第18回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第18回鍼灸師国家試験過去問題 その3

 

81 潜伏期が最も短い食中毒の原因菌はどれか。

 

1. ブドウ球菌
2. 腸炎ビブリオ
3. サルモネラ属
4. ボツリヌス菌

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

82 慢性副鼻腔炎に関して正しい記述はどれか。

 

1. ウイルス感染が多い。
2. 水様性鼻汁が特徴である。
3. エックス線検査が有用である。
4. 内視鏡下手術の適応ではない。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

83 硬膜外ブロックがよい適応である神経痛はどれか。

 

1. 三叉神経痛
2. 舌咽神経痛
3. 後頭神経痛
4. 坐骨神経痛

 

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

84 身体障害者の分類で割合が増加しているのはどれか。

 

1. 肢体不自由
2. 視覚障害
3. 内部障害
4. 聴覚・言語障害

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

85 国際生活機能分類(ICF)について正しい記述はどれか。

 

1. 対象を障害者に限定して作成された分類法である。
2. 各構成要素の因果関係は両方向性である。
3. 生活機能とは日常生活動作のことである。
4. 個人因子とは健康状態のことである。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

86 医学的リハビリテーションチームを構成するメンバーでないのはどれか。

 

1. 理学療法士
2. 臨床心理士
3. ソーシャルワーカー
4. ホームヘルパー

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

87 筋力MMT2 の関節運動に対し筋力増強目的で運動療法を行う場合に、最も適切なのはどれか。

 

1. 他動運動
2. 自動運動
3. 自動介助運動
4. 漸増抵抗運動

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

88 脳卒中片麻痺患者に用いる装具はどれか。

 

1. 短下肢装具
2. 免荷装具
3. 股関節装具
4. 腰椎装具

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

89 下肢のブルンストロームステージで「共同運動がわずかに出現し、痙性が出始める。」のはどれか。

 

1. ステージT
2. ステージU
3. ステージV
4. ステージW

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

90 患肢で荷重するときに義足を必要とする切断部位はどれか。

 

1. 大腿切断
2. 膝関節離断
3. サイム切断
4. 中足骨切断

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

91 四肢の末梢神経麻痺のリハビリテーションで行わないのはどれか。

 

1. 関節可動域訓練
2. 低周波治療
3. 装具療法
4. 温熱療法

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

92 五行色体の組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 辛 ― 鼻
2. 焦 ― 咳
3. 歌 ― 宮
4. 液 ― 唾

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

93 肺の生理作用で誤っているのはどれか。

 

1. 気を主る。
2. 宣発を主る。
3. 納気を主る。
4. 皮毛を主る。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

94 外邪とその性質との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 湿邪 ― 脾胃を犯しやすい。
2. 寒邪 ― 内風を生じる。
3. 暑邪 ― 気と津液を消耗する。
4. 風邪 ― 衛気を犯し、変化しやすい。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

95 次の文で示す患者の病証として適切なのはどれか。
「38 歳の男性。半年前の失職以来、不安と不眠がある。起立時のめまいと軽度の動悸とを訴えている。」

 

1. 脾陽虚証
2. 肝陰虚証
3. 心血虚証
4. 腎気虚証

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

96 脾の病証でみられないのはどれか。

 

1. 軟便
2. 咽喉の閉塞感
3. 崩漏
4. 全身倦怠感

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

97 喉の腫れ、鼻出血および下の歯の痛みを呈する経脈病証はどれか。

 

1. 大腸経
2. 膀胱経
3. 三焦経
4. 胆経

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

98 腎経の経脈病証の所見として適切でないのはどれか。

 

1. 立ちくらみ
2. 足底のほてり
3. 季肋部のつかえ
4. 血痰

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

99 「おくび」について正しい記述はどれか。

 

1. 肺気が鼻に上衝して起こる。
2. 胃気の上逆によって起こる。
3. 労倦で起こる。
4. 宿食で起こる。

 

 

 

 

 

 

 

2.4

 

 

100 痛みの性質と病証との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 酸痛 ― 虚証
2. 重痛 ― 湿証
3. 刺痛 ― 血?
4. 隠痛 ― 気滞

