第20回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第20回鍼灸師国家試験過去問題 その1

 

1 介護保険制度について正しい記述はどれか。

 

1 介護認定は保健所に申請する。
2 要介護のレベルは4段階ある。
3 ケアプランは利用者が作成することはできない。
4 短期入所サービスは居宅者に対するサービスの1つである。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

2 医療従事者の倫理について適切でないのはどれか。

 

1 守秘義務がある。
2 患者の要求を優先する。
3 情報提供と説明を十分に行う。
4 援助者としての立場をとる。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

3 三次予防はどれか。

 

1 安全な水の供給
2 がん検診
3 事故防止
4 適正配置

 

 

 

 

4

 

 

 

 

4 腸炎ビブリオ食中毒について正しい記述はどれか。

 

1 冬季に多い。
2 潜伏期は平均20時間前後である。
3 原因菌は大腸菌群に分類される。
4 予防には加熱が有効である。

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

5 乳児死亡について正しい記述はどれか。

 

1 生後1週未満の死亡率を早期新生児死亡という。
2 生後6週間の死亡を新生児死亡という。
3 乳児死亡の原因で最も多いのは乳幼児突然死症候群である。
4 新生児死亡数より早期新生児死亡数のほうが多い。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

6 後天性免疫不全症候群は感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で何類に分類されているか。

 

1 2類
2 3類
3 4類
4 5類

 

 

 

 

4

 

 

 

 

7 疫学研究における因果関係の判断基準で「時間的な関係」の内容はどれか。

 

1 高い相対危険である。
2 生物学的常識を矛盾しない。
3 複数の研究で同様な関連がみられる。
4 曝露が結果に先行している。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

8 我が国に最近の女性のがんの年齢調整死亡率で増加傾向にないのはどれか。3つ選べ。

 

1 大腸がん
2 乳がん
3 肺がん
4 食道がん

 

 

 

 

 

134※

 

 

 

 

9 がんと危険因子との組合せで正しいのはどれか。

 

1 胃がん---------高蛋白食
2 乳がん---------授乳
3 子宮頸がん-----ヒトパピローマウィルス
4 肺がん---------肥満

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

10 我が国における精神障害の入院形態で最初に検討すべき形態はどれか。

 

1 応急入院
2 措置入院
3 医療保護入院
4 任意入院

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

11 はり師、きゅう師の免許を取消す権限を有する者はどれか。

 

1 内閣総理大臣
2 厚生労働大臣
3 都道府県知事
4 保健所長

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

12 はり師、きゅう師が請求できる療養費の支給対象に含まれないのはどれか。

 

1 五十肩
2 頸腕症候群
3 頸椎捻挫後遺症
4 半月板損傷

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

13 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律で施術所の備えるべき要件に含まれないのはどれか。

 

1 施術室
2 待合室
3 収容施設
4 消毒設備

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

14 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律で広告事項に含まれないのはどれか。

 

1 小児鍼(はり)
2 予約に基づく施術の実施
3 出張による施術の実施
4 胃腸炎に効くはり

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

15 胸郭上口を通るのはどれか。

 

1 前斜角筋
2 上大静脈
3 交感神経幹
3 副神経

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

16 側頭骨にあるのはどれか。

 

1 視神経管
2 翼突管
3 頸動脈管
4 舌下神経管

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

17 橈骨神経について正しいのはどれか。

 

1 腕神経叢の外側神経束に由来する。
2 内側腋窩隙を通過する。
3 回外筋を貫く。
4 手掌橈側半の感覚を支配する。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

18 脊柱の靱帯について正しい記述はどれか。

 

1 黄色靱帯は椎体の後面にある。
2 環椎横靱帯は歯突起の後面にある。
3 項靱帯は椎間円板の前面にある。
4 後縦靱帯は椎孔の背側にある。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

19 起始が1つの骨にある筋はどれか。

 

1 上腕二頭筋
2 上腕三頭筋
3 大腿二頭筋
4 下腿三頭筋

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

20 大腿骨の粗線に付着する筋はどれか。

 

1 半膜様筋
2 半腱様筋
3 長内転筋
4 薄筋

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

21 筋と付着部位について正しい組み合わせはどれか。

 

1 広背筋--------上腕骨大結節
2 大胸筋--------上腕骨小結節
3 大殿筋--------大腿骨大転子
4 大腰筋--------大腿骨小転子

 

 

 

 

4

 

 

 

 

22 気管支について正しい記述はどれか。

 

