第8回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第8回鍼灸師国家試験過去問題 その4

 

121 橈骨神経の支配領域にある経穴はどれか。

 

1. 尺沢
2. 天井
3. 内関
4. 神門

 

 

 

 

 

 

2

 

 

122 五行穴の主治で誤っている記述はどれか。

 

1. 井穴は心下満を主る。
2. 栄穴は喘咳寒熱を主る。
3. 兪穴は体重節痛を主る。
4. 合穴は逆気して泄を主る。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

123 絡穴はどれか。

 

1. 孔最
2. 養老
3. 大鐘
4. 衝陽

 

 

 

 

 

 

3

 

 

124 八会穴に属さない経穴はどれか。

 

1. 三陰交
2. 膈兪
3. ?中
4. 懸鐘(絶骨)

 

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

125 霊枢経脈篇の治療原則で正しい記述はどれか。

 

1. 虚するときは則ち之を瀉す。
2. 熱するときは則ち之を補す。
3. 寒するときは則ち之を疾す。
4. 陥下するときは則ち之を灸す。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

126 次の文で示す患者の病証に対し、難経六十九難に基づき補法を行う治療穴はどれか。
「40 歳の女性。1 年前から歩きすぎると膝が痛み、眩暈と手足のひきつりが時々起こる。脈状は弦脈。」

 

1. 曲泉、陰谷
2. 大都、少府
3. 太淵、太白
4. 復溜、経渠

 

 

 

 

 

 

1

 

 

127 次の文で示す病証に対する適切な治療穴はどれか。
「四肢の無力感、息切れ及び食欲不振。顔色が悪く黄色。舌苔白。脈が弱い。」

 

1. 太白
2. 太衝
3. 京骨
4. 丘墟

 

 

 

 

 

 

1

 

 

128 肩痛の罹患部位と局所治療穴との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. 棘上筋 ― 巨骨
2. 肩甲下筋 ― 天?
3. 棘下筋 ― 天宗
4. 腱板部 ― 肩?

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

129 次の文で示す患者の病態に対する適切な治療はどれか。
「35 歳の女性。食欲がなく、やせて顔色が悪い。少し動くと息切れがして疲れる。低血圧で朝起きるのがつ
らい。脈は弱い。」

 

1. 脾経に補法の灸を行う。 2. 肝経に補法の灸を行う。
3. 腎経に瀉法の鍼を行う。 4. 肺経に瀉法の鍼を行う。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

130 出産後、頸肩部の経絡が滋養されないことで起こる肩こりに対する適切な治療法はどれか。

 

1. 心の血を補う。 2. 肝の血を補う。
3. 脾の気を補う。 4. 肺の気を補う。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

131 理学的検査と刺鍼部位との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. エデンテスト陽性 ― 気戸
2. アドソンテスト陽性 ― 缺盆
3. アレンテスト陽性 ― 天鼎
4. ヤーガソンテスト陽性 ― 臑会

 

 

 

 

 

 

4

 

 

132 頭部の神経痛と治療穴との組合せで適切なのはどれか。

 

1. 三叉神経第 1 枝痛 ― 後頂
2. 三叉神経第 3 枝痛 ― 完骨
3. 大後頭神経痛 ― 玉枕
4. 小後頭神経痛 ― 百会

 

 

 

 

 

 

3

 

 

133 次の文で示す患者の病態に対する治療穴で適切なのはどれか。
「45 歳の女性。1 年前から水泳を始めた。最近クロールの際右肩に痛みが起こる。ペインフルアークサイン陽
性。」

 

1. 臑会
2. 天府
3. 肩?
4. 肩外兪

 

 

 

 

 

 

3

 

 

134 次の文で示す患者の病態に対し、罹患部への局所治療穴として適切なのはどれか。
「50 歳の男性。左官業。上肢に痛みとしびれが出現し、作業により増悪する。ライトテスト陽性。ジャクソ
ンテスト陰性。」

 

1. 肩井
2. 顴?
3. 中府
4. 天?

 

 

 

 

 

 

3

 

 

135 次の文で示す病態に対し、神経絞扼部に直接刺激を与える治療穴はどれか。
「手掌中央部が痛む。指先の感覚が鈍く、しびれもある。」

 

1. 曲池
2. 大陵
3. 陰?
4. 支正

 

 

 

 

 

 

2

 

 

136 次の文で示す患者の病態に対し、適切な刺鍼部位はどれか。
「30 歳の男性。椎間板ヘルニアを発症し腰下肢が痛む。患側では足指屈曲時の筋力低下、足底部の知覚鈍麻、
アキレス腱反射の減弱がみられる。」

 

1. L2−L3 間の直側
2. L3−L4 間の直側
3. L4−L5 間の直側
4. L5−S1 間の直側

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

137 次の文で示す麻痺に対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
「足関節の屈曲が困難となり、爪先立ちができない。」

 

1. 前脛骨筋
2. 長指伸筋
3. 腓腹筋
4. 短腓骨筋

 

 

 

 

 

 

3

 

 

138 次に示す部位への施術が効果的な運動麻痺はどれか。
「鎖骨上窩、腋窩、内側上腕二頭筋溝および浅指屈筋と長掌筋との間」

 

