鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

解剖学 その3

 

17 筋とその作用との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 広背筋 − 肩関節の内転
2. 大殿筋 − 股関節の伸展
3. 長掌筋 − 手関節の屈曲
4. ヒラメ筋 − 足関節の背屈

 

 

 

 

 

 

4

 

 

18 手の第 2〜4 指を外転させるのはどれか。

 

1. 回外筋
2. 虫様筋
3. 掌側骨間筋
4. 背側骨間筋

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

19 閉鎖神経に支配される筋はどれか。

 

1. 外閉鎖筋
2. 内閉鎖筋
3. 大腿筋膜張筋
4. 縫工筋

 

 

 

 

 

 

1

 

 

20 左右の肺について正しい記述はどれか。

 

1. 左が右より容積が大きい。
2. 左には水平裂がある。
3. 右には心切痕がある。
4. 右は上大静脈に接する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

21 喉頭について誤っている記述はどれか。

 

1. 甲状軟骨は輪状軟骨と関節する。
2. 喉頭隆起は甲状軟骨にある。
3. 披裂軟骨は対をなす。
4. 声帯靭帯は輪状軟骨に付く。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

22 内分泌腺について誤っている記述はどれか。

 

1. 下垂体前葉は神経性下垂体と呼ばれる。
2. 上皮小体は甲状腺の背面にある。
3. 副腎髄質は外胚葉に由来する。
4. 膵臓の内分泌細胞で一番多いのはβ細胞である。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

23 心臓の動脈弁はどれか。

 

1. 二尖弁
2. 三尖弁
3. 僧帽弁
4. 半月弁

 

 

 

 

 

 

4

 

 

24 胎児の血液循環について誤っている記述はどれか。

 

1. 臍動脈は 2 本である。
2. 動脈管は肺動脈と上行大動脈を結ぶ。
3. 静脈管は門脈と下大静脈を結ぶ。
4. 卵円孔は心房中隔にある。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

25 脳神経とその分布域との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 動眼神経 − 外側直筋
2. 眼神経 − 網膜
3. 鼓索神経 − 舌
4. 迷走神経 − 耳下腺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

26 坐骨神経の枝とその支配筋との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 腓腹神経 − ヒラメ筋
2. 深腓骨神経 − 前脛骨筋
3. 外側足底神経 − 母指内転筋
4. 内側足底神経 − 母指外転筋

 

 

 

 

 

 

1

 

 

27 脊髄神経の走路について正しい記述はどれか。

 

1. 大腿神経は血管裂孔を通る。
2. 閉鎖神経は筋裂孔を通る。
3. 陰部神経は小坐骨孔を通る。
4. 坐骨神経は梨状筋上孔を通る。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

28 自律神経系について誤っている記述はどれか。

 

1. 自律神経の中枢は視床下部にある。
2. 鼓索神経には交感神経線維が含まれる。
3. 交感神経の節前ニューロンは胸髄から上部腰髄にかけて存在する。
4. 骨盤内臓神経は副交感神経である。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

29 ヒトの脳で最も表面積が大きいのはどれか。

 

1. 側頭葉
2. 前頭葉
3. 頭頂葉
4. 後頭葉

 

 

 

 

 

 

2

 

 

30 感覚伝導路と中継核との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 聴覚伝導路 − 内側膝状体
2. 視覚伝導路 − 下丘
3. 味覚伝導路 − 赤核
4. 平衡覚伝導路 − 蝸牛神経核

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

15 発生学的に正しい組合せはどれか。

 

1. 真皮 ― 外胚葉
2. 網膜 ― 外胚葉
3. 涙腺 ― 内胚葉
4. 肝細胞 ― 中胚葉

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

16 細胞の有糸分裂において、染色体が赤道面に配列するのはいつか。

 

1. 前期
2. 中期
3. 後期
4. 終期

 

 

 

 

 

 

2

 

 

17 滑膜性の関節をつくる骨の部位の組合せで正しいのはどれか。

 

1. 肩峰 ― 上腕骨頭
2. 大菱形骨 ― 第 1 中手骨底
3. 寛骨臼 ― 大転子
4. 外果 ― 距骨頭

 

 

 

 

 

 

2

 

 

18 頭頂骨と縫合をつくらないのはどれか。

 

1. 前頭骨
2. 側頭骨
3. 蝶形骨
4. 頬骨

 

 

 

 

 

 

4

 

 

19 筋とその支配神経との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 上斜筋 ― 動眼神経
2. 側頭筋 ― 上顎神経
3. 広頚筋 ― 顔面神経
4. 舌筋 ― 舌咽神経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

