第2回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第2回鍼灸師国家試験過去問題 その1

 

1 施術者と患者との関係で正しい記述はどれか。

 

1. 患者には施術についての自己決定権はない。
2. 患者へのインフォームド・コンセントは必要でない。
3. 施術者には守秘義務がある。
4. 施術者は共感する態度で接してはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

2 我が国の医療保険で誤っている記述はどれか。

 

1. 被用者保険と国民健康保険とに大別される。
2. 療養の給付率は 70%以上である。
3. 療養の給付は一般に現物給付である。
4. 傷病手当金は業務上の傷病のみに給付される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

3 伝染病で誤っている記述はどれか。

 

1. 肺結核の届出は結核予防法による。
2. エイズの届出は性病予防法による。
3. コレラは検疫伝染病である。
4. B 型肝炎は垂直感染する。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

4 施術者の手指の消毒で誤っている記述はどれか。

 

1. 逆性石けんを用いる。
2. 刺鍼の場合は法律で規定されている。
3. 機械的と化学的との二つの消毒法の組合せがよい。
4. エタノールを用いる場合は非乾燥状態がよい。

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

5 我が国の食生活でとりすぎが最も問題となる栄養素はどれか。

 

1. ビタミン C
2. 食塩
3. 動物性脂肪
4. 糖質

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

6 職業との関係が明確でない病態はどれか。

 

1. 頸肩腕障害
2. 局所振動障害
3. じん肺
4. 三叉神経痛

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

7 誤っている組合せはどれか。

 

1. 労働者災害補償保険法 ― 職業病
2. 労働基準法 ― 労働時間
3. 労働安全衛生法 ― 衛生管理者
4. 事務所衛生基準 ― 連続作業時間

 

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

8 人口動態統計で人口を分母としないのはどれか。

 

1. 出生率
2. 死亡率
3. 有病率
4. 周産期死亡率

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

9 毒性が最も弱い気体はどれか。

 

1. 二酸化炭素
2. 一酸化炭素
3. 二酸化硫黄
4. 二酸化窒素

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

10 室内環境条件として誤っているのはどれか。

 

1. 一酸化炭素濃度 100ppm以下
2. 湿度 40〜70%
3. 温度範囲 17〜28℃
4. 二酸化炭素濃度 0.1%以下

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

11 施術者の業務で正しい記述はどれか。

 

1. 外科手術の指示ができる。
2. 医行為は医師法で処罰される。
3. 疾病の診断行為は許されている。
4. 業務の開始は厚生大臣に届出る。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

12 疾患について誤っている組合せはどれか。

 

1. コレラ ― 法定伝染病
2. インフルエンザ ― 届出伝染病
3. 食中毒 ― 食品衛生法
4. エイズ ― 伝染病予防法

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

13 国民皆保険に関係する法律はどれか。

 

1. 国民健康保険法
2. 生活保護法
3. 医療法
4. 母子保健法

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

14 厚生省所管でない法律はどれか。

 

1. 老人保健法
2. 学校保健法
3. 水道法
4. 食品衛生法

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

15 中胚葉から分化する細胞はどれか。

 

1. 神経細胞
2. 肺胞上皮細胞
3. 赤血球
4. 視細胞

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

16 頭蓋骨について誤っている組合せはどれか。

 

1. 蝶形骨 ― 卵円孔
2. 側頭骨 ― 頸動脈管
3. 後頭骨 ― 舌下神経管
4. 下顎骨 ― 口蓋突起

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

17 関節の部位と種類との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 仙腸関節 ― 半関節
2. 腕橈関節 ― 蝶番関節
3. 下橈尺関節 ― 車軸関節
4. 肩関節 ― 球関節

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

18 脊柱起立筋に属さない筋はどれか。

 

1. 腸肋筋
2. 最長筋
3. 板状筋
4. 棘筋

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

19 大腿骨粗線に停止しない筋はどれか。

 

1. 薄筋
2. 長内転筋
3. 短内転筋
4. 大内転筋

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

20 上気道への開口部について誤っている組合せはどれか。

 

1. 上顎洞 ― 中鼻道
2. 前頭洞 ― 上鼻道
3. 鼻涙管 ― 下鼻道
4. 耳管 ― 咽頭

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

21 間膜を持たない消化器はどれか。

 

1. 空腸
2. 直腸
3. 胃
4. 肝臓

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

22 膀胱について誤っている記述はどれか。

 

