第12回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第12回鍼灸師国家試験過去問題 その4

 

121 経穴について誤っている記述はどれか。

 

1. 水泉は絡穴である。
2. 委中は四総穴の一つである。
3. 公孫は八総穴として用いられる。
4. 温溜は?穴である。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

122 八会穴の組合せで正しいのはどれか。

 

1. 脈会 − 陽陵泉
2. 臓会 − 中院
3. 気会 − 懸鐘(絶骨)
4. 骨会 − 大杼

 

 

 

 

 

 

4

 

 

123 背部正中線上にある奇穴はどれか。

 

1. 気海兪
2. 痞 根
3. 腰 眼
4. 上 仙

 

 

 

 

 

 

4

 

 

124 皮膚温の変化として報告されたのはどれか。

 

1. 良導点
2. エアポケット現象
3. ヘッド帯
4. 皮電点

 

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

125 虚証に対する鍼治療で適切なのはどれか。

 

1. 速刺速抜をする。
2. 抜鍼後、後揉捏をしない。
3. 経絡の流注に逆らって刺鍼する。
4. 呼息時に刺入する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

126 後頭部の痛みに対し、遠道刺として取穴される要穴はどれか。

 

1. 委 中
2. 上巨虚
3. 足三里
4. 委 陽

 

 

 

 

 

 

1

 

 

127 腎精不足による耳鳴りに対し、治療穴として適切なのはどれか。

 

1. 太 淵
2. 太 谿
3. 大 陵
4. 大 都

 

 

 

 

 

 

2

 

 

128 次の文で示す患者の病証に対し、相剋関係に基づき瀉法を行う経穴はどれか。
「30 歳の女性。風邪をひきやすい。薄い鼻汁、息切れ及び倦怠感を伴う。」

 

1. 火経および金経の金穴
2. 火経および金経の火穴
3. 木経および土経の土穴
4. 木経および土経の木穴

 

 

 

 

 

 

2

 

 

129 次の文で示す患者の病証に対し、補法を行う経絡はどれか。
「60 歳の男性。血圧が高く、腰のだるさ、耳鳴り、不眠を伴う。舌質紅。脈は細数。」

 

1. 足の少陰経
2. 足の陽明経
3. 手の太陰経
4. 手の少陽経

 

 

 

 

 

 

1

 

 

130 次の文で示す患者の病証に対し、施術対象となる適切な経絡はどれか。
「25 歳の女性食欲がなく、体が重たく感じ、疲れやすい脈診では右関上、沈の脈が弱い。」

 

1. 手の太陽経
2. 手の少陰経
3. 足の少陽経
4. 足の太陰経

 

 

 

 

 

 

4

 

 

131 長母指外転筋の腱鞘炎に対し、罹患局所への治療穴で適切なのはどれか。

 

1. 陽 谷
2. 曲 沢
3. 外 関
4. 偏 歴

 

 

 

 

 

 

4

 

 

132 次の文で示す運動麻痺に対し、罹患神経への局所治療穴で適切なのはどれか。
「手の母指内転運動の障害があり、骨間筋の萎縮がみられる。」

 

1. ? 門
2. 曲 池
3. 小 海
4. 臂 臑

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

133 罹患神経への治療を目的として陽白穴へ刺鍼を行う場合、対象となる顔面痛はどれか。

 

1. 舌咽神経痛
2. 三叉神経第 1 枝痛
3. 三叉神経第 2 枝痛
4. 三叉神経第 3 枝痛

 

 

 

 

 

 

2

 

 

134 次の文で示す患者の病態に対して施術の対象となる罹患靭帯で適切なのはどれか。
「20 歳の女性。陸上の長距離選手。最近、ランニング中に左膝関節の外側部に痛みを感じる。グラスピング
テスト陽性。内反ストレステスト陰性。」

 

1. 膝蓋靭帯
2. 腸脛靭帯
3. 前十字靭帯
4. 外側側副靭帯

 

 

 

 

 

 

2

 

 

135 肩背部のこりに対する局所施術における罹患筋と施術部位との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. 菱形筋 − 大杼
2. 棘下筋 − 天宗
3. 肩甲挙筋 − 心兪
4. 僧帽筋 − 肩井

 

 

 

 

 

 

3

 

 

136 理学的検査所見と局所治療穴との組合せで適切でないのはどれか。

 

1. スピードテスト陽性 − 天府
2. 手関節背屈テスト陽性 − 支正
3. 膝の外反ストレステスト陽性 − 曲泉
4. アキレス腱伸展テスト陽性 − 承筋

 

 

 

 

 

 

2

 

 

137 次の文で示す患者ついてはき 12-137、はき 12-138 に答えよ。
「30 歳の男性。就眠後 2〜3 時間して、右目の奥にえぐられるような激痛が、発作性・周期性に生じる。顔面
紅潮、目の充血、流涙がみられる。怒りっぽい。脈は弦数。」最も考えられる疾患はどれか。

 

1. 三叉神経第 1 枝痛
2. 片頭痛
3. 群発頭痛
4. 緊張型頭痛

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

138 この病証に対する難経六十九難に基づく治療穴はどれか。

 

1. 行間・少府
2. 神門・太白
3. 尺沢・陰谷
4. 湧泉・大敦

 

