第16回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第16回鍼灸師国家試験過去問題 その3

 

81 血行障害の治療に用いる神経ブロックはどれか。

 

1. 三叉神経ブロック
2. 星状神経節ブロック
3. 肋間神経ブロック
4. 坐骨神経ブロック

 

 

 

 

 

 

2

 

 

82 糖尿病性網膜症について誤っている記述はどれか。

 

1. 失明の原因となる。
2. レーザーによる光凝固治療が行われる。
3. 硝子体出血をきたす。
4. 閃輝暗点がみられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

83 うつ病に特徴的な訴えはどれか。

 

1. 考えが抜きとられる。
2. 自分の悪口が聞こえる。
3. 頭が働かず考えが進まない。
4. 誰かが自分を監視している。

 

 

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

84 内部障害に含まれるのはどれか。

 

1. そしゃく機能障害
2. 小腸機能障害
3. 脊髄機能障害
4. 高次脳機能障害

 

 

 

 

 

 

2

 

 

85 脳梗塞において運動負荷が禁忌となるのはどれか。

 

1. 安静時心拍数 90/分
2. 収縮期血圧 150mmHg
3. 拡張期血圧 120mmHg
4. 上室性期外収縮

 

 

 

 

 

 

3

 

 

86 関節可動域の測定基本肢位について誤っている組合せはどれか。

 

1. 肘関節屈曲 ― 前腕回内位
2. 手関節橈屈 ― 前腕回内位
3. 前腕回内 ― 肘関節 90 度屈曲位
4. 肩関節外旋 ― 肘関節 90 度屈曲位

 

 

 

 

 

 

1

 

 

87 日常生活動作の評価法の 1 つであるバーセル・インデックスの評価項目に含まれないのはどれか。

 

1. コミュニケーション
2. 移乗
3. トイレ動作
4. 入浴

 

 

 

 

 

 

1

 

 

88 膝関節で誤っている記述はどれか。

 

1. 屈伸運動では、ころがり運動と滑り運動を伴う。
2. 伸展運動の最終時期に、大腿骨に対して脛骨は外旋する。
3. 外側側副靭帯は膝関節の外反を防ぐ。
4. 前十字靭帯は大腿骨に対する脛骨の前方移動を防ぐ。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

89 正常歩行周期において二重支持期の割合として正しいのはどれか。

 

1. 60%
2. 40%
3. 20%
4. 5%

 

 

 

 

 

 

3

 

 

90 大腿切断後の指導で正しいのはどれか。

 

1. 背臥位で断端の下に枕を置く
2. 腹臥位の励行
3. 股関節の外転位保持
4. 車いす乗車の励行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

91 橈骨神経麻痺に伴う症状として誤っているのはどれか。

 

1. 下垂手
2. 母指球筋の萎縮
3. 手背の知覚障害
4. 手背の発汗障害

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

92 東洋医学の考え方で誤っているのはどれか。

 

1. 随証療法
2. 心身二元論
3. 整体観
4. 天人合一説

 

 

 

 

 

 

2

 

 

93 五行色体の組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 沸 ― 五香
2. 立 ― 五労
3. 辛 ― 五味
4. 徴 ― 五音

 

 

 

 

 

 

1

 

 

94 衛気について誤っているのはどれか。

 

1. ?理を開闔する
2. 脈外をめぐる
3. 分肉を温める
4. 陰性の気である

 

 

 

 

 

 

4

 

 

95 腹痛、喜按、畏寒、四肢の冷えがみられる脾の病証はどれか。

 

1. 脾陽虚
2. 脾陰虚
3. 脾気虚
4. 脾胃湿熱

 

 

 

 

 

 

1

 

 

96 呼吸に関与しているのはどれか。

 

1. 肝
2. 腎
3. 脾
4. 心

 

 

 

 

 

 

2

 

 

97 鼻に開竅する臓の作用で正しいのはどれか。

 

1. 清濁を分ける
2. 納気を主る
3. 治節を主る
4. 昇清を主る

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

98 顔面と舌の五臓配当で正しい組合せはどれか。

 

1. オトガイ ― 舌根
2. 鼻 ― 舌尖
3. 左の頬 ― 舌中
4. 右の頬 ― 舌辺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

99 次の文で示す病証から最も考えられる邪気はどれか。
「冷たいビールを飲み、そのままクーラーの効いた部屋で寝て、下痢をした。」

 

1. 寒邪
2. 燥邪
3. 風邪
4. 湿邪

 

 

 

 

 

 

1

 

 

100 虚証にみられないのはどれか。

 

1. 酸痛
2. 黄苔
3. 盗汗
4. 喜温

 

 

 

 

 

 

2

 

 

101 五臓の病証で誤っている組合せはどれか。

 