1 気管分岐部は第1胸椎の高さである。
2 気管支壁は肺動脈によって栄養される。
3 左気管支は3本の葉気管支に分かれる。
4 右気管支は左よりも垂直に近く傾斜する。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

23 膵臓について正しい記述はどれか。

 

1 第4・第5腰椎の高さにある。
2 後腹壁に付着している。
3 左端は十二指腸に接している。
4 膵液はランゲルハンス島から分泌される。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

24 副腎について正しい記述はどれか。

 

1 髄質からアルドステロンが分泌される。
2 皮質は腹膜上皮に由来する。
3 副腎には間膜がある。
4 副腎からのホルモンは門脈に分泌される。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

25 腹大動脈から起こる枝について正しい記述はどれか。

 

1 腹腔動脈は脾臓を養う。
2 腎動脈は第4腰椎の高さで起こる。
3 下腸間膜動脈は回腸を養う。
4 精巣動脈は鼡径靱帯の深層を通る。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

26 刺激伝導系について正しい記述はどれか。

 

1 神経線維により構成される。
2 プルキンエ線維は心外膜下を走行する。
3 房室結節は右心室にある。
4 ヒス束は線維三角を通る。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

27 皮神経で大腿神経の枝はどれか。

 

1 陰部大腿神経
2 外側大腿皮神経
3 腓腹神経
4 伏在神経

 

 

 

 

4

 

 

 

 

28 脳幹について正しい記述はどれか。

 

1 橋は脳幹に含まれる。
2 オリーブ核は錐体路に関与する。
3 延髄には四丘体がある。
4 中脳には弧束核がある。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

29 脳神経と副交感神経節との組合せで正しいのはどれか。

 

1 動眼神経-------毛様体神経節
2 顔面神経-------耳神経節
3 舌咽神経-------翼口蓋神経節
4 迷走神経-------上頸神経節

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

30 感覚と伝導路との組合せで正しいのはどれか。

 

1 視覚-------内側毛帯
2 触圧覚-----外側毛帯
3 触覚-------下丘
4 味覚-------唾液核

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

31 末梢神経における活動電位の興奮伝導に主要な役割を果たすイオンはどれか。

 

1 カリウムイオン
2 カルシウムイオン
3 ナトリウムイオン
4 マグネシウムイオン

 

 

 

 

3

 

 

 

 

32 血液量をモニターしているのは主にどの受容体か。

 

1 頸動脈洞圧受容体
2 大動脈弓圧受容器
3 大動脈小体化学受容器
4 心肺部圧受容器

 

 

 

 

4

 

 

 

 

33 肺循環について正しい記述はどれか。

 

1 大循環とも呼ばれる。
2 体循環の動脈圧より低い。
3 肺動脈は動脈血を運ぶ。
4 肺静脈は右心房に血液を運ぶ。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

34 血液の酸・塩基平衡の保持に重要なイオンはどれか。

 

1 カリウムイオン
2 カルシウムイオン
3 マグネシウムイオン
4 重炭酸イオン

 

 

 

 

4

 

 

 

 

35 腸管からの吸収に際して胆汁酸と共にミセルを形成するのはどれか。

 

1 脂肪酸
2 アミノ酸
3 ブドウ糖
4 電解質

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

36 基礎代謝量について正しいのはどれか。

 

1 加齢によって低下する。
2 同一年齢では女性が男性より高い。
3 体表面積に反比例する。
4 体温の上昇によって低下する。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

37 ある物質Sのクリアランスを求める際の指標として必要でないのはどれか。

 

1 物質Sの尿中濃度
2 物質Sの血漿濃度
3 1分間あたりの腎血流量
4 1分間あたりの尿量

 

 

 

 

3

 

 

 

 

38 神経末端から分泌されるホルモンはどれか。

 

1 アルドステロン
2 インスリン
3 エストロゲン
4 オキシトシン

 

 

 

 

4

 

 

 

 

39 α受容体が主に関与している機能はどれか。

 

1 皮膚血管の収縮
2 心拍数の増加
3 立毛筋の弛緩
4 膀胱排尿筋の弛緩

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

40 シナプス伝達について正しい記述はどれか。

 

1 全か無の法則に従う。
2 シナプス下膜で過分極は起こらない。
3 薬物の影響を受けにくい。
4 可塑性をもつ。

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

関連ページ

第20回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第20回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第20回鍼灸師国家試験過去問題 その3
鍼灸師国家試験過去問題です。第20回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
第20回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第20回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4