第2回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第2回鍼灸師国家試験過去問題 その2

 

41 外気温が著しく低下したとき体温を維持する機能はどれか。

 

1. 皮膚血管の収縮
2. 不感蒸散の増加
3. 交感神経活動の低下
4. 抗利尿ホルモン分泌の増加

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

42 尿細管で起こる現象のうち体液の浸透圧を下げる要因はどれか。

 

1. ナトリウムイオンの再吸収
2. 水の再吸収
3. 水素イオンの分泌
4. ブドウ糖の再吸収

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

43 サイロキシンの作用で誤っているのはどれか。

 

1. 代謝亢進
2. 体温上昇
3. 発育促進
4. 体液量増加

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

44 α運動ニューロンについて誤っている記述はどれか。

 

1. 起始部は脊髄または脳幹にある。
2. 軸索は髄鞘に囲まれている。
3. 軸索末端部には伝達物質がある。
4. 錘内筋を支配する。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

45 脊髄反射でないのはどれか。

 

1. 屈曲反射
2. 交叉性伸展反射
3. 腹壁反射
4. 立ち直り反射

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

46 視床下部に調節中枢がないのはどれか。

 

1. 体温
2. 摂食
3. 姿勢
4. 体液量

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

47 大脳皮質の機能局在について正しい組合せはどれか。

 

1. 体性感覚野 ― 中心後回
2. 運動野 ― 側頭葉
3. 聴覚野 ― 後頭葉
4. 視覚野 ― 中心前回

 

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

48 味覚について正しい記述はどれか。

 

1. 苦味は基本味の一つである。
2. 舌の部位による味覚の差はない。
3. 受容器細胞は味蕾の基底細胞である。
4. 舌の前方3分の 2 は迷走神経が支配する。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

49 痛みについて誤っている記述はどれか。

 

1. 鋭い痛みと鈍い痛みとがある。
2. 深部痛覚は局在性が明確である。
3. 受容器は自由神経終末である。
4. エンドルフィンは内因性鎮痛物質である。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

50 原因と結果との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 肝硬変症 ― 腹水
2. 冠状動脈閉塞 ― 心筋梗塞
3. 凝固因子欠除 ― 血栓形成
4. 胃切除 ― 貧血

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

51 病原体と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. ウイルス ― 成人T細胞白血病
2. 細菌 ― 結核
3. リケッチア ― 破傷風
4. 原虫 ― マラリア

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

52 免疫について誤っている組合せはどれか。

 

1. 免疫学的記憶 ― 免疫二次反応
2. 細胞性免疫 ― 結核
3. 先天性免疫不全 ― エイズ
4. I型アレルギー ― 気管支喘息

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

53 高齢者に多い疾患はどれか。

 

1. 胸腺肥大
2. 骨粗鬆症
3. 骨肉腫
4. アデノイド増殖症

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

54 再生の最も盛んな組織はどれか。

 

1. 赤色骨髄
2. 心筋
3. 神経
4. 平滑筋

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

55 腫瘍について正しい記述はどれか。

 

1. 非上皮性腫瘍は蜂巣構造を示す。
2. 上皮性腫瘍は実質と間質との境界が不鮮明である。
3. 悪性腫瘍は異型性が強い。
4. 良性腫瘍は浸潤性に発育する。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

56 胎児の異常と原因との組合せで正しいのはどれか。

 

1. ターナー症候群 ― 常染色体異常
2. 胎児性水俣病 ― 無機水銀
3. クラインフェルター症候群 ― ウイルス感染
4. アザラシ肢症 ― サリドマイド

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

57 頻脈となる疾患はどれか。

 

1. 心ブロック
2. 脳圧亢進
3. バセドウ病
4. 洞不全症候群

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

58 浮腫の原因となる病態はどれか。

 

1. 低タンパク血症
2. 低カリウム血症
3. 高脂血症
4. 高尿酸血症

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

59 歩行と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 間欠性跛行 ― 進行性筋ジストロフィー
2. すくみ足歩行 ― パーキンソン症候群
3. 失調性歩行 ― 小脳変性症
4. トレンデレンブルグ歩行 ― 先天性股関節脱臼