1. 心 ― 贍語
2. 脾 ― 脱肛
3. 肺 ― 陽萎
4. 腎 ― 五更泄瀉

 

 

 

 

 

 

3

 

 

102 次の文で示す経脈病証はどれか。「口が苦い、缺盆の部分と腋窩が腫れ、膝の外側が痛む。」

 

1. 腎経
2. 胃経
3. 脾経
4. 胆経

 

 

 

 

 

 

4

 

 

103 次の文で示す奇経八脈病証はどれか。
「腹がはり、腰は弛緩して、力が入らず、水の中に座っているような無力と寒気を覚える。」

 

1. 督脈
2. 任脈
3. 衝脈
4. 帯脈

 

 

 

 

 

 

4

 

 

104 古代九鍼で按圧するのはどれか。

 

1. 員利鍼
2. 長鍼
3. 員鍼
4. 大鍼

 

 

 

 

 

 

3

 

 

105 十二刺のうち、患部に一鍼、その傍に一鍼ずつ刺す刺法はどれか。

 

1. 恢刺
2. 揚刺
3. 報刺
4. 斉刺

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

106 経脈と流注との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 三焦経 ― 心包を絡う。
2. 脾経 ― 腎を絡う。
3. 小腸経 ― 心を絡う。
4. 肺経 ― 大腸を絡う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

107 骨度法で左右の頭維穴間の長さはどれか。

 

1. 1 尺 2 寸
2. 9 寸
3. 8 寸
4. 5 寸

 

 

 

 

 

 

2

 

 

108 同一肋間にある経穴の組合せはどれか。

 

1. 歩廊 ― 食竇
2. 膺窓 ― 天谿
3. 霊墟 ― 屋翳
4. 胸郷 ― 神封

 

 

 

 

 

 

1

 

 

109 所属経脈が表裏関係にない経穴の組合せはどれか。

 

1. 照海 ― 崑崙
2. 養老 ― 霊道
3. 太衝 ― 公孫
4. 会宗 ― ?門

 

 

 

 

 

 

3

 

 

110 足関節の周囲にない経穴はどれか。

 

1. 解谿
2. 丘墟
3. 中封
4. 金門

 

 

 

 

 

 

4

 

 

111 取穴法で誤っている記述はどれか。

 

1. 肩?は肩関節の前方、肩峰と上腕骨頭の間に取る。
2. 陽輔は外果の上方 4 寸、腓骨の前縁に取る。
3. ?会は百会の前方 3 寸 5 分に取る。
4. 大包は腋窩中央の下 6 寸、中腋窩線上に取る。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

112 脳戸の外方 2 寸にある経穴はどれか。

 

1. 脳空
2. 玉枕
3. 浮白
4. 角孫

 

 

 

 

 

 

1

 

 

113 経穴と末梢神経との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 天泉 ― 正中神経
2. 翳風 ― 顔面神経
3. 手五里 ― 橈骨神経
4. 髀関 ― 下殿神経

 

 

 

 

 

 

4

 

 

114 経穴について誤っている記述はどれか。

 

1. 風市は脚気八処の一つである。
2. 足三里は中風七穴の一つである。
3. 胃兪は胃の六ツ灸の一つである。
4. 肝兪は小児斜差の灸の一つである。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

115 内関・公孫・列缺の 3 穴に共通する項目はどれか。

 

1. 経金穴
2. 絡穴
3. 四総穴
4. 八会穴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

116 ?水穴はどれか。

 

1. 陽谿
2. 後谿
3. 解谿
4. 侠谿

 

 

 

 

 

 

4

 

 

117 奇穴とその主治で誤っている組合せはどれか。

 

1. 印堂 ― 耳鳴り
2. 太陽 ― 頭痛
3. 気海兪 ― 便秘
4. 痞根 ― 腰痛

 

 

 

 

 

 

1

 

 

118 奇経と経穴との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 陰?脈 ― 然谷
2. 陽?脈 ― 申脈
3. 衝脈 ― 肓兪
4. 帯脈 ― 京門

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

119 腹証とその局所への治療穴との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 心下痞硬 ― 巨闕
2. 胸脇苦満 ― 期門
3. 腹皮拘急 ― 天枢
4. 小腹不仁 ― 下?

 

 

 

 

 

 

4

 

 

120 次の文で示す患者の病証に対する治療で適切なのはどれか。
「5 歳の男児。睡眠中に遺尿し、目覚めてから気がつく。排尿量は比較的多く、四肢が冷える。舌質は淡、脈は沈遅。」

 

1. 脾気を補う。
2. 腎陽を補う。
3. 心血を補う。
4. 肝陰を補う。

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

関連ページ

第16回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第16回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第16回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第16回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第16回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第16回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4