鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

衛生学公衆衛生学 その1

 

3 介護保険制度の内容として正しいのはどれか。

 

1. 市町村および特別区が保険者である。
2. 65 歳以上は第 2 号被保険者である。
3. 介護を要する状態の予防は給付対象外である。
4. 財源の 80%は保険料による。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

4 母乳栄養について誤っているのはどれか。

 

1. 乳児の感染症予防に役立つ。
2. 乳児の心理的発育によい影響がある。
3. 人工乳よりも経済的負担は少ない。
4. 母乳と人工乳は同じ成分である。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

5 WHO のアルマ・アダ宣言で示されたのはどれか。

 

1. ヘルスプロモーション
2. インフォームド・コンセント
3. ヒトを対象とする医学研究の倫理的原則
4. プライマリ・ヘルス・ケア

 

 

 

 

 

 

4

 

 

6 施術所における白衣着用にあてはまるのはどれか。

 

1. 作業環境管理
2. 作業管理
3. 健康管理
4. 労働衛生教育

 

 

 

 

 

 

2

 

 

7 保健所の役割はどれか。

 

1. 車の排ガス測定
2. 食品衛生の監視
3. 生活保護の認定
4. 医療訴訟の受付

 

 

 

 

 

 

2

 

 

8 疾病予防のうち二次予防はどれか。

 

1. 健康教育
2. 健康診断
3. 予防接種
4. 作業療法

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

9 大気汚染の原因になるのはどれか。

 

1. カドミウム
2. メチル水銀
3. 一酸化炭素
4. 二酸化硫黄

 

 

 

 

 

 

1.3.4

 

 

10 健康の保持・増進のために好ましくない生活習慣はどれか。

 

1. 1 日 1 万歩の歩行
2. 1 日 100g のアルコール摂取
3. 1 日 5g の塩分摂取
4. 1 日 500g の野菜摂取

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

3 我が国の下水道行政について正しいのはどれか。

 

1 都市下水路は雨水の排除を目的とする。
2 流域下水道は汚染された河川の水を処理する。
3 公共下水道は都道府県が管理する。
4 全国民の9割以上が下水道を利用している。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

4 ダニ以外で媒介される疾患はどれか。

 

1 ツツガムシ病
2 重症熱性血小板減少症候群
3 日本脳炎
4 日本紅斑熱

 

 

 

 

3

 

 

 

 

5 分母が人口でないのはどれか。

 

1 出生率
2 乳児死亡率
3 婚姻率
4 離婚率

 

 

 

 

2

 

 

 

 

6 高齢者の医療の確保に関する法律に基づく特定保健指導において、積極的支援の対象者の判定に用いな
い検査項目はどれか。

 

1 血圧
2 血糖
3 HDLコレステロール
4 肝機能

 

 

 

 

4

 

 

 

 

7 食中毒の対策として加熱処理が無効なのはどれか。

 

1 サルモネラ属
2 ブドウ球菌
3 カンピロバクター
4 ボツリヌス菌

 

 

 

 

2

 

 

 

 

8 五類感染症はどれか。

 

1 急性灰白髄炎
2 後天性免疫不全症候群
3 ジフテリア
4 腸管出血性大腸菌感染症

 

 

 

 

2

 

 

 

 

9 体液を介して感染する疾患はどれか。

 

1 腸チフス
2 B型肝炎
3 破傷風
4 コレラ

 

 

 

 

2

 

 

 

 

10 我が国で予防接種が行われていないのはどれか。

 

1 後天性免疫不全症候群
2 水痘
3 麻疹
4 結核

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

3 栄養素で推定平均必要量が算出できない場合に用いる指標はどれか。

 

1 推奨量
2 目安量
3 耐用上限量
4 目標量

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

4 年末の登録結核患者数を分子とし人口を分母とする指標はどれか。

 

1 有病率
2 罹患率
3 受療率
4 受診率

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

5 後天性免疫不全症候群について感染の危険性があるのはどれか。

 

1 汗
2 涙
3 唾液
4 母乳

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

6 我が国の2010年の老年人口割合で正しいのはどれか。

 

1 約14%
2 約19%
3 約23%
4 約28%

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

7 コホート研究で正しいのはどれか。

 

1 罹患率を求めることができる。
2 症例対照研究より研究期間が短い。
3 後ろ向き研究である。
4 まれな疾患を効率的に研究できる。

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

8 耳に痛みを感じ始める騒音レベル(デシベル)はどれか。

 

1 約40
2 約70
3 約100
4 約130

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

9 光化学オキシダントの原因とならないのはどれか。

 

1 オゾン
2 窒素酸化物
3 浮遊粒子状物質
4 硝酸ペルオキシアセチル

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

10 乳児死亡率を表す式はどれか。

 

