第24回鍼灸師国家試験過去問題 その3

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第24回鍼灸師国家試験過去問題 その3

第24回鍼灸師国家試験過去問題

 

問81.

 

標準失語症検査においてブローカ失語の正解率が最も低い項目はどれか。

 

 

1.聴く

 

2.読む

 

3.話す

 

4.復唱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

問82.

 

正常歩行について正しいのはどれか。

 

 

1.歩行速度が遅くなると二重支持期は短くなる。

 

2.1歩行周期に一側の膝関節は2回屈曲する。

 

3.一側の踵接地からつま先離れまでを1歩という。

 

4.一側の踵と他側のつま先との間の距離を歩隔という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

問83.

 

脳卒中の肩手症候群に対するリハビリテーションで正しいのはどれか。

 

 

1.温熱療法は禁忌である。

 

2.頸椎牽引が有効である。

 

3.関節可動域訓練は禁忌である。

 

4.星状神経節ブロックが有効である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

問84.

 

第7頸髄節残存の脊髄損傷後に生じる合併症とその対応の組合せで最も適切なのはどれか。

 

 

1.起立性低血圧――――座位保持

 

2.殿部褥瘡――――――プッシュアップ

 

3.排尿障害――――――持続留置カテーテル

 

4.自律神経過反射―――下肢弾性ストッキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

問85.

 

我が国において1990年以降の下肢切断の原因として最も多いのはどれか。

 

 

1.外傷

 

2.骨髄炎

 

3.骨肉腫

 

4.糖尿病性壊疽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

問86.

 

急性心筋梗塞後のリハビリテーションについて最も適切なのはどれか。

 

 

1.外来では行わない。

 

2.6週間プログラムで行う。

 

3.負荷試験をしながら進める。

 

4.最大酸素摂取量での心拍数まで行う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

問87.

 

変形性股関節症に対する運動療法で最も適切なのはどれか。

 

 

1.階段昇降

 

2.水中歩行

 

3.ジョギング

 

4.トランポリン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

問88.

 

パーキンソン病のヤール分類とリハビリテーションの組合せで最も適切なのはどれか。

 

 

1.ステージT―――歩行訓練

 

2.ステージU―――立ち上がり動作訓練

 

3.ステージV―――立位バランス訓練

 

4.ステージW―――電動車椅子操作訓練

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

問89.

 

陰陽学説で同じ属性の組合せはどれか。

 

 

1.内部――上部

 

2.奇数――老年

 

3.左側――衛気

 

4.静止――急性

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

問90.

 

五行色体の組合せで正しいのはどれか。

 

 

1.唾――呻

 

2.香――鼻

 

3.辛――思

 

4.爪――神

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

スポンサーリンク

 

問91.

 

肺に作用して発声・呼吸を推動するのはどれか。

 

 

1.営気

 

2.衛気

 

3.宗気

 

4.元気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

問92.

 

五神の志を蔵すのはどれか。

 

 

1.脾

 

2.肺

 

3.腎

 

4.肝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

問93.

 

外邪とその特徴の組合せで正しいのはどれか。

 

 

1.火邪――動血

 

2.風邪――収斂

 

3.湿邪――遊走性

 

4.寒邪――粘滞性

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

問94.

 

次の文で示す症状の病因はどれか。「2日前から喉が痛む。鼻がつまり、頭が痛く、顔がむくむ。」

 

 

1.風邪

 

2.湿邪

 

3.暑邪

 

4.燥邪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

問95.

 

腎陽虚証の症状はどれか。

 

 

1.煩熱

 

2.浮腫

 

3.不眠

 

4.口渇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

問96.

 

病証と症状の組合せで正しいのはどれか。

 

 

1.肝血虚――目の充血

 

2.脾気虚――内臓下垂

 

3.心陽虚――盗汗

 

4.肺陰虚――壮熱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

問97.

 

次の文で示す経脈の病証はどれか。「48歳の女性。発汗、喉の腫れがあり、耳が聞こえにくく、耳鳴りが続く。」

 

 

1.足の陽明経

 

2.手の太陽経

 

3.足の少陰経

 

4.手の少陽経

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

問98.

 

陰虚にみられる舌苔はどれか。

 

 

1.厚苔

 

2.潤苔

 

3.膩苔

 

4.少苔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

問99.

 

次の文で示す患者の腹診所見はどれか。「75歳の女性。半年前から膝に力が入らない。姿勢は前かがみで、1回の尿量が少なく、足がむくむ。」

 

 

1.胸脇苦満

 

2.虚里の動

 

3.少(小)腹急結

 

4.小腹不仁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

問100.

 

次の文で示す症状に対し、難経六十九難に基づく適切な治療穴はどれか。「食欲がなく、腹部膨満感、下痢があり、手足に無力感がある。」

 

 

1.足関節後内側、内果尖とアキレス腱の間の陥凹部。

 

2.手掌、第5中手指節関節の近位端と同じ高さ、第4・第5中手骨間

 

3.前腕、橈骨下端の撓側で外側に最も突出した部位と橈骨動脈の間、手関節掌側横紋の上方1寸

 

4.足内側、第1中足指節関節の近位陥凹部、赤白肉際

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

スポンサーリンク

 

問101.

 

次の文で示す症状に用いる刺法はどれか。「足から膝にかけて冷えがあり、水様便が出る。」

 

 

1.短刺

 

2.偶刺

 

3.陰刺

 

4.報刺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

問102.