1. 恥骨結合の後方に位置する。
2. 男女共に後方には直腸が接する。
3. 膀胱の筋は自律神経に支配される。
4. 尿管口は膀胱三角の頂点をなす。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

23 精巣で男性ホルモンを分泌する細胞はどれか。

 

1. ライディヒの間細胞
2. セルトリ細胞
3. 精子細胞
4. 精母細胞

 

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

24 女性生殖器について誤っている記述はどれか。

 

1. 卵巣は腹膜に包まれている。
2. 卵管は腹膜腔に開口する。
3. 子宮内膜は粘膜で構成される。
4. 腟口は外尿道口の前方にある。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

25 外頸動脈の枝でないのはどれか。

 

1. 眼動脈
2. 顔面動脈
3. 舌動脈
4. 顎動脈

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

26 脾臓について誤っている記述はどれか。

 

1. 腹腔の左上部で横隔膜に接する。
2. 内部は皮質と髄質とに分けられる。
3. 集められた血液は門脈に流入する。
4. 古い赤血球を処理する。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

27 大脳について正しい記述はどれか。

 

1. 嗅球は大脳辺縁系の一部をなす。
2. 尾状核は知覚核の一つである。
3. 視床は白質である。
4. 中心溝は頭頂葉と後頭葉とを分ける。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

28 錐体路に関係しているのはどれか。

 

1. 大脳脚
2. 脳梁
3. レンズ核
4. 脊髄後索

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

29 外眼筋と支配神経との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 上斜筋 ― 外転神経
2. 外側直筋 ― 滑車神経
3. 上直筋 ― 動眼神経
4. 下直筋 ― 三叉神経

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

30 平衡・聴感覚について正しい記述はどれか。

 

1. 鼓室は口腔に開口する。
2. 平衡覚の受容器はコルチ器である。
3. 聴覚受容器には膨大部稜と平衡斑とがある。
4. 内耳神経は蝸牛神経と前庭神経とからなる。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

31 皮膚について正しい記述はどれか。

 

1. ファーテル・パチニ小体は表皮にある。
2. アポクリン汗腺は全身に分布する。
3. 爪は真皮の変形したものである。
4. 手掌には脂腺はみられない。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

32 手根管を通らない筋はどれか。

 

1. 長掌筋
2. 浅指屈筋
3. 長母指屈筋
4. 橈側手根屈筋

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

33 大腿動脈について誤っている記述はどれか。

 

1. 外腸骨動脈の続きである。
2. 鼠径靭帯の下をくぐり、大腿の前面に出る。
3. 坐骨神経に伴い大腿後面を下行する。
4. 内転筋裂孔を出て膝窩動脈に続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

34 DNAについて正しい記述はどれか。

 

1. 小胞体にある。
2. 1 本のラセン構造である。
3. 遺伝情報をもつ。
4. 2 種類の塩基で構成される。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

35 血漿中のアルブミンについて誤っている記述はどれか。

 

1. 血漿中に最も多く含まれるタンパク質である。
2. 細胞へのアミノ酸供給源である。
3. 抗体として働く。
4. 血漿の浸透圧維持に関与する。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

36 血圧を上昇させる要因はどれか。

 

1. 抵抗血管の拡張
2. 迷走神経活動の亢進
3. 心拍出量の増加
4. 圧受容器活動の亢進

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

37 心臓でスターリングの法則を示す記述はどれか。

 

1. 右心房に流入する血液が多くなると心拍数が増える。
2. 右心房に流入する血液が多くなると心拍出量が増える。
3. 左心室から流出する血液が多くなると心拍数が増える。
4. 左心室から流出する血液が多くなると心拍出量が増える。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

38 呼吸について正しい記述はどれか。

 

1. 1 回換気量は吸気量と残気量との和である。
2. 肺活量は最大の吸気量である。
3. 安静呼気時に残気量はゼロになる。
4. 吸気時に胸腔内圧が更に陰圧となる。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

39 小腸粘膜で吸収される物質はどれか。

 

1. でんぷん
2. 麦芽糖
3. ブドウ糖
4. 庶糖

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

40 血糖を下げるホルモンはどれか。

 

1. グルカゴン
2. ガストリン
3. アドレナリン
4. インスリン

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

関連ページ

第2回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第2回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第2回鍼灸師国家試験過去問題 その3
鍼灸師国家試験過去問題です。第2回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
第2回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第2回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4