第5回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第5回鍼灸師国家試験過去問題 その1

 

1 インフォームド・コンセントについて直接関係ないのはどれか。

 

1. 十分な説明
2. 理解と納得
3. 情報の提供
4. プライバシーの保護

 

 

 

 

 

 

4

 

 

2 公費負担によらない医療はどれか。

 

1. 養育医療
2. 特定疾患治療
3. 労災保険医療
4. 原子爆弾被爆者医療

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

3 VDT作業による症状で適切でないのはどれか。

 

1. 手・指・腕のだるさ
2. 目のつかれ
3. 集中力低下
4. 騒音性難聴

 

 

 

 

 

 

4

 

 

4 上水道の消毒方法はどれか。

 

1. 塩素
2. トリハロメタン
3. 煮沸
4. 過酸化水素水

 

 

 

 

 

 

1

 

 

5 環境基本法で典型 7 公害に含まれないのはどれか。

 

1. 大気汚染
2. 水質汚濁
3. 悪臭
4. 放射能汚染

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

6 我が国の衛生統計で正しいのはどれか。

 

1. 平均寿命は男女とも世界は第 1 位である。
2. 有病者数の第 1 位は糖尿病である。
3. 人口は男性の方が多い。
4. 出生数は女児の方が多い。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

7 血液を介して感染する疾患はどれか。

 

1. インフルエンザ
2. C型肝炎
3. 赤痢
4. 結核

 

 

 

 

 

 

2

 

 

8 光化学オキシダントの原因物質はどれか。

 

1. 二酸化硫黄
2. 二酸化炭素
3. 二酸化窒素
4. オゾン

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

9 精神障害者の入院について本人の同意により行われるのはどれか。

 

1. 措置入院
2. 医療保護入院
3. 応急入院
4. 任意入院

 

 

 

 

 

 

4

 

 

10 我が国の死亡原因で最も多いのはどれか。

 

1. 感染症
2. 成人病
3. 外因死
4. 妊産婦および乳児の疾患

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

11 按摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法令で規定する欠格事由はどれか。

 

1. 20 歳に満たない者
2. 外国国籍を有する者
3. 無免許施術を行った者
4. 身体障害者

 

 

 

 

 

 

3

 

 

12 食中毒の届出を規定する法律はどれか。

 

1. 食品衛生法
2. 地域保健法
3. 栄養改善法
4. 伝染病予防法

 

 

 

 

 

 

1

 

 

13 老人保健法の保健事業でないのはどれか。

 

1. 基本健康診査
2. がん検診
3. 機能訓練
4. ヘルパー派遣

 

 

 

 

 

 

4

 

 

14 施術業務が開始できるのはいつか。

 

1. 試験に合格したとき。
2. 合格証を受領したとき。
3. 免許証交付の申請を行ったとき。
4. 名簿に登録されたとき。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

15 胎児の臍静脈は生後どれに変化するか。

 

1. 索状の結合組織
2. 肝静脈
3. 脂肪組織
4. 鼠径靭帯の一部

 

 

 

 

 

 

1

 

 

16 最も大きい椎体をもつ椎骨はどれか。

 

1. 第 3 頸椎
2. 第 7 頸椎
3. 第 12 胸椎
4. 第 5 腰椎

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

17 筋とその作用との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 烏口腕筋 ― 前腕の屈曲
2. 長掌筋 ― 手の背屈
3. 膝窩筋 ― 下腿の内旋
4. 長腓骨筋 ― 足の内反

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

18 腓骨に停止する筋はどれか。

 

1. 縫工筋
2. 大腿二頭筋
3. 薄筋
4. 半腱様筋

 

 

 

 

 

 

2

 

 

19 肩関節の外旋筋はどれか。

 

1. 大胸筋
2. 広背筋
3. 大円筋
4. 小円筋

 

 

 

 

 

 

4

 

 

20 下鼻道に開口するのはどれか。

 

1. 上顎洞
2. 篩骨洞
3. 鼻涙管
4. 耳管

 

 

 

 

 

 

3

 

 

21 導管が口腔前庭に開口するのはどれか。

 

1. 耳下腺
2. 舌下腺
3. 舌腺
4. 顎下腺

 

 

 

 

 

 

1

 

