第9回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第9回鍼灸師国家試験過去問題 その3

 

81 低カリウム血症の症状でないのはどれか。

 

1. 腱反射亢進
2. 四肢麻痺
3. 腹部膨満
4. 脱力感

 

 

 

 

 

 

1

 

 

82 性行為感染症でないのはどれか。

 

1. 梅毒
2. 副睾丸結核
3. クラミジア感染症
4. 淋病

 

 

 

 

 

 

2

 

 

83 症状とその軽減体位との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. うっ血性心不全 − 起坐位
2. 一側性気胸 − 患側上位の側臥位
3. 一側性胸水 − 健側上位の側臥位
4. 腹痛 − 仰臥位

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

84 突発性難聴で誤っているのはどれか。

 

1. 突然に発症する。
2. 感音難聴である。
3. 耳鳴りを伴う。
4. 顔面神経麻痺を伴う。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

85 子宮癌で正しい記述はどれか。

 

1. 頸癌よりも体癌が多い。
2. 初発症状は腰痛が多い。
3. 組織診断が重要である。
4. ホルモン療法が第一選択である。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

86 脊椎麻酔で手術が可能な骨折の部位はどれか。

 

1. 鎖骨
2. 上腕骨
3. 肋骨
4. 大腿骨

 

 

 

 

 

 

4

 

 

87 3-3-9 度方式で、大声で呼びかけると開眼する意識状態はどれか。

 

1. 3
2. 10
3. 20
4. 30

 

 

 

 

 

 

3

 

 

88 感染が原因でない疾患はどれか。

 

1. 化膿性骨髄炎
2. 大動脈炎症候群
3. ひょう疽
4. よう

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

89 内部障害はどれか。

 

1. 視覚障害
2. 聴覚言語障害
3. 肢体不自由
4. 膀胱直腸障害

 

 

 

 

 

 

4

 

 

90 手根管を通過しないのはどれか。

 

1. 浅指屈筋腱
2. 深指屈筋腱
3. 正中神経
4. 尺骨神経

 

 

 

 

 

 

4

 

 

91 正常歩行周期について誤っている記述はどれか。

 

1. 立脚期と遊脚期の比率は 6 対 4 である。
2. 重心が最も低くなるのは立脚中期である。
3. 骨盤の回旋は重心の上下動を小さくする。
4. 一側の膝関節は屈曲と伸展をそれぞれ 2 回行う。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

92 片麻痺の理学療法で正しい記述はどれか。

 

1. マット上で膝立ち訓練を行う。
2. 立位保持は膝の過伸展を利用する。
3. 杖歩行では杖の次に健側下肢を前に出す。
4. 浴槽へは患側下肢から入る。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

93 脳性麻痺について正しい記述はどれか。

 

1. 痙直型は腱反射が低下する。
2. アテトーゼ型は不随意運動がみられない。
3. 失調型は平衡機能が保たれる。
4. 弛緩型は抗重力姿勢が保てない。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

94 頸髄損傷患者の障害でないのはどれか。

 

1. 四肢麻痺
2. 失禁
3. 嚥下障害
4. 肺活量低下

 

 

 

 

 

 

3

 

 

95 慢性関節リウマチの理学療法で適切でない記述はどれか。

 

1. 全身訓練により呼吸運動の維持を図る。
2. 関節可動域訓練は愛護的に行う。
3. 筋力維持増強訓練は他動運動を中心に行う。
4. 疼痛を軽減する目的でホットパックを用いる。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

96 変形性膝関節症について誤っている記述はどれか。

 

1. 肥満は悪化要因になる。
2. 進行すると外反変形を生じやすい。
3. 大腿四頭筋の徒手抵抗運動を行う。
4. 側方不安定性には装具を用いる。

 

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

97 肺の生理作用はどれか。

 

1. 疏泄
2. 統血
3. 宣散
4. 納気

 

 

 

 

 

 

3

 

 

98 五臓と五味との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 肝 − 辛
2. 心 − 酸
3. 脾 − 甘
4. 肺 − 苦

 

 

 

 

 

 

3

 

 

99 五臓の相生関係で正しい記述はどれか。

 

1. 肝は肺の子である。
2. 脾は心の母である。
3. 肺は心の子である。
4. 腎は肝の母である。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

100 次の文で示す病証を呈する経絡はどれか。「前胸部から心下部への圧迫感、腹部膨満感があり、
下肢内側の腫れと痛み、足の母指の麻痺がある。」

 

1. 足の太陰脾経
2. 足の太陽膀胱経
3. 足の陽明胃経
4. 足の少陽胆経

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

101 次の病証を示す臓腑はどれか。「発育の遅れ、難聴、不眠、内臓下垂」

 

