第14回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第14回鍼灸師国家試験過去問題 その3

 

81 疾患と症状との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 全身エリマトーデス ― ヘリオトロープ疹
2. ベーチェット病 ― 陰部潰瘍
3. 皮膚筋炎 ― 仮面様顔貌
4. 全身性硬化症 ― ブドウ膜炎

 

 

 

 

 

 

2

 

 

82 ショックについて誤っている組合せはどれか。

 

1. 心原性ショック ― 循環血液量の減少
2. 敗血症性ショック ― エンドトキシン
3. 神経原性ショック ― 血管壁の緊張低下
4. アナフィラキシーショック ― 抗原抗体反応

 

 

 

 

 

 

1

 

 

83 熱傷について正しい記述はどれか。

 

1. 第1度の熱傷では最初にステロイド軟膏の塗布を行う。
2. 「9 の法則」では頭部は総体表面積の 18% にあたる。
3. 広範囲の熱傷では早期に輸液療法を開始する。
4. 第 3 度の熱傷では水泡形成が主体である。

 

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

84 子宮頚癌の原因と考えられているのはどれか。

 

1. ヒト乳頭腫ウイルス
2. 単純ヘルペスウイルス
3. 帯状ヘルペスウイルス
4. 風疹ウイルス

 

 

 

 

 

 

1

 

 

85 メニエール病について誤っている記述はどれか。

 

1. 伝音性難聴をきたす
2. 発作は反復消長する
3. めまい発作をきたす
4. 自発眼振が出現する

 

 

 

 

 

 

1

 

 

86 うつ病の特徴でないのはどれか。

 

1. 喜びの消失
2. 焦燥
3. 睡眠障害
4. 幻覚

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

87 成人の身体障害者について正しい記述はどれか。

 

1. 嚥下障害は聴覚・言語障害に分類される。
2. 最近では視覚障害者の増加率が最も高い。
3. 糖尿病は内部障害者として分類される。
4. 肢体不自由障害者の割合が最も多い。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

88 介護支援専門員の業務内容で正しいのはどれか。

 

1. 介護度の認定
2. 訪問介護の実施
3. 居宅療養管理指導
4. ケアプランの策定

 

 

 

 

 

 

4

 

 

89 大腿四頭筋の徒手筋力テストの際、被検者を側臥位で評価しなければならない筋肉はどれか。

 

1. MMT0
2. MMT2
3. MMT3
4. MMT5

 

 

 

 

 

 

2

 

 

90 ADL に分類されるのはどれか。

 

1. 買い物
2. 自動車運転
3. 整容
4. バス乗車

 

 

 

 

 

 

3

 

 

91 長期臥床でみられやすい拘縮として誤っているのはどれか。

 

1. 肩関節屈曲
2. 股関節屈曲
3. 膝関節屈曲
4. 足関節屈曲(底屈)

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

92 頚髄損傷の症状で誤っているのはどれか。

 

1. 関節異所性骨化
2. 起立性低血圧
3. 観念運動失行
4. 体温調節障害

 

 

 

 

 

 

3

 

 

93 脳性麻痺の病型として誤っているのはどれか。

 

1. 感覚障害型
2. 運動失調型
3. 痙直型
4. アテトーゼ型

 

 

 

 

 

 

1

 

 

94 腰痛患者のリハビリテーションで誤っているのはどれか。

 

1. 膝と股関節を軽く屈曲して寝るように指導する。
2. 物を持ち上げる際には中腰姿勢をとるように指導する。
3. 腹筋の筋力増強訓練をする。
4. 股関節のストレッチ体操を指導する。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

95 五体色体の組合せで正しいのはどれか。

 

1. 青 − 舌
2. 秋 − 思
3. 甘 − 骨髄
4. 暑 ― 徴

 

 

 

 

 

 

4

 

 

96 臓腑とその付着部で正しい組合せはどれか。

 

1. 胃 − 第 9 胸椎
2. 肝 − 第 10 胸椎
3. 脾 − 第 11 胸椎
4. 胆 − 第 12 胸椎

 

 

 

 

 

 

3

 

 

97 小腸について誤っているのはどれか。

 

1. 受盛の官である。
2. 闌門で大腸に連なる。
3. 清濁を分ける。
4. 中焦に属する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

98 心について正しいのはどれか。

 

1. 決断を主る。
2. 君主の官である。
3. 営を蔵する。
4. 四肢を主る。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

99 聞診で診るのはどれか。

 

1. 五主
2. 五香
3. 五味
4. 五液

 

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

100 舌診で舌尖部に配当されるのはどれか。

 

1. 脾
2. 肝
3. 心
4. 腎

 

