第8回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第8回鍼灸師国家試験過去問題 その2

 

41 血液の浸透圧を感受する部位はどれか。

 

1. 副腎髄質
2. 脳幹
3. 下垂体前葉
4. 視床下部

 

 

 

 

 

 

4

 

 

42 ホルモンとその作用との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. プロゲステロン ― 妊娠の維持
2. 黄体形成ホルモン ― 排卵の誘発
3. エストロゲン ― 卵胞の発育
4. オキシトシン ― 子宮筋の弛緩

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

43 神経組織の損傷でみられないのはどれか。

 

1. グリア細胞の増殖
2. 神経細胞体の再生
3. 神経線維の再生
4. 神経線維の逆行変性

 

 

 

 

 

 

2

 

 

44 自律神経の二重支配を受けないのはどれか。

 

1. 唾液腺
2. 心臓
3. 立毛筋
4. 膀胱

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

45 心筋の特徴で誤っている記述はどれか。

 

1. 強縮する。
2. 絶対不応期は骨格筋より長い。
3. 自動性をもつ。
4. 自律神経支配を受ける。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

46 膝蓋腱反射について誤っている記述はどれか。

 

1. 受容器は筋紡錘である。
2. 多シナプス反射である。
3. α運動ニューロンが関与する。
4. 脊髄反射である。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

47 受容器と神経線維との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 圧覚受容器 ― Aβ線維
2. 腱紡錘 ― Aγ線維
3. 冷覚受容器 ― Aδ線維
4. 痛覚受容器 ― C線維

 

 

 

 

 

 

2

 

 

48 痛覚について誤っている記述はどれか。

 

1. 脊髄視床路を上行する。
2. 順応しやすい。
3. 関連痛は内臓炎症時に生じやすい。
4. 鋭い痛みはAδ線維で伝えられる。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

49 平衡感覚に関与しないのはどれか。

 

1. 有毛細胞
2. コルチ器官
3. リンパ
4. 平衡砂

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

50 熱傷による作用として誤っているのはどれか。

 

1. タンパク質の凝固
2. 細胞膜の崩壊
3. 酵素の活性化障害
4. DNAの溶解

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

51 肺の脂肪塞栓症の原因とならないのどれか。

 

1. 早期胎盤剥離
2. 大腿骨骨折
3. 肥満体の腹部手術
4. 交通事故による挫滅

 

 

 

 

 

 

1

 

 

52 糖尿病の合併症の中で細小血管障害によらないのはどれか。

 

1. 腎症
2. 白内障
3. 網膜症
4. ニューロパチー

 

 

 

 

 

 

2

 

 

53 結核菌について誤っている記述はどれか。

 

1. 結核菌に感染した者はすべて発症する。
2. 幼児と老人の結核は全身散布されやすい。
3. 結核菌はマクロファージ内でも分裂増殖する。
4. 結核菌に対する免疫反応はTリンパ球が主体である。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

54 エイズについて正しい記述はどれか。

 

1. 飛沫感染する。
2. 病原体はヘルペスウイルスである。
3. 好中球の極度の減少が主な病変である。
4. 死因は日和見感染が主である。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

55 瘢痕組織の主体を占めるのはどれか。

 

1. 毛細血管
2. 膠原線維
3. 遊走細胞
4. 再生上皮

 

 

 

 

 

 

2

 

 

56 腫瘍の間質について誤っている記述はどれか。

 

1. 肝細胞癌の間質は毛細血管からなる。
2. 硬性癌には膠原線維が多い。
3. 肉腫では腫瘍細胞と間質の境界が明瞭である。
4. 浸潤性発育を示すのは悪性腫瘍である。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

57 低身長を起こさない疾患はどれか。

 

1. 下垂体前葉機能不全症
2. ターナー症候群
3. クレチン病
4. クラインフェルター症候群

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

58 湿疹の症候でないのはどれか。

 

1. 膨疹
2. 紅斑
3. 小水庖
4. 鱗屑

 

 

 

 

 

 

1

 

 

59 表在反射でないのはどれか。

 

1. 角膜反射
2. 咽頭反射
3. 下顎反射
4. 挙睾筋反射

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

60 下痢を主訴としない疾患はどれか。

 

1. 十二指腸憩室
2. 胃切除後症候群
3. 過敏性腸症候群
4. 潰瘍性大腸炎

 

 

 

 

 

 

1

 

 

61 随時血圧測定で誤っている記述はどれか。

 

1. 坐位で測定する。
2. 収縮期血圧はスワンは第 5 点で判定する。
3. 収縮期血圧は触診法で測定できる。
4. 収縮期血圧は触診法よりも聴診法で高値を示す。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

62 脱臼直後の処置として適切でないのはどれか。

 