20 筋とその作用との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 三角筋 ― 肩関節の外転
2. 腕橈骨筋 ― 肘関節の伸展
3. 腸腰筋 ― 股関節の屈曲
4. 半腱様筋 ― 膝関節の屈曲

 

 

 

 

 

 

2

 

 

21 肝臓について正しい記述はどれか。

 

1. 肝静脈は肝門から出る。
2. 肝鎌状間膜は方形葉の右側に位置する。
3. 胎生期の静脈管は臍静脈血を下大静脈に導く。
4. 中心静脈は小葉間静脈へ注ぐ。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

22 唾液腺について誤っている記述はどれか。

 

1. 耳下腺は顔面神経に貫かれる。
2. 耳下腺管は口腔前庭に開口する。
3. 舌下腺管は口腔底に開口する。
4. 顎下腺の分泌には舌咽神経が関与する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

23 泌尿器系について誤っている記述はどれか。

 

1. 腎小体は糸球体とボーマン嚢からなる。
2. 腎乳頭は髄質にある。
3. 膀胱は恥骨結合のすぐ後方にある。
4. 尿道は膀胱の後壁から始まる。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

24 心房の内部にみられるのはどれか。

 

1. 卵円窩
2. 乳頭筋
3. 腱索
4. 肉柱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

25 足底の大部分に血液を送るのはどれか。

 

1. 前脛骨動脈
2. 後脛骨動脈
3. 腓骨動脈
4. 腓腹動脈

 

 

 

 

 

 

2

 

 

26 門脈の形成にかかわらないのはどれか。

 

1. 奇静脈
2. 脾静脈
3. 上腸間膜静脈
4. 下腸間膜静脈

 

 

 

 

 

 

1

 

 

27 神経と神経節との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 上顎神経 ― 翼口蓋神経節
2. 動眼神経 ― 毛様体神経節
3. 顔面神経 ― 膝神経節
4. 内耳神経 ― 耳神経節

 

 

 

 

 

 

4

 

 

28 神経叢と分枝する神経との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 頸神経叢 ― 大後頭神経
2. 腕神経叢 ― 内側前腕皮神経
3. 腰神経叢 ― 外側大腿皮神経
4. 仙骨神経叢 ― 後大腿皮神経

 

 

 

 

 

 

1

 

 

29 橋に存在する核はどれか。

 

1. 動眼神経核
2. 滑車神経核
3. 外転神経核
4. 舌下神経核

 

 

 

 

 

 

3

 

 

30 視覚器について誤っている記述はどれか。

 

1. 角膜上皮は重層扁平上皮である。
2. 瞳孔括約筋は横紋筋である。
3. 涙腺は眼球の外側上方にある。
4. 硝子体は水晶体と網膜との間にある。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

15 受精卵が両親からほぼ同量ずつ受けとるのはどれか。

 

1. リボソーム
2. 小胞体
3. ミトコンドリア
4. 染色体

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

16 大坐骨孔を通過しないのはどれか。

 

1. 坐骨神経
2. 上殿神経
3. 梨状筋
4. 内閉鎖筋

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

17 膝窩の辺縁を構成しないのはどれか。

 

1. 大腿二頭筋
2. 縫工筋
3. 半腱様筋
4. 腓腹筋

 

 

 

 

 

 

2

 

 

18 下顎骨にみられないのはどれか。

 

1. 下顎角
2. 下顎頚
3. 下顎窩
4. 下顎枝

 

 

 

 

 

 

3

 

 

19 胸椎にみられないのはどれか。

 

1. 前結節
2. 棘突起
3. 関節突起
4. 椎孔

 

 

 

 

 

 

1

 

 

20 筋とその支配神経との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 大腿四頭筋 − 脛骨神経
2. 長内転筋 − 閉鎖神経
3. 長腓骨筋 − 深腓骨神経
4. 前脛骨筋 − 浅腓骨神経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

21 膵臓について誤っている記述はどれか。

 

1. 内分泌腺の膵島は頭部に多い。
2. 腹膜後器官である。
3. 脾動脈の枝が分布する。
4. 膵管は膵臓の中を通る。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

22 鼻腔について誤っている記述はどれか。

 

1. 鼻中隔の両面は鼻粘膜に覆われる。
2. 中鼻道は中鼻甲介の上方にある。
3. 鼻腔の下壁は口蓋である。
4. 後鼻孔は咽頭に開口する。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

23 内分泌系について正しい記述はどれか。

 