 

少海から神門までと同じ骨度はどれか。

 

 

1.脛骨内側顆下縁から内果尖

 

2.胸骨体下端から恥骨結合上縁

 

3.足指尖から踵

 

4.足三里から解渓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

問103.

 

経穴の部位と動脈の組合せで正しいのはどれか。

 

 

1.人迎―――顔面動脈

 

2.曲沢―――尺骨動脈

 

3.申脈―――後脛骨動脈

 

4.太衝―――足背動脈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

問104.

 

長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の間にとる経穴はどれか。

 

 

1.太淵

 

2.偏歴

 

3.陽渓

 

4.列欠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

問105.

 

伏在神経の支配領域にある経穴はどれか。

 

 

1.梁丘

 

2.犢鼻

 

3.足三里

 

4.豊隆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

問106.

 

直刺して円回内筋にあたる経穴はどれか。

 

 

1.四?

 

2.少海

 

3.?門

 

4.尺沢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

問107.

 

経穴と筋・腱の位置関係で正しいのはどれか。

 

 

1.霊道は尺側手根屈筋腱の尺側にある。

 

2.支正は尺側手根伸筋と小指伸筋の間にある。

 

3.曲沢は上腕二頭筋腱の撓側にある。

 

4.間使は長掌筋腱と撓側手根屈筋腱の間にある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

問108.

 

気衝との位置関係で正しいのはどれか。

 

 

1.下方3寸に足五里がある。

 

2.上方1寸に水道がある。

 

3.外方2寸に衝門がある。

 

4.内方5分に急脈がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

問109.

 

取穴法で正しいのはどれか。

 

 

1.豊隆は前脛骨筋の外縁、外果尖の上方6寸に取る。

 

2.光明は腓骨の前縁、外果尖の上方5寸に取る。

 

3.復溜はアキレス腱の前縁、内果尖の上方4寸に取る。

 

4.中都は脛骨内側面の中央、内果尖の上方8寸に取る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

問110.

 

前腕部にある絡穴の部位はどれか。

 

 

1.尺側手根屈筋腱の撓側縁、手関節掌側横紋の上方1寸

 

2.尺骨頭撓側の陥凹部、手関節背側横紋の上方1寸

 

3.尺骨の撓側縁、手関節背側横紋の上方3寸

 

4.長掌筋腱と撓側手根屈筋腱の間、手関節掌側横紋の上方3寸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

スポンサーリンク

 

問111.

 

絡穴が八脈交会穴である経脈はどれか。

 

 

1.手の太陽経

 

2.足の太陽経

 

3.手の少陽経

 

4.足の少陽経

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

問112.

 

奇穴の取穴と主治の組合せで正しいのはどれか。

 

 

1.百会の前後左右の各1寸―――胃炎

 

2.翳風の後方約1寸――――――歯根炎

 

3.足三里の下方約2寸―――――胆嚢炎

 

4.中極の外方3寸―――――――膀胱炎

 

 

 

答え.4

 

 

 

問113.

 

奇穴の取り方で正しいのはどれか。

 

 

1.内膝眼は膝関節部、膝蓋骨底上際中央の陥凹部に取る。

 

2.痞根は第1腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方3寸に取る。

 

3.十七椎は後正中線上、第5腰椎棘突起下方の陥凹部に取る。

 

4.腰痛点は手背、第2・第3および第3・第4中手骨底間の陥凹部の2点に取る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

問114.

 

肩甲挙筋のトリガーポイント好発部位に当たるのはどれか。

 

 

1.肩井

 

2.肩?

 

3.天?

 

4.肩外兪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

問115.

 

次の文で示す患者の病証に対する治療で、原絡配穴法(主証、客証を踏まえて原穴と絡穴を配穴する法)の原則として適切な治療穴の組合せはどれか。「38歳の女性。2週間前に右側の顔面神経麻痺を発症。ほぼ同時期に同側の大腿前外側から下腿前面に痛みがある。最近、右足の第1指から下腿内側の痛みが加わった。」

 

 

1.太白――豊隆

 

2.衝陽――公孫

 

3.太白――公孫

 

4.衝陽――豊隆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

問116.

 

変形性膝関節症の患者に対するSOAP方式による経過記録でPに相当するのはどれか。

 

 

1.階段昇降時の膝の痛み

 

2.膝関節の屈曲拘縮

 

3.内側広筋の萎縮

 

4.大腿四頭筋訓練

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

問117.

 

四診法で得られた所見で予後が最も悪いのはどれか。

 

 

1.仮神

 

2.少気

 

3.畏寒

 

4.?脈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

問118.

 

機能性月経困難症の患者の治療でデルマトームを考慮して選穴する場合、適切でないのはどれか。

 

 

1.関元

 

2.脾兪

 

3.三焦兪

 

4.大腸兪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

問119.

 

異常歩行とその原因となる筋に対する局所治療穴との組合せで正しいのはどれか。

 

 

1.鶏歩――――――――――――三陰交

 

2.はさみ脚歩行――――――――陽陵泉

 

3.分回し歩行―――――――――足三里

 

4.トレンデレンブルグ歩行―――居?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

問120.

 

末梢神経麻痺と罹患筋への低周波鍼通電療法で用いる経穴との組合せで正しいのはどれか。

 

 

1.筋皮神経麻痺―――外関・陽池

 

2.橈骨神経麻痺―――曲池・合谷

 

3.正中神経麻痺―――支正・小海

 

4.尺骨神経麻痺―――?門・内関

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

第24回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第24回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第24回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第24回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第24回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第24回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4