第3回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第3回鍼灸師国家試験過去問題 その3

 

81 大腿骨頸部内側骨折について誤っているのはどれか。

 

1. 老人に多い。
2. 下肢は外旋位をとる。
3. 骨頭への血行は保たれている。
4. 骨癒合に長時間を要する。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

82 骨粗鬆症について誤っているものはどれか。

 

1. 閉経後の女性に発生しやすい。
2. 海綿骨の骨梁が減少する。
3. 腰背部痛の原因となる。
4. 脊椎圧迫骨折があれば手術を行う。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

83 椎間板ヘルニアについて誤っているのはどれか。

 

1. 脱出した髄核が神経根を圧迫する。
2. L5−S1間のヘルニアでは大腿四頭筋の筋力が低下する。
3. 単純エックス線写真で椎間腔は狭小化する。
4. 再発を繰り返す患者には手術を行う。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

84 重症熱傷でみられないのはどれか。

 

1. 低タンパク血症
2. 循環血漿量増加
3. 腎障害
4. 十二指腸潰瘍

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

85 脳血管障害について正しい記述はどれか。

 

1. 一過性脳虚血発作は麻痺を残さない。
2. くも膜下出血は慢性に発症する。
3. 脳梗塞は若年者に多い。
4. 脳血栓は過激な体動時に多い。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

86 パーキンソン病の症状でないのはどれか。

 

1. 筋強剛(固縮)
2. 振戦
3. 無動
4. 難聴

 

 

 

 

 

 

4

 

 

87 創傷感染症について正しい記述はどれか。

 

1. せつ、ようの原因は連鎖球菌が多い。
2. ひょう疽は四肢の慢性炎症をいう。
3. 蜂巣織炎とは筋肉の感染症である。
4. 破傷風菌の毒素は中枢神経を障害する。

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

88 麻酔について誤っている記述はどれか。

 

1. 吸入麻酔には酸素が使用される。
2. 脊椎麻酔は下肢の手術に適用できる。
3. 静脈麻酔は全身麻酔である。
4. 硬膜外麻酔には気管内挿官が必要である。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

89 運動の強度メッツ(METS)について正しい組合せはどれか。

 

1. 散歩 ― 1?2
2. ボーリング ― 2?4
3. ジョギング ― 5?6
4. 登山 ― 7?8

 

 

 

 

 

 

2

 

 

90 コルセットの作製に関与しない職種はどれか。

 

1. 理学療法士
2. 作業療法士
3. 義肢装具士
4. 臨床工学技士

 

 

 

 

 

 

4

 

 

91 関節運動が重力に抗して全可動域にわたり可能となる最小の筋力はどれか。

 

1. 筋力 1
2. 筋力 2
3. 筋力 3
4. 筋力 4

 

 

 

 

 

 

3

 

 

92 異常歩行について正しい記述はどれか。

 

1. 脚長差が 3cm 以内であれば異常は目立たない。
2. 疼痛性跛行では患側の立脚相の時間が長くなる。
3. 脳卒中片麻痺では足の内側から接地する。
4. 小きざみ歩行は筋ジストロフィー症にみられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

93 脳卒中後遺症について正しい記述はどれか。

 

1. 左片麻痺に失語症が起こる。
2. 右片麻痺に失認症が起こる。
3. 麻痺側肩関節に亜脱臼が起こる。
4. 発症初期から強い痙性麻痺が起こる。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

94 脳卒中患者の背臥位における良肢位保持について正しい記述はどれか。

 

1. マットレスは柔らかいものとする。
2. 肩甲帯を後方に引く。
3. 股関節は内旋外旋中間位とする。
4. 足関節は底屈位とする。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

95 上位胸髄の脊髄損傷患者の訓練として適切でないのはどれか。

 

1. プッシュアップ
2. キャスター上げ
3. 移乗動作
4. 四点歩行

 

 

 

 

 

 

4

 

 

96 大腿切断について誤っている記述はどれか。

 

1. 閉塞性動脈硬化症が原因となる。
2. 実用的義足歩行が可能である。
3. 断端浮腫は義足装着の障害となる。
4. 幻肢感覚は日常生活動作の障害となる。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

97 五臓と五色との対応で正しいのはどれか。

 

1. 心 ― 青
2. 脾 ― 赤
3. 肺 ― 黄
4. 腎 ― 黒

 

 

 

 

 

 

4

 

 

98 次の文で示す症状を訴えるのはどの経絡の病証か。
「腋窩部の腫れ、上肢のひきつれ、手掌のほてり及び季肋部のつかえ。」

 

1. 手の太陽小腸経
2. 手の厥陰心包経
3. 手の陽明大腸経
4. 手の少陽三焦経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

99 腎の症状はどれか。

 

1. 難聴
2. 血便
3. 脇痛
4. 胸痛

 

 

 

 

 

 