 

 

 

 

 

3

 

 

101 外邪で動きが遅く停滞する性質をもつのはどれか。

 

1. 燥邪
2. 湿邪
3. 熱邪
4. 風邪

 

 

 

 

 

 

2

 

 

102 胃熱による症状はどれか。

 

1. 梅核気
2. 心下痞
3. 消穀善飢
4. 五更泄瀉

 

 

 

 

 

 

3

 

 

103 四肢のふるえとめまいとが共にみられる病証はどれか。

 

1. 肝血虚
2. 脾気虚
3. 肺陰虚
4. 腎陽虚

 

 

 

 

 

 

1

 

 

104 半表半裏証でみられないのはどれか。

 

1. 往来寒熱
2. 胸脇苦満
3. 悪風
4. 口が苦い

 

 

 

 

 

 

3

 

 

105 次の文で示す経絡病証はどれか。「腰が痛み、季肋部が張って苦しく、顔色は青黒い。」

 

1. 小腸経
2. 脾経
3. 肝経
4. 三焦経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

106 五臓とその症状との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 肝 − 汗をよくかく
2. 脾 − 肌肉がやせる
3. 肺 − 体臭が生臭い
4. 心 − 顔色が赤い

 

 

 

 

 

 

1

 

 

107 三陰三陽六病位と体幹の部位との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 厥陰 − 側面の裏
2. 太陽 − 背面の表
3. 陽明 − 腹面の表
4. 太陰 − 背面の裏

 

 

 

 

 

 

4

 

 

108 十二刺で筋痺の治療に用いる刺法はどれか。

 

1. 賛刺
2. 揚刺
3. 報刺
4. 恢刺

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

109 五刺について正しい組合せはどれか。

 

1. 輸刺 − 骨
2. 関刺 − 血脈
3. 豹文刺 − 肌肉
4. 合谷刺 − 筋

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

110 骨度法で大椎穴から肘頭までの長さはどれか。

 

1. 1 尺 5 寸
2. 1 尺 6 寸
3. 1 尺 7 寸
4. 1 尺 8 寸

 

 

 

 

 

 

3

 

 

111 大腸経について正しいのはどれか。

 

1. 手の薬指尺側爪甲根部から始まる
2. 少陽に属する経脈である
3. 前腕では橈骨神経に沿って上行する
4. 上歯の中をめぐる

 

 

 

 

 

 

3

 

 

112 奇経八脈について正しい記述はどれか。

 

1. 衝脈は子宮から起こる
2. 陰維脈は金門に発する
3. 陽維脈は築賓に発する
4. 帯脈は踵から起こる

 

 

 

 

 

 

1

 

 

113 内関穴について正しいのはどれか。

 

1. 尺側手根屈筋腱と長掌筋腱の間にある
2. 大陵から上方 3 寸に取る
3. 尺骨神経上にある
4. 心包経の絡穴である

 

 

 

 

 

 

4

 

 

114 経穴とその部位の筋を支配する神経との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 肩井 − 副神経
2. 肩? − 腋窩神経
3. 肩貞 − 肩甲上神経
4. 肩外兪 − 肩甲背神経

 

 

 

 

 

 

3

 

 

115 伏在神経の支配領域にない経穴はどれか。

 

1. 血海
2. 曲泉
3. 中都
4. 商丘

 

 

 

 

 

 

1

 

 

116 前鋸筋上にない経穴はどれか。

 

1. 輒筋
2. 淵腋
3. 大包
4. 食竇

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

117 取穴法で誤っている記述はどれか。

 

1. 不容は第8肋軟骨付着部の直下に取る。
2. 消?は橈骨神経溝中に取る。
3. 気舎は胸鎖乳突筋の二頭筋中に取る。
4. 曲垣は肩甲骨上角の直上にとる。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

118 取穴法で正しい記述はどれか。

 

1. 巨?は瞳孔線上で鼻孔の外方 8 分に取る。
2. 曲差は頭維の内方 1 寸 5 分に取る。
3. 本神は神庭の外方 1 寸 5 分に取る。
4. 顴?は内眼角の直下に取る。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

119 足の第1中足指節関節の後ろ、内側陥凹部に取る経穴はどれか。

 

1. 地五会
2. 太白
3. 束骨
4. 陥谷

 

 

 

 

 

 

2

 

 

120 直立して下垂した上肢の手掌の大腿外側に当て、中指先端の下際に取穴するのはどれか。

 

1. 痞根
2. 風市
3. 鶴頂
4. 闌尾

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

関連ページ

第14回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第14回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第14回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第14回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第14回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第14回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4