1. 整復
2. 固定
3. 冷却
4. 関節穿刺

 

 

 

 

 

 

4

 

 

63 骨粗鬆症で骨折しにくい部位はどれか。

 

1. 脊椎椎体
2. 頭蓋骨
3. 大腿骨頸部
4. 橈骨遠位端

 

 

 

 

 

 

2

 

 

64 細菌が原因となる感染症はどれか。

 

1. インフルエンザ
2. C型肝炎
3. カンジダ症
4. 腸チフス

 

 

 

 

 

 

4

 

 

65 一次救命処置に含まれないのはどれか。

 

1. 気道確保
2. 口−口式人工呼吸
3. バッグ・マスク式人工呼吸
4. 胸骨圧迫心臓マッサージ

 

 

 

 

 

 

3

 

 

66 言語を理解できないのはどれか。

 

1. ブローカ失語
2. ウェルニッケ失語
3. 健忘失語
4. 伝導失語

 

 

 

 

 

 

2

 

 

67 歩行について誤っている組合せはどれか。

 

1. 鶏歩 ― 下位運動ニューロン障害
2. 痙性歩行 ― 上位運動ニューロン障害
3. アヒル歩行 ― 錐体外路障害
4. 失調性歩行 ― 小脳障害

 

 

 

 

 

 

3

 

 

68 正しい組合せはどれか。

 

1. 痙性麻痺 ― 折りたたみナイフ現象
2. 弛緩性麻痺 ― 鉛管現象
3. 筋強剛(固縮) ― 反射亢進
4. 痙直 ― 振り子様運動

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

69 子宮筋腫について正しいのはどれか。

 

1. 20 歳代に好発する
2. 子宮頸部に好発する
3. 不妊症の原因となる
4. 過少月経となる

 

 

 

 

 

 

3

 

 

70 腎盂腎炎を起こしにくいのはどれか。

 

1. 馬蹄腎
2. 尿路結石
3. 膀胱尿管逆流現象
4. 尿崩症

 

 

 

 

 

 

4

 

 

71 ギラン・バレー症候群で誤っているのはどれか。

 

1. 髄液タンパク減少
2. 四肢脱力
3. 深部反射減弱
4. 顔面神経麻痺

 

 

 

 

 

 

1

 

 

72 四肢麻痺をきたす疾患はどれか。

 

1. 褐色細胞腫
2. 尿崩症
3. アジソン病
4. 原発性アルドステロン症

 

 

 

 

 

 

4

 

 

73 尿酸の代謝障害が原因となる急性関節炎はどれか。

 

1. 慢性関節リウマチ
2. 痛風
3. 変形性関節症
4. 乾癬性関節炎

 

 

 

 

 

 

2

 

 

74 呼吸とその原因との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 頻呼吸 ― 脳圧亢進
2. クスマウル大呼吸 ― 糖尿病性アシドーシス
3. 起坐呼吸 ― 心不全
4. チェーン・ストークス呼吸 ― 尿毒症

 

 

 

 

 

 

1

 

 

75 疾患と検査との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 胆石症 ― 超音波検査
2. 急性膵炎 ― 内視鏡検査
3. 大腸癌 ― 便潜血反応
4. 肝癌 ― CT検査

 

 

 

 

 

 

2

 

 

76 細菌性心内膜炎で誤っている記述はどれか。

 

1. 歯科治療が誘因となりやすい。
2. 心雑音が聴取される。
3. 顕微鏡的血尿が出現する。
4. 多血症となる。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

77 貧血について誤っている組合せはどれか。

 

1. 鉄欠乏性貧血 ― 大球性正色素性赤血球
2. 悪性貧血 ― ビタミンB12 欠乏
3. 再生不良性貧血 ― 汎血球減少
4. 溶血性貧血 ― 黄疸

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

78 変形性関節症でヘバーデン結節のみられる関節はどれか。

 

1. 指関節
2. 肩関節
3. 股関節
4. 膝関節

 

 

 

 

 

 

1

 

 

79 動脈疾患とその症状との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 解離性大動脈瘤 ― 体幹部激痛
2. 閉塞性動脈硬化症 ― 虚血性潰瘍
3. レイノー病 ― 間欠性跛行
4. 大動脈炎症候群 ― 橈骨動脈拍動減弱

 

 

 

 

 

 

3

 

 

80 第 4−5 腰椎椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。

 

1. ラセーグテスト陰性
2. 膝蓋腱反射正常
3. 下腿後面部の感覚鈍麻
4. 大腿四頭筋萎縮

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

関連ページ

第8回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第8回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第8回鍼灸師国家試験過去問題 その3
鍼灸師国家試験過去問題です。第8回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
第8回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第8回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4