第7回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第7回鍼灸師国家試験過去問題 その3

 

81 形態異常の組合せで正しいのはどれか。

 

1. 先天性股関節脱臼 ― 処女歩行遅延
2. 先天性内反足 ― X脚
3. 生理的内反膝 ― O脚
4. 外反母指 ― 間欠性跛行

 

 

 

 

 

 

1

 

 

82 エイズについて正しい記述はどれか。

 

1. 予防接種が有効である。
2. 食物からも感染する。
3. ウイルスが原因である。
4. 感染者は隔離の必要がある。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

83 気管支喘息について正しい記述はどれか。

 

1. 若年者より老人に多い。
2. 低酸素血症をきたしやずい。
3. 人工呼吸は禁忌である。
4. 予後は良好である。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

84 熱傷の重症度に関係しないのはどれか。

 

1. 年 齢
2. 性 別
3. 受傷面積
4. 損傷の深さ

 

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

85 神経疾患と所見との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 多発性硬化症 ― 髄液タンパク減少
2. 多発性神経炎 ― 痙性麻痺
3. 脊髄癆 ― 腱反射亢進
4. シャイ・ドレーガー症候群 ― 起立性低血圧

 

 

 

 

 

 

4

 

 

86 神経疾患と症状との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. パーキンソン病 ― 無動
2. 進行性筋ジストロフィー症 ― 筋強剛(固縮)
3. 脊髄空洞症 ― 感覚解離
4. アテトーゼ ― 不随意運動

 

 

 

 

 

 

2

 

 

87 錐体外路系疾患はどれか。

 

1. 筋萎縮性側索硬化症
2. 重症筋無力症
3. 舞踏病
4. アルツハイマー病

 

 

 

 

 

 

3

 

 

88 意識が保たれる麻酔法はどれか。

 

1. 静脈麻酔
2. 硬膜外麻酔
3. 吸入麻酔
4. 直腸麻酔

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

89 障害のうち能力低下への対応で誤っているのはどれか。

 

1. 車椅子処方
2. ADL訓練
3. 利き手交換
4. 家屋改造

 

 

 

 

 

 

4

 

 

90 障害の評価の目的で適切でないのはどれか。

 

1. 疾患原因の検討
2. 障害原因の検討
3. 治療目標の設定
4. 治療方法の検討

 

 

 

 

 

 

1

 

 

91 効率の良い歩き方の特徴はどれか。

 

1. 立脚中期で膝関節は屈曲しない。
2. 重心は水平に移動する。
3. 骨盤は左右に移動する。
4. 骨盤は回旋しない。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

92 日常生活動作として適切でないのはどれか。

 

1. 歩 行
2. 買 物
3. 食 事
4. 更 衣

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

93 脳卒中の回復に関して誤っている記述はどれか。

 

1. ブルンストロームのステージに従って回復する。
2. 発症後 6 か月ころから回復が著明となる。
3. 上肢の回復予後は一般に悪い。
4. ホームプログラムは機能維持に有用である。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

94 下肢の切断について誤っている記述はどれか。

 

1. 循環障害に起因する切断は減少している。
2. 拘縮の予防に伏臥位をとらせる。
3. 断端浮腫に対して弾性包帯をまく。
4. 幻肢は失われた部位が残っている感覚である。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

95 C6 損傷(第 7 頸髄節以下の損傷)の患者ができない動作はどれか。

 

1. 寝返り動作
2. 坐位保持
3. 移乗動作
4. 起立動作

 

 

 

 

 

 

4

 

 

96 慢性閉塞性肺疾患のリハビリテーションで適切でないのはどれか。

 

1. 気道の清浄化
2. 胸郭のストレッチ
3. 呼吸補助筋を使った呼吸
4. 口すぼめ呼吸訓練

 

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

97 衛気について誤っているのはどれか。

 

1. 水穀の悍気のことをいう
2. 脈外をめぐる
3. ?理の開闔を行う
4. 先天の精から得られる

 

 

 

 

 

 

4

 

 

98 臓腑について正しい組合せはどれか。

 

1. 心 ― 将軍の官
2. 肺 ― 作強の官
3. 胆 ― 中正の官
4. 小腸 ― 伝導の官

 

 

 

 

 

 

3

 

 

99 腎が主るのはどれか。

 

