第23回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第23回鍼灸師国家試験過去問題 その3

 

81 温熱療法はどれか。

 

1. 紫外線療法
2. 極低温法
3. 低周波電気療法
4. 極超短波療法

 

 

 

 

 

 

4

 

 

82 膝関節について正しいのはどれか。

 

1. 最大屈曲位では固定される。
2. 内側側副靭帯は伸展位でゆるむ。
3. 前十字靭帯は脛骨の前方移動を制限する。
4. 大腿二頭筋を内側ハムストリングスと呼ぶ。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

83 脳卒中の左大脳半球損傷でよくみられる障害はどれか。

 

1. 球麻痺
2. 失語症
3. 左片麻痺
4. 左半側空間無視

 

 

 

 

 

 

2

 

 

84 第 6 頚髄節残存の頚髄損傷患者が行える ADL はどれか。

 

1. プッシュアップを用いた座位移動
2. 両松葉杖使用での大振り歩行
3. 機能的把持装具を用いたつまみ動作
4. スプリングバランサーを用いた食事動作

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

85 小児疾患と障害の組合せで正しいのはどれか。

 

1. ポリオ ――――――――――――― 球麻痺
2. 進行性筋ジストロフィー症 ―――― 両麻痺
3. 二分脊椎 ―――――――――――― 対麻痺
4. ダウン症 ―――――――――――― 片麻痺

 

 

 

 

 

 

3

 

 

86 慢性閉塞性肺疾患患者に対する在宅での自主訓練で最も適切なのはどれか。

 

1. 口すぼめ呼吸
2. 叩打法
3. スクイージング
4. バイブレーション

 

 

 

 

 

 

1

 

 

87 関節リウマチ患者によく用いる自助具はどれか。

 

1. リーチャー
2. 筆談ボード
3. ユニバーサルカフ
4. トランスファーボード

 

 

 

 

 

 

1

 

 

88 重症の筋萎縮性側索硬化症のリハビリテーションとして最も必要なのはどれか。

 

1. 低出力レーザーによる温熱療法
2. ペグボードによる巧緻動作訓練
3. バランスボードによるバランス訓練
4. 意思伝達装置によるコミュニケーション訓練

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

89 生体リズムに関する陰陽学説で最も適切なのはどれか。

 

1. 陰陽消長
2. 陰陽対立
3. 陰陽制約
4. 陰陽互根

 

 

 

 

 

 

1

 

 

90 後天の精から得られた水穀の悍気はどれか。

 

1. 胃 気
2. 営 気
3. 衛 気
4. 宗 気

 

 

 

 

 

 

3

 

 

91 臓腑の働きと五華の組合せで正しいのはどれか。

 

1. 精を蔵する ―――― 爪
2. 神を蔵する ―――― 毛
3. 血を蔵する ―――― 面 色
4. 営を蔵する ―――― 唇

 

 

 

 

 

 

4

 

 

92 元気の説明で正しいのはどれか。

 

1. 血とともに脈中を行く。
2. 清気とも言う。
3. 夜間に人体の陰の部を二十五周する。
4. 先天の精が変化生成したものである。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

93 経脈で表裏関係にある組合せはどれか

 

1. 太陰経 ―――― 陽明経
2. 厥陰経 ―――― 太陽経
3. 少陰経 ―――― 陽明経
4. 少陽経 ―――― 少陰経

 

 

 

 

 

 

1

 

 

94 外邪で収斂作用をもち、皮毛を収縮させるのはどれか。

 

1. 風 邪
2. 湿 邪
3. 寒 邪
4. 暑 邪

 

 

 

 

 

 

3

 

 

95 ?雑がみられる病証はどれか。

 

1. 胃の虚熱
2. 食 滞
3. 胃の実熱
4. 脾胃の湿熱

 

 

 

 

 

 

1.3

 

 

96 六経弁証の少陽病証でみられるのはどれか。

 

1. 悪 風
2. 口 苦
3. 下 痢
4. 高 熱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

97 次の文で示す経脈病証はどれか。
「上肢がひきつり、手掌のほてりがある。胸苦しく、精神的に不安定である。」

 

1. 肺 経
2. 心 経
3. 心包経
4. 三焦経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

98 次の文で示す患者の病証で適切なのはどれか。
「16 歳の男子。試験前になると食欲不振、腹部膨満感が起こる。腹鳴や腹痛を伴う下痢を頻発する。」

 

1. 脾胃の湿熱
2. 肝腎の陰虚
3. 脾腎の陽虚
4. 肝脾の不調

 

 

 

 

 

4

 

 

次の文で示す患者について、99、99 の問いに答えよ。
「56 歳の男性。主訴は食欲不振。腹部の痞えや膨満感、重痛を伴う。口が粘る、口苦、臭いの強い下痢がみられる。

 

 

99 最も適切な病証はどれか。

 

1. 気 滞
2. 陽 虚
3. 陰 虚
4. 湿 熱

 

 

 

 

 

 

4

 

 

100 本患者の病証でみられる脈状はどれか。

 

1. ? 脈
2. 滑 脈
3. 結 脈
4. 細 脈

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

101 次の文で示す経脈病証に対し、難経六十九難の治療法則を考慮して施術を行う場合、最も適切な経穴はどれか。
「顔色が黒ずむ、呼吸が苦しく咳がでる、立ちくらみ、食欲がない、寝ることを好んで起きたがらない。」