1. アドレナリンは副腎皮質から分泌される。
2. 上皮小体は甲状腺の前面にある。
3. 下垂体の後葉は神経性下垂体とも呼ばれる。
4. 男性ホルモンは前立腺から分泌される。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

24 男性生殖器について誤っている記述はどれか。

 

1. 精索は鼡径靭帯の上を通る。
2. 陰嚢の正中部には縫線がみられる。
3. 精管は膀胱に開口する。
4. 尿道球腺は左右 1 対ある。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

25 下肢の動脈について正しい記述はどれか。

 

1. 大腿動脈は鼡径靭帯の上を通る。
2. 膝窩動脈は総腓骨神経と伴行する。
3. 前脛骨動脈は足根管を通過する。
4. 後脛骨動脈は足底動脈弓を形成する。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

26 胸管について誤っている記述はどれか。

 

1. 腰リンパ本幹と腸リンパ本幹の合流により形成される。
2. 横隔膜の大静脈孔を通過する。
3. 左の内頸静脈と鎖骨下静脈の合流部に注ぐ。
4. 右上半身を除く全身のリンパを集める。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

27 脳神経について誤っている記述はどれか。

 

1. 喉頭は迷走神経に支配される。
2. 鼓索神経は顔面神経の枝である。
3. 舌神経は下顎神経の枝である。
4. 側頭筋は上顎神経に支配される。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

28 神経の経路について誤っている記述はどれか。

 

1. 腋窩神経は上腕骨の外科頸と接する。
2. 橈骨神経は上腕骨骨幹部の後面と接する。
3. 尺骨神経は上腕骨の外側上顆と接する。
4. 総腓骨神経は腓骨頸と接する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

29 感覚の伝導路を構成するのはどれか。

 

1. 大脳脚
2. 中小脳脚
3. 内側毛帯
4. 延髄錐体

 

 

 

 

 

 

3

 

 

30 皮膚の各部分について誤っている記述はどれか。

 

1. 表皮は結合組織に富む。
2. 真皮は膠原線維に富む。
3. 皮下組織は脂肪組織に富む。
4. 毛は角質に富む。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

14 腋窩の壁を構成する筋について誤っている組み合わせはどれか。

 

1. 前壁 − 大胸筋
2. 後壁 − 大円筋
3. 内側壁 − 前鋸筋
4. 外側壁 − 三角筋

 

 

 

 

 

 

4

 

 

15 球関節はどれか。

 

1. 腕橈関節
2. 指節間関節
3. 膝関節
4. 橈骨手根関節

 

 

 

 

 

 

1

 

 

16 肩甲骨上角に付着するのはどれか。

 

1. 板状筋
2. 肩甲挙筋
3. 小菱形筋
4. 大菱形筋

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

17 鵞足の形成に関与するのはどれか。

 

1. 長内転筋
2. 大腿二頭筋
3. 半腱様筋
4. 半膜様筋

 

 

 

 

 

 

3

 

 

18 腱が足の上伸筋支帯を通るのはどれか。

 

1. 足底筋
2. 後脛骨筋
3. 前脛骨筋
4. ヒラメ筋

 

 

 

 

 

 

3

 

 

19 斜角筋隙形成に関与しないのはどれか。

 

1. 第 1 肋間
2. 前斜角筋
3. 中斜角筋
4. 後斜角筋

 

 

 

 

 

 

4

 

 

20 梨状筋下孔を通らないのはどれか。

 

1. 上殿動脈
2. 内陰部動脈
3. 陰部神経
4. 坐骨神経

 

 

 

 

 

 

1

 

 

21 舌の分界溝の前に一列に並ぶのはどれか。

 

1. 糸状乳頭
2. 茸状乳頭
3. 有郭乳頭
4. 葉状乳頭

 

 

 

 

 

 

3

 

 

22 胃について正しい記述はどれか。

 

1. ガストリン分泌細胞は噴門に分布する。
2. 角切痕は小弯の一部に見られる。
3. 胃底腺の主細胞は塩酸を分泌する。
4. 幽門は第 11 胸椎の高さにある。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

23 肺について誤っている記述はどれか。

 

1. 左肺は 2 葉に分かれる。
2. 表面は臓側胸膜で覆われる。
3. 肺静脈は右心房に入る。
4. ガス交換は肺胞壁において行われる。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

24 尿道について誤っている記述はどれか。

 

1. 尿道口に始まる。
2. 陰茎海綿体を貫く。
3. 女性のほうが短い。
4. 尿道括約筋は横紋筋である。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

25 鼠径管を通らないのはどれか。

 

1. 精管
2. 精巣動脈
3. 卵巣動脈
4. 子宮円索

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

26 卵管上皮はどれか。

 

