第18回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第18回鍼灸師国家試験過去問題 その2

 

41 興奮性伝達物質として働くのはどれか。

 

1. グリシン
2. 一酸化窒素
3. グルタミン酸
4. ガンマアミノ酪酸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

42 筋運動に関する組合せで誤っているのは どれか。

 

1. 筋疲労 ― 乳酸
2. 姿勢保持 ― 等尺性収縮
3. ATPの枯渇 ― 筋硬直
4. 瞬発的な運動 ― 有酸素運動

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

43 内耳で上下方向の直線加速度を検出する のはどれか。

 

1. 蝸牛管
2. 球形嚢
3. 卵形嚢
4. 半規管

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

44 マク ロファージについ て誤っているのは どれか。

 

1. ヒスタミンを分泌す る。
2. 異物を貪食す る。
3. リンパ球に抗原提示する。
4. 血中の単球に由来する 細胞である。

 

 

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

45 ウイ ルス感染症でないのはどれか。

 

1. 伝染性単核球症
2. C 型肝炎
3. クロイツフェルト・ヤコブ病
4. 成人 T 細胞白血病

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

46 出血部位と出血の種類との組合わせで正しいのはどれか。

 

1. 胃 ― 喀血
2. 肺 ― 吐血
3. 結腸 ― 血便
4. 膀胱 ― 下血

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

47 ショ ックとそ の原因と の組合せで誤って いるのはど れか。

 

1. 心原性ショック ― 急激な心拍出量減少
2. 出血性ショック ― 末梢血管の透過性亢進
3. 熱傷性ショック ― 大量の血漿成分喪失
4. 細菌性ショック ― 内毒素による血管 内皮細胞障害

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

48 疾患とその原 因となる 代謝障害との組合 せで正しい のはどれか。

 

1. ウィルソン 病 ― 核酸代謝障害
2. アミロイドーシス   ― 蛋白代謝障害
3. 骨粗鬆症 ― 色素代謝障害
4. 痛風 ― 脂質代謝障害

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

49 結核結節にみられない のはどれか。

 

1. 類上皮細胞
2. 乾酪壊死巣
3. アシ ョフ小体
4. ラングハンス 型巨細胞

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

50 炎症について誤っ ている組合せはどれか。

 

1. 肉芽腫性炎 ― 肉芽組織形成
2. 化膿性炎 ― 蜂巣炎病変
3. 漿液性炎 ― 炎症性浮腫
4. 線維素性炎 ― 偽膜形成

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

51 腫瘍の良性・ 悪性を判定するための所見と し て適切でないのはどれか。

 

1. 腫瘍病変境界の性状
2. 転移の有無
3. 核分裂像の頻度
4. 蜂窩状構造の有無

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

52 医療面接において適切でないのはどれか。

 

1. 前半は「 閉ざさ れた質問」 を中心に進める。
2. 患者の言葉を繰り 返し て理解し ているこ と を示す。
3. 言い換えによっ て訴えを明確化する。
4. 最後に言い残し がないかどう かを聞く 。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

53 構成失行の説明で正し い記述はどれか。

 

1. 命令による簡単な動作ができない。
2. 立方体を模写でき ない。
3. 道具をう まく 使えない。
4. 左右がわから ない。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

54 指の変形で変形性関節症によると 考えら れるのはどれか。

 

1. ボタ ン穴変形
2. 太鼓ばち指
3. ク モ状指
4. ヘバーデン結節

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

55 発育期に多いスポーツ障害と し て適切でないのはどれか。

 

1. 腰椎分離症
2. オスグッ ド 病
3. アキレス腱断裂
4. 踵骨骨端症

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

56 黄疸をき たす疾患で尿中ビリルビンが上昇しないのはどれか。

 

1. 胆石症
2. 膵臓癌
3. 急性肝炎
4. 溶血性貧血

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

57 悪液質でみら れないのはどれか。

 

1. るいそう
2. 皮膚の乾燥・ 弛緩
3. 仮面様顔貌
4. 眼窩・ 頬のくぼみ

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

58 尿の異常と病態との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 高比重尿 ― 尿崩症
2. 多尿 ― 尿路結石症
3. 酸性尿 ― 飢餓
4. 尿閉 ― 急性腎炎

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

59 レイノー現象がみられる疾患はどれか。

 

1. 肥大型心筋症
2. 気管支喘息
3. クローン病
4. 全身性硬化症

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

60 疾患と視診の組合せで誤っているのはどれか。

 

1. アジソン病 ― 満月様顔貌
2. 肝硬変 ― クモ状血管腫
3. 全身性エリテマトーデス ― 蝶形紅斑
4. パーキンソン病 ― 前傾姿勢

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

61 徐脈がみられるのはどれか。

 

