へのアミノ酸供給の減少

 

 

 

 

 

 

3

 

 

38 呼吸について誤っている記述はどれか。

 

1. ヘモグロビンと酸素の結合能は炭酸ガス分圧が低い程高まる。
2. 胸腔内庄は陰圧である。
3. 肺胞の酸素分圧は動脈血の酸素分圧より低い。
4. 腹式呼吸の吸気時に横隔膜は収縮する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

39 胃液分泌を抑制するのはどれか。

 

1. 食塊による胃壁の伸展
2. 迷走神経の活動亢進
3. ガストリンの分泌
4. セクレチンの分泌

 

 

 

 

 

 

4

 

 

40 消化管で受動的に吸収されるのはどれか。

 

1. 水
2. カルシウムイオン
3. ブドウ糖
4. ナトリウムイオン

 

 

 

 

 

 

1

 

 

41 高温環境下で起こりにくいのはどれか。

 

1. 発 汗
2. バゾプレッシン分泌の減少
3. 皮膚血管の拡張
4. アルドステロン分泌の増加

 

 

 

 

 

 

2

 

 

42 腎臓の酸・塩基平衡の保持作用で最も重要なのはどれか。

 

1. 重炭酸イオンの排泄
2. ナトリウムイオンの再吸収
3. 水素イオンの排泄
4. カリウムイオンの再吸収

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

43 健常成人で下垂体前葉の ACTH 分泌が亢進した際にみられないのはどれか。

 

1. 副腎アンドロゲン分泌の増加
2. 視床下部 ACTH 放出ホルモン(CRH)分泌の増加
3. 電解質コルチコイド分泌の増加
4. 糖質コルチコイド分泌の増加

 

 

 

 

 

 

2

 

 

44 下垂体前葉ホルモンが関与しないのはどれか。

 

1. 乳汁産生
2. 血糖値上昇
3. 成長促進
4. 子宮収縮

 

 

 

 

 

 

4

 

 

45 カテコールアミンα受容体が関与するのはどれか。

 

1. 血管の収縮
2. 気管支の拡張
3. 心収縮力の増大
4. 胃腸管平滑筋の収縮

 

 

 

 

 

 

1

 

 

46 末梢神経束の圧迫によって最初に障害されるのはどれか。

 

1. 発 汗
2. 触 覚
3. 痛 覚
4. 運 動

 

 

 

 

 

 

4

 

 

47 骨格筋に分布しない神経はどれか。

 

1. α運動ニューロン
2. γ運動ニューロン
3. Ia 群求心性線維
4. Ib 群求心性線維

 

 

 

 

 

 

4

 

 

48 損傷によって運動麻痺が起こらない部位はどれか。

 

1. 前頭葉
2. 小 脳
3. 内 包
4. 脊髄側索

 

 

 

 

 

 

2

 

 

49 100g と 103g の重さの違いがわかる時、200g と区別できる最小の重さはどれか。

 

1. 203g
2. 206g
3. 209g
4. 212g

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

34 心周期の中で房室弁が開放しているのはどれか。

 

1. 等容性弛緩期
2. 充満期
3. 等容性収縮期
4. 駆出期

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

関連ページ

生理学 その1
鍼灸生理学過去問題です。第1回から生理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
生理学 その2
鍼灸生理学過去問題です。第1回から生理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
生理学 その4
鍼灸生理学過去問題です。第1回から生理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
生理学 その5
鍼灸生理学過去問題です。第1回から生理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
生理学 その6
鍼灸生理学過去問題です。第1回から生理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
生理学 その7
鍼灸生理学過去問題です。第1回から生理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
生理学 その8
鍼灸生理学過去問題です。第1回から生理問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8