22 咽頭について誤っている記述はどれか。

 

1. 咽頭筋は平滑筋からなる。
2. 咽頭扁桃は咽頭上部にある。
3. 後鼻孔で鼻腔とつながる。
4. 脊柱の直前に位置する。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

23 尿道について誤っている記述はどれか。

 

1. 男性尿道は前立腺を貫く。
2. 尿道括約筋は横紋筋である。
3. 男の外尿道口は陰茎亀頭にある。
4. 女性尿道は腟の後壁に接する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

24 生殖器について誤っている記述はどれか。

 

1. 精巣は陰嚢中に位置する。
2. 卵巣は骨盤腔に位置する。
3. 精索は精嚢を支持する。
4. 子宮円索は子宮を支持する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

25 内分泌腺について誤っている記述はどれか。

 

1. 下垂体前葉は神経組織で構成される。
2. 甲状腺は多数の濾胞で構成される。
3. 副腎は皮質と髄質とに分けられる。
4. ランゲルハンス島は膵臓内に分布する。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

26 鎖骨下動脈で栄養されない器官はどれか。

 

1. 脳
2. 甲状腺
3. 僧帽筋
4. 心臓

 

 

 

 

 

 

4

 

 

27 リンパ系について正しい記述はどれか。

 

1. 舌扁桃は舌尖にある。
2. 輸入リンパ管はリンパ節の門を通る。
3. 脾洞は血液で満たされる。
4. 胸腺は思春期以後発達する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

28 髄鞘を形成する細胞はどれか。

 

1. 星状膠細胞
2. プルキンエ細胞
3. シュワン細胞
4. 線維芽細胞

 

 

 

 

 

 

3

 

 

29 室間孔はどこにあるか。

 

1. 側脳室と第 3 脳室との間
2. 第 3 脳室と中脳水道との間
3. 中脳水道と第 4 脳室との間
4. 第 3 脳室と第 4 脳室との間

 

 

 

 

 

 

1

 

 

30 浅指屈筋を支配する神経はどれか。

 

1. 尺骨神経
2. 正中神経
3. 橈骨神経
4. 筋皮神経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

31 コルチ器があるのはどの部位か。

 

1. 半規管
2. 卵形嚢
3. 球形嚢
4. 蝸牛管

 

 

 

 

 

 

4

 

 

32 後頸三角を通らないのはどれか。

 

1. 副神経
2. 頸横動脈
3. 腕神経叢
4. 椎骨動脈

 

 

 

 

 

 

4

 

 

33 縦隔内に存在しない器官はどれか。

 

1. 食道
2. 肺
3. 心臓
4. 胸大動脈

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

34 リンパ系の機能について正しい記述はどれか。

 

1. 血液凝固に関与する。
2. 間質液中の異物を除く。
3. 赤血球の産生を促す。
4. 好中球を破壊する。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

35 凝集素をもたない血液型はどれか。

 

1. A型
2. B型
3. AB型
4. O型

 

 

 

 

 

 

3

 

 

36 心電図のQRS波が表す過程はどれか。

 

1. 心房の興奮
2. 心房の興奮消退
3. 心室の興奮
4. 心室の興奮消退

 

 

 

 

 

 

3

 

 

37 心臓迷走神経について誤っている記述はどれか。

 

1. 延髄に起始する。
2. 洞房結節に分布する。
3. 活動が高まると徐脈となる。
4. 房室弁の開閉を調節する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

38 呼吸調節におけるへーリング・ブロイエル反射について正しい記述はどれか。

 

1. 受容器は圧受容器である。
2. 求心路は交感神経である。
3. 反射中枢は視床にある。
4. 吸息中枢が抑制される。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

39 特異動的作用による産熱が起こるのはいつか。

 

1. 睡眠時
2. 早朝空腹時
3. 運動時
4. 食物摂取時

 

 

 

 

 

 

4

 

 

40 発熱について正しい記述はどれか。

 

1. 体温が 39℃になるとタンパク質が変性する。
2. 発熱物質の作用により産熱が高まる。
3. 深部体温は変化しない。
4. 中脳が関与する。

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

関連ページ

第5回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第5回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第5回鍼灸師国家試験過去問題 その3
鍼灸師国家試験過去問題です。第5回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
第5回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第5回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4