1. バセドウ病
2. 発熱
3. 貧血
4. アダムス・ストークス症候群

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

62 認知症の初期症状として人格障害が特徴的なのはどれか。

 

1. アルツハイマー病
2. レビー小体型認知症
3. 脳血管性認知症
4. ピック病

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

63 パーキンソン病の非運動症状として適切なのはどれか。

 

1. 視力障害
2. 失語症
3. 起立性低血圧
4. 乏尿

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

64 特発性側弯に関して正しい記述はどれか。

 

1. 3歳頃までに気付かれることが多い。
2. 前屈させると背部は水平となる。
3. コブ法は弯曲の程度の計測法である。
4. 肺機能は低下しないのが特徴である。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

65 高齢者に多い骨折として適切でないのはどれか。

 

1. 鎖骨骨折
2. 上腕骨近位部骨折
3. 脊椎圧迫骨折
4. 大腿骨頸部骨折

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

66 小児期の上腕骨外顆骨折後、成人になって起こる神経障害はどれか。

 

1. 腋窩神経麻痺
2. 橈骨神経麻痺
3. 正中神経麻痺
4. 尺骨神経麻痺

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

67 心臓弁膜症と聴診所見との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 僧帽弁閉鎖不全症 ― 頸動脈雑音
2. 大動脈弁閉鎖不全 ― 拡張期雑音
3. 僧帽弁狭窄症 ― 収縮期雑音
4. 大動脈弁狭窄症 ― ランブル

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

68 ウイルス性肝炎に関して正しい記述はどれか。

 

1. A型は輸血で感染する。
2. B型は DNA ウイルスによる。
3. C型はワクチンで予防できる。
4. E型は慢性化しやすい。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

69 特発性肺線維症をきたす危険因子でないのはどれか。

 

1. 喫煙
2. 過食
3. 薬剤
4. 感染

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

70 下垂体性尿崩症について誤っている記述はどれか。

 

1. バゾプレッシンの分泌が低下している。
2. 続発性尿崩症の頻度が高い。
3. 高血糖を認める。
4. 多飲となる。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

71 ベーチェット病の特徴的な症状でないのはどれか。

 

1. ブドウ膜炎
2. 中耳炎
3. 口腔内アフタ性潰瘍
4. 陰部潰瘍

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

72 特発性血小板減少性紫斑病の症状で適切でないのはどれか。

 

1. 関節内血腫
2. 鼻出血
3. 歯肉出血
4. 皮膚の点状出血

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

73 クッシング病でみられやすいのはどれか。

 

1. 月経異常
2. るいそう
3. 低血圧
4. 恥毛脱落

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

74 ファロー四徴症で認められないのはどれか。

 

1. 肺動脈狭窄
2. 大動脈騎乗
3. 右室肥大
4. 大血管転位

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

75 潰瘍性大腸炎の特徴でないのはどれか。

 

1. 粘血便
2. 敷石状病変
3. 全周性潰瘍
4. 中毒性巨大結腸

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

76 結膜炎について誤っている記述はどれか。

 

1. アレルギー性結膜炎ではかゆみが強い。
2. クラミジア性結膜炎は難治性である。
3. 細菌性結膜炎は大型濾胞が特徴である。
4. ウイルス性結膜炎は院内感染が起こりやすい。

 

 

 

 

 

3

 

 

次の文で示す症例について、77、78 の問に答えよ。
「60 歳の男性。軽度呼吸困難で来院。腹部膨隆と女性化乳房とがみられ、上部消化管内視鏡検査で食道・胃
静脈癌を認める。血液検査で血小板と白血球に減少が認められ、C 型肝炎ウイルス陽性であった。」

 

 

77 この疾患で血小板減少をきたす原因となる病変臓器はどれか。

 

1. 肺
2. 肝臓
3. 脾臓
4. 腎臓

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

78 この疾患に合併する悪性腫瘍の早期発見に有用な腫瘍マーカーはどれか。

 

1. AFP
2. CEA
3. CA19−9
4. PSA

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

次の文で示す症例について、79、80 の間に答えよ。
「35 歳の男性。発熱、乾性咳嚇および呼吸困難で入院。胸部エックス線写真で両側の中・下肺野にびまん性
すりガラス状陰影を認め、喀痰細胞診でニューモシスチス肺炎と診断された。」

 

 

79 この患者で陽性と考えられるのはどれか。

 

1. ライノウイルス
2. ヒト免疫不全ウイルス
3. 成人 T 細胞白血病ウイルスT型
4. 単純ヘルペスウイルス

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

80 本疾患で減少するのはどれか。

 

1. 単球
2. 好中球
3. Bリンパ球
4. Tリンパ球

 

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

関連ページ

第18回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第18回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第18回鍼灸師国家試験過去問題 その3
鍼灸師国家試験過去問題です。第18回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
第18回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第18回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4