第13回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第13回鍼灸師国家試験過去問題 その2

 

41 高温環境下で起こりにくいのはどれか。

 

1. 発 汗
2. バゾプレッシン分泌の減少
3. 皮膚血管の拡張
4. アルドステロン分泌の増加

 

 

 

 

 

 

2

 

 

42 腎臓の酸・塩基平衡の保持作用で最も重要なのはどれか。

 

1. 重炭酸イオンの排泄
2. ナトリウムイオンの再吸収
3. 水素イオンの排泄
4. カリウムイオンの再吸収

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

43 健常成人で下垂体前葉の ACTH 分泌が亢進した際にみられないのはどれか。

 

1. 副腎アンドロゲン分泌の増加
2. 視床下部 ACTH 放出ホルモン(CRH)分泌の増加
3. 電解質コルチコイド分泌の増加
4. 糖質コルチコイド分泌の増加

 

 

 

 

 

 

2

 

 

44 下垂体前葉ホルモンが関与しないのはどれか。

 

1. 乳汁産生
2. 血糖値上昇
3. 成長促進
4. 子宮収縮

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

45 カテコールアミンα受容体が関与するのはどれか。

 

1. 血管の収縮
2. 気管支の拡張
3. 心収縮力の増大
4. 胃腸管平滑筋の収縮

 

 

 

 

 

 

1

 

 

46 末梢神経束の圧迫によって最初に障害されるのはどれか。

 

1. 発 汗
2. 触 覚
3. 痛 覚
4. 運 動

 

 

 

 

 

 

4

 

 

47 骨格筋に分布しない神経はどれか。

 

1. α運動ニューロン
2. γ運動ニューロン
3. Ia 群求心性線維
4. Ib 群求心性線維

 

 

 

 

 

 

4

 

 

48 損傷によって運動麻痺が起こらない部位はどれか。

 

1. 前頭葉
2. 小 脳
3. 内 包
4. 脊髄側索

 

 

 

 

 

 

2

 

 

49 100g と 103g の重さの違いがわかる時、200g と区別できる最小の重さはどれか。

 

1. 203g
2. 206g
3. 209g
4. 212g

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

50 ビタミンとその欠乏症との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. ビタミン A ― 夜盲症
2. ビタミン B1 ― 脚気
3. ビタミン C ― 悪性貧血
4. ビタミン D ― 骨軟化症

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

51 病原体と感染を受けやすい臓器との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. ポリオウイルス ― 脊髄
2. 帯状疱疹ウイルス ― 末梢神経
3. 結核菌 ― 肺
4. 赤痢菌 ― 小腸

 

 

 

 

 

 

4

 

 

52 出血性梗塞を最も起こしやすい臓器はどれか。

 

1. 脳
2. 肺
3. 心 臓
4. 腎 臓

 

 

 

 

 

 

25

 

 

53 ショックと最も関連の低いのはどれか。

 

1. 熱 傷
2. 出 血
3. 敗血症
4. 浮 腫

 

 

 

 

 

 

4

 

 

54 急性炎症に最も関連の深いのはどれか。

 

1. 結核結節
2. 肉芽組織
3. 膿 瘍
4. 瘢痕組織

 

 

 

 

 

 

3

 

 

55 自己免疫異常による疾患はどれか。

 

1. 全身性エリテマトーデス
2. 後天性免疫不全症候群
3. 播種性血管内凝固症候群
4. 全身性炎症反応症候群

 

 

 

 

 

 

1

 

 

56 発がん因子として適切でないのはどれか。

 

1. 赤外線
2. ダイオキシン
3. アスベスト
4. EB ウイルス

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

57 前期妊娠中毒症に含まれるのはどれか。

 

1. 子 癇
2. 妊娠悪阻
3. 中毒症性脳出血
4. 妊娠浮腫

 

 

 

 

 

 

2

 

 

58 水牛様肩甲部脂肪沈着(バッファローハンプ)がみられるのはどれか。

 

1. クレチン病
2. クッシング病
3. 夕一ナー症候群
4. くる病

 

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

59 発生頻度に著明な性差がみられないのはどれか。

 

1. 先天性股関節脱臼
2. ペルテス病
3. 特発性側弯症
4. 先天性筋性斜頸

 

 

 

 

 

 

4

 

 

60 通常の平地歩行における歩行周期で立脚相の占める割合はどれか。

 

1. 20%
2. 40%
3. 60%
4. 80%

 

 

 

 

 

 

3

 

 

61 良肢位で誤っているのはどれか。

 

1. 肘関節屈曲 90 度
2. 手関節伸展(背屈)10 度
3. 膝関節伸展 0 度
4. 足関節屈曲(底屈)10 度

 

 

 

 

 

 

3

 

 

62 動脈疾患について誤っている組合せはどれか。

 