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

60 顔貌と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 無欲性顔貌 ― うつ病
2. ヒポクラテス顔貌 ― 癌末期
3. 仮面様顔貌 ― 神経症
4. 満月様顔貌 ― クッシング症候群

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

61 問診について正しい記述はどれか。

 

1. 信頼関係が重要である。
2. 最初から特定の疾患を推定して行う。
3. 訴えは医学専門用語で記載する。
4. 患者の職場の上司には問診の内容を話す。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

62 心電図検査でわからない病態はどれか。

 

1. 不整脈
2. 心肥大
3. 心筋梗塞
4. 心筋収縮不全

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

63 WHOの高血圧分類で境界域の拡張期血圧はどれか。

 

1. 80〜89mmHg
2. 90〜94mmHg
3. 95〜99mmHg
4. 100〜104mmHg

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

64 臍部の皮膚知覚の支配神経はどれか。

 

1. 第 7 胸神経
2. 第 10 胸神経
3. 第 1 腰神経
4. 第 5 腰神経

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

65 意識障害に含まれない症状はどれか。

 

1. 傾眠
2. 昏睡
3. 抑うつ
4. せん妄

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

66 膝蓋腱反射について正しい記述はどれか。

 

1. 表在反射の一つである。
2. 反射中枢は脊髄にある。
3. ビタミンD欠乏症で亢進する。
4. 坐骨神経の疾患で減弱する。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

67 腋窩温と直腸温との比較で正しい記述はどれか。

 

1. 腋窩温が約 2℃低い。
2. 腋窩温が約 1℃低い。
3. 直腸温が約 1℃低い。
4. 直腸温が約 2℃低い。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

68 次の文は何の障害を示すか。
「うとうと眠っているようにみえるが、比較的軽い刺激に反応し、質問にも答えられる。」

 

1. 記憶
2. 感情
3. 意識
4. 知能

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

69 動脈硬化症を増悪しない血中因子はどれか。

 

1. 総コレステロール
2. 中性脂肪
3. HDLコレステロール
4. LDLコレステロール

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

70 二次性高血圧の原因とならない疾患はどれか。

 

1. 褐色細胞腫
2. アルドステロン症
3. アジソン病
4. バセドウ病

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

71 狭心症で異常を示さない検査はどれか。

 

1. 安静時心電図
2. 運動負荷心電図
3. 冠状動脈造影
4. 血中GOT

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

72 拡張型心筋症で誤っている記述はどれか。

 

1. 原因は不明である。
2. 胸部レントゲンは診断上有用である。
3. 心電図で特徴的所見がある。
4. 心筋の生検が診断の決め手となる。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

73 進行性筋ジストロフィー症について誤っている記述はどれか。

 

1. 遺伝性疾患である。
2. デュシェンヌ型は青年期に発病する。
3. 骨格筋の萎縮を生じる。
4. 登はん性起立がみられる。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

74 血液疾患と原因との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 血友病 ― 凝固因子欠乏
2. 悪性貧血 ― ウイルス感染
3. 白血病 ― 放射線被爆
4. 鉄欠乏性貧血 ― 子宮筋腫

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

75 頸椎後縦靭帯骨化症が多くみられる部位はどれか。

 

1. C1
2. C3
3. C5
4. C7

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

76 ギラン・バレー症候群の症状でないのはどれか。

 

1. 四肢の脱力
2. 片側の顔面麻痺
3. 嚥下障害
4. 呼吸障害

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

77 脱臼の症状で誤っているのはどれか。

 

1. 発赤
2. 疼痛
3. 変形
4. ばね様固定

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

78 脊髄空洞症で障害されない感覚はどれか。

 

1. 痛覚
2. 温覚
3. 触覚
4. 冷覚

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

79 先天性股関節脱臼について誤っている記述はどれか。

 

1. 女児に多い。
2. 開排制限がある。
3. 大腿内側の皮膚溝が非対称となる。
4. 内反足を伴う。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

80 L5‐S1 椎間板ヘルニアの所見で誤っているのはどれか。

 

1. ラセーグ徴候陽性
2. 膝蓋腱反射消失
3. アキレス腱反射消失
4. 腓腹筋筋力低下

 

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

関連ページ

第2回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第2回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第2回鍼灸師国家試験過去問題 その3
鍼灸師国家試験過去問題です。第2回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
第2回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第2回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4