1. すべての指の伸展不能
2. 四指の内・外転不能
3. 母指対立運動不能
4. 手関節伸展不能

 

 

 

 

 

 

3

 

 

139 メニエール病に対する治療方針として適切でないのはどれか。

 

1. 内耳の循環改善
2. 視機能の改善
3. 自律神経機能の改善
4. 頸部の筋の過緊張の改善

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

140 次の文で示す患者の病態に対し、治療対象となる罹患筋はどれか。
「45 歳の男性。テニスをする際、バックハンドストローク時に肘に痛みを感じる。チェアテスト陽性。」

 

1. 回外筋
2. 橈側手根屈筋
3. 長掌筋
4. 短橈側手根伸筋

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

141 次の古代九鍼のうち皮膚を切開するのはどれか。

 

1. 毫鍼
2. 長鍼
3. 大鍼
4. ハ鍼

 

 

 

 

 

 

4

 

 

142 最も古くからある鍼法はどれか。

 

1. 撚鍼法
2. 打鍼法
3. 管鍼法
4. 皮内鍼法

 

 

 

 

 

 

1

 

 

143 1 寸 6 分の 3 番鍼の太さと長さとの組合せで正しいのはどれか。

 

1. 0.17mm ― 50mm
2. 0.20mm ― 50mm
3. 0.17mm ― 60mm
4. 0.20mm ― 60mm

 

 

 

 

 

 

2

 

 

144 雀啄を用いる手技はどれか。

 

1. 屋漏術
2. 回旋術
3. 間歇術
4. 内調術

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

145 最も弱い刺激となる手技はどれか。

 

1. 振せん術
2. 乱鍼術
3. 管散術
4. 旋撚術

 

 

 

 

 

 

3

 

 

146 鍼の過誤について誤っている記述はどれか。

 

1. 抜鍼困難な時は回旋術を行う。
2. 刺鍼後に残る違和感を予防するために後揉法を了寧に行う。
3. 折鍼した時は静かに皮膚を押し下げて折片を探す。
4. 感染防止にはディスポーザブル鍼を使用する。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

147 内因性オピオイドの効果を特異的に消失させる物質はどれか。

 

1. セロトニン
2. ブラジキニン
3. ナロキソン
4. ヒスタミン

 

 

 

 

 

 

3

 

 

148 常習性便秘に対する背部の鍼治療の効果はどの作用によるか。

 

1. 誘導作用
2. 転調作用
3. 防御作用
4. 反射作用

 

 

 

 

 

 

4

 

 

149 鍼刺激が膵臓のホルモンに与える影響を調べる場合、指標とならないのはどれか。

 

1. グルカゴン
2. オキシトシン
3. インスリン
4. ソマトスタチン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

150 圧発汗反射の学説で圧迫側に起こる反応として正しい組合せはどれか。

 

1. 発汗 ― 増加
2. 腋窩温 ― 低下
3. 血圧 ― 上昇
4. 鼻粘膜毛細血管 ― 収縮

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

151 艾の品質について正しい組合せはどれか。

 

1. 線維は細かい ― 粗悪
2. 色調は灰白色 ― 良質
3. 熱感は温和 ― 粗悪
4. 灰は少ない ― 良質

 

 

 

 

 

 

4

 

 

152 うおのめの治療に適した灸法はどれか。

 

1. 焦灼灸
2. 打膿灸
3. 知熱灸
4. 透熱灸

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

153 灸施術の刺激量について誤っている記述はどれか。

 

1. 艾?は大きいほど強刺激である。
2. 壮数は多いほど強刺激である。
3. ひねりは軟らかいほど強刺激である。
4. 有痕灸は無痕灸より強刺激である。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

154 患者への灸の刺激量を決める要因でないのはどれか。

 

1. 施術部位
2. 体格
3. 飲酒の経験
4. 灸治療の経験

 

 

 

 

 

 

3

 

 

155 施灸直後から増加する血液成分はどれか。

 

1. 白血球
2. 赤血球
3. コレステロール
4. アルブミン

 

 

 

 

 

 

1

 

 

156 灸刺激が下垂体一副腎皮質系に影響を及ほした場合に変化するのはどれか。

 

1. インスリン
2. アドレナリン
3. カルシトニン
4. ACTH

 

 

 

 

 

 

4

 

 

157 有痕灸の施灸局所で起こらない現象はどれか。

 

1. タンパク質の変性
2. ブラジキニンの産生
3. 血管透過性の充進
4. 内因性鎮痛物質の産生

 

 

 

 

 

 

4

 

 

158 エアポケット現象と関連の深いのはどれか。

 

1. 良導点
2. 圧診点
3. 撮診点
4. 丘疹点

 

 

 

 

 

 

2

 

 

159 内因性オピオイドに属さないのはどれか。

 

1. エンドルフィン
2. ノルアドレナリン
3. ダイノルフィン
4. エンケファリン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

160 生体のフィードバック機構を説明した学説はどれか。

 

1. サイバネティックス
2. 汎適応症候群
3. 条件反射
4. 過剰刺激症候群

 

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

関連ページ

第8回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第8回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第8回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第8回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第8回鍼灸師国家試験過去問題 その3
鍼灸師国家試験過去問題です。第8回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3