鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

医療概論 その1

 

1 個人情報保護法による患者情報の取り扱いについて正しいのはどれか。

 

1. 利用目的は特定しない。
2. 内容を更新しない。
3. 本人への開示を遅滞しない。
4. 苦情へは対処しない。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

2 平成 24 年度衛生行政報告例による就業者数統計で最も少ない医療職種はどれか。

 

1. はり師
2. きゅう師
3. 柔道整復師
4. あん摩マッサージ指圧師

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

1 被用者保険でないのはどれか。

 

1 健康保険
2 船員保険
3 共済組合
4 国民健康保険

 

 

 

 

4

 

 

 

 

2 後期高齢者医療制度の財源について正しいのはどれか。

 

1 高齢者の支払う保険料は全財源の1割である。
2 他の医療保険者からの支援金はない。
3 国および地方自治体の負担は全財源の8割である。
4 75歳以上は保険料を免除される。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

1 医療の需要を最も増大させる要因はどれか。

 

1 医療機関の増加
2 先進医療機器の導入
3 人口集団の高齢化
4 診療報酬の引き上げ

 

 

 

 

3

 

 

 

 

2 我が国の公的医療保険制度の特徴で誤っている記述はどれか。

 

1 運営は保険者が行う。
2 一部負担金がある。
3 任意の加入である。
4 はり・きゅうの保険施術は現金給付である。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

1 介護保険制度について正しい記述はどれか。

 

1 介護認定は保健所に申請する。
2 要介護のレベルは4段階ある。
3 ケアプランは利用者が作成することはできない。
4 短期入所サービスは居宅者に対するサービスの1つである。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

2 医療従事者の倫理について適切でないのはどれか。

 

1 守秘義務がある。
2 患者の要求を優先する。
3 情報提供と説明を十分に行う。
4 援助者としての立場をとる。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

1 大企業(700人以上)の従業員を対象としている医療保険の保険者はどれか。

 

1 健康保険組合
2 全国健康保険協会
3 共済組合
4 国民健康保険組合

 

 

 

 

1

 

 

 

 

2 インフォームド・コンセントに含まれる権利はどれか。

 

1 男女の平等を求める権利
2 病院の経営状態を知る権利
3 公的医療費の扶助を受ける権利
4 治療の危険性の説明を受ける権利

 

 

 

 

4

 

 

 

 

1 我が国の医療保険制度で正しい記述はどれか。

 

1. 被用者保険本人は 10 割給付である 。
2. 財源はすべて保険料でまかなわ れる。
3. 国民全員が加入する 。
4. 保険料は所得にかかわらず一定 である。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

2 QOLの考え方から 最も遠いのはどれか。

 

1. 緩和ケア
2. 自然死
3. 尊厳死
4. 延命治療

 

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

1 我が国の公費負担医療制度に定められていないのはどれか。

 

1. 労災患者の入院医療費
2. 措置入院された精神障害者の入院医療費
3. 入院勧告された結核患者の入院医療費
4. 未熟児の入院医療費

 

 

 

 

 

 

1

 

 

2 施術者の倫理について誤っているのはどれか。

 

1. 十分な情報の提供
2. 患者の QOL の向上
3. 施術内容の記録保持
4. 患者の要求の優先

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

1 医の倫理と関係のないのはどれか。

 

1. インフォームド・コンセント
2. ヒポクラテスの誓い
3. 患者の権利宣言
4. 公費医療給付

 

 

 

 

 

 

4

 

 

2 はり・きゅうの施術で医療保険の療養費給付対象となる疾病はどれか。

 

1. 神経痛
2. 不眠症
3. 急性胃潰瘍
4. 胃癌

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

1 パターナリズム(父権主義)について正しい記述はどれか。

 

1. 小児医療に特有のである。
2. 治療方針は医療者が決める。
3. 医師患者関係は契約関係である。
4. 患者は医療内容について説明を受け同意する。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

2 我が国における脳死について正しい記述はどれか。

 

1. 脳死は法制化されていない。
2. 心臓移植に用いる心臓は脳死した者から摘出される。
3. 脳死の判定は医師の裁量による。
4. 深昏睡と同じである。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

1 我が国の国民医療費に含まれるのはどれか。

 

1. 正常分娩の費用
2. リハビリテーションの費用
3. 健康診断の費用
4. 入院時差額費用

 

 

 

 

 

 

2

 

 

2 予後不良状態にある末期患者が示す態度 5 段階に含まれないのはどれか。

 

1. 否認
2. 怒り
3. 協働
4. 受容

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

1 バイオエシックスの対象でないのはどれか。

 

1. 医療財政
2. 損害賠償
3. 人工授精
4. 安楽死

 

 

 

 

 

 

2

 

 

2 インフォームド・コンセントを含む医の倫理の国際規定はどれか。

 

1. ヒポクラテスの誓い
2. アルマ・アタ宣言
3. ジュネーブ宣言
4. ヘルシンキ宣言

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

1 プライマリーヘルスケアの理念を述べたのはどれか。

 

1. ヒポクラテスの誓い
2. ヘルシンキ宣言
3. アルマ・アタ宣言
4. 生命と倫理に関する懇談会規定

 

 

 

 

 

 

3

 

 

2 我が国の国民医療費に含まれるのはどれか。

 

1. 正常分娩の費用
2. 予防接種の費用
3. 健康診断の費用
4. 看護の費用

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

1 施術者の倫理について適切でないのはどれか。

 

1. 自己の健康管理
2. 施術の説明と同意
3. 施術内容の記録保持
4. 酒気帯び状態での施術

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

関連ページ

医療概論 その2
鍼灸医療概論過去問題です。第1回から医療概論過去問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
医療概論 その3
鍼灸医療概論過去問題です。第1回から医療概論過去問題があります。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3