第25回鍼灸師国家試験過去問題 その3

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第25回鍼灸師国家試験過去問題 その3

問81.

 

中殿筋のMMTについて正しい組み合わせはどれか。

 

 

1.MMT1―――中殿筋に筋収縮がみられる。

 

2.MMT2―――重力に抗して股関節外転を保持できる。

 

3.MMT3―――中等度の抵抗に抗して股関節外転を保持できる。

 

4.MMT4―――高度の抵抗に抗して股関節外転を保持できる。

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問82.

 

車いすのタイプで、起立性低血圧発作のある場合に用いるのはどれか。

 

 

1.リクライニングタイプ

 

2.スポーツタイプ

 

3.トラベラータイプ

 

4.スタンダードタイプ

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問83.

 

一生続く姿勢反射はどれか。

 

 

1.自動歩行

 

2.モロー反射

 

3.パラシュート反射

 

4.非対称性緊張性頚反射

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問84.

 

右大脳半球の脳卒中でよくみられるのはどれか。

 

 

1.右片麻痺

 

2.球麻痺

 

3.失語症

 

4.左半側空間無視

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問85.

 

体内力源式上腕義手について正しいのはどれか。

 

 

1.力源は患側の肩の力を利用する。

 

2.ケーブルによって力が伝達される。

 

3.操作の練習は主に理学療法士によって行われる。

 

4.手先具を動かす場合は肘継ぎ手の固定を解除する。

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問86.

 

脳性麻痺の定義について正しいのはどれか。

 

 

1.進行性病変に基づく。

 

2.永続的な運動障害である。

 

3.脊髄病変も関与する。

 

4.症状は生後4週以内に発現する。

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問87.

 

心臓リハビリテーションの適応となるのはどれか。

 

 

1.うっ血性心不全(NYHA W度)

 

2.急性大動脈解離

 

3.高度な大動脈弁狭窄

 

4.冠動脈バイパス術後

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問88.

 

短対立装具の適応となるのはどれか。

 

 

1.正中神経麻痺

 

2.尺骨神経麻痺

 

3.橈骨神経麻痺

 

4.腋窩神経麻痺

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問89.

 

相剋関係にある経脈の絡穴の組み合わせはどれか。

 

 

1.外関―――通里

 

2.蠡溝―――大鍾

 

3.公孫―――偏歴

 

4.飛揚―――内関

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問90.

 

五行色体で相剋関係にある組合せはどれか。

 

 

1.筋―――唾

 

2.血脈――涎

 

3.肌肉――涕

 

4.皮毛――汗

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

問91.

 

三焦を通って全身に分布する気はどれか。

 

 

1.原気

 

2.宗気

 

3.営気

 

4.衛気

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問92.

 

水の上源といわれる臓腑はどれか。

 

 

1.脾

 

2.肺

 

3.腎

 

4.膀胱

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問93.

 

心下付近に結ぶ経筋はどれか。

 

 

1.足の三陰

 

2.足の三陽

 

3.手の三陰

 

4.手の三陽

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問94.

 

次の文で示す患者の症状を引き起こす六淫はどれか。「55歳の女性。梅雨の頃より頭や体が思く、四肢がだるくなり、関節が腫れ、下痢をするようになった。」

 

 

1.風邪

 

2.暑邪

 

3.湿邪

 

4.寒邪

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問95.

 

五労と傷られる臓が現す症状の組合せで正しいのはどれか。

 

 

1.久視――――語

 

2.久臥――――欠

 

3.久坐――――呑

 

4.久立――――咳

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問96.

 

経脈病証で前胸部、心下部、腋下部の圧迫感、下腿内側の腫れや痛みがみられるのはどれか。

 

 

1.陽明胃経病証

 

2.太陰脾経病証

 

3.少陽胆経病証

 

4.厥陰肝経病証

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問97.

 

脈診で左手関上「浮」に配当される臓腑の募穴はどれか。

 

 

1.日月

 

2.関元

 

3.章門

 

4.石門

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問98.

