第9回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第9回鍼灸師国家試験過去問題 その4

 

121 自経の経穴を募穴とするのはどれか。

 

1. 手の少陽三焦経
2. 手の陽明大腸経
3. 足の太陽膀胱経
4. 足の少陽胆経

 

 

 

 

 

 

4

 

 

122 体重節痛を主る経穴はどれか。

 

1. 霊道
2. 魚際
3. 陰谷
4. 太白

 

 

 

 

 

 

4

 

 

123 至陽穴と同じ高さにあるのはどれか。

 

1. 肝兪
2. ??
3. 膈兪
4. 魂門

 

 

 

 

 

 

3

 

 

124 腓腹筋上にある経穴はどれか。

 

1. 承山
2. 陽輔
3. 三陰交
4. 太谿

 

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

125 東洋医学的な治療原則で誤っているのはどれか。

 

1. 陰陽の調整
2. 急なれば則ちその標を治す
3. 瀉虚補実
4. 証に基づく治療

 

 

 

 

 

 

3

 

 

126 スポーツ障害と罹患局所への治療穴との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. 野球肩 − 臑会
2. ジャンパー膝 − 犢鼻
3. アキレス腱炎 − 承筋
4. フォアハンドテニス肘 − 曲池

 

 

 

 

 

 

4

 

 

127 次の文で示す患者の病証に対し、難経六十九難に基づき補法を行う治療穴はどれか。
「55 歳の男性。慢性の腰下肢痛がある。倦怠感と耳鳴りを伴う。脈は細弱。」

 

1. 足三里
2. 復溜
3. 行間
4. 解谿

 

 

 

 

 

 

2

 

 

128 次の文で示す患者の病証に対し、治療対象となる経絡はどれか。
「35 歳の女性。約 1 か月前から食欲不振となり軟便がある。やせ型で内臓下垂がみられる。」

 

1. 手の太陽小腸経
2. 手の陽明大腸経
3. 足の太陰脾経
4. 足の厥陰肝経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

129 次の文で示す患者の病証に対し、気の疎通を図る臓腑はどれか。
「45 歳の女性。のぼせと腰下肢の冷えがある。口渇を伴い、舌尖紅。脈は細弱。」

 

1. 腎と肝
2. 腎と肺
3. 心と腎
4. 心と脾

 

 

 

 

 

 

3

 

 

130 次の文で示す患者の病証に対し、補法を行う経穴はどれか。
「25 歳女性。半年前から月経周期の乱れ、月経血量の減少がある。下肢の筋のひきつり、目のかすみなどを
訴える。」

 

1. 太衝
2. 衝陽
3. 太淵
4. 陽池

 

 

 

 

 

 

1

 

 

131 風寒の邪による顔面麻痺に対し、治療対象となるのはどれか。

 

1. 太陽経
2. 陽明経
3. 厥陰経
4. 少陰経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

132 頭部の神経痛と罹患神経を対象とした治療穴との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 三叉神経第 1 枝痛 − 天柱
2. 三叉神経第 2 枝痛 − 四白
3. 三叉神経第 3 枝痛 − 浮白
4. 大後頭神経痛 − 完骨

 

 

 

 

 

 

2

 

 

133 秉風穴から神経刺鍼を目的として治療を行う場合、対象としている肩関節の運動障害はどれか。

 

1. 屈曲
2. 伸展
3. 外転
4. 内旋

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

134 次の文で示す症状に対し、罹患筋への局所治療穴として適切なのはどれか。
「足関節の屈曲および外がえし運動で下腿部の痛みが増悪する。」

 

1. 足三里
2. 陽交
3. 合陽
4. 三陰交

 

 

 

 

 

 

2

 

 

135 次の文で示す患者の病態に対する低周波鍼通電療法の通電部位として適切なのはどれか。
「55 歳の男性。頸を右へ側屈すると上肢に鈍痛が起こる。右前腕外側に知覚鈍麻がみられる。」

 

1. C4−C5 間の直側と肘膠
2. C5−C6 間の直側と偏歴
3. C6−C7 間の直側と大陵
4. C7−C8 間の直側と神門

 

 

 

 

 

 

2

 

 

136 次の文で示す患者の病態に対し、適切な刺鍼部位はどれか。
「45 歳の男性。右肩前面の痛みを訴える。外転外旋時に痛みがあり、スピードテスト及びヤーガソンテスト
陽性。」

 

1. 棘上部
2. 棘下部
3. 結節間溝部
4. 烏口突起部

 

 

 

 

 

 

3

 

 

137 神経麻痺と罹患局所への治療穴との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 橈骨神経麻痺 − 温溜
2. 尺骨神経麻痺 − 神門
3. 総腓骨神経麻痺 − 浮?
4. 脛骨神経麻痺 − 懸鐘

 

 

 

 

 

 

4

 

 

138 疲労に対する鍼灸治療で最も慎重にしなければならないのはどれか。

 

1. 肩こりを伴うもの
2. 下肢の冷えを伴うもの
3. 精神的緊張を伴うもの
4. 発熱を伴うもの

 