 

1. 太 渓
2. 大 都
3. 曲 泉
4. 経 渠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

102 腎経と心包経の接続部はどれか。

 

1. 舌 根
2. 胸 中
3. 心 中
4. 中 焦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

103 肩関節を 90 度外転したとき、天井から臑会の長さはどれか。

 

1. 5 寸
2. 6 寸
3. 7 寸
4. 8 寸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

104 経穴間の組合せで最も長いのはどれか。

 

1. 大腸経の下合穴 ―― 条 口
2. 脾経の?穴 ―――― 漏 谷
3. 大腸経の土穴 ――― 手三里
4. 三焦の募穴 ―――― 建 里

 

 

 

 

 

 

4

 

 

105 尺骨神経溝部にある経穴はどれか。

 

1. 支 正
2. 臂 臑
3. 少 海
4. 小 海

 

 

 

 

 

 

4

 

 

106 耳珠と下顎骨関節突起の間の陥凹部で縦に並ぶ経穴が属さない経脈はどれか。

 

1. 胃 経
2. 胆 経
3. 三焦経
4. 小腸経

 

 

 

 

 

 

1

 

 

107 足の太陰経の絡穴の取穴で正しいのはどれか。

 

1. 第 1 中足指節関節内側の遠位陥凹部
2. 第 1 中足指節関節内側の近位陥凹部
3. 第 1 中足骨底内側の前下方
4. 舟状骨粗面と内果尖の中央陥凹部

 

 

 

 

 

 

3

 

 

108 聴診三角にあたる経穴はどれか。

 

1. 魄 戸
2. 膏 肓
3. ? ?
4. 魂 門

 

 

 

 

 

 

3

 

 

109 陰?脈の?穴はどれか。

 

1. ? 陽
2. 築 賓
3. 交 信
4. 陽 交

 

 

 

 

 

 

3

 

 

110 八会穴と下合穴の両方に属する経穴はどれか。

 

1. 陽陵泉
2. 懸 鐘
3. 足三里
4. 下巨虚

 

 

 

 

 

 

1

 

 

111 腰眼の取穴法で正しいのはどれか。

 

1. 第 2 腰椎棘突起下縁、外方 3 寸 5 分
2. 第 3 腰椎棘突起下縁、外方 3 寸 5 分
3. 第 4 腰椎棘突起下縁、外方 3 寸 5 分
4. 第 5 腰椎棘突起下縁、外方 3 寸 5 分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

112 経穴とその部にある筋の支配神経の組合せで正しいのはどれか。

 

1. 温 溜 ―――― 尺骨神経
2. 外 関 ―――― 正中神経
3. 三陰交 ―――― 脛骨神経
4. 足三里 ―――― 浅腓骨神経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

113 大腿部にある?穴への刺鍼部位はどれか。

 

1. 外側広筋と大腿直筋腱外縁の間、膝蓋骨底の上方 2 寸
2. 腸脛靭帯の後方、膝窩横紋の上方 7 寸
3. 大腿二頭筋腱の内縁、膝窩横紋の上方 1 寸
4. 薄筋と縫工筋の間、膝蓋骨底の上方 4 寸

 

 

 

 

 

 

1

 

 

114 トリガーポイントの特徴を示す反応はどれか。

 

1. 関連痛の出現
2. 皮膚の知覚過敏
3. 皮膚温の上昇
4. 皮膚通電抵抗の上昇

 

 

 

 

 

 

1

 

 

115 次の文で示す病証について、八脈交会穴を用いた治療で最も適切なのはどれか。「背中がこわばり、陰の部が緩んで陽の部がひきつる。」

 

1. 内関と公孫
2. 外関と足臨泣
3. 申脈と後渓
4. 照海と列欠

 

 

 

 

 

 

3

 

 

116 次の文で示す患者の病証に対し、募穴を用いて治療を行う際、最も適切なのはどれか。
「43 歳の女性。子育てと仕事の両立で倦怠感と下腿のだるさが常にある。顔色は黄色で艶がなく、下痢をしやすい。舌質は淡、脈は虚。」

 

1. 期 門
2. 章 門
3. 京 門
4. 石 門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

117 次の文で示す患者の病証で最も適切なのはどれか。
「69 歳の男性。主訴は呼吸促迫。冬になると症状が増悪する。少し動くだけで息切れが起こる。手足は冷たく、淡は希薄で色は白っぽい。舌質は淡白、脈は弱。」

 

1. 気 虚
2. 血 虚
3. 陰 虚
4. 陽 虚

 

 

 

 

 

 

4

 

 

118 鍼施術が有効な睡眠障害で最も適切なのはどれか。

 

1. 閉塞性無呼吸症候群
2. レム睡眠行動障害
3. 交替勤務性睡眠障害
4. 単純性睡眠障害

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

119 神経痛と局所治療穴の組合せで正しいのはどれか。

 

1. 大後頭神経痛 ――― 天 柱
2. 小後頭神経痛 ――― 脳 戸
3. 大耳介神経痛 ――― 聴 会
4. 眼神経痛 ――――― 四 白

 

 

 

 

 

 

1

 

 

120 中指背側の痛みを認める患者に対し、罹患部のデルマトームを考慮した治療穴で適切なのはどれか。

 

1. 手三里
2. 外 関
3. 消 ?
4. 少 海

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

関連ページ

第23回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第23回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第23回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第23回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第23回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第23回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4