1. 線毛上皮
2. 移行上皮
3. 単層立方上皮
4. 単層扁平上皮

 

 

 

 

 

 

1

 

 

27 動脈と分布域との組み合わせで誤っているのはどれか。

 

1. 気管支動脈 − 肺臓
2. 腹腔動脈 − 脾臓
3. 上腸間膜動脈 − 空腸
4. 下腸間膜動脈 − 上行結腸

 

 

 

 

 

 

4

 

 

28 錐体路を構成しないのはどれか。

 

1. 中心前回
2. 内包
3. 大脳脚
4. 脊髄後索

 

 

 

 

 

 

4

 

 

29 腋窩神経支配の筋はどれか。

 

1. 棘上筋
2. 棘下筋
3. 大円筋
4. 小円筋

 

 

 

 

 

 

4

 

 

30 胸髄で交感神経節前ニューロンの細胞体が存在する部位はどれか。

 

1. 前角
2. 側角
3. 後角
4. 白質

 

 

 

 

 

 

2

 

 

31 視覚器について誤っている記述はどれか。

 

1. 網膜中心動脈は視神経の中を通る。
2. 視細胞の外節は網膜色素上皮に接する。
3. 涙腺の導管は上結膜円蓋に開口する。
4. 後眼房は水晶体の後方にある。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

32 平衡斑があるのはどれか。

 

1. 前庭
2. 蝸牛
3. 鼓室
4. 半規管

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

15 最も伸縮性の高い上皮はどれか。

 

1. 単層扁平上皮
2. 重層扁平上皮
3. 単層円柱上皮
4. 移行上皮

 

 

 

 

 

 

4

 

 

16 血液脳関門の形成に関与するのはどれか。

 

1. 上衣細胞
2. 希突起膠細胞
3. 星状膠細胞
4. 小膠細胞

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

17 上腕骨の大結節に停止する筋はどれか。

 

1. 三角筋
2. 棘下筋
3. 大円筋
4. 肩甲下筋

 

 

 

 

 

 

2

 

 

18 手根管を通過しない筋はどれか。

 

1. 深指屈筋
2. 長掌筋
3. 長母指屈筋
4. 浅指屈筋

 

 

 

 

 

 

2

 

 

19 腰神経叢の枝によって支配される筋はどれか。

 

1. 梨状筋
2. 上双子筋
3. 外閉鎖筋
4. 大腿筋膜張筋

 

 

 

 

 

 

3

 

 

20 小腸について誤っている記述はどれか。

 

1. 空腸は腸間膜をもつ。
2. 粘膜に半月ヒダがある。
3. 腸腺は繊毛の根元に開口する。
4. 二層の筋層からなる。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

21 膵臓について正しい記述はどれか。

 

1. 後腹膜器官である。
2. 膵尾は十二指腸に付着する。
3. 肝臓の下面に隣接する。
4. 膵管は幽門に開口する。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

22 弾性軟骨はどれか。

 

1. 喉頭蓋軟骨
2. 甲状軟骨
3. 輪状軟骨
4. 気管軟骨

 

 

 

 

 

 

1

 

 

23 前立腺について誤っている記述はどれか。

 

1. 膀胱の下に位置する。
2. 腹膜に覆われている。
3. 導管は尿道に開口する。
4. 腺組織の間に平滑筋が含まれる。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

24 子宮について正しい記述はどれか。

 

1. 膀胱の後方に位置する。
2. 子宮底で腟につながる。
3. 子宮頸管は卵管につながる。
4. 子宮筋層は横紋筋からなる。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

25 腎臓について誤っている記述はどれか。

 

1. 右腎は左腎より低位にある。
2. 糸球体と尿細管とを合わせてネフロンと呼ぶ。
3. ボーマン嚢の一端から遠位尿細管が始まる。
4. 後腹膜器官である。

 

 

 

 

 

 

 

3.2

スポンサーリンク

関連ページ

解剖学 その1
鍼灸解剖学過去問題です。第1回から解剖学問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
解剖学 その2
鍼灸解剖学過去問題です。第1回から解剖学問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
解剖学 その4
鍼灸解剖学過去問題です。第1回から解剖学問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
解剖学 その5
鍼灸解剖学過去問題です。第1回から解剖学問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5
解剖学 その6
鍼灸解剖学過去問題です。第1回から解剖学問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その6
解剖学 その7
鍼灸解剖学過去問題です。第1回から解剖学問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その7
解剖学 その8
鍼灸解剖学過去問題です。第1回から解剖学問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その8