1

 

 

100 脾の生理作用で正しい記述はどれか。

 

1. 飲食物を清と濁に分ける。
2. 目に開竅する。
3. 肌肉を主る。
4. 血を蔵す。

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

101 内因はどれか。

 

1. 六淫
2. 七情の乱れ
3. 飲食労倦
4. 房事過多

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

102 次の文で示す外邪はどれか。「百病の長ともいわれ、春に多く発病し、多くは皮毛から侵入する。」

 

1. 風
2. 寒
3. 湿
4. 燥

 

 

 

 

 

 

1

 

 

103 精を蔵すのはどれか。

 

1. 心
2. 脾
3. 肺
4. 腎

 

 

 

 

 

 

4

 

 

104 正邪の盛衰を診るのはどれか。

 

1. 寒熱
2. 燥湿
3. 表裏
4. 虚実

 

 

 

 

 

 

4

 

 

105 難経による五臓と腹診部位との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 肝 ― 臍の左側
2. 心 ― 中胃部
3. 肺 ― 心下部
4. 腎 ― 臍の右側

 

 

 

 

 

 

1

 

 

106 腹証で正しい組合せはどれか。

 

1. 小腹急結 ― 腎
2. 小腹不仁 ― ?血
3. 胸脇苦満 ― 肝
4. 心下痞硬 ― 脾

 

 

 

 

 

 

3

 

 

107 「消渇」の現代病名はどれか。

 

1. 悪性新生物
2. 心筋梗塞
3. 糖尿病
4. 高血圧症

 

 

 

 

 

 

3

 

 

108 九鍼のうち皮膚の摩擦に用いられるのはどれか。

 

1. 鋒鍼
2. 円(員)鍼
3. ハ鍼
4. 円(員)利鍼

 

 

 

 

 

 

2

 

 

109 実熱証で診られる脈状はどれか。

 

1. 沈
2. 数
3. 虚
4. 細

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

110 難経六十九難による瀉法で正しい組合せはどれか。

 

1. 肺実証 ― 商丘、経渠
2. 脾実証 ― 行間、少府
3. 肝実証 ― 尺沢、陰谷
4. 心実証 ― 神門、太白

 

 

 

 

 

 

4

 

 

111 実証に対する鍼治療の手技として正しい記述はどれか。

 

1. 呼気時に刺入し吸気時に抜く。
2. 鍼尖を経絡の流れに沿って刺入する。
3. ゆっくり刺入しゆっくり抜く。
4. 抜鍼しても鍼孔を閉じない。
(はき 3) 経絡経穴概論 112〜124

 

 

 

 

 

 

4

 

 

112 足の第1指内端(内側爪甲根部)に始まる経絡はどれか。

 

1. 足の太陰脾経
2. 足の少陰腎経
3. 足の厥陰肝経
4. 足の陽明胃経

 

 

 

 

 

 

1

 

 

113 自経の経穴を募穴としているのはどれか。

 

1. 足の厥陰肝経
2. 足の太陰脾経
3. 手の陽明大腸経
4. 手の少陰心経

 

 

 

 

 

 

1

 

 

114 四総穴に含まれない経穴はどれか。

 

1. 列缺
2. 合谷
3. 委中
4. 公孫

 

 

 

 

 

 

4

 

 

115 八会穴で合穴はどれか。

 

1. 曲池
2. 太淵
3. 中?
4. 陽陵泉

 

 

 

 

 

 

4

 

 

116 中風七穴と脚気八処の穴とに共通する経穴はどれか。

 

1. 百会
2. 肩井
3. 足三里
4. 伏兎

 

 

 

 

 

 

3

 

 

117 取穴法について正しい記述はどれか。

 

1. 天泉は腋窩横紋の前端から曲池穴に向かい2寸に取る。
2. 頭臨泣は瞳孔の直上で、神庭穴と頭維穴とを結ぶ線上に取る。
3. 腕骨は手関節後面、尺骨茎状突起の下際陥凹部に取る。
4. 申脈は外果の直下1寸に取る。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

118 取穴法について正しい記述はどれか。

 

1. 身柱は第2胸椎棘突起下に取る。
2. 中?は神闕穴の下4寸に取る。
3. 次?は第2後仙骨孔部に取る。
4. 太谿は外果の直下1寸に取る。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

119 同じ高さにある経穴はどれか。

 

1. 気穴と大巨
2. 肓兪と水分
3. 商曲と太乙
4. 大赫と気衝

 

 

 

 

 

 

3

 

 

120 井穴と部位との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 商陽 ― 示指尺側
2. 中衝 ― 中指橈側
3. 関衝 ― 薬指橈側
4. 少衝 ― 小指尺側

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

関連ページ

第3回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第3回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第3回鍼灸師国家試験過去問題 その2
鍼灸師国家試験過去問題です。第3回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その2
第3回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第3回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4