第11回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第11回鍼灸師国家試験過去問題 その3

 

81 出血性ショックの症状でないのはどれか。

 

1. 意識障害
2. 頻 脈
3. 血圧低下
4. 頻 尿

 

 

 

 

 

 

4

 

 

82 月経の発現に関係しないのはどれか。

 

1. 脳下垂体
2. 卵 巣
3. 卵 管
4. 子宮内膜

 

 

 

 

 

 

3

 

 

83 熱傷時最初に行う処置はどれか。

 

1. 水で冷却する。
2. 包帯で覆う。
3. 消毒薬を塗布する。
4. 軟膏を塗布する。

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

84 成人の胸骨圧迫心臓マッサージで正しい組合せはどれか。

 

1. 圧迫の回数 1 分間 60 回
2. 圧迫の深さ 2〜3cm
3. 加圧と除圧との比 1:1
4. 心臓マッサージと人工呼吸との比 10:1

 

 

 

 

 

 

3

 

 

85 細菌性髄膜炎の髄液検査所見で正しいのはどれか。

 

1. 細胞数減少
2. 蛋白低下
3. 糖低下
4. 髄液圧下降

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

86 下方あるいは鼻先を見つめるような眼球共同偏視をきたす出血部位はどれか。

 

1. 視 床
2. 橋
3. 小 脳
4. 被 殻

 

 

 

 

 

 

1

 

 

87 神経疾患とその診断に有用な検査との組合せで正しいのはどれか。

 

1. アルツハイマー病 − 筋電図検査
2. ギラン・バレー症候群 − 髄液検査
3. 筋萎縮性側素硬化症 − 頭部 CT 検査
4. 脊髄空洞症 − 神経生検硬化症

 

 

 

 

 

 

2

 

 

88 思考制止がみられる精神疾患はどれか。

 

1. 不安神経症
2. うつ病
3. 心身症
4. 統合失調症(精神分裂病)

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

89 身体障害者手帳の交付が最も多いのはどれか。

 

1. 視覚障害
2. 聴覚・言語障害
3. 肢体不自由
4. 内部障害

 

 

 

 

 

 

3

 

 

90 種々の手段を用い、応用動作の向上や社会適応能力の回復を目的として行われるのはどれか。

 

1. 理学療法
2. 作業療法
3. 心理療法
4. ソーシャルワーク

 

 

 

 

 

 

2

 

 

91 関節リウマチのリハビリテーションで誤っている記述はどれか。

 

1. 運動時痛を伴う間は関節の安静を保つ。
2. 筋力強化は等尺性運動を基本とする。
3. 関節可動域訓練は可動範囲いっぱいに動かす。
4. 疼痛を軽減する目的で温熱療法を併用する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

92 歩行時の重心移動を滑らかにする身体の仕組みで誤っている記述はどれか。

 

1. 立脚中期に膝関節が屈曲する。
2. 遊脚側の骨盤が前方に回旋する。
3. 骨盤が立脚側に側方移動する。
4. 遊脚側の骨盤が挙上する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

93 脳性麻痺について誤っている組合せはどれか。

 

1. 痙直型 − 腱反射亢進
2. 弛緩型 − 抗重力姿勢保持困難
3. 強剛型 − 関節拘縮
4. アテトーゼ型 − 鉛管現象

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

94 脳卒中による右片麻痺患者にみられる症状で誤っているのはどれか。

 

1. 失語症
2. 左半側空間失認
3. 両眼での右側視野の欠損
4. 右上下肢の知覚障害

 

 

 

 

 

 

2

 

 

95 頸髄損傷急性期にみられない症状はどれか。

 

1. 腸閉塞
2. 弛緩性運動麻痺
3. 反射性排尿
4. 発汗障害

 

 

 

 

 

 

3

 

 

96 慢性閉塞性肺疾患に対する理学療法の目的で誤っているのはどれか。

 

1. 残気量の増大
2. 換気量の増大
3. 1 秒率の増大
4. 気道分泌物の排出

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

97 陰陽法則で陰陽消長を表現しているのはどれか。

 

1. 陰中に陽あり、陽中に陰あり。
2. 陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる。
3. 陰虚すれば陽実し、陽虚すれば陰実す。
4. 陰実するときは陽も実し、陰虚するときは陽も虚す。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

98 五臓と五香との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 心 − 香
2. 脾 − 腥
3. 肺 一 焦
4. 腎 一 腐

 

 

 

 

 

 

4

 

 

99 宗気について適切なのはどれか。

 

1. 胸中に宿る
2. 脈外をめぐる
3. 経絡の機能を維持する
4. 栄養を主る。

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

100 奇恒の腑に属するのはどれか。

 

