第3回鍼灸師国家試験過去問題のサイトです。

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第3回鍼灸師国家試験過去問題 その2

 

41 排卵後に血中濃度が急速に高まるホルモンはどれか。

 

1. プロゲステロン
2. 黄体形成ホルモン
3. 卵胞刺激ホルモン
4. エストロゲン

 

 

 

 

 

 

1

 

42 神経線維の興奮伝導について正しい記述はどれか。

 

1. 興奮伝導は一方向性に起こる。
2. 無髄線維は有髄線維より伝導速度が速い。
3. 興奮の大きさは伝導の途中で減衰する。
4. 有髄線維では跳躍伝導が起こる。

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

43 感覚性言語中枢のある部位はどれか。

 

1. 前頭葉
2. 後頭葉
3. 側頭葉
4. 頭頂葉

 

 

 

 

 

 

3

 

 

44 レム睡眠について誤っている記述はどれか。

 

1. 急速眼球運動が起こる。
2. 夢を見ていることが多い。
3. 呼吸が乱れることが多い。
4. 睡眠時間の約 75%を占める。

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

45 筋紡錘について正しい記述はどれか。

 

1. 遠心路はα運動神経線維である。
2. γ運動ニューロンの支配を受ける。
3. 求心路はW群求心性線維である。
4. 錘外筋線維は錘内筋線維より細い。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

46 錐体路系に属する伝導路はどれか。

 

1. 皮質脊髄路
2. 皮質赤核路
3. 赤核脊髄路
4. 網様体脊髄路

 

 

 

 

 

 

1

 

 

47 皮膚反射でないのはどれか。

 

1. 腹壁反射
2. 挙睾筋反射
3. 足底反射
4. 咬筋反射

 

 

 

 

 

 

4

 

 

48 網膜で明暗を感じる細胞はどれか。

 

1. 錐状体細胞
2. 杆状体細胞
3. 双極細胞
4. アマクリン細胞

 

 

 

 

 

 

2

 

 

49 体液性免疫に関与するリンパ球はどれか。

 

1. B細胞
2. 好中球
3. 単球
4. T細胞

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

50 骨のカルシウム代謝に関与しない物質はどれか。

 

1. ビタミンD
2. 有機水銀
3. リン酸塩
4. 上皮小体ホルモン

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

51 塞栓症について誤っている組合せはどれか。

 

1. 心弁膜症 ― 脳の血栓性塞栓
2. 外傷性複雑骨折 ― 肺の脂肪性塞栓
3. スキューバダイビング ― 脳のガス塞栓
4. 大腿静脈血栓 ― 肝臓の血栓性塞栓

 

 

 

 

 

 

4

 

 

52 最も成功率の低い移植はどれか。

 

1. 自家移植
2. 同系移植
3. 同種移植
4. 異種移植

 

 

 

 

 

 

4

 

 

53 炎症の分類について適切でない組合せはどれか。

 

1. 火傷 ― 漿液性炎
2. 結核 ― 変質性炎
3. 暴飲暴食 ― カタル性炎
4. ブドウ球菌感染症 ― 化膿性炎

 

 

 

 

 

 

2

 

 

54 腫瘍について正しい記述はどれか。

 

1. 線維腫は悪性非上皮性腫瘍である。
2. 乳頭腫は良性非上皮性腫瘍である。
3. 血管肉腫は悪性上皮性腫瘍である。
4. 腺腫は良性上皮性腫瘍である。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

55 アレルギー反応の型について正しい組合せはどれか。

 

1. T型反応 ― アナフィラキシー型
2. U型反応 ― アルサス型
3. V型反応 ― 細胞免疫型
4. W型反応 ― 細胞障害型

 

 

 

 

 

 

1

 

 

56 疾患と染色体異常との組合せで正しいのはどれか。

 

1. クラインフェルター症候群 ― XO
2. ターナー症候群 ― XXY
3. 慢性骨髄性白血病 ― フィラデルフィア染色体
4. ダウン症候群 ― G22トリソミー

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

57 心不全の徴候でないのはどれか。

 

1. 頸静脈拡張
2. 肝臓腫大
3. 起立性低血圧
4. 腹水

 

 

 

 

 

 

3

 

 

58 脈拍のリズムについて正しい記述はどれか。

 

1. 期外収縮とは脈が1拍欠けるものをいう。
2. 心房細動は絶対性不整脈を示す。
3. 完全房室ブロックでは脈が速くなる。
4. 洞性不整脈と呼吸のリズムとは無関係である。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

59 低比重尿をきたす疾患はどれか。

 

1. 尿崩症
2. うっ血性心不全
3. 糖尿病
4. ネフローゼ症候群

 

 

 

 

 

 

1

 

 

60 出血傾向がみられない疾患はどれか。

 

1. 急性骨髄性白血病
2. 鉄欠乏性貧血
3. 壊血病
4. 肝硬変

 

 

 

 

 

 

2

 

 