 

 

 

 

 

4

 

 

139 小児疳虫に対し、古来から行われてきた施灸の部位はどの高さの棘突起下にあるか。

 

1. 左右肩甲棘内端を結ぶ線
2. 左右肩甲骨下角を結ぶ線
3. 左右第 1.2 肋骨先端を結ぶ線
4. 左右腸骨稜最上部を結ぶ線

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

140 オスグッド病の罹患局所に対する施術部位として適切でないのはどれか。

 

1. 大腿四頭筋部
2. 側副靱帯部
3. 膝蓋靱帯部
4. 脛骨粗面部

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

141 金鍼の特徴はどれか。

 

1. 弾力性が小さい。
2. 通電に適する。
3. 刺入痛が出やすい。
4. 酸化しにくい。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

142 切皮後に鍼管を用いて刺激を与える方法でないのはどれか。

 

1. 副刺激術
2. 示指打法
3. 管散術
4. 内調術

 

 

 

 

 

 

3

 

 

143 弾入を繰り返すのはどれか。

 

1. 屋漏術
2. 随鍼術
3. 間歇術
4. 細刺術

 

 

 

 

 

 

4

 

 

144 現行の鍼で古代九鍼と同名のものはどれか。

 

1. 毫鍼
2. 三稜鍼
3. 円皮鍼
4. 皮内鍼

 

 

 

 

 

 

1

 

 

145 鍼の副作用と対策との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 脳貧血 − 返し鍼
2. 刺鍼後の違和感 − 後揉法
3. 内出血 − 迎え鍼
4. 抜鍼困難 − 示指打法

 

 

 

 

 

 

3

 

 

146 ディスポーザブル鍼の滅菌に用いられるのはどれか。

 

1. エタノール
2. ホルマリン
3. エチレンオキサイド
4. グルタールアルデヒド

 

 

 

 

 

 

3

 

 

147 鍼刺激が迷走神経に及ぼす影響をみる場合に適切でない臓器はどれか。

 

1. 心臓
2. 膵臓
3. 小腸
4. 膀胱

 

 

 

 

 

 

4

 

 

148 刺鍼による血流改善のメカニズムに関与するのはどれか。

 

1. 軸索反射
2. 屈曲反射
3. 伸張反射
4. 内臓−内臓反射

 

 

 

 

 

 

1

 

 

149 内因性オピオイドが関与するのはどれか。

 

1. ナトリウムポンプ
2. TCA サイクル
3. レニン・アンジオテンシン系
4. 下行性抑制系

 

 

 

 

 

 

4

 

 

150 ストレス学説で交絡抵抗が現れる時期はどれか。

 

1. ショック期
2. 抗ショック期
3. 抵抗期
4. 疲憊期

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

151 灸法でともに灸痕を残さないのはどれか。

 

1. 温灸と焦灼灸
2. 灸頭鍼と弘法の灸
3. 生姜灸と棒灸
4. 知熱灸と透熱灸

 

 

 

 

 

 

3

 

 

152 打膿灸について誤っているのはどれか。

 

1. 灸あたりを起こしやすい
2. 指頭大の艾?を用いる
3. 高齢の虚弱者に適する
4. 背腰部に施灸する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

153 艾の燃焼時間が長くなるのはどれか。

 

1. 送風する。
2. 硬くひねる。
3. 艾?を小さくする。
4. 良質の艾を使用する。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

154 温熱刺激を与えない灸法はどれか。

 

1. ビワの葉灸
2. 紅灸
3. 生姜灸
4. ニンニク灸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

155 有痕灸施灸時の注意事項で適切でないのはどれか。

 

1. 正しく同一点に施灸する。
2. 施灸部を消毒する。
3. 拍動部には強刺激を与える。
4. 刺激過多を防ぐ。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

156 灸施術の防衛作用に関係するとされているのはどれか。

 

1. 網内系
2. 脳幹網様体賦活系
3. 大脳辺緑系
4. 下行性抑制系

 

 

 

 

 

 

1

 

 

157 灸刺激の作用で正しいのはどれか。

 

1. 白血球数の増加
2. 赤血球数の減少
3. 血液凝固時間の延長
4. 血小板数の減少

 

 

 

 

 

 

1

 

 

158 透熱灸による熱痛覚を伝える神経線維はどれか。

 

1. Aα線維
2. Aβ線維
3. B 線維
4. C 線維

 

 

 

 

 

 

4

 

 

159 内因性オピオイドとナロキソンとが結合する受容体はどれか。

 

1. ヒスタミン受容体
2. モルヒネ受容体
3. ドパミン受容体
4. セロトニン受容体

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

160 施灸局所で産生されないのはどれか。

 

1. キニン類
2. ヒスタミン
3. プロスタグランジン
4. 糖質コルチコイド

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

関連ページ

第9回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第9回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第9回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第9回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第9回鍼灸師国家試験過去問題 その3
鍼灸師国家試験過去問題です。第9回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3