 

次の文で示す患者の病証でみられ舌象はどれか。「43歳の男性。主訴は頭痛。めまい、目赤、胸脇苦
満を伴う。最近、仕事上のストレスを抱えている。」

 

 

1.紫舌

 

2.紅舌

 

3.青舌

 

4.淡白舌

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問99.

 

難経六十九難により腎虚の補法を行う選穴部位はどれか。

 

 

1.上腕二頭筋腱外方の陥凹部、肘窩横紋上

 

2.手関節前面横紋上で、橈骨動脈拍動部

 

3.足内側、舟状骨粗面の下方、赤白肉際

 

4.太渓の上方2寸で、アキレス腱と長指屈筋との間

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問100.

 

「31歳の女性。主訴は頭痛と肩こり。月経は不定期で月経時に頭痛が憎悪し、下腹部痛も出現す
る。月経血にに血塊がみられ、舌下静脈の怒張もみられる。」本患者の痛みの特徴はどれか。

 

 

1.夜間に痛みが増悪する。

 

2.だるい感じの痛みが現れる。

 

3.冷やすと疼痛が軽減する。

 

4.痛む部位が移動する。

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

問101.

 

「31歳の女性。主訴は頭痛と肩こり。月経は不定期で月経時に頭痛が憎悪し、下腹部痛も出現す
る。月経血にに血塊がみられ、舌下静脈の怒張もみられる。」本患者の病証でみられる脈状はどれか。

 

 

1.浮いていて細軟の脈

 

2.ざらざらとして渋滞したような脈

 

3.弾力に富み、琴の弦を按じるような脈

 

4.絹糸のように細くて力があり、按じて左右に移る脈

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問102.

 

内眼角で接続する経脈の井穴の組合せで正しいのはどれか。

 

 

1.隠白――少衝

 

2.商陽――児[

 

3.関衝――足竅陰

 

4.少沢――至陰

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問103.

 

骨度で犢鼻から下巨虚までと同じなのはどれか。

 

 

1.前髪際中点から後髪際中点

 

2.胸骨体下端から臍中央

 

3.腋窩横紋前端から肘窩

 

4.中指尖から手関節横紋

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問104.

 

骨度で大腸系の?穴から臂臑までと同じなのはどれか。

 

 

1.陽維脈の?穴から中?

 

2.膀胱経の合土穴から承扶

 

3.胃経の?穴から気衝

 

4.陽?脈の?穴から委陽

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問105.

 

陽?脈の八脈交会穴の部位で正しいのはどれか。

 

 

1.第4・第5中足骨底接合部の遠位、第5指の長指伸筋腱外側の陥凹部

 

2.内果尖の下方1寸、内果下方の陥凹部

 

3.内果後下方、踵骨上方、アキレス腱付着部内側前方の陥凹部

 

4.外果尖の直下、外果下縁と踵骨の間の陥凹部

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問106.

 

三叉神経第1枝の領域にある経穴はどれか。

 

 

1.四白

 

2.迎香

 

3.素?

 

4.下関

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問107.

 

デルマトームC6領域上に位置する経穴はどれか。

 

 

1.後渓

 

2.中渚

 

3.液門

 

4.魚際

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問108.

 

経穴と腱の位置関係で正しいのはどれか。

 

 

1.通里は尺側手根屈筋腱の尺側にある。

 

2.陽渓は長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の間にある。

 

3.中封は後脛骨筋腱の前縁にある。

 

4.陰谷は半腱様筋腱の外縁にある。

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問109.

 

奇穴の子宮と同じ高さにある経穴はどれか。

 

 

1.急脈

 

2.大赫

 

3.水道

 

4.府舎

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問110.

