第6回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第6回鍼灸師国家試験過去問題 その2

 

41 水の再吸収を促進するホルモンはどれか。

 

1. パラソルモン
2. バゾプレッシン
3. グルカゴン
4. カルシトニン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

42 尿細管で分泌される物質はどれか。

 

1. アンモニア
2. ブドウ糖
3. アミノ酸
4. ナトリウムイオン

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

43 黄体ホルモンの作用で誤っている記述はどれか。

 

1. 受精卵の着床を容易にする。
2. 乳腺の発育を促す。
3. 排卵を促す。
4. 基礎体温を上げる。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

44 静止電位を生じる細胞膜内外の違いはどれか。

 

1. イオン分布
2. 水分分布
3. 浸透圧
4. pH

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

45 中枢神経系シナプスの化学伝達物質でないのはどれか。

 

1. ノルアドレナリン
2. アセチルコリン
3. グルタミン酸
4. クエン酸

 

 

 

 

 

 

4

 

 

46 大脳について正しい組合せはどれか。

 

1. 大脳基底核 ― 自律機能
2. 連合野 ― 統合機能
3. 大脳辺縁系 ― 言語機能
4. 中心後回 ― 運動機能

 

 

 

 

 

 

2

 

 

47 交感神経β受容体が関与する機能はどれか。

 

1. 心拍数の増加
2. 血管の収縮
3. 腸管の収縮
4. 散瞳

 

 

 

 

 

 

1

 

 

48 脊髄の運動ニューロンについて誤っている記述はどれか。

 

1. 細胞体は脊髄前角にある。
2. 上位中枢からの入力を受ける。
3. 伸張反射の反射弓に含まれる。
4. 神経支配比はどの筋も同じである。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

49 物体を注視するときに起こる反射はどれか。

 

1. 眼瞼反射
2. 角膜反射
3. 対光反射
4. 輻輳反射

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

50 刺鍼により感染する危険のない疾患はどれか。

 

1. A型肝炎
2. B型肝炎
3. C型肝炎
4. エイズ

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

51 少量でも生体に強い毒性を有する金属はどれか。

 

1. 鉄
2. 銅
3. 水銀
4. 亜鉛

 

 

 

 

 

 

3

 

 

52 痛風について誤っている記述はどれか。

 

1. 中高年の男性に多く発症する。
2. 蓚酸塩結晶の沈着によって起こる。
3. 関節や腱鞘の滑膜に肉芽腫を作る。
4. 発作性の激しい痛みを伴う。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

53 左心室肥大をきたすのはどれか。

 

1. 肺性心
2. 僧帽弁狭窄
3. 肺動脈弁狭窄
4. 大動脈弁狭窄

 

 

 

 

 

 

4

 

 

54 免疫反応の特徴として適切でないのはどれか。

 

1. 自己と非自己の識別
2. 抗原の記憶
3. 主役はBリンパ球
4. 抗原抗体結合の特異性

 

 

 

 

 

 

3

 

 

55 腫瘍とその好発部位との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 乳頭腫 ― 膀胱
2. 腺腫 ― 大腸
3. 横紋筋腫 ― 子宮
4. 脂肪腫 ― 皮下組織

 

 

 

 

 

 

3

 

 

56 遺伝する疾患はどれか。

 

1. ダウン症候群
2. 進行性筋ジストロフィー症
3. 猫鳴き症候群
4. アザラシ肢症

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

57 スプーン状爪のみられるのはどれか。

 

1. 細菌性食中毒
2. 糸球体腎炎
3. 血友病
4. 鉄欠乏性貧血

 

 

 

 

 

 

4

 

 

58 眼球運動に関与しない神経はどれか。

 

1. 視神経
2. 動眼神経
3. 滑車神経
4. 外転神経

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

59 下位運動ニューロン障害で正しいのはどれか。

 

1. 腱反射の亢進
2. 筋萎縮
3. 不随意運動
4. 感覚障害

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

60 自律神経症状はどれか。

 

1. ラセーグ徴候
2. バビンスキー徴侯
3. ホルネル症候
4. ブラウンセカール症候

 

 

 

 

 

 

3

 

 

61 反射と徴候との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 病的反射 ― 錐体路徴候
2. 頸動脈反射 ― 血圧下降
3. 輻輳反射 ― 瞳孔散大
4. 対光反射 ― 瞳孔縮小