1. 納 気
2. 血 脈
3. 宣 散
4. 疏 泄

 

 

 

 

 

 

1

 

 

100 五臓と五液との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 肝 ― 汗
2. 心 ― 涎
3. 脾 ― 涙
4. 肺 ― 涕

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

101 肺の病証でみられるのはどれか。

 

1. 耳鳴り
2. 咳 嗽
3. 不 眠
4. 腰 痛

 

 

 

 

 

 

2

 

 

102 気滞の症状でないのはどれか。

 

1. 胸苦しい
2. 息切れ
3. 腹部の脹った痛み
4. イライラ

 

 

 

 

 

 

2

 

 

103 不内外因でないのはどれか。

 

1. 過 食
2. 暑 熱
3. 過 労
4. 外 傷

 

 

 

 

 

 

2

 

 

104 奇恒の腑でないのはどれか。

 

1. 女子胞
2. 髄
3. 胆
4. 三 焦

 

 

 

 

 

 

4

 

 

105 六部定位脈診で右尺中で診る臓腑はどれか。

 

1. 肝と胆
2. 心と小腸
3. 心包と三焦
4. 腎と膀胱

 

 

 

 

 

 

3

 

 

106 珠をころがしたような脈はどれか。

 

1. 緩脈
2. 洪脈
3. 滑脈
4. 弦脈

 

 

 

 

 

 

3

 

 

107 腎を診る舌診部位はどれか。

 

1. 舌 根
2. 舌中央
3. 舌 辺
4. 舌 尖

 

 

 

 

 

 

1

 

 

108 次の文で示す刺法はどれか。「焼鍼を刺して即ち痺を取る。」

 

1. 大瀉刺
2. 分刺
3. 輸刺
4. ?刺

 

 

 

 

 

 

4

 

 

109 難経六十九難で経渠穴と商丘穴とに瀉法を行うのはどれか。

 

1. 肝実証
2. 脾実証
3. 肺実証
4. 腎実証

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

110 五臓五刺で関刺を用いるのはどれか。

 

1. 肝
2. 心
3. 脾
4. 腎

 

 

 

 

 

 

1

 

 

111 補の施灸で誤っているのはどれか。

 

1. 小さい艾?を用いる。
2. 艾?を軟らかくひねる。
3. 風を送り燃焼させる。
4. 灰の上に重ねて施灸する。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

112 前腕の経絡流注と神経の走行との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 心包経 ― 尺骨神経
2. 心経 ― 正中神経
3. 大腸経 ― 橈骨神経
4. 小腸経 ― 正中神経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

113 膀胱経について正しい記述はどれか。

 

1. 下腿の流注は遠心性である。
2. 心包経と表裏関係にある。
3. 腎経から連なる。
4. 陰に属する経絡である。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

114 足の第 4 指末端に終わる経絡はどれか。

 

1. 足の太陽膀胱経
2. 足の少陰腎経
3. 足の厥陰肝経
4. 足の少陽胆経

 

 

 

 

 

 

4

 

 

115 女子胞から起こって腹部を上行する経絡はどれか。

 

1. 肝経
2. 腎経
3. 帯脈
4. 衝脈

 

 

 

 

 

 

4

 

 

116 神闕穴の外方 3 寸 5 分を通る経絡はどれか。

 

1. 足の少陽胆経
2. 足の太陰脾経
3. 足の陽明胃経
4. 足の少陰腎経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

117 八会と経穴との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 臓会 ― 中?
2. 腑会 ― 章門
3. 筋会 ― 陽陵泉
4. 血会 ― 大杼

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

118 大菱形筋上にない経穴はどれか。

 

1. 巨骨
2. 魄戸
3. 膏肓
4. 肺兪

 

 

 

 

 

 

1

 

 

119 肝兪穴と同じ高さにあるのはどれか。

 

1. 至陽
2. 筋縮
3. 膈関
4. 陽綱

 

 

 

 

 

 

2

 

 

120 取穴法で正しい記述はどれか。

 

1. 水分は神闕の上方 5 分に取る。
2. 太乙は天枢の上方 3 寸に取る。
3. 横骨は曲骨の外方 5 分に取る。
4. 日月は期門の下方 1 寸に取る。

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

関連ページ

第7回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第7回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第7回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第7回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第7回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第7回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4