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

101 季節と脈状との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 春 ― 緩脈
2. 夏 ― 洪脈
3. 秋 ― 石脈
4. 冬 ― 毛脈

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

102 目のかすみ、めまい、脇部の隠痛および手足のふるえを呈する病証で最も考えられる舌質はどれ
か。

 

1. 淡白舌
2. 淡紅舌
3. 紅舌
4. 紫舌

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

103 十二刺に含まれないのはどれか。

 

1. 浮刺
2. 直鍼刺
3. 賛刺
4. 大瀉刺

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

104 瀉法はどれか。

 

1. 艾?に風を送って燃やす。
2. 灰の上から施灸する。
3. 前揉捻してから刺鍼する。
4. 抜鍼後、鍼孔を閉じる。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

105 補瀉迎随による経穴刺鍼で瀉法となるのはどれか。

 

1. 尺沢へは手関節の方向に向けて刺す。
2. 陽谿へは肘関節の方向に向けて刺す。
3. 委中へは足関節の方向に向けて刺す。
4. 陰谷へは足関節の方向に向けて刺す。

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

106 経脈の始まりの経穴と終わりの経穴との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 少沢 ― 聴宮
2. 湧泉 ― 大包
3. 中衝 ― 糸竹空
4. 大敦 ― 日月

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

107 奇経八脈と八総穴との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 陰維脈 ― 外関
2. 帯脈 ― 後谿
3. 陽?脈 ― 申脈
4. 任脈 ― 照海

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

108 取穴法で正しい記述はどれか

 

1. 水分は神闕の上方2寸に取る。
2. 商曲は肓兪の上方1寸に取る。
3. 缺盆は鎖骨上際陥凹部、乳頭線上に取る。
4. 胸郷は紫宮の外方6寸、第2肋間に取る。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

109 第 4 肋間にないのはどれか。

 

1. 天谿
2. 天池
3. 乳中
4. 霊墟

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

110 尺骨神経支配の筋上にある経穴はどれか。

 

1. 手五里
2. 少海
3. 清冷淵
4. 合谷

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

111 腓腹筋とヒラメ筋との間に取るのはどれか。

 

1. 外丘
2. 飛陽
3. 陽交
4. 豊隆

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

112 経穴部位と筋との関係で同一筋上に位置しないのはどれか。

 

1. 肩膠
2. 肩井
3. 肩中兪
4. 肩外兪

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

113 深腓骨神経の固有支配領域にある経穴はどれか。

 

1. 申脈
2. 公孫
3. 地五会
4. 行間

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

114 五兪穴(五行穴)で脈気が注ぐ穴の主治はどれか。

 

1. 身熱
2. 喘咳寒熱
3. 心窩満
4. 体重節痛

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

115 脾経の経金穴の取穴法はどれか。

 

1. 内果の上3寸、脛骨内側縁の骨際に取る。
2. 内果の前下方、舟状骨粗面の直下に取る。
3. 内果の前下方陥凹部に取る。
4. 内果の直下1寸に取る。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

116 太淵と足三里に共通するのはどれか。

 

1. 原穴
2. 土穴
3. 四総穴
4. 中風七穴

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

117 自経に募穴がないのはどれか。

 

1. 足太陰脾経
2. 足少陽胆経
3. 足厥陰肝経
4. 手太陰肺経

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

118 胸椎の棘突起間に取穴するのはどれか。

 

1. 肩中兪
2. 巨闕兪
3. 督兪
4. 気海兪

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

119 実熱証に対する刺法で適切なのはどれか。

 

1. 疾く刺入し、疾く抜鍼する。
2. 呼気時に刺入し、吸気時に抜鍼する。
3. 経絡の流注に沿って刺入する。
4. 浅く刺入し、後に深くする。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

120 次の文で示す患者の病証に対し、五臓の病に用いる経穴で適切なのはどれか。
「50 歳の男性。最近、毛髪が多く抜け落ち、細く柔らかくなった。頭皮は脂が多い。耳鳴りや腰のだるさもある。脈は細数。」

 

1. 太淵
2. 太白
3. 太谿
4. 大陵

 

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

関連ページ

第18回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第18回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第18回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第18回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第18回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第18回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4