 

体重節痛の際に用いる経穴部位で正しいのはどれか。

 

 

1.第4・第5中足骨底接合部の遠位、第5指の長指伸筋腱外側の陥凹部

 

2.内果後下方、踵骨上方、アキレス腱付着部内側前側の陥凹部

 

3.足外側、第5中足骨粗面の遠位、赤白肉際

 

4.足関節前内側、前脛骨筋腱内側の陥凹部、内果尖の前方

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

問111.

 

下肢にある?穴の部位はどれか。

 

 

1.内側広筋隆起部、膝蓋骨底内端の上方2寸

 

2.脛骨内側面の中央、内果尖の上方5寸

 

3.腓骨の前方、外果尖の上方7寸

 

4.外果尖の直下、外果下縁と踵骨の間の陥凹部

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問112.

 

八総穴で督脈の主治穴の部位はどれか。

 

 

1.第5中手指節関節尺側の近位陥凹部、赤白肉際

 

2.橈骨と尺骨の骨間の中点、手関節背側横紋の上方2寸

 

3.長掌筋腱と撓側手根屈筋腱の間、手関節掌側横紋の上方2寸

 

4.長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の間、手関節掌側横紋の上方1寸5分

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問113.

 

奇穴と経穴が同じ高さにある組合せはどれか。

 

 

1.定喘―――肩外兪

 

2.接脊―――胃兪

 

3.痞根―――腎兪

 

4.腰眼―――関元兪

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問114.

 

小円筋のトリガーポイント好発部位に当たるのはどれか。

 

 

 

1.天宗

 

2.肩貞

 

3.秉風

 

4.肩外兪

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問115.

 

睡眠障害をきたす病証と随伴症状の組合せで最も適切なのはどれか。

 

 

1.心火――――食欲不振

 

2.肝火――――腰痛

 

3.痰熱――――胃?部のつかえ

 

4.心脾両虚――口苦

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問116.

 

次の文で示す患者の病証で最も適切なのはどれか。「43歳の女性。主訴は下痢。最近、近隣の住人とのトラブルがあり、咽のつかえを自覚し、よくため息をつくようになった。その後下痢を発症。腹痛の後に生じることが多い。」

 

 

1.肝気犯脾証

 

2.心脾両虚証

 

3.脾胃湿熱証

 

4.脾腎陽虚証

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問117.

 

次の文で示す患者の病証で最も適切なのはどれか。「82歳の女性。主訴は腰痛。頻尿があり、くしゃみなどで失禁することがある。」

 

 

 

1.腎陽虚

 

2.腎精不足

 

3.腎不納気

 

4.腎気不固

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問118.

 

次の文で示す患者の病証に対する治療方針で適切なのはどれか。「32歳の男性。項から背中にかけてこわばりを自覚した。強い悪寒と軽い熱っぽさも伴う。鼻がつまり咳が出てきたため来院。脈は浮緊。」

 

 

1.解表

 

2.潤肺

 

3.利湿

 

4.和胃

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問119.

 

次の文で示す患者の病証に対し、八会穴を用いて治療を行う場合最も、適切なのはどれか。「35歳の女性。1か月前に出産し、現在授乳中だが、乳房に張った感じがなく、乳汁の分泌が少ない。出産時に出血が多かったせいか顔色は青白く、爪や唇の色は白っぽい。舌質は淡、脈は虚細。」

 

 

1.膈兪

 

2.大杼

 

3.陽陵泉

 

4.太淵

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問120.

 

次の文で示す患者の病証に対して原絡配穴法により治療を行う場合、経穴部位として最も適切なのはどれか。「48歳の男性。主訴は腰痛。痛みで上体を反らすことができない。咽の渇き、陰嚢の疼痛を伴うこともある。」

 

 

1.下腿前内側、脛骨内側面の中央、内果尖の上方5寸

 

2.下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方5寸

 

3.足関節後内側、内果尖とアキレス腱の間の陥凹部

 

4.足外側、第5中足骨粗面の遠位、赤白肉際

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

第25回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第25回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第25回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第25回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第25回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第25回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4