 

 

 

 

 

1

 

 

139 次の文で示す患者について、はき 12-139、はき 12-140 の問いに答えよ。
「65 歳の男性。1 年ほど前から歩行時に左腰部、下腿外側に疼痛が出現するようになった。ケンプ徴侯陽性。
足背部に知覚鈍麻がみられる。SLR テスト陰性。」最も考えられる疾患はどれか

 

1. 閉塞性動脈硬化症
2. 腰部椎間板ヘルニア
3. 腰部脊柱管狭窄症
4. 骨粗鬆症

 

 

 

 

 

 

3

 

 

140 罹患神経の支配領域に治療穴をとる場合、適切なのはどれか。

 

1. 外 丘
2. 合 陽
3. 築 賓
4. 三陰交

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

141 刺激方法として鍼管を用いないのはどれか。

 

1. 管散術
2. 示指打法
3. 副刺激術
4. 刺鍼転向法

 

 

 

 

 

 

4

 

 

142 撚鍼法の術式で必要ないのはどれか。

 

1. 消 毒
2. 前揉捏
3. 挿 管
4. 切 皮

 

 

 

 

 

 

3

 

 

143 管鍼法の創始者はどれか。

 

1. 石坂宗哲
2. 菅沼周桂
3. 御園意斉
4. 杉山和一

 

 

 

 

 

 

4

 

 

144 体動による折鍼の危険性が少ないのはどれか。

 

1. 間歇術
2. 回旋術
3. 屋漏術
4. 細指術

 

 

 

 

 

 

4

 

 

145 WHO の「鍼の基礎教育と安全性に関するガイドライン(1999 年)」で鍼治療を避けるべき状態
としているのはどれか。

 

1. 出血性の疾患
2. 歯科の術後痛
3. 手術後の嘔吐
4. つわり

 

 

 

 

 

 

1

 

 

146 鍼治療の偶発症として起こり得るのはどれか。

 

1. 神経障害
2. 抑うつ
3. せん妄
4. アフタ性潰瘍

 

 

 

 

 

 

1

 

 

147 ?鍼による押圧刺激の情報を伝える神経線維はどれか。

 

1. Aα 2. Aβ
3. Aδ 4. B

 

 

 

 

 

 

2

 

 

148 鍼刺激の局所に出現する現象で適切でないのはどれか。

 

1. 微細な組織損傷
2. CGRP の分泌抑制
3. ポリモーダル受容器の興奮
4. 内因性発痛物質の生成

 

 

 

 

 

 

2

 

 

149 エンケファリンの構成成分はどれか。

 

1. 不飽和脂肪酸
2. アミノ酸
3. リン脂質
4. グルコース

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

150 腰部刺鍼によって下肢に発現する血管拡張の機序はどれか。

 

1. 体性反射
2. 体性−内臓反射
3. 体性−自律神経反射
4. 交叉性伸展反射

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

151 輻射熱で温熱刺激を与えるのはどれか。

 

1. 透熱灸
2. 棒 灸
3. 打膿灸
4. 紅 灸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

152 焦灼灸について正しいのはどれか。

 

1. 裏内庭の施灸に用いる。
2. 第 2 度熱傷である。
3. 単純性疣贅に用いる。
4. 輻射熱を応用する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

153 小切艾を用いる灸法はどれか。

 

1. 打膿灸
2. 透熱灸
3. 生姜灸
4. 塩 灸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

154 ビワの葉灸について正しいのはどれか。

 

1. ビワの葉の繊維成分を艾様にして使用する。
2. ビワの葉を温めて皮膚に当てる。
3. ビワの葉のエキスを塗る。
4. ビワの葉を皮膚に置き、その上に棒灸を押しつける。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

155 膝蓋跳動がみられる変形性膝関節症対する灸施術の目的はどれか。

 

1. 転調作用
2. 誘導作用
3. 防衛作用
4. 興奮作用

 

 

 

 

 

 

2

 

 

156 灸痕部が治りにくく化膿に注意するのはどれか。

 

1. 痛風
2. 高脂血症
3. 糖尿病
4. 肥満

 

 

 

 

 

 

3

 

 

157 施灸部位の細胞破壊に伴ってアラキドン酸から産生されるのはどれか。

 

1. プロスタグランジン
2. ヒスタミン
3. セロトニン
4. ブラジキニン

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

158 透熱灸で施灸局所辺縁にみられないのはどれか。

 

1. リンパ管の閉塞
2. 血管透過性の亢進
3. 疼痛
4. 皮膚の紅斑

 

 

 

 

 

 

1

 

 

159 体幹部への灸刺激による交感神経α受容体を介する反応はどれか。

 

1. 気管支平滑筋の弛緩
2. 皮膚血管の拡張
3. 胃の蠕動運動抑制
4. 心拍数の増加

 

 

 

 

 

 

3

 

 

160 健康増進を目的とした灸施術の反応で適切でないのはどれか。

 

1. 交感神経 − 副腎髄質系の反応
2. 下垂体 − 副腎皮質系の反応
3. 免疫系の賦活
4. レイリー現象

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

関連ページ

第12回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第12回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第12回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第12回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第12回鍼灸師国家試験過去問題 その3
鍼灸師国家試験過去問題です。第12回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3