1. 閉塞性動脈硬化症 ― 虚血性潰瘍
2. 解離性大動脈瘤 ― 背部痛
3. 大動脈炎症候群 ― 橈骨動脈拍動減弱
4. レイノー病 ― 間欠跛行

 

 

 

 

 

 

4

 

 

63 経口感染するウイルス性肝炎はどれか。

 

1. B 型
2. C 型
3. D 型
4. E 型

 

 

 

 

 

 

4

 

 

64 成人の胸骨圧迫心臓マッサージで適切でない記述はどれか。

 

1. 毎分 100 回で行う。
2. 胸骨が 4〜5cm 沈む程度に圧迫する。
3. 加庄と除圧の比は 1:2 である。
4. 圧迫部位は胸骨下端から 2 横指頭側である。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

65 体位ドレナージが有効な疾患はどれか。

 

1. 気管支拡張症
2. 気管支喘息
3. 肺気腫
4. 肺水腫

 

 

 

 

 

 

1

 

 

66 感覚解離を起こす障害部位はどれか。

 

1. 大脳基底核
2. 小 脳
3. 脊 髄
4. 末梢神経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

67 持続時間が最も短い不随意運動はどれか。

 

1. 舞踏病様運動
2. ミオクローヌス
3. アテトーゼ
4. ジストニア

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

68 脊髄後索性失調の検査で最も適切なのはどれか。

 

1. ロンベルグ試験
2. 変換運動
3. 膝踵試験
4. 書字試験

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

69 甲状腺機能低下症でみられないのはどれか。

 

1. テタニー
2. 嗄 声
3. 便 秘
4. 言語緩慢

 

 

 

 

 

 

1

 

 

70 次の文で示す患者で最も考えられるのはどれか。
「45 歳の男性。高血圧、多尿、四肢麻痺、低カリウム血症、高ナトリウム血症を認めた。」

 

1. 尿崩症
2. 原発性アルドステロン症
3. 褐色細胞腫
4. 副甲状腺機能亢進症

 

 

 

 

 

 

2

 

 

71 アジソン病の症状で ACTH 増加によるのはどれか。

 

1. 腋毛脱落
2. 色素沈着
3. 低血圧
4. 低血糖

 

 

 

 

 

 

2

 

 

72 筋萎縮性側索硬化症で最も侵されやすい脳神経核はどれか。

 

1. 動眼神経核
2. 三叉神経運動核
3. 顔面神経核
4. 舌下神経核

 

 

 

 

 

 

4

 

 

73 15 歳の肥満男子。軽微な外傷後跛行を主訴として来院した。最も考えられるのはどれか。

 

1. ペルテス病
2. 変形性股関節症
3. 結核性股間節炎
4. 大腿骨頭すべり症

 

 

 

 

 

 

4

 

 

74 関節リウマチに合併しない変形はどれか。

 

1. スワンネック変形
2. ボタン穴変形
3. マレット変形
4. 尺側偏位

 

 

 

 

 

 

3

 

 

75 下部腰椎椎間板ヘルニアで認めにくい記述はどれか。

 

1. 坐骨神経痛を伴う。
2. ギックリ腰ではじまる。
3. 大腿内側の知覚障害を認める。
4. 髄核は後側方に脱出する。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

76 心臓弁膜疾患と症状との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 僧帽弁狭窄症 ― 起坐呼吸
2. 僧帽弁閉鎖不全症 ― 易疲労性
3. 大動脈弁狭窄症 ― 失神発作
4. 大動脈弁閉鎖不全症 ― 拡張期血圧上昇

 

 

 

 

 

 

4

 

 

77 血液疾患と症状との組合せで最も関連の低いのはどれか。

 

1. 白血病 ― 発熱
2. 悪性リンパ腫 ― 貧血
3. 血小板減少性紫斑病 ― リンパ節腫大
4. 血友病 ― 関節内出血

 

 

 

 

 

 

3

 

 

78 膵癌について誤っている記述はどれか。

 

1. 膵腺房細胞から発生することが多い。
2. 高齢の男性に多い。
3. 血清腫瘍マーカーとして CA19−9 を用いる。
4. 膵頭部癌では閉塞性黄疸をきたしやすい。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

79 脊髄麻酔で可能な手術はどれか。

 

1. 脳腫瘍摘出術
2. 甲状腺全摘術
3. 上腕骨骨折骨接合術
4. 虫垂切除術

 

 

 

 

 

 

4

 

 

80 星状神経節ブロックの適応でないのはどれか。

 

1. 末梢性顔面神経麻痺
2. 顔面の帯状疱疹後神経痛
3. 手の反射性交感神経性萎縮症
4. 片側顔面けいれん

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

関連ページ

第13回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第13回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第13回鍼灸師国家試験過去問題 その3
鍼灸師国家試験過去問題です。第13回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
第13回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第13回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4