1 (生後1未満の死亡数の合計)÷(人口)×1,000
2 (生後1年未満の死亡数の合計)÷(その年の出生数の合計)×1,000
3 (生後1年未満の死亡数の合計)÷(その年の出産数の合計)×1,000
4 (死産後の合計)÷(生後1年未満の死亡数の合計)×1,000

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

3 三次予防はどれか。

 

1 安全な水の供給
2 がん検診
3 事故防止
4 適正配置

 

 

 

 

4

 

 

 

 

4 腸炎ビブリオ食中毒について正しい記述はどれか。

 

1 冬季に多い。
2 潜伏期は平均20時間前後である。
3 原因菌は大腸菌群に分類される。
4 予防には加熱が有効である。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

5 乳児死亡について正しい記述はどれか。

 

1 生後1週未満の死亡率を早期新生児死亡という。
2 生後6週間の死亡を新生児死亡という。
3 乳児死亡の原因で最も多いのは乳幼児突然死症候群である。
4 新生児死亡数より早期新生児死亡数のほうが多い。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

6 後天性免疫不全症候群は感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で何類に分類されているか。

 

1 2類
2 3類
3 4類
4 5類

 

 

 

 

4

 

 

 

 

7 疫学研究における因果関係の判断基準で「時間的な関係」の内容はどれか。

 

1 高い相対危険である。
2 生物学的常識を矛盾しない。
3 複数の研究で同様な関連がみられる。
4 曝露が結果に先行している。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

8 我が国に最近の女性のがんの年齢調整死亡率で増加傾向にないのはどれか。3つ選べ。

 

1 大腸がん
2 乳がん
3 肺がん
4 食道がん

 

 

 

 

 

134※

 

 

 

 

9 がんと危険因子との組合せで正しいのはどれか。

 

1 胃がん---------高蛋白食
2 乳がん---------授乳
3 子宮頸がん-----ヒトパピローマウィルス
4 肺がん---------肥満

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

10 我が国における精神障害の入院形態で最初に検討すべき形態はどれか。

 

1 応急入院
2 措置入院
3 医療保護入院
4 任意入院

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

3 汚染が少ないほど測定値が高くなる指標はどれか。

 

1 BOD(生物学的酸素要求量)
2 COD(化学的酸素要求量)
3 DO(溶存酸素量)
4 pH(水素イオン濃度)

 

 

 

 

3

 

 

 

 

4 労働安全衛生法による特殊健康診断の対象となる業務はどれか。

 

1 VDT作業
2 過重労働
3 重量物運搬作業
4 放射線業務

 

 

 

 

4

 

 

 

 

5 高齢者の医療の確保に関する法律による特定健診の一次検査項目はどれか。

 

1 胸部エックス線検査
2 腹囲測定
3 眼底検査
4 心電図検査

 

 

 

 

2

 

 

 

 

6 二次予防はどれか。

 

1 健康診断
2 予防接種
3 禁煙
4 機能訓練

 

 

 

 

1

 

 

 

 

7 我が国の人口動態統計で乳児死亡の原因として最も多いのはどれか。

 

1 転落
2 窒息
3 乳幼児突然死症候群
4 先天異常

 

 

 

 

4

 

 

 

 

8 感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で1類感染症はどれか。

 

1 重症急性呼吸器症候群(SARS)
2 エボラ出血熱
3 後天性免疫不全症候群(AIDS)
4 コレラ

 

 

 

 

2

 

 

 

 

9 症例対照研究の利点はどれか。

 

1 情報の正確性が高い
2 まれな疾病にも対応できる
3 罹患率を求められる
4 交絡因子の影響を受けない

 

 

 

 

2

 

 

 

 

10 食道がんの危険因子はどれか。

 

1 アルコール飲料
2 大豆製品
3 緑黄色野莱
4 果実

 

 

 

 

1

 

 

 

 

3 プライマリヘルスケアに 関して誤 っているのはどれか。

 

1. 住民参加
2. 高度医療
3. 包括的保健システム
4. アルマ・アタ宣言

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

4 生活習慣病の予防に関連しないのはどれか。

 

1. 食生活
2. 運動
3. 予防接種
4. 健康診査

 

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

関連ページ

衛生学公衆衛生学 その2
鍼灸衛生学公衆衛生学過去問題です。第1回から衛生学公衆衛生学過去問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
衛生学公衆衛生学 その3
鍼灸衛生学公衆衛生学過去問題です。第1回から衛生学公衆衛生学過去問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
衛生学公衆衛生学 その4
鍼灸衛生学公衆衛生学過去問題です。第1回から衛生学公衆衛生学過去問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4
衛生学公衆衛生学 その5
鍼灸衛生学公衆衛生学過去問題です。第1回から衛生学公衆衛生学過去問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その5