1. 胆
2. 小 腸
3. 胃
4. 大 腸

 

 

 

 

 

 

1

 

 

101 五臓とその役割との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 心 一 臣使の官
2. 脾 − 伝導の官
3. 肺 − 相傳の官
4. 腎 − 中正の官

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

102 五臓の生理横能について誤っている記述はどれか。

 

1. 肝は筋を主る。
2. 心は血脈を主る。
3. 脾は運化を主る。
4. 肺は統血を主る。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

103 肝について正しいのはどれか。

 

1. 体温調節を行う。
2. 第 5 胸椎に付着する。
3. 鼻に開竅する
4. 魂を蔵す

 

 

 

 

 

 

4

 

 

104 次の文で示す経絡病証について適切なのはどれか。
「のどが渇き、側胸部が痛む。上肢の前面内側がしびれて痛み、手掌が熱をもって痛む。」

 

1. 三焦経
2. 心 経
3. 肺 経
4. 小腸経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

105 気滞の症状はどれか。

 

1. 手足のしびれ
2. 脹 痛
3. 出 血
4. 目のかすみ

 

 

 

 

 

 

2

 

 

106 腎の症状として誤っているのはどれか。

 

1. 耳鳴り
2. 目の充血
3. 四肢の冷え
4. 性欲減退

 

 

 

 

 

 

2

 

 

107 陰虚証の症状でないのはどれか。

 

1. 潮 熱
2. 手足のほてり
3. 自 汗
4. 盗 汗

 

 

 

 

 

 

3

 

 

108 補の施灸法として誤っているのはどれか。

 

1. 灰を取らずに施灸する
2. 底面を狭くする
3. 自然に燃やす
4. 皮膚に密着させる。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

109 東洋医学の治療について誤っている記述はどれか。

 

1. 標治法は経絡の変動を調整する。
2. 弁証施治は八綱病証を用いる。
3. 補瀉は虚実に応じて行う。
4. 正治とは順証に対する治法である。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

110 十二刺の刺法で正しい組合せはどれか。

 

1. 骨痺を治す − 短刺
2. 寒痺を治す − 偶刺
3. 心痺を治す − 恢刺
4. 筋痺を治す − 浮刺

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

111 遠道刺の刺法はどれか。

 

1. 病、分肉にあればその間を刺す。
2. 病、右にあれば左に取る。
3. 病、上にあれば下に取る。
4. 病、体表にあれば皮毛を刺す。

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

112 肝経について正しい記述はどれか。

 

1. 足の第 1 指爪甲根部内側に起こる。
2. 腹部では任脈に沿って上行する。
3. 足の少陰経に連なる。
4. 大腿では脾経と腎経との間を上行する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

113 骨度法で誤っているのはどれか。

 

1. 前髪際から後髪際まで 1 尺 2 寸
2. 胸骨体下端から臍まで 8 寸
3. 大転子から膝窩中央まで 1 尺 9 寸
4. 肩峰外端から肘まで 1 尺 3 寸

 

 

 

 

 

 

4

 

 

114 足の小指で接続する経絡の組合わせで正しいのはどれか。

 

1. 胃経 − 脾経
2. 脾経 − 胆経
3. 胆経 − 膀胱経
4. 膀胱経 − 腎経

 

 

 

 

 

 

4

 

 

115 経穴の部位で正しい記述はどれか。

 

1. 強間は脳戸の上方 2 寸にある。
2. 翳風は耳介中央の直後にある。
3. 風池は乳様突起下端と?門との中間で後髪際にある。
4. 完骨は乳様突起中央の後方で髪際を 1 寸入ったところにある。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

116 口輪筋上にない経穴はどれか。

 

1. 巨?
2. 水溝
3. 地倉
4. 禾?

 

 

 

 

 

 

1

 

 

117 中風七穴でないのはどれか。

 

1. 伏 兎
2. 曲 池
3. 足三里
4. 百 会

 

 

 

 

 

 

1

 

 

118 取六法で正しい記述はどれか。

 

1. 豊隆は内果の上方 8 寸に取る。
2. 中都は内果の上方 7 寸に取る。
3. 外丘は外果の上方 5 寸に取る。
4. 三陰交は外果の上方 3 寸に取る。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

119 第 4 助間にない経穴はどれか。

 

1. 神蔵
2. 乳中
3. 天池
4. 天谿

 

 

 

 

 

 

1

 

 

120 手関節の上方 5 寸の高さにない経穴はどれか。

 

1. 温 溜
2. 支 正
3. 三陽絡
4. ? 門

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

関連ページ

第11回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第11回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第11回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第11回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第11回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第11回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4