 

 

 

 

 

 

3

 

 

62 髄膜刺激症候でないのはどれか。

 

1. 項部硬直
2. ロンベルグ徴候
3. ブルジンスキー徴候
4. ケルニッヒ徴候

 

 

 

 

 

 

2

 

 

63 心電図が診断上有用でない疾患はどれか。

 

1. 解離性大動脈瘤
2. 期外収縮
3. 狭心症
4. 心筋梗塞

 

 

 

 

 

 

1

 

 

64 三叉神経痛を発症しやすい疾患はどれか。

 

1. 上顎洞炎
2. 扁桃炎
3. 喉頭炎
4. 内耳炎

 

 

 

 

 

 

4

 

 

65 手指の変形と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. ヘバーデン結節 ― 変形性関節症
2. ボタン穴変形 ― 慢性関節リウマチ
3. くも状指 ― マルファン症候群
4. デュプイトレン拘縮 ― 感染症

 

 

 

 

 

 

4

 

 

66 乏血性ショックの症状でないのはどれか。

 

1. 頻脈
2. 血圧下降
3. 中心静脈圧上昇
4. 尿量減少

 

 

 

 

 

 

3

 

 

67 ウイルス感染症でないのはどれか。

 

1. 急性灰白髄炎(ポリオ)
2. 脊髄癆
3. ヘルペス脳炎
4. 日本脳炎

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

68 鶏歩を示すのはどれか。

 

1. 腓骨神経麻痺
2. 進行性筋ジストロフィー症
3. 片麻痺
4. パーキンソン病

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

69 血小板が減少する疾患はどれか。

 

1. 鉄欠乏性貧血
2. 血友病
3. 再生不良性貧血
4. 慢性白血病

 

 

 

 

 

 

3

 

 

70 急性腎孟腎炎の尿所見で適切でないのはどれか。

 

1. 細菌尿
2. 脂肪円柱
3. 白血球円柱
4. タンパク尿

 

 

 

 

 

 

2

 

 

71 突発性難聴の症状で適切でないのはどれか。

 

1. 伝音難聴
2. 耳鳴り
3. 耳の閉塞感
4. めまい

 

 

 

 

 

 

1

 

 

72 眼疾患とその徴候との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 緑内障 ― 眼圧上昇
2. 白内障 ― 角膜混濁
3. 眼精疲労 ― 調節異常
4. 麦粒腫 ― 眼瞼腫脹

 

 

 

 

 

 

2

 

 

73 不随意運動のみられない疾患はどれか。

 

1. 舞踏病
2. ウイルソン病
3. 筋萎縮性側索硬化症
4. アテトーゼ

 

 

 

 

 

 

3

 

 

74 神経疾患について正しい組合せはどれか。

 

1. 脳虚血発作 ― 脳圧亢進
2. 脊髄空洞症 ― 失語症
3. 進行性麻痺 ― 血管けいれん
4. 脳腫瘍 ― 乳頭浮腫

 

 

 

 

 

 

4

 

 

75 胆石症で適切でないのはどれか。

 

1. コレステロール結石
2. ビリルビン結石
3. アルカリフォスファターゼ値低下
4. 黄疸

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

76 膵臓癌で適切でない記述はどれか。

 

1. 体重減少がある。
2. 食欲不振がある。
3. 心窩部痛を起こしやすい。
4. 血清アミラーゼ値が低下する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

77 C型肝炎で適切でない記述はどれか。

 

1. 経口感染する。
2. 食欲不振がある。
3. 肝腫大がある。
4. 肝硬変に移行しやすい。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

78 労作性狭心症発作の特徴でない記述はどれか。

 

1. 食事によっても誘発される。
2. 安静によって軽快する。
3. 持続時間は 30 分以上である。
4. ニトログリセリンが有効である。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

79 肺気腫の原因として適切でないのはどれか。

 

1. 加齢
2. 肺癌
3. 慢性気管支炎
4. 喫煙

 

 

 

 

 

 

2

 

 

80 虚血性心疾患の危険因子(リスク要因)はどれか。

 

1. タンパク尿
2. 不整脈
3. 高尿酸血症
4. 高脂血症

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

関連ページ

第6回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第6回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第6回鍼灸師国家試験過去問題 その3
鍼灸師国家試験過去問題です。第6回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
第6回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第6回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4