鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

関係法規過去 その3

11 はり師、きゅう師の資格要件で欠格事由はどれか。 1. 外国国籍者 2. あへんの中毒者 3. 20 歳に満たない者 4. 肝炎ウィルスキャリア 2 12 はり師、きゅう師免許証の再交付について正しい記述はどれか。 1. 再交付までの期間は施術業務ができない。 2. 再交付後、失った免許証を発見したら直ちにこれを廃棄する。 3. 申請書を厚生労働大臣に提出する。 4. 免許証の記載事項に変更を生じた時は再交付を申請する。 3 13 按摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律に定める罰則の量刑が最も重いのはどれか。 1. 施術所の開設に虚偽の届出をした場合 2. 広告の制限に違反した場合 3. 秘密保持義務に違反した場合 4. 消毒の義務に違反した場合 3

スポンサーリンク

14 医療関係法規について誤っている記述はどれか。 1. 児童福祉法は満 15 歳末満の福祉を保障する。 2. 薬事法は化粧品についても規制している。 3. 医療法は医療施設の監督を定めている。 4. 医師法は医師の業務独占を定めている。 1 11 障害者福祉の基本的考え方から外れているのはどれか。 1. バリアフリー 2. ノーマライゼーション 3. グローバリーゼーション 4. 雇用促進 3 12 育成医療を定めた法律はどれか。 1. 生活保護法 2. 児童福祉法 3. 身体障害者福祉法 4. 健康保険法 2 13 施術所開設の届け出について誤っているのはどれか。 1. 厚生労働大臣に届け出る 2. 開設後 10 日以内に届け出る 3. 業務の種類を届け出る 4. 施設の名称を届け出る 1 14 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律で広告できないのはどれか。 1. 施術者の技能 2. 予約に基づく施術の実施 3. 出張による施術の実施 4. 駐車設備に関する事項 1 11 按摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律で広告できるのはどれか。 1. 鍼灸医東京太郎 2. 胃腸炎に効くはり 3. 東京鍼灸療院 4. 中国秘伝のはり治療 3 12 正しい組合せはどれか。 1. 保健所の設置 − 医療法 2. BCG の接種 − 予防接種法 3. 医療用具の販売 − 薬事法 4. 育成医療 − 生活保護法 3 13 按摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律に定める施術所開設の届出期限はどれか。 1. 開設後 5 日以内 2. 開設後 10 日以内 3. 開設後 20 日以内 4. 開設後 30 日以内 2 14 はり師、きゅう師に許される施術行為はどれか。 1. 医師の指示による外科手術 2. 薬品の投与 3. 販売目的での調剤 4. 業務範囲内の電気光線器具の使用 4 11 身体障害者福祉法について正しい組合せはどれか。 1. 対象年齢 ― 18 歳以上 2. 市町村 ― 身体障害者手帳の交付 3. 都道府県 ― 身体障害者援護の実施 4. 保健所 ― 更生相談 1

スポンサーリンク

12 施術所について正しいのはどれか。 1. 開設予定日の 10 日前までに届け出る 2. 東京はり科治療院という名称を使用する。 3. 6.6 平方メートル以上の専用の施術室を有する。 4. 休止後の再開は 30 日以内に届け出る。 3 13 医療行為と医療従事者との組合せで正しいのはどれか。 1. エックス線撮影 ― はり師、きゅう師 2. 歯石除去 ― 歯科衛生士 3. 外科手術 ― 救急救命士 4. 処方せんなしでの調剤 ― 薬剤師 2 14 はり師、きゅう師の資格要件で欠格事由でないのはどれか。 1. 外国国籍の者 2. 大麻常習者 3. 開放性結核にかかっている者 4. 無免許施術者 1 11 環境衛生関係法規でないのはどれか。 1. 学校保健法 2. 食品衛生法 3. 理容師法 4. 公衆浴場法 1 12 施術上の禁止行為はどれか。 1. 施術の局部の消毒 2. 慢性疲労回復のための施術 3. 薬品投与の指示 4. 美容を目的とした施術 3 13 誤っている組合せはどれか。 1. 助産所の広告 ― 医療法 2. 医療用具の販売 ― 薬事法 3. 市町村保健センターの設置 ― 地域保健法 4. 老人保健施設の運営 ― 老人福祉法 4 14 施術所の名称として適切なのはどれか。 1. 東京治療院 2. 東京はり治療院 3. 東京はり科療院 4. 東京流家伝はり院 2 11 予防接種法で定期予防接種を行う対象疾病はどれか。 1. 結核 2. B型肝炎 3. インフルエンザ 4. 麻疹 4 12 施術所について誤っている記述はどれか。 1. 開設、廃止とも届け出が必要である。 2. 対象者は公衆または特定多数人である。 3. 待合室は不要である。 4. 器具、手指などの消毒設備が必要である。 3 13 老人保健法の対象でないのはどれか。 1. 老人介護 2. 健康診査 3. 機能訓練 4. 老人医療 1 14 按摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法令で広告できる事項はどれか。 1. 施術者の技能 2. 施術者の施術方法 3. 施術所の所在の場所 4. 施術者の経歴 3

スポンサーリンク

関連ページ

関係法規過去 その1
鍼灸関係法規過去問題です。第1回から関係法規過去問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
関係法規過去 その2
鍼灸関係法規過去問題です。第1回から関係法規過去問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
関係法規過去 その4
鍼灸関係法規過去問題です。第1回から関係法規過去問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
関係法規過去 その5
鍼灸関係法規過去問題です。第1回から関係法規過去問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5