1. 肝
2. 胃
3. 肺
4. 腎

 

 

 

 

 

 

4

 

 

102 熱証の特徴でないのはどれか。

 

1. 発汗
2. 動悸
3. 下痢
4. 口渇

 

 

 

 

 

 

3

 

 

103 病因についての記述で適切でないのはどれか。

 

1. 房事過多は腎をおかしやすい。
2. 湿邪は心をおかしやすい。
3. 飲食労倦は脾をおかしやすい。
4. 風邪は肝をおかしやすい。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

104 腹診で誤っている記述はどれか。

 

1. 胸脇苦満は心実証でみられる。
2. 五臓診では肝の状態は臍の左側で診る。
3. 上実下虚の腹は脾実腎虚にみられる。
4. 天枢穴では大腸の異常を診る。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

105 九道の脈はどれか。

 

1. 細脈
2. 浮脈
3. 弦脈
4. 遅脈

 

 

 

 

 

 

1

 

 

106 八綱のうち病証を総括するのはどれか。

 

1. 陰陽
2. 虚実
3. 寒熱
4. 表裏

 

 

 

 

 

 

1

 

 

107 脈についての記述で誤っているのはどれか。

 

1. 臍下丹田の動悸で先天の原気を診る。
2. 虚里の動で腎の働きを診る。
3. 四季の移り変わりに応じて変動する。
4. 祖脈は脈状の基本である。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

108 五臓五刺で心に応ずる刺法はどれか。

 

1. 合谷刺
2. 半刺
3. 豹文刺
4. 輸刺

 

 

 

 

 

 

3

 

 

109 迎随の補瀉で瀉法となるのはどれか。

 

1. 太白穴に踵の方向に向けて刺す。
2. 復溜穴に足関節の方向に向けて刺す。
3. 経渠穴に手関節の方向に向けて刺す。
4. 陽池穴に肘関節の方向に向けて刺す。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

110 陰陽の邪気を出し、水穀の気の循りを良くする刺法はどれか。

 

1. 十二刺
2. 九刺
3. 五刺
4. 三刺

 

 

 

 

 

 

4

 

 

111 難経六十九難で太淵と太白に補法を行うのはどれか。

 

1. 肝虚証
2. 心虚証
3. 脾虚証
4. 肺虚証

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

112 次の文で示す奇経はどれか。「足の少陰の築賓から起こり、大腿内側を上って下腹部に入る。」

 

1. 陰維脈
2. 陰?脈
3. 衝脈
4. 帯脈

 

 

 

 

 

 

1

 

 

113 外眼角で接続している経絡はどれか。

 

1. 手の太陽小腸経と足の太陽膀胱経
2. 足の太陰脾経と手の少陰心経
3. 手の陽明大腸経と足の陽明胃経
4. 手の少陽三焦経と足の少陽胆経

 

 

 

 

 

 

4

 

 

114 取穴法で正しい記述はどれか。

 

1. 委陽は膝窩横紋の内端に取る。
2. 懸鐘は外果から陽陵泉に向かい 5 寸に取る。
3. 照海は内果の直下 1 寸に取る。
4. 隠白は足の第 1 指外側爪甲根部に取る。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

115 手関節横紋からの寸法が同じ経穴の組合せはどれか。

 

1. 間使 − 三陽絡
2. 孔最 − 手三里
3. ?門 − 温溜
4. 列缺 − 通里

 

 

 

 

 

 

3

 

 

116 眉毛外端と外眼角との中央から後 1 寸の陥凹部にある経穴はどれか。

 

1. 印堂
2. 太陽
3. 眉衝
4. 糸竹空

 

 

 

 

 

 

2

 

 

117 第 1 腰椎棘突起下外方 3 寸 5 分に取る経穴はどれか。

 

1. 腰眼
2. 痞根
3. 風市
4. 気海兪

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

118 同じ高さにある経穴はどれか。

 

1. 脊中と脾兪
2. 懸枢と胃兪
3. 神闕と腹結
4. 中極と横骨

 

 

 

 

 

 

1

 

 

119 経穴と神経との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 支正 − 橈骨神経
2. 内関 − 尺骨神経
3. 光明 − 浅腓骨神経
4. 条口 − 深腓骨神経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

120 手の小指に始まり、前腕後面の尺側から肩甲部を経て顔面に至る経絡はどれか。

 

1. 手の少陰心経
2. 手の厥陰心包経
3. 手の太陽小腸経
4. 手の少陽三焦経

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

関連ページ

第9回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第9回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第9回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第9回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第9回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第9回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4