61 やせをきたさない疾患はどれか。

 

1. 甲状腺機能亢進症
2. 糖尿病
3. クッシング症候群
4. 褐色細胞腫

 

 

 

 

 

 

3

 

 

62 圧痛を特徴とするリンパ節腫脹がみられる疾患はどれか。

 

1. 化膿性リンパ節炎
2. 結核性リンパ節炎
3. 悪性リンパ腫
4. 転移性悪性腫瘍

 

 

 

 

 

 

1

 

 

63 浮腫と原因との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 粘液水腫 ― 腎機能低下
2. 肝性浮腫 ― 低タンパク血症
3. 腎性浮腫 ― 副腎機能低下
4. 心性浮腫 ― 静脈圧低下

 

 

 

 

 

 

2

 

 

64 高次脳機能障害と症状との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. ブローカー失語症 ― 音読障害
2. ウエルニッケ失語症 ― 理解障害
3. 失行症 ― 情緒障害
4. 失認症 ― 認識障害

 

 

 

 

 

 

3

 

 

65 アキレス腱反射が消失する椎間板ヘルニアの部位はどれか。

 

1. L2−L3間
2. L3−L4間
3. L4−L5間
4. L5−S1間

 

 

 

 

 

 

4

 

 

66 反射と病態との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 深部反射亢進 ― 多発性神経炎
2. 病的反射 ― 錐体路障害
3. 深部反射減弱 ― 筋ジストロフィー
4. 姿勢反射異常 ― 脳性麻痺

 

 

 

 

 

 

1

 

 

67 疾患と痛みが放散する部位との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 胆石症 ― 右肩
2. 尿管結石 ― 鼠径部
3. 狭心症 ― 左肩
4. 十二指腸潰瘍 ― 右肩

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

68 急性腹症を起こしにくい疾患はどれか。

 

1. 胃潰瘍
2. 胆石症
3. 卵巣嚢腫
4. 子宮筋腫

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

69 肺気腫の発症に最も関与する疾患はどれか。

 

1. 胸膜炎
2. 気胸
3. 肺癌
4. 慢性気管支炎

 

 

 

 

 

 

4

 

 

70 僧帽弁狭窄症について正しい記述はどれか。

 

1. 梅毒によるものが多い。
2. 肺うっ血を生じることは少ない。
3. 心房細動を起こしやすい。
4. 左心室の拡張を伴う。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

71 慢性腎不全で低値を示す検査値はどれか。

 

1. 血清尿素窒素
2. クレアチニンクリアランス
3. 血清尿酸
4. 血清カリウム

 

 

 

 

 

 

2

 

 

72 溶血性連鎖球菌感染を特異的に示す検査はどれか。

 

1. ASO
2. CRP
3. 寒冷凝集素価
4. 血沈

 

 

 

 

 

 

1

 

 

73 血小板が減少する貧血はどれか。

 

1. 鉄欠乏性貧血
2. 悪性貧血
3. 再生不良性貧血
4. 溶血性貧血

 

 

 

 

 

 

3

 

 

74 糖尿病と関係のないのはどれか。

 

1. 遺伝的素因
2. プリン代謝異常
3. 多尿
4. タンパク尿

 

 

 

 

 

 

2

 

 

75 アジソン病の症状でないのはどれか。

 

1. 易疲労性
2. 色素沈着
3. 高血圧
4. 無月経

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

76 ベーチェット病について正しい記述はどれか。

 

1. アフタ性潰瘍ができる。
2. 眼の症状はない。
3. 外陰部は正常である。
4. 高齢者に多く発症する。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

77 疾患と原因との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 成人T細胞白血病 ― ウイルス
2. 血友病 ― 血小板減少
3. 粘液水腫 ― 甲状腺機能低下
4. 痛風 ― 高尿酸血症

 

 

 

 

 

 

2

 

 

78 過敏性腸症候群について正しい記述はどれか。

 

1. 下血をみることが多い。
2. 便秘と下痢とを繰り返すタイプがある。
3. 発熱を繰り返す。
4. ストレスとは無関係である。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

79 肝炎について正しい記述はどれか。

 

1. A型肝炎は慢性化しやすい。
2. 急性B型肝炎は慢性化しやすい。
3. C型肝炎は慢性化しやすい。
4. A型肝炎は輸血で起こりやすい。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

80 ギラン・バレー症候群でみられない症状はどれか。

 

1. 急性発症
2. 四肢脱力
3. 髄液のタンパク細胞解離
4. 振戦

 

 

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

関連ページ

第3回鍼灸師国家試験過去問題 その1
鍼灸師国家試験過去問題です。第3回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その1
第3回鍼灸師国家試験過去問題 その3
鍼灸師国家試験過去問題です。第3回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その3
第3回鍼灸師国家試験過去問題 その4
鍼灸師国家試験過去問題です。第3回鍼灸過去問題です。国家試験は、過去問題から似たような所が出題されます。鍼灸師の国